RO水のウォーターサーバーとは?RO水を扱う各社を徹底比較!

「RO水」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。これはウォーターサーバーを選ぶときの判断基準の一つとなる水の種類のことを言います。

今回は、この「RO水」の特徴や天然水との違い、またRO水を扱うウォーターサーバーご紹介します。

ウォーターサーバーのRO水の特徴

そもそもRO水とは?

RO水とは、RO膜(逆浸透膜)というフィルターを通して不純物を除去した水のことを言います。

「RO膜」とはNASAでも使用されている高性能なフィルターで、どんな水からでも世界で一番きれいな水を作れるのが特長です。

また、通常であればヒ素、ダイオキシン、放射性物質」などの有害物質は小さ過ぎて一般的なフィルターでは除去できませんが、RO膜を使えば除去できるため、大きな注目を集めています。

しかしRO水の場合、水に含まれる不純物だけでなく、そこに含まれているミネラル分も一度取り除かれているため、後からミネラル分を添加していることが多いです。

RO水の味や匂いは?天然水と何が違うの?

RO水の味や匂い

不純物はときに「旨味」になりますが、RO水の場合は不純物を完全に取り除いてしまっているため、旨味の面で劣ると言われています。

無味無臭であり、飲み物としてのおいしさは天然水には劣ってしまうと考えられているのです。人によってはややえぐみを感じることもあるかもしれません。

ただ、ミネラル分を含まない水は小さな乳幼児の内臓に負担をかけないとも言われています。

また現在は、ミネラル分をいったん取り除いたRO水にミネラル分を追加して、味を調整している水もあります。

このような水の場合は、それほど「飲みにくさ」を感じないことでしょう。

また、値段はRO水の方が安上がりです。上でも述べたように、採水地が指定されていないからです。

天然水との違いは?

RO水は非常に安全性が高く、衛生的であるという特徴があります。

ただ、ウォーターサーバーで提供される天然水であっても、十二分にその安全性が担保されています。(日本の水は、世界的に観ても水の安全性は高いです。)

これほどのろ過を経ることになるため、ROは「もともとの水」の産地などを問いませんが、「天然水」というと採水地が定められることになります。

天然水は非加熱処理のものもあり、天然水本来の味が楽しめ、美味しさに関しても天然水の方が美味しいという意見が多いです。

しかしその分、RO水より価格は上がってしまいます。

「どちらにするべきか」の基準は、「味と価格」バランスで決定していくことになるでしょう。

RO水を扱うおすすめのウォーターサーバーをご紹介

ここからは、RO水を取り扱っているウォーターサーバーについて見ていきましょう。

①クリクラ

クリクラウォーターサーバー紹介

月額費用目安(※1) 3,023円~
水の種類 RO水
飲料水代金(1本あたり) 1,250円(12L)
水の送料 無料
メンテナンス 5,000円(税別)

※年に1回

放射能検査 実施

(※1)月額費用=ボトル24L換算+サーバーレンタル料+電気代で計算しています。

特徴

クリクラは業界内でシェアがトップクラスのウォーターサーバーです。一度は耳にした方も多いと思います。

RO水を扱っていいますが、クセがなく飲みやすい軟水です。

水の安全性や衛生面についてのこだわりも強く、HACCP認証をとった衛生管理システムを導入したプラントで製造しています。

また、無料お試しも行っている数少ないウォーターサーバーの一つです。

クリクラの値段・電気代は?契約から注文方法、解約までの流れ

②アクアクララ

アクアクララ紹介

月額費用目安(※1) 4,250円~
水の種類 天然水・RO水
飲料水代金(1本あたり) 1,200円(12L)
水の送料 無料
メンテナンス 無料(自動洗浄+セルフメンテナンス)
放射能検査 実施

(※1)月額費用=ボトル24L換算+サーバーレンタル料+電気代で計算しています。

特徴

アクアクララはRO水を非常に大きく取り上げている会社であり、「デザインウォーター」として軟水を打ち出しています。

アクアクララは、上でも述べたように後でミネラル分(カルシウム・カリウム・マグネシウム・ナトリウム)を添加するスタイルをとっています。

12リットルのプランと7リットルのプランがありますが、12リットルプランの方がお買い得です。

毎月1500円のサポート料金がかかります。

アクアクララの値段・電気代は?契約から注文方法、解約までの流れ

③アルピナウォーター

アルピナウォータサーバー紹介

月額費用目安(※1) 2,500円~
水の種類 RO水
飲料水代金(1本あたり) 740円(8L)~1,595円(18.9L)
水の送料 全国無料
メンテナンス 無料(2年に一度交換)
放射能検査 実施

(※1)月額費用=ボトル24L換算+サーバーレンタル料+電気代で計算しています。

特徴

アルピナは、「矢沢水源」の水を使ってRO水を作っているのが最大の特徴です。

RO水は採水地を問わない、というのが一つの大きな特徴なのですが、アルピナの場合はRO水であってもしっかりと「どこの採水地からとってきた水か」ということを明らかにしているのです。

アルピナの場合アクアクララとは違い、ミネラル分を後から付け加えることはやっていません。

まったくミネラル分を含まないRO水であるため、乳幼児であっても安心して飲ませることができます。

価格も安く、12リットルで948円という価格設定です。

ただしウォーターサーバーのレンタル代金として、毎月572円が発生するのでこの点は注意が必要です。

アルピナウォーターの料金・電気代は?契約から注文方法、解約までの流れ

④コスモウォーター

コスモウォーターおすすめ

  出典:コスモウォーター

月額費用目安(※1) 4,265円~
水の種類 天然水・RO水
飲料水代金(1本あたり) 1,900円(12L)
水の送料 無料
メンテナンス 無料(内部クリーン機能付き)
放射能検査 実施

(※1)月額費用=ボトル24L換算+サーバーレンタル料+電気代で計算しています。

特徴

大手のウォーターサーバーメーカーとして知られている「コスモウォーター」は、天然水もRO水も両方扱っています。RO水は「プラスプレミアム」と呼ばれており、ミネラル分を後付けしています。

ミネラル分がどれくらい入っているのかも公式サイトにすべて書かれているので、安心して飲むことができるでしょう。

また、水道水を利用したものでもありません。

京都か富士のいずれかから水をとってきていますが、産地の指定は不可ということです。

コスモウォーターは4種類の水(天然水3種類とRO水1種類)を扱っていますが、やはりRO水がもっとも安上がりです。

月に3本以上届けられることになるので、ハードユーザー向きです。

コスモウォーターの電気代や評価は?注文方法から解約方法まで解説

⑤うるのん

うるのんウォーターサーバー紹介

月額費用目安(※1) 4,016円~~
水の種類 天然水・RO水
飲料水代金(1本あたり) 1,900円(12L)
水の送料 無料
メンテナンス 無料(内部クリーン機能付き)
放射能検査 実施

(※1)月額費用=ボトル24L換算+サーバーレンタル料+電気代で計算しています。

特徴

知名度はそれほど高くないものの、毎月1回の放射能検査を実施しており、全品を人の目で検査しているということで安全性が極めて高いのが「うるのん」というウォーターサーバーの会社です。

さらには、365日24時間の無料健康医療相談サービスもついてきます。「とにかく安全な水が飲みたい」ということであれば、こちらのものを選ぶとよいでしょう。

うるのんは、RO水と天然水の両方を扱っています。

ただし、天然水の方もかなり硬度の低い水を選んでいるので、ミネラル分でお腹をこわす人や乳幼児を抱えている家庭などにおすすめです。

うるのんの料金・電気代は?契約から注文方法、解約までの流れ

市販のRO水ミネラルウォーターと何が違うの?

市販のRO水のメリット

ここまではウォーターサーバーの純水を見てきましたが、RO水はウォーターサーバー以外の形でも買うことができます。

ペットボトルなどに詰められて市販されており、赤穂化成が打ち出している商品などが有名です。

これらは「必要なときに必要な分だけ」を購入することができるので、ウォーターサーバーを取り入れるよりも気軽に使うことができるのがメリットです。

費用面の違いは?

「すべての水をRO水で賄う」と考えた場合、ペットボトルタイプを選ぶと費用が割高になってしまうこともあります。

ウォーターサーバーを使った場合と比較すると、同じ量でも1000円近く高値になってしまうため、注意が必要です。

市販品の場合は、RO水の方が天然水よりも高くなるケースもあります。

「家ではウォーターサーバーのRO水を使い、外出するときはペットボトルのRO水を持っていく」というように使い分けをするのもよいでしょう。

RO水は天然水とは異なり、少し扱い方に注意が必要な水でもあります。ウォーターサーバーの場合は天然水よりも安くなる傾向にありますが、市販品の場合はその限りではありません。

ただ、RO水は乳幼児に飲ませやすいという特徴がありますし、安全性も高いと言えます。「栄養素(ミネラル)が含まれていないこと」が逆にメリットになることもあるのです。

まとめ

RO水にしようか、それとも天然水にしようか……。こういった悩みをもつ人は、一度サンプルなどを飲んでみるとよいですし、ウォーターサーバーの中には無料お試しを行っているところもあります。

特に同じウォーターサーバー会社のものを見比べると、その味の違いがはっきりするはずです。そのうえで、自身の家族構成や味の好み、ランニングコストを比べて選びましょう。