コスモウォーターとクリクラを比較

コスモウォーターとクリクラを徹底比較!選ぶならどっちがいいの?

天然水ウォーターサーバー販売実績NO.1のコスモウォーターと宅配水市場売上NO.1のクリクラ。
どちらも業界の中では知名度が高く実績のあるウォーターサーバーです。今回は、そんなコスモウォーターとクリクラについて両サーバーを比較し、本当のNO.1はどちらなのかを検証していきたいと思います。
ぜひ、ウォーターサーバー選びの参考にしてみてください。

今回比較をするウォーターサーバーをご紹介

コスモウォーターとクリクラとは?

両メーカーどちらのウォーターサーバーも知名度があり、人気の高いウォーターサーバーです。

特に、クリクラは5年連続でお客様満足度NO.1になった実績と、売上4年連続でNO.1になったこともある知名度の高い大手ウォーターサーバーです。

対して、コスモウォーターはクリクラほどに知名度は高くないものの、同じく大手製造元の企業として着実に業界でシェアを拡大し、天然水宅配ウォーターサーバーでは売上No.1になった実績もあります。

今回はそんなコスモウォーターとクリクラの中でも、コスモウォーターのSmartプラスとクリクラのクリクラサーバーの2種類のサーバーを実際に取り寄せて比較検証していきます。
どちらが良いか迷っている方は参考にしてみてくださいね。

コスモウォータとフレシャスの料金サービス面を比較

まず初めに公式サイトでも確認できる両サーバーの料金面について、比較してみましょう。

料金サービス面を比較

比較項目 コスモウォーター クリクラ
水の種類 天然水+RO水 RO水
月額目安(※1) 3,800円~ 2,500円~
解約料金 2年未満 9,000円

2年以上 無料

0円
初期費用 0円 0円
サーバーレンタル料 0円 0円
サーバーの種類(※2) smartプラス

スタイルセレクトサーバー

クリクラサーバー

省エネサーバー

メンテナンス料金 0円 5,000円/年
飲料水代 天然水

1,760~1,900円/12L

RO水

1,250円/12L

RO水

1,250円/12L

500mlあたりの料金 天然水 約73~79円

RO水 約52円

RO水 約 52円
送料 無料 無料
対応エリア 全国(沖縄 離島除く) 全国(沖縄 離島除く)
注文単位 2本(12Lボトル×2)~ 2本(12Lボトル×2)~
お水の注文ノルマ 1ケ月2本(24L分) 3ケ月6本(72L分)
毎月の電気代 約400円~750円 クリクラサーバー

1,000円~1,300円/月程度

省エネサーバー

523円~535円/月程度

ボトル方式 ワンウェイ(使い捨て) リターナル(返却式)
ボトルサイズ 12Lボトル 12Lボトル

(※1)注文単位(24L換算)+レンタル料+電気代=月額費用 。メンテナンス料金は含まれていません。

(※2)2017年10月時点で展開されているサーバーになります。

料金面やサービス比較まとめ

上記比較項目のみに注目して優劣を付けてみると以下のようになります。

  • 水の種類 コスモウォーターの方が多い
  • 月額目安 クリクラの方が安い
  • 解約料金 クリクラは無料
  • メンテナンス料金 コスモウォーターは無料(自動メンテナンス)
  • 500mlあたりの料金 クリクラの方が安い
  •  毎月の電気代 コスモウォーターの方が安い

料金サービス項目を単純に比較するだけでは、そこまでの差があるように見えませんが、料金面ではクリクラの方がお得です。

クリクラではメンテナンス料金(5000円)が発生しますが、それでも年単位で計算しすれば、クリクラの方が費用を抑えられることが分かります。

また、電気代に関しても一見差が開いているように見えますが、クリクラでも「省エネサーバー」を選択すればその差も限りなく小さくなり、結局はトータルコストで考えるとクリクラの方が安いということになります。

コスト面重視でRO水でも良いのであれば、クリクラを選択するのもひとつでしょう。

実際の使い勝手の良さを比較!コスモウォーターとクリクラどっちがいいの?

料金面ではクリクラの方が安いということが分かりましたが、それでは実際の使い勝手や機能面で比較するとどうなのでしょうか?

実際に、両者のウォーターサーバーを取り寄せ、体験してみたレビューを元に以下の比較項目について、さらに考察していきます。

またここからは、nanairoスタッフ5名(女性:3名、男性 2名)に実際に体験してもらい、以下の項目でどちらのウォーターサーバーが評価が高いのか投票を行ってもらい検証します。

  1. デザイン面
  2. メンテナンス面
  3. お水の交換のしやすさ
  4. ゴミの量の多さ
  5. チャイルドロックの安全面
  6. 赤ちゃんへのお水に向いているか

デザイン面の比較ではコスモウォーター

コスモウォーターデザイン

クリクラのデザイン

nanairoスタッフ5名による投票

コスモウォーター クリクラ
nanairoスタッフによる投票 5票 0票

デザイン面の投票を行ったところ、満場一致でコスモウォーターに軍配が上がりました。

「クリクラはいかにもウォーターサーバーという感じ」

「コスモウォーターの方が見た目がスマートでかっこいい」

今回ご紹介しているコスモウォーターsmartプラスは2017年にグッドデザイン賞を受賞しており、そのデザイン性はネット上の口コミで観ても評価が高いことが分かります。

見た目だけではなく、誰にでも使いやすい操作性と住環境にフィットしやすいデザインは、家族のために考え抜かれたウォーターサーバーとも言えます。

対して、クリクラの操作性に関しては特別変わっているところもないので直観的に操作はしやすいと思いますが、ボトルがむき出しになっている分、どちらかと言えばウォーターサーバーらしいデザインです。

そのため、特に女性スタッフが自分の家に置くと考えたとき、「クリクラよりコスモウォーターの方が欲しい!」という意見が多かったです。

また、参考までに両者のサーバーサイズを以下に記載しておきます。

高さに差があるものの、幅、奥行に関しての差はほぼありませんね。

クリクラLサーバー (幅)30.5cm×(奥)35cm×(高)99cm

コスモウォーター (幅)30cm×(奥)34cm×(高)110cm

メンテナンス面の比較ではクリクラ

nanairoスタッフ5名による投票

コスモウォーター クリクラ
投票結果 2票 3票

nanairoスタッフ5名に両サーバーのメンテナンス体制について説明をしたうえで、比較判断をしてもらいました。

コスモウォーターsmartプラスには自動クリーニング機能が付いており、クリクラには自動クリーニング機能が付いていません。

コスモウォーターの方が有利だと思いますが、クリクラには年に1回、メンテナンス済の新しいサーバーと交換してもらえるという嬉しいサービスがあります。

残念ながら、有料(5000円)にはなってしまいますが、クリクラの衛生面への徹底ぶりは業界でもトップクラスだと思うので、毎年新しいサーバーに交換してもらえる利点は安心度が格段に高いと思います。

③お水の交換のしやすさはコスモウォーター

IMG_6210

クリクラボトル交換

nanairoスタッフ5名による投票

コスモウォーター クリクラ
投票結果 5票 0票

お水の交換のしやすさについて投票してみたところ、満場一致でコスモウォーターということになりました。

クリクラでは、12Lボトルをサーバー上部へ持ち上げ、設置する必要がありますが、コスモウォーターでは下部の引き出しに、ボトルを押し込みセットするだけの簡単操作で済みます。

nananairoスタッフの意見としても、

「コスモウォーターの方が断然ラク」

「サーバーを持ち上げる手間がないのが、すごい助かりそう!」

といった、高評価な意見が出ました。

ゴミの量の比較ではクリクラ

nanairoスタッフ5名による投票

コスモウォーター クリクラ
投票結果 2票 3票

コスモウォーターでは、ボトルが使い捨てボトルのため、空になったボトルは自分で処理する必要があります。

対して、クリクラでは空になったガロンボトルを回収してもらえるので、余分なゴミも出ず、保管しておくだけです。

コスモウォーターも自動収縮してくれるボトルを採用しているので、ゴミとしてはかさばりづらいのですが、ゴミの量で比較した場合には、どうしてもゴミが出ないクリクラには及びません。

ただ、コスモウォーターにも2票入っている理由は、軽量PET樹脂ボトルのため、潰してリサイクルゴミとして処分できて「かさばりづらい」という点に加え、クリクラと比較した場合「ボトル回収に来てくれるまでの1、2週間、空ボトルを保管しておくスペースが必要ないから」というものでした。

ゴミとしての処分を選ぶか、保管スペースを選ぶかは使用するユーザーによっても分かれるところではあります。

今回の投票では、ゴミが出ないクリクラの方に軍配が上がりましたが、保管スペースを選ぶか、自分で処理しやすいものを選ぶかという視点で選択は変わってくるでしょう。

⑤チャイルドロックの安全面はコスモウォーター

コスモウォーターチャイルドロック

クリクラチャイルドロック

nanairoスタッフ5名による投票

コスモウォーター クリクラ
投票結果 4票 1票

クリクラのチャイルドロックも手順が多く、決して安全性が低いというわけではないのですが、決め手となったのはコスモウォーターの完全ロック機能。

また、クリクラのチャイルドロックでは万が一手順を覚えられてしまった時が心配という、意見が出ました。

コスモウォーターのチャイルドロックは3段階に調節が可能で、

  • 常時フリーでお水が出るフリーロック
  • ボタンを押しながらお水を出す簡易ロック
  • 何をしてもお水が出ない完全ロック

以上の3段階で子供の成長に合わせた調節ができる仕組みになっています。

対して、クリクラのチャイルドロックは、

  • レバーを持ち上げる
  • レバーを奥に押す
  • レバーを下げる

という3手順を踏まないとお湯は出ないようになっているので、お子様に手順を覚えられ無い限りは大丈夫だと思いますが、コスモウォーターに比べると「使いやすさ」の点においてもやはり劣ります。

赤ちゃんへのお水に向いているかで比較するとDRAW(引き分け)

まだ内臓の機能が整っていない小さなお子様や赤ちゃんには、カルシムやマグネシウムなどミネラル分の少ない(硬度が低い)軟水が適しているとされています。

しかし、硬度が低ければ低いほどいいというわけでもなく、適度なミネラル分は赤ちゃんにも必要です。

コスモウォーターとクリクラのお水を比べると、天然水かR0水という違いはあるものの、硬度の観点で観ると両者にほぼ差はありません。

コスモウォーター
富士の響き(天然水)硬度62度の軟水
古都の天然水(天然水)硬度30度の軟水
日田の誉(天然水)硬度62度の軟水
プラスプレミアム(RO水)硬度25度の軟水

クリクラ
RO水 硬度30度の軟水

赤ちゃんのお水に向いているのは一般的に、RO水の方が良いとされていますが、実はコスモウォーターでもRO水は扱っています。

その点を踏まえると、点数の付けようがないので今回はdraw(引き分け)として、投票は無効とさせてもらうことにしました。

硬度とは?
水1リットルに含まれているカルシウムとマグネシウム量を表した数値のことで、「軟水」は含有量が120mg/l未満のものを指します。(世界保健機関の基準)

実際に使用してみた比較項目まとめ

実際にnanairoで使用してみての感想や使い勝手を比較したまとめは以下のようになり、コスモウォーターの方に軍配が上がりました。

比較項目 ウォーターサーバー
デザイン面 コスモウォーター
メンテナンス面 クリクラ
お水の交換のしやすさ コスモウォーター
ゴミの量の比較 クリクラ
チャイルドロックの安全面 コスモウォーター
赤ちゃんへのお水に向いているか DRAW(引き分け)

まとめ

コスモウォーターとクリクラの違いは、お水の種類、使用済ボトルの処理方法、解約金などがありますが、料金面ではクリクラが安く、使い勝手ではコスモウォーターに軍配が挙がりました。

今回は料金面だけでなく総合的なバランスを考え、コスモウォーターの勝ちとさせていただきましたが、クリクラに関しても料金は安く、赤ちゃんや妊婦さん向けへの特別キャンペーンも行っていたりします。

ウォーターサーバーはどのような側面を重要視して選ぶのかが大切で、重視するポイントはユーザーによって異なりますが、

コストをなるべく抑えたいならクリクラ
使い勝手や利便性を重視するならコスモウォーター

といったように、用途によってウォーターサーバーは選択するのが良いでしょう。

最後になりましたが、今回ご紹介したウォーターサーバーは下記で詳細を解説していますので、気になった方は一度チェックしてみてください。

コスモウォーターの電気代や料金は?注文方法から解約方法まで解説
クリクラの値段電気代は?契約から注文方法、解約までの流れ