ウォーターサーバーはカビや雑菌は繁殖しないの?臭いは大丈夫?

「ウォーターサーバーの水は、水道水よりも安全で美味しい」というのは、ウォーターサーバーを使う人にとって当たり前のことです。

しかし、本当にあなたの家のウォーターサーバーは水道水よりも安全で美味しいのでしょうか?

もし、あなたの家のウォーターサーバーが、設置してから1度も清掃していないのであれば、それはただの思い込みかもしれません。

自動メンテナンス機能などか備えられていても、衛生状態を気にせず掃除しなければ、実はカビや雑菌が繁殖してしまっている可能性があるのです。

カビ・雑菌が増えやすい時期

カビや雑菌が増えやすい時期、というと間違いなく「梅雨時」という回答が返ってくるでしょう。

確かにそれは間違いありません。では、なぜ梅雨時にはカビや雑菌が増えやすいのでしょうか?

これもすぐに答えられるでしょう。それは、湿度と温度と養分です。正確に言うと、カビや雑菌は温度が25度以上、湿度が80%以上で埃や皮脂などの栄養があると急激に繁殖します。

梅雨時というのは、家全体がその条件になりやすいので、カビや雑菌が増えやすいわけです。

では、お家のウォーターサーバーはどうでしょうか? ウォーターサーバーには常に水が蓄えられています。

つまり、湿度がいつでも上がってしまう危険性があるのです。そして、快適な室内にあります。多くの場合、室温は20度以上に保たれていることでしょう。

もちろん、ウォーターサーバーの冷水は10度以下、温水は80度以上ですし、自動メンテナンスや殺菌の機能があるサーバーもありますので、内部の水が循環する部分はあまり心配ないかもしれません。

しかし、そのメンテナンスの範囲を外れる部分、特に水が出入りする部分や受け皿は、誰も洗浄してくれません。

その洗浄されない部分は、カビや雑菌にとって快適な環境なのです。

その上、ちりや埃などカビや雑菌にとって栄養となるものが浮遊している外気に晒されているのですから、そこは彼らの繁殖に最適な場所になっています。

つまり、掃除していないお家のウォーターサーバーは、季節に関係なく、カビや雑菌が繁殖しやすい環境になっているわけです。

いくら配送されてくる水が清潔でも、ウォーターサーバーがこの環境では、口に入れる段階で水道水よりも雑菌やカビにまみれた水になってしまっている可能性が高いでしょう。

ウォーターサーバーの手入れの方法

上記のように、ウォーターサーバーはカビや雑菌が繁殖する環境を簡単に作り出してしまいます。しかし、それを防ぐ方法はあるのです。

カビや雑菌が繁殖しないようにするのは、各社が「メンテナンスの方法」として紹介している日々の清掃に他なりません。

ここでは、人気の10社について、お手入れの方法と頻度を紹介していきましょう。

コスモウォーター

自動洗浄機能でサーバー内部は定期的に洗浄されますので、お手入れはボトルホルダー内と温水冷水コック、本体外側と背面です。

1.ボトルホルダー内(水ボトル交換時)

ウォーターカップにたまっている水を清潔なふきんなどで拭き取るだけです。

2.温水冷水コック(1週間に1度)

清潔なふきんやキッチンペーパーを軽く湿らせて、汚れを拭き取ります。付属のブラシで細かいところも掃除するようにしましょう。

3.本体外側(1ヶ月に1度)

湿らせた布などで拭き掃除しましょう。

また、背面は埃がたまりやすいので掃除機で埃を吸い取り、柔らかい布で拭き掃除しておきます。

フレシャス

こちらも、ボトルをセットするホルダーと水を取り込むニードルやアタッチメント、水が出てくるコックのキャップとコック、水の受け皿(ドリップトレイ)、埃がたまりやすい背面部分の清掃を推奨しています。

1.ホルダーやニードル、アタッチメント(ボトル交換時)

ホルダー内は清潔なふきんなどで拭き掃除し、ニードルやアタッチメントは取り外して水洗いをしましょう。

2.温冷水コック(2週間に1度)

清潔なふきんかキッチンペーパーで拭き掃除します。

穴の隙間を掃除する必要があるため、綿棒などの清潔な棒状の掃除道具を準備しておきましょう。

3.ドリップトレイ(1日1回)

取り外して水洗いしましょう。なお、洗浄後はよく乾燥させてからとりつけなければいけません。

4.本体背面部分(1ヶ月に1度)

綿埃がたまりやすい部分ですので、掃除機で埃を吸い取り、水を含ませた柔らかい布で拭き掃除します。

サントリー天然水ウォーターサーバー

サントリー天然水ウォーターサーバーについては、水ボトルを収納するボックス内部、注ぎ口、注ぎ口周り、水受けトレイの掃除が推奨されています。

1.収納ボックス内(ボトル交換時)

収納ボックス内の汚れは除菌用ウェットティッシュなどで拭き掃除し、天然水ボックス(水ボトル)の口がセットされる取水口についてはキッチン用アルコール除菌スプレーなどで除菌します。

2.注ぎ口(汚れた都度)

注水口は除菌用ウェットティッシュなどで拭きます。また、2週間に1度は、隙間を綿棒などで掃除し、最後にキッチン用除菌スプレーで除菌しておきましょう。

3.注ぎ口周り(汚れた都度)

湿らせた柔らかい布で拭き掃除します。

4.水受けトレイ(1日1度)

取り外してたまった水を捨てましょう。その上で、キッチン用中性洗剤で洗っておけば完璧です。

プレミアムウォーター

冷温水コック、コック周辺、水受け皿、本体外側、本体背面を掃除するように推奨されています。基本的には汚れた都度の掃除が基本です。

1.冷温水コックやコック周辺(1週間に1度)

清潔なふきんや湿らせたキッチンペーパーで拭き掃除を行ってください。また、冷温水コックに設置してある透明なキャップについては、取り外して水洗いできます。

コックの穴の周りは埃やカビが付着しやすい場所ですので、綿棒などでこまめに掃除していた方が安全でしょう。

2.水受け皿(1日に1度)

たまっている水を捨てて、キッチン用洗剤で洗うのが理想的です。最悪でも水捨てだけは忘れずに行いましょう。

3.本体(汚れた都度)

軽くぬらしたふきんなどで拭くことで、埃がたまることを防ぎます。また、本体背面は埃がたまりやすいところです。

掃除機で埃を吸い取ったあと、1ヶ月に1度は柔らかい布で拭き掃除をした方が安全です。

アクアクララ

水ボトルを設置するウォーターガード、冷温水フォーセット(蛇口)、水受け皿、本体外面の掃除が必要です。

1.ウォーターガード(水ボトル交換時)

水ボトルがない状態で、清潔な布で乾拭きし、アルコール除菌スプレーなどで除菌します。

2.冷温水フォーセット(1日1度)

清潔なふきんや湿らせたキッチンペーパーで拭き掃除を行ってください。また、内側についても綿棒などで掃除しておきます。

3.水受け皿(1日1度)

取り外してたまった水を捨て、中性洗剤で洗います。

4.本体外面(1週間に1度)

きれいな布などで拭き掃除をしましょう。背面にたまった埃は掃除機で吸い取ってしまいます。

クリティア

ボトルの差込口や冷温水コックの掃除を推奨されています。

1.ボトルの差込口(ボトル交換時)

差込口周辺にたまっている水を清潔なふきんで拭き取り、市販のアルコール除菌剤などで消毒します。

2.冷温水コック(1週間に1回)

周囲は清潔なふきんなどで拭き、穴についてはブラシなどで掃除します。

なお、内部については温水スイッチをONにしておくことで清潔に保たれていますが、万一自分でクリーニングしたい場合は、「セルフクリーニングキット」が提供されていますので、それを使えばより安心できるでしょう。

アルピナウォーター

お手入れについては、ボトルの差込口と、蛇口周りやサーバー本体の拭き掃除を行うよう、Webサイトに掲載されています。

1.ボトルの差込口(水ボトル交換時)

水ボトル設置前に、差込口を清潔なふきんやキッチンペーパーで拭き掃除し、除菌スプレーなどで清潔にして水ボトルを設置します。

2.蛇口周り(汚れた都度)

蛇口や蛇口周りについては清潔な布やキッチンペーパーを湿らせたもので拭き掃除しましょう。

また、蛇口の内側も綿棒などで掃除しておいた方が安心です。もちろん、水受けトレイの水は捨てておきます。

うるのん

Webサイトによると、サーバー本体、ボトルの挿入口、蛇口周辺の掃除は欠かさないようにした方が良いようです。

1.サーバー本体(背面)(1ヶ月に1度)

乾いたぞうきんなどで埃を拭き取ります。

特にサーバーの背面は埃がたまりやすいので、掃除機も併用した方が良いでしょう。

2.ボトル挿入口(ボトル交換時)

キッチンペーパーなど水に溶けない清潔なもので、挿入口を拭き掃除します。

3.蛇口周辺や水の注ぎ口(汚れた都度)

こちらも、キッチンペーパーや清潔なふきんなどで拭き掃除します。また、注ぎ口の中は綿棒などで掃除します。

クリクラミオ

ボトルの差込口、蛇口、水受け皿、本体外側、本体背面を掃除する必要があります。

1. ボトルの差込口(ボトル交換時)

ボトルの差込口を清潔なふきんなどで拭き掃除します。

2.蛇口(汚れた都度)

蛇口はキッチンペーパーやふきんなど清潔なもので拭きます。また、穴の中も綿棒などで掃除しておきましょう。

また、周辺についても汚れたら必ず拭き取るようにしなければいけません。

3.水受け皿(1日1度)

たまった水を捨て、キッチン用中性洗剤で洗っておくことで、雑菌の繁殖が防げます。

4.本体(汚れた都度)

乾いた柔らかい布で拭き掃除してください。

背面など、埃がたまってしまっている場合は、まず掃除機などで吸い取りましょう。

富士の湧水

「よくある質問」によると、D-パックの設置部、冷温水の出水口、水受け皿や本体の清掃が必要となっています。

1.D-パック設置部(D-パックの交換時)

清潔な布やキッチンペーパーで拭き掃除を行うだけでかまいません。

2.冷温水の出水口(汚れた都度)

こちらも、清潔な布やキッチンペーパーで拭き掃除を行います。ただし、出水口内についても、定期的に綿棒などで掃除することをオススメします。

3.水受け皿(1日1度)

たまった水は雑菌の温床になりますので、必ず捨てるようにしなければいけません。また、定期的に清掃しましょう。

4.本体(汚れた都度)

特に背面には埃がたまりますので、掃除機などで掃除しましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ