外壁塗装は本当に必要?目的ごとに考える工事のタイミングについて

特殊詐欺ではないですが、「外壁塗装をしませんか?」と電話がかかってきた経験はありませんか?

いろんな詐欺が流行っている中で、これもその一つだと、話も聞かずに電話を切ってしまうことがほとんどではないでしょうか。

しかし、傷んだ外壁をそのままにしておくと雨漏りの原因になるひび割れを起こす心配があるのです。

外壁塗装の目的は大きく分けて3つ

外壁は毎日見ているようで注意深く見ていないために、傷んでいても気がつきにくいものです。

ちょうど毎日見ている子どもの成長と同じように、いつの間にか大きく変化していたというようなこともあり得ます。

また、屋根と壁の接合部分や軒の奥の方など、見にくいところも気がつきにくい箇所です。

すでに下から見て確認できる傷(ひび割れ)がある場合は、できるだけ早く対処をしないといけません。

この場合は、すでに中まで雨水等が入り込んでいることが考えられ、下地や柱の一部に腐りが生じていることも想定しなくてはなりません。

こうなると、もはや外壁塗装だけではすまず、大変な工事が必要になります。

外壁塗装は、家屋を守るメンテナンスとして、その状況に合わせて適切な方法を選ぶことがポイントになります。

自宅のメンテナンスのため

すでに下からひび割れが見える場合は、外壁塗装だけで済むレベルかどうか見極める必要があります。

外壁は、壁の基材(ボードなど)の上に塗装がされてあり、表面は塗料によって塗膜を形成し、雨などから守っています。

ところが、経年変化によって、塗装部分が劣化し、塗膜にひび割れ、剥がれが生じてきます。

これが進むと下地部分まで劣化が進み、下地部分まではがれてむき出しになってしまいます。

専門的には、下地までは傷んでいない場合を「チェッキング」、「ヘヤークラック」と呼び、底まで割れている場合を「クラック」と言います。

下地までひび割れが通っている場合は、水や空気を通しやすくなり、気温の変化や日光(特に紫外線)の影響を直に受けやすくなります。ここまでくると家の傷み自体に影響が及びます。

傷みがどの段階まできているのか、それによって使う塗料・部材や工法も違ってくるのですが、どの程度まで傷んでいるのか、下から眺めているだけでは到底わかるものではありません。

しかし、たとえわからなくても、ひび割れがどの箇所に認められるか、できるだけ自分で確認しておくことは、外壁塗装を依頼するときのポイントになります。

自宅の外壁の耐久年数を高めるため

ひび割れが認められる場合はすぐに対処が必要ですが外壁の塗装部分は経年劣化していきますから、いつかはひび割れが生じます。

ひび割れを起こすまでに塗装を上塗りしておけば、中の基材を傷めることなく、家を長持ちさせることができます。

この場合は、目に見えて変化が認められるものではないので、一定の年数を経過したら定期的に塗装をする方法が考えられます。

では、どの程度の感覚で外壁塗装をしていけばいいのでしょう。

1つの目安が10年です。

10年を経過したら、いちど専門業者に診断してもらうことで、素人ではわかりにくい傷も発見でき、補修代金の節約にもつながります。

自動車の車検のように考えて、定期診断をおねがいしてみてはいかがでしょうか。

もちろん、自分で見て判断することも重要です。ひび割れがないか、サッシのサイディングの所に隙間はできていないか、周りの色と比べて変色したような箇所はないか、擦ってみて白い粉のようなものがついてこないかをチェックします。

これだけのチェックでも、業者にだまされないようにするためには、相当役立ちます。

自宅の外観を綺麗にするため

経年劣化していくと、特に傷んでいなくても変色していきます。

また、中古住宅を購入した場合、外壁の色が好みに合わないで変更したい場合もあるでしょう。

この時、簡単にできて代金を安く済ませられるのは外壁塗装による修繕です。

この時に使う外壁塗装は予算と好みに応じて工法等を選べばよいのですが、後々メンテナンスが容易な工法を選んでおくのも経費を安くする上で重要です。

外壁塗装で詐欺や必要以上の工法で業者にだまされないようにするために、目的をしっかり把握しておきましょう。

外壁塗装の必要性はあるのか

外壁塗装は絶対に必要な工事!

外壁塗装には、勧誘電話や突然の訪問による勧誘が目立つだけに、ネットで外壁塗装は必要ないという意見も散見されます。

しかし、訪問勧誘という営業方法は大手の有名メーカーでも行われており、必ずしも「悪徳業者」ばかりではなく、住宅のメンテナンスとしては必ず必要な工事です。

訪問勧誘では、営業車で走りながら、自分の得意となる工法が使えそうな住宅を物色しています。

悪徳業者でない営業マンであれば、むりやりに見積りを出したりせずに、お客の話をよく聞いて希望の塗装方法を説明してくれます。

もし営業マンの話を聞いて、心を動かされたなら、外壁塗装の目的とそれに適した塗装方法について聞いてみましょう。

1つの工法を勧める、やたら高い方を勧めるなどするような営業マンであれば悪徳業者の可能性もあるので、お断りするのが無難です。

必要ではあるが、必要なタイミングは目的によって違う

外壁塗装は目的によって必要なタイミングが違います。

すでに外壁にひび割れが起きている場合はできるだけ急ぐ必要がありますが、耐久年数を伸ばすためであれば、定期的に点検をして、少なくとも10年ごとくらいの塗り替えで済みます。

単に好みで色を変えたいなら、思ったときにすればよいのです。

無駄な工事をしないためにも、目的をはっきりさせておきましょう。

自宅のメンテナンスのための工事のタイミング

もしすでにひび割れなどが認められる場合は、できるだけ早急に工事をする必要があります。

下地までいたんでいる場合は、塗装だけではすまず、外壁の補修をともなう工事が必要になる場合があります。

これを見分けるのは素人ではなかなかできないのですが、あとで修理がうまくいっているか、確認するためにも一緒に立ち会って説明を聞くことが大事です。

百万円単位の工事になるので、納得がいくまで説明を受けましょう。

自宅の外観の耐久年数を高める工事のタイミング

特に傷が認められるのではない場合でも、10年に一度くらいのペースで外壁塗装しておくと、家の耐久年数自体を高めることにつながります。

新築の場合は、メンテナンスを行ってくれる業者を選ぶとき、建築に関わった業者にやってもらうのが無難です。

しかし、10年も経過して不動産業者とは疎遠になっているし、安い業者にお願いしたいと考えると、なかなか難しい問題でもあります。

できれば、定期診断を行う業者を決めて、継続的にチェックしてもらうようにすれば安心です。

中古、新築にかかわらず、仲介をしてくれた不動産業者にまずは相談してみましょう。

自宅の外観をきれいにするための工事のタイミング

外壁も変色してきたし、イメージチェンジして明るい壁にしてみたい、あるいは中古住宅を購入して外壁塗装を自分好みの色で塗り替えたい場合は、特に何かしら縛りがあるわけではないので、好きな時期に、価格重視で行くか、長期耐久性で選ぶかはお好み次第です。

一般的には、シリコン含有塗料が多いのが実態です。

外壁塗装を行うべき箇所は「外壁」だけではない!

外壁塗装は壁を中心に考えますが、屋根や基礎など、屋根以外にも塗装することで耐久年数を増すこともできます。

ここからは広義の意味で外壁塗装を考え、行っておくべきポイントをみていきましょう。

メンテナンスや耐久年数向上のためにチェックしておきたい場所

屋根

屋根は風雨にさらされ、最も傷みやすい箇所です。

また、屋根からの雨漏りは、家全体の傷みにつながりやすいので、定期的に塗装すべきです。

トタン屋根であれば、おおよそ5年から8年といわれていますが、材料によっても異なるので、自分でも目視で確かめる必要があります。

チェックポイントは屋根の色です。屋根にツヤがなくなり、赤茶けた色やカビによる黒ずんだ色になっていたら要注意です。

また、白っぽくていわゆるチョーク現象が起きていると疑われる場合も塗り替えのタイミングです。

基礎・外構

コンクリートブロックも、表面に白い粉が出る白華現象(はっかげんしょう)や、ホコリなどによる汚れ、凍結、アルカリ性であるべきコンクリートが中性化することにより劣化します。

そこで防水塗料を定期的に塗ることで、これらの環境から守ることができます。

点的に見ていけば、早期発見につながります。

サッシや換気口と壁や基礎の間にも、長年経過すると隙間ができます。

この隙間から雨水が入ることもあります。また、各種配管や雨樋なども劣化が進みます。

これらも早いうちであれば塗装することにより、腐食を防ぐことができます。

屋根などを見回るときに、一緒にチェックしたいところです。

特に変色がないかを重点的に見ていけば、早期発見につながります。

まとめ

付帯部分も含めた外壁塗装は定期的に行うことによって、家を長持ちさせることができます。

メンテナンスをきちんとしていれば後々に家を売却するときにも有利です。

外壁塗装については強引な勧誘など悪徳業者が目立つだけに、必要ないのではないという意見さえ聞かれる始末です。

しかし、外壁塗装は5年、10年を考えたスパンで必ず必要になってくるもので、決して放置しておくべきものではありません。

わからないなりにも時々自分でも目視してみて、問題があれば専門家に調査を依頼しましょう。