軟水のウォーターサーバー・ミネラルウォーターの一覧。おすすめは?

日本の水は軟水です。そのため、日本人にとっては非常になじみ深いものだと言えるでしょう。

ミネラル分をあまり含んでいないため、その味はまろやかでさっぱりしており、飲みにくさがないと言われています。

また水自体が持つ「香り」もあまり強くないため、コーヒーやお茶を入れるときにも向いていると言えます。

この「くせが少ないこと」は、料理においてもプラスに働きます。

日本人の食卓は特に「ダシのおいしさ」に着目したものが多いのですが、軟水の場合はダシの味を邪魔しません。淡泊な日本料理のダシの味を引き出し、余計なえぐみを付け加えません。

また、お米を炊くことにも適していると言えます。

もっとも、パスタを茹でるときや肉の煮込み料理をするときなどは硬水の方が適しているという意見もあります。

硬水は効率よくアクを除くことができるからです。

また、硬水によく含まれるミネラルは非常に大切な栄養素ではあるものの消化―吸収のときにお腹に負担をかけてしまうことがあります。

そのため、お腹が弱い人や乳幼児のミルク作りには軟水の方が適していると言えます。

ここでは軟水のウォーターサーバー・ミネラルウォーターについて紹介していきます。

軟水のウォーターサーバー

軟水を取り扱ったウォーターサーバーは非常に多く、選択肢には困らないでしょう。

むしろ日本では、中硬水~硬水を扱ったウォーターサーバーはほとんど存在しておらず、ほぼすべてが軟水で構成されています。

そんななかでも、特に軟らかい水を扱っているウォーターサーバー業者について見ていきましょう。

アルピナウォーター

硬度1.05という、「超軟水」とでも言うべき水を扱っているのがアルピナウォーターです。

アルピナウォーターの取り扱っている水はRO水です。これはとても小さな網目のろ過装置を使い、徹底的に水を越して作り上げられる人工水です。

このろ過の際に、本来ならば水に含まれているミネラル分もすべて除去されます。(RO水のなかには、後でミネラル分を付け加えているものもあります)

「ミネラル分がある水が悪い」というわけではありませんが、「子どものミルクを作るための水がほしい」という人の場合は、アルピナウォーターの水がおすすめです。

ちなみにアルピナウォーターの場合、大きさには差があるものの、ウォーターサーバーも水も基本的には一種類だけです。

そのため、「選ぶ楽しみ」にこだわる人にとっては少し使いにくいかもしれません。

また、アルピナウォーターに限らず、ほぼ完全にミネラルを抜いた水はしばしば飲みにくさを感じる人がいるのも事実です。

無味無臭であることがその理由です。RO水を中心としてウォーターサーバーを選ぶのであれば、事前に一度味見をさせてもらった方がよいでしょう。

フレール

ここもRO水を扱っているウォーターサーバーの業者です。

ここの場合は、硬度は「3」としています。ただ、ナトリウムやカルシウム、マグネシウムやカリウムもすべて0㎎であるとされています。

フレールは毎日自社で自主的に検査を行っています。

このため非常に安全性が高いのが魅力です。

また、今までのウォーターサーバーの難点であった「ボトルの重さ」を解消するために、フィルム式の水タンクを開発しています。

「小さな子どもがいるなかで、重いボトルを持ち上げてセットするのは怖い」という人にもおすすめです。

良水市場

「超軟水」と呼ばれるものは、基本的にはRO水です。良水市場も例に漏れません。

ただ、良水市場のRO水にはほかのウォーターサーバー業者にはない特徴があります。

それが、「ROによる2回のろ過を経ている」ということです。

ROは「逆浸透膜」と訳されますが、ほかの業者のろ過は1回だけです。

しかし良水市場では、業界で初めて2回のろ過を実施することに踏み切りました。そのため、より混じりけのない、より純粋な水を得ることができます。

ただ、注意してほしい点もあります。

それは、良水市場の水はRO水にした後にミネラル分を添加しているということです。

微量なナトリウムやカリウム、カルシウムやマグネシウムをろ過した後に入れています。

そのため良水市場の水は10という硬度を持っています。

コスモウォーター

業界でも非常に知名度の高いコスモウォーターは、さまざまな種類の水を打ち出しています。

そのすべてが「軟水」に分類されているのですが、種類によって硬度には差があります。

  • 富士の響き…硬度68
  • 古都の天然水…硬度30
  • 日田の誉れ…硬度62
  • プラスプレミアム…硬度15

「子どもの飲み水に使いたい」ということであればプラスプレミアムを、ミネラル分を水からも摂取したいと考えるのならば富士の響きを、といった使い分けが可能です。

またコスモウォーターの場合は、「最初はプラスプレミアムで契約したけど、やっぱりミネラル分の入ったものに切り替えたいな」「ミネラル分の多いものを飲んでいたけど口に合わないから硬度が低いものにしたいな」という場合でも変更が可能です。

このような「使い分け」ができるのは、多くの種類の水を扱っているウォーターサーバー業者だけの特権です。

軟水のミネラルウォーター

市販品の軟水は、とてもたくさんの種類があります。

たとえば、キリンビバレッジの「キリンビバレッジ アルカリイオンの水」がそうです。これは48リットルが入って1000円を切る金額で販売されています。非常に買いやすい値段であす。静岡県や岐阜県からとってきた水を使っています。

ただ、市販品でもかなり高額なものもあります。アクアストアの「日本 軟水 ミューバナスディス」などは、48リットルで7452円とキリンビバレッジの7倍以上の値段で販売されています。

こちらは「軟水」とはしていますが、体によい亜鉛などを含んでおり、飲みやすさと栄養補給の2つを両立させたものです。

それ以外では、伊藤園やロジネットジャパンなども軟水を扱っています。なかには、災害時の持ち出し水として活躍させることを目的として作られた、保存期間が5年に及ぶものまであります。

さらには、「過程で軟水を作れる」といった機材も多数販売されています。これは値段に大きな差がありますが、3万円以上の出費は覚悟しなければなりません。

なかには数十万円もする本格的なものまであります。後者を買うのはなかなか勇気がいりますね。

軟水は私たち日本人にとって、非常に親しみやすく、飲みやすい水です。生まれた時からこの軟水を飲んでいますから、軟水でおなかを壊す人はあまりいないでしょう。

もちろん水道水でも子どものミルクを作ることはできます。日本の水は世界でも有数の清潔さだからです。

ただ、「よりおいしくてより安全な水を飲みたい」と考えるのであれば、軟水を扱っているウォーターサーバーを導入することも一つの方法です。