硬水と軟水はどう違う?水の種類ごとの特徴を比較

一口に「ウォーターサーバーの水」といっても、そこで使われている水にはその業者・その業者によって違いがあります。

また、同じ業者であっても採水地の違いによって味と性質にも違いが出てきます。

今回は、その味と性質の違いを「硬度」に着目して紹介していきます。

硬水と軟水の違いとは

軟水と硬水の違いは、「硬度」の違いです。硬度とは、お水1Lあたりの含まれるカルシウムやマグネシウムの含有量のことで多く含まれているのであれば硬度は高く、少なければ軟水ということになります。

WHO(世界保健機関)が定める基準では硬度120mg未満が軟水、120mg以上が硬水とされています。では、飲用した場合にはどのような違いがあるのでしょうか。

硬度、つまりカルシウムやマグネシウムの濃度によって軟水か硬水かが決まりますが、これらの基準は国によっても異なります。

日本でのお水の区分け
水の区分 1Lあたりの含有量
軟水 100mg未満
硬水 100mg以上
WHO(世界保健機関)での区分分け
水の区分 1Lあたりの含有量
軟水 60mg未満
中硬水 60~120mg
硬水 120~180mg

硬水のメリット・デメリットとは?

硬水とは

上でも触れた通り、120㎎/リットル以下は「軟水」、それ以上は硬水であると世界保健機構が定めています。ただこの定義はあくまで世界保健機構が定めたものです。

日本実際の運用においては、「100㎎/リットル未満が軟水、300㎎/リットル以上が硬水である」とされることが多いようです。

世界的に有名なミネラルウォーターであるエビアンなどはこの「硬水」に分類されています。

硬水はマグネシウムを含んでいるため、軟水とは味が違い、やや重い口当たりで飲み応えがあるとよく言われています。

日本の水道から出る水は軟水であり、日本人はこれに馴染んでいます。そのため、硬水には飲みにくさを感じる人が多いと言えます。

硬水のメリット

ここまで、観てきた硬水ですが、もちろんメリットや反対にデメリットもあります。

  • 便秘解消に期待ができる
  • 動脈硬化の予防に期待できる
  • パスタなど洋風の料理が美味しくなる

以上のような健康維持に対するメリットや料理に使う利点もあります。

硬水は豊富な栄養素を持っているため、軟水にはないさまざまな健康効果を期待することができます。

マグネシウムは高血圧になるリスクを抑えたり、心の安心を得るために役立ったりする成分です。

また、カルシウムは骨の強化やうつ病の改善にも役立ちます。

加えて脂肪の吸収を抑える力もあると言われており、ダイエットにもよいとされています。

さらに、パスタや洋服の煮込み料理も硬水で作った方がおいしいです。パスタの発祥の土地が超硬水であるイタリアであることを考えれば、これはごく当たり前のことかもしれません。

硬水のデメリット

  • 人によってはお腹を壊すリスク
  • 結石のリスクが高まる
  • 洗濯に使用するとゴワつきや洗浄効果が薄れる
  • 素材そのものの味を活かした料理には適さない

日本の水道水などは軟水であり、日本人にとって飲みなれない硬水を飲むと、中にはおなかを壊してしまう人もいます。

「水が変わるとお腹を壊す」という人は警戒する方がよいかもしれません。

また、硬水はミネラル分が豊富なゆえに、料理にはあまり向かないと言われています。硬水の持つ味や雑味、香りが料理の邪魔をしてしまうからです。

軟水のメリット・デメリットとは?

軟水とは

日本人にとってなじみ深いのはこの「軟水」の方です。基本的には水道水はこの軟水で構成されています。

軟水には、マグネシウムやカルシウムがあまり含まれていません。そのため、さわやかで飲みやすく、さっぱりとした飲み心地を愉しむことができます。

クセがないのでどんな人でも馴染みやすいと言えるでしょう。また、味がまろやかであるため、料理の邪魔をしません。

そのため、香りを最大限に引き出して楽しむべき紅茶やコーヒーといった嗜好飲料を入れることに非常に役立ちます。

軟水のメリット

  • 日本人に適していて、日本料理にも合う
  • 赤ちゃんや小さな子どもにも安全性が高い
  • 肌や髪への刺激も少ない
  • 洗濯などの際に、硬水よりも泡立ちが良い

以上のようなメリットがあり、体への吸収効率もよいため脱水症状の防止や老廃物を排除するためにも役立ちます。

また、軟水は胃腸に負担をかけない水であるため、お腹が敏感な乳幼児にも与えやすいと言えます。ミルクを作る場合はこの軟水を使うとよいでしょう。

このような特徴を持つためか、現在日本で普及しているウォーターサーバーのほとんどが軟水を中心としています。

軟水のデメリット

  • 硬水と比べるとミネラル補給はできない
  • 好みによるが、人によっては味に特徴がないと感じる場合がある

軟水のデメリットをあげるとすると、硬水に比べるとミネラル分が少ないため、現代の人達に不足しがちと言われているマグネシウムやカルシウムが摂取しづらい点にあります。

しかし、上でも述べたとおり、硬水は人によってはお腹を壊したりするリスクもあります。

日本人の場合は、慣れ親しんだ軟水の方が赤ちゃんからお年寄りまで飲みやすいお水と言えるでしょう。

その他の水の種類

ここまでは「硬水」と「軟水」の違いについて見てきましたが、ウォーターサーバーで扱われているお水はほかにもいろいろあります。

それについて見ていきましょう。

中硬水

硬水と軟水の間の硬度のものを指します。一般的には、101㎎/リットル~299㎎/リットルの硬度のものをさしており、2つの特性を併せ持ちます。

「硬水を飲んでみたいけれど、いきなり硬水に切り替えるのは少し怖い」という人は、まずは中硬水から試してみるのもよいでしょう。

RO水

RO水というのは、RO膜処理をした水を言います。

ROとは「Reverrse Osmosis」の略称であり、一種のフィルターです。このフィルターは非常に目が細かいので、これでこすと、天然水に本来含まれているミネラル分もすべて除去されることになります。

このため、「純水」に近い形になります。

ろ過をすることが前提であるため、水産地は原則として問われません(自社基準を設けているところもあります)

このため、ウォーターサーバーでRO水を選んだ場合、天然水よりも安く上がることが多いと言えます。

ミネラル分は旨味の一つでもあるため、これを完全に抜いたRO水は無味無臭になります。軟水はわずかなミネラルが含まれていますが、RO水は原則としてそれすらもないため、飲みにくさを感じる人もいます。

乳幼児用のミルクなどを作ることに適した形ではあるため、出産を機にRO水に切り替える人もいます。

もっとも現在は、「一度RO水にしたものに、後からミネラルを加える」という手法も取られています。人工的に管理された水であり、味や成分もデザインできます。

RO水を使う場合は「純水としてのRO水」を求めているのか、それとも「飲みやすいRO水」を求めているのかで選び方が異なりますから、事前にしっかりと確認しましょう。

バナジウム水

しばしば話題に上るのが、「パナジウム水」です。

パナジウムは金属の一種であり、これを飲むことで糖尿病が改善した、という話もあります。

ただ、このデータは「摂取限度量を大きく上回る数字のパナジウムをとったときの研究データ」にすぎません。

むしろ、パナジウムのとりすぎは健康被害を招くとして警鐘もならされています。

「パナジウム水」は現在ではウォーターサーバー業者が提供する水の一角を占める人気商品となっていますが、その有用性については疑問を呈する声も多く、扱いには慎重さが求められます。

多種多様なお水はどんな人におすすめなの?

一口にお水といっても多くの種類がありますが、お水の種類は以下のような人達におすすめですが、用途や状況によって使い分けるのも良いでしょう。

  • 硬水:硬水との相性が良く、健康効果を求める人
  • 軟水:舌になじみやすく誰でも飲める安心のお水を求める人
  • 中硬水:硬水か軟水、どちらにしようか迷っている人
  • RO水:お買い得な価格でウォーターサーバーを運用したい人
  • パナジウム水:有用性は担保されていないが、目新しいものを楽しんでみたい人

まとめ

以上のように、ウォーターサーバーで使われている水にはさまざまな種類があります。

ウォーターサーバーの業者によっては、水の種類の変更を電話で受け付けてくれるところもあります。

すべての水を試してみて、自分に合うものを選ぶのも面白いかもしれません。