炭酸水のウォーターサーバーがあるって本当?おすすめの商品を紹介

炭酸水のウォーターサーバーがあるって本当?おすすめの商品を紹介

「ウォーターサーバー」というと、多くの人が、「ミネラルウォーターが出てくる」と思うのではないでしょうか。

少し詳しい人であっても、「RO水やお湯が出てくる」という理解にとどまっていると思います。

しかし現在は、このような形に変化が見られています。

その変化のなかでも非常に大きいのが、「炭酸水を出すことのできるウォーターサーバーができた」ということでしょう。

炭酸水の特徴

味や匂い

「炭酸水」というと、「味がついているもの」「酸っぱいもの」と感じる人もいるかもしれません。ただ、炭酸水というのは水と二酸化炭素の結合物です。

これだけを見ていると、味付けをしていない(炭酸ジュースのような形で加工されていない)炭酸水は無味無臭のように思えます。

しかし実際には、炭酸水には「酸っぱさ」があります。

これにはきちんとした理由があります。

炭酸の持つ泡が口のなかではじけることによって、酸味感受細胞が刺激されます。

これが活性化することによって、私たちは酸味を感じると言われているのです。

この炭酸の刺激は、ほかの飲料と掛け合わせることでその香りを高くすることでも知られています。

こう感じる理由は、私たちの三叉神経が炭酸のイオンで刺激されていることによるそうです。

炭酸水は、アルコールや甘味料の割り代としてよく使われています。炭酸水を利用したチューハイなどはよく知られていますし、梅酒などの割り代にもよく使われます。

ちなみに実は、かき氷の蜜を炭酸水で割っても美味しく飲むことができます。

炭酸水の働きと注意点

炭酸水は一杯飲むと、非常にお腹が膨れます。そのためダイエット中の人が食事前に一杯飲むことを習慣づければ、総合摂取カロリーを抑えることができるでしょう。

また、おなかがへったときにはたっぷりの炭酸水で酵素ドリンクなどを割って飲むと、感触を減らすこともできます。

加えて、炭酸水には胃の血行を良くする働きが見込めます。

大腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促し、便秘解消をサポートする働きがあると言われています。

便には大量の老廃物が含まれているためこれを押しだすことにより、美肌への働きも期待できます。

このように、炭酸水は美容と健康を保つために役立つと言われているのです。

ただし、ぜんそくを持っている人などの場合は、発作を誘引する可能性もあるので注意が必要です。

驚き?!現在では炭酸水がの飲めるウォーターサーバーもある

この「炭酸水」を家で味わうときは、スーパーなどで買ってくる手法が一般的です。

しかし現在、数は少ないものの、なんとウォーターサーバーのなかでも炭酸水を出せるものや自宅で作ることがものが出ているのです。

炭酸水が飲めるウォーターサーバーの具体例について見ていきましょう。

日光の雫

炭酸水のウォーターサーバーがあるって本当?おすすめの商品を紹介

  出典:日光の雫

日本で初めて、炭酸水を出せるウォーターサーバーを提供した業者がここです。

ここの「炭酸水サーバー」は、従来の「お湯」「水」に加えて「炭酸水」が選べるようになっており、3種類を楽しめるようになっています。

炭酸水が出るのは、ウォーターサーバーのなかで天然水と炭酸ガスがまじりあうからです。

市販品の炭酸水のペットボトルを買って開封して冷蔵庫に入れておくと、しばらくすると炭酸が抜けてしまいただの水になってしまうことがあります。

しかしながら、「ウォーターサーバーのなかで炭酸水を作る」という手法を使った場合はこのような「気抜け」の問題がありません。いつでもしゅわしゅわした新鮮な炭酸水を気軽に楽しむことができます。

この「炭酸水が出せるウォーターサーバー」は、意外とレンタル料金は高くありません。毎月600円で借りることができます。

水は24リットル入りで2400円となっています。この数字はほかの業者と比べても比較的安く、決して高い数字ではありません。

炭酸水を作るために必要不可欠なガスカートリッジも購入しなければなりませんが、これは1080円で34リットルもの水を炭酸水に変えることができます。そう考えれば決して高くはないでしょう。

キリン アクウィッシュ

炭酸水のウォーターサーバーがあるって本当?おすすめの商品を紹介

  出典:アクウィッシュ

「炭酸水 ウォーターサーバー」で検索をすると、数多くのホームページでキリンの「アクウィッシュ」という製品が取り上げられていることがわかるでしょう。

とても知名度の高い会社であるキリンは2013年にウォーターサーバー業界に参入しました。そして、炭酸水が出せるサーバーとして「キリンアクウィッシュ」を打ち出しました。

その信頼度の高さや知名度の高さから、多くの人に愛されたこのウォーターサーバーですが現在は提供が中止されています。

その理由は「機械に不具合が多かった」というものです。エラーメッセージが頻発したり、炭酸ガスが抜けたりするクレームが多く寄せられていました。

キリン側も「これを直そうとすると時間がかかる」と判断したため、2016年の2月に提供が中止されることとなったのです。

炭酸水を使ったウォーターサーバーの躍進が期待されているなかでのこの撤退は、ウォーターサーバー業界にも大きな波紋を起こしたことでしょう。

炭酸水を自宅で作れるkirala(キララ)

炭酸水のウォーターサーバーがあるって本当?おすすめの商品を紹介

  出典:kirala

2017年4月、浅田 真央さんをブランドパートナーとして新登場した株式会社MTGが提供するウォーターサーバーです。

炭酸水を自宅で手軽に作ることができます。

 

作り方も簡単で、サーバー本体に炭酸サーバーが付いており、専用シェーカーに水を入れた後、接続してボタンを押すだけとなります。

専用シェーカーを振る回数によって炭酸の強さも調節ができるので、そのまま炭酸水を楽しむのはもちろん、自分で好みに合わせた楽しみ方もできるでしょう。

 

kiralaウォーターサーバーのレンタルサーバー料金は1,200円/月が掛かり、水の料金は1パックあたり1050円~1250円です。

炭酸水を作るためには炭酸水シェーカーと専用カートリッジ1箱を別に申し込む必要がありますが、炭酸水専用カートリッジは1箱あたり6本入りとなっており、1箱で約180杯(1本あたり約30杯)の炭酸水が楽しめます。

市販の炭酸水ミネラルウォーターとウォーターサーバーを比較

炭酸水のウォーターサーバーがあるって本当?おすすめの商品を紹介

市販の炭酸水ミネラルウォーターとは

炭酸水を提供するウォーターサーバーがある一方で、市販品の炭酸入りミネラルウォーターもあります。

炭酸水は非常に多くの種類が出ており、スーパーやネットショッピングで気軽に買うことができます。

安いものから高いものまで実にさまざまですが、1本あたり35円程度で売られているものもあります。(あさみやの「ソーダ 炭酸水」、12リットルで840円)

ただ、非常に有名な炭酸水である「Perrier」のプレーンなどは、9リットルで4104円、12リットルに換算すると5472円にまで跳ね上がります。

市販品とウォーターサーバーどちらがお得なの?

「ウォーターサーバーで飲める炭酸水が安いか、それとも市販品の炭酸水が安いか」については議論が分かれるところではあります。

上記であげたことを合せて考えれば、「市販品の低価格帯のものに比べればウォーターサーバーで飲める炭酸水は高く、市販品で高額なものと比べればウォーターサーバーの炭酸水は安い」ということになるでしょう。

もちろん「好みの味はどれか」にもよりますが、ウォーターサーバーの炭酸水が高すぎるということはありません。

また、現在では炭酸水を作ることができるアイテムも売られています。「炭酸水メーカー」などの名前で提供されており、水道水を炭酸水に変えてくれる機械です。

これも商品によって値段に差があります。7000円程度のものもあれば、40000円近くにまでなっているものもあります。

どれを選ぶかは人それぞれですが、一度電気屋などで現物を見てから買った方がよいかもしれません。

現在はまだまだ選択肢が少ない、炭酸水のウォーターサーバーは、今後の展開に期待です。

炭酸水のウォーターサーバーは「kilara(キララ)」がおすすめ!

ここまで炭酸水について観てきましたが、ウォーターサーバーを選ぶならどこのブランドが良いのでしょうか?

 

個人的には最近新登場した、炭酸水のキララがおすすめです。

他社のウォーターサーバーですと、炭酸水を出すためにもう一台ウォーターサーバーの設置の必要であったり、冷水が温くなったりすることもあるみたいです。

 

それに対しkirala(キララ)は、

  • 1台3役で、冷水、温水、炭酸水にも対応できる
  • 薄さがたった18cmのスリムサーバーで場所を邪魔しない
  • 炭酸水の強さまで好みで調節でき、楽しみの幅が増える
  • 浅田真央さんが推薦する通り、お水が天然水で本当に美味しい

 

といったおすすめポイントが挙げられます。

その他の料金面や詳細は以下の記事でも紹介していますので、良かったら参考にしてみてください。

炭酸水が作れる「kirala(キララ)」の値段や電気代は?注文から解約までの流れ

この記事を書いたユーザー

nishino
元広告代理店勤務。nanairoでは不動産・暮らしやお金・節約術の記事を執筆しています。 nishinoの記事一覧

関連する記事はこちら

トップへ