ウォーターサーバーのお水の賞味期限はどれくらい?各社を比べてみた!

ウォーターサーバーを導入するとき、自分がいつもどれくらいの水を飲んでいるのかを把握した上で注文しているでしょうか?

しっかりとこの点を考慮することなく契約してしまうと、必要以上の水が配達されてきてしまうことがあります。(「最初の契約は水ボトル2本無料サービス」などという言葉で安易に契約してしまう場合は特に注意しましょう。)

もちろん、そうなってしまった場合は水を家のどこかに保管しておくことになります。

ただし、ただ単に保管するのではなく、いつまで保管しておけるのか「水の賞味期限」を確かめた上で、適切に保管しなければいけません。

この記事では「水の賞味期限」と「人気のウォーターサーバーの賞味期限」について詳しく解説します。

ウォーターサーバーの水の賞味期限とは?

ウォーターサーバーのお水の賞味期限とは

食品に賞味期限が設けられているのと同様に、お水にも賞味期限が設けられています。

水そのものは腐るようなことはありません。しかし、実際のところは水に混入している雑菌が繁殖して飲用に適さなくなってしまうことは普通にあることです。

もちろん、ウォーターサーバーの水は、天然水であっても様々な殺菌処理などを施していますので、普通はまったく問題になることはありません。

ただし、長い間放置することでごくわずかに残っていた雑菌が繁殖してしまったり、水に臭いが移ってしまったりすることがあるのです。

そのため、水にも賞味期限が設定されており、各社の定める賞味期限は守るようにしたほうがよいでしょう。

賞味期限は美味しく水を飲める期間を表す

未開封の水ボトルは密閉されているので、基本的に外気が混入して雑菌が繁殖するということはありません。

しかし、ボトル原料であるポリエチレンはわずかに酸素を通してしまうため、長期間の保管をしておくことで臭いが移ったりする中身のお水が酸化してしまう可能性があります。

こういったことを防ぐために、ウォーターサーバーの各社では賞味期限を定め、お水が美味しく飲める期間として賞味期限を設けています。

 

そのため、賞味期限が少し過ぎてしまったからといって飲めなくなるということではないのです。

また、賞味期限は各メーカーが定める正しい保存状態で保管した場合の期限のことを言います。

具体的な保管場所としては、直射日光の当たらない冷暗所を推奨していることが多いです。

ボトル開封前と開封後では賞味期限が違う?

開封前と開封後で賞味期限が違う理由

上記でも触れましたが、ウォーターサーバーのボトルは外気に触れることで徐々に劣化していきます。

外気中にはいろいろな有機物や雑菌が浮遊していますので、外気に触れることで水自体は腐らないとても水質の悪化は防げません。

不純物の混入によりどうしても、雑菌が繁殖する原因となります。

未開封時は6ケ月程度が目安

現在のウォーターサーバーを調べてみると賞味期限6ケ月というところが多いのが分かります。

次いで、3ケ月、1年間の賞味期限を設けているところもありますが、普通に飲み水として使用するのであれば、3ケ月でも問題はないと思います。

 

また、ウォーターサーバーにはRO水と天然水がありますが、逆浸透膜(ぎゃくしんとうまく)により不純物を徹底機にとり除いたRO水の方が、比較的賞味期限は長い傾向にあるようです。

開封後の目安は2週間程度が目安

ウォーターサーバーのボトル開封後の賞味期限については、各社明確な期限は設けれていません。

早めに飲むことに越したことはないのでしょうが、目安としては2週間程度、最長でも30日程といったところになるでしょうか。

 

また、上でも少し触れたように天然水かRO水によっても賞味期限は異なります。比較的賞味期限が長いとされるRO水でも最長は1ケ月程度の目安と考え、ボトル開封後はなるべく早めに飲むようにしましょう。

開封後のお水の品質を保つためのポイント

開封後の水の衛生面や品質を保つためには、できるだけ雑菌の繁殖を防ぐことが大切です。

そのため、以下のような点には注意をしましょう。

  • 直射日光の当たらない場所に設置する
  • 洗剤などニオイの強いものの近くに置かない
  • 衛生面を考え、定期的にサーバーのお手入れをする

人気のウォーターサーバー各社の賞味期限は?

人気のウォーターサーバー各社を比較

ここからは、人気のウォーターサーバーについてそれぞれの水の賞味期限を紹介しましょう。

なお、上記でご説明した通り、未開封と開封後ではまったく賞味期限が違います。

 

未開封状態での賞味期限は各社のWebサイトに明確な説明がありますが、開封後についてははっきりとした記載のないものが多いです。

そのため、開封後の賞味期限については配送間隔から予測される期間を目安に紹介しています。

ここに記載されている期間はあくまで目安と考え、開封後は早めに使い切るようにしましょう。

水の種類 未開封時 開封後
アルピナウォーター RO水 1年 約3ケ月
アクアクララ RO水+ミネラル 6ケ月 約2週間
うるのん RO水・天然水 6ケ月 不明(※1)
コスモウォーター 天然水 6ケ月 早め(※2)
富士の湧水 天然水 6ケ月 早め(※2)
フレシャス 天然水 6ケ月 不明(※1)

(※1)公式サイトでの記載がありませんでした。

(※2)なるべく早めということしか分からなかった為、約2週間以内を目安に飲みきるようにしましょう。

人気のウォーターサーバー6社を紹介

上記でご紹介したウォーターサーバー6社の特徴を観ていきましょう。

①アルピナウォーター(RO水)

アルピナウォータサーバー紹介

  • 未開封状態での賞味期限: 12ヶ月
  • 開封後の賞味期限の目安: 3ヶ月

上記、人気のウォーターサーバーの中でも突出して賞味期限が長いので、災害時用の備蓄としても活用できるウォーターサーバーです。

北アルプスの天然水を、限りなく純水に近くなるまで濾過したRO水を飲むことができます。

ボトル方式はリターナルボトルの2way方式となっています。

アルピナウォーターの料金・電気代は?契約から注文方法、解約までの流れ

②アクアクララ(RO水+ミネラル)

アクアクララ紹介

  • 未開封状態での賞味期限: 6ヶ月
  • 開封後の賞味期限の目安: 2週間

北海道から沖縄まで全国をカバーする宅配水業界のナンバー1ブランドです。

無料お試しもできる数少ないウォーターサーバーでもあります。

ボトル方式はリターナルボトルの2way方式となっています。

アクアクララの値段・電気代は?契約から注文方法、解約までの流れ

③うるのん(RO水・天然水)

  • 未開封状態での賞味期限: 6ヶ月
  • 開封後の賞味期限の目安: 2週間

「ドラえもん」がイメージキャラクターの最近知名度が上がってきているウォーターサーバーです。天然水かRO水のどちらかを選べます。

天然水の場合になりますが配送ペースの最長が1ヶ月で2本となっていますので、開封後の賞味期限は約2週間と考えていいでしょう。

ボトル方式はワンウェイ方式となっています。

うるのんの料金・電気代は?契約から注文方法、解約までの流れ

④コスモウォーター(天然水)

コスモウォーターおすすめ

  • 未開封状態での賞味期限: 6ヶ月
  • 開封後の賞味期限の目安: 2週間

サーバーの種類も豊富で、お水がランニングコストだけ!という人気のウォーターサーバーです。

日本で初めて「足元ボトル交換タイプ」のウォーターサーバーを提供したのも特徴のひとつで、ボトルの返却が不要なワンウェイ方式を採用しています。

コスモウォーターの電気代や評価は?注文方法から解約方法まで解説

⑤富士の湧水(天然水)

ウォーターサーバー富士の湧水紹介

  • 開封状態での賞味期限: 6ヶ月
  • 開封後の賞味期限の目安: 2週間

使い切り容器を使用し、48時間かけた無菌試験を実施している、品質にこだわりを持ったウォーターサーバーです。

Webサイトの料金シミュレーションとして、1ヶ月ボトル2本が挙げられていますので、開封後約2週間で最長と考えるのが妥当でしょう。

Dーパックという独自開発したワンウェイ方式の水パックを採用しています。

富士の湧水の値段・電気代は?契約から注文方法、解約までの流れ

⑥フレシャス(天然水)

フレシャスウォーターアクウィッシュ

  • 未開封状態での賞味期限: 6ヶ月
  • 開封後の賞味期限の目安: 2週間

軽量使い捨てパックを採用して、水の交換を女性でも楽にできるようにした機能性の高さと、グッドデザイン賞を受けたデザイン性の高さを両立した評価の高いウォーターサーバーです。

コスモウォーターと同じく、半年と半月という期限になっています。1配送2ボトルが標準になっており、配送間隔を1週間から4週間で選ぶ形になっていますので、最長1ヶ月(4週間)に2ボトルとして、開封後2週間の期限を想定しているものと思われます。

フレシャスの料金・電気代は?契約から注文方法、解約までの流れ

賞味期限にみるウォーターサーバーの選び方

上記のように、容器や水の種類、サーバーの機能によって違いはありますが、未開封の賞味期限は6ヶ月から12ヶ月という賞味期限が明記されており、開封後についても1週間から1ヶ月以内の消費を想定されているようです。

しかし、1人暮らしの場合など、どうしても賞味期限が切れてしまうこともあるでしょう。

そこで、賞味期限を切らさないようにするコツを、幾つか紹介しましょう。

注文する量を調節できるウォーターサーバーを選ぶ

最初に契約した本数を一定期間注文し続けなければ違約金が発生するようなウォーターサーバーもあります。

そんなウォーターサーバーを選ぶと、最初の予定と違って思った以上に水を使わない月ができると、途端に水が余ってしまい、結局賞味期限が切れてしまうことになる場合が多いです。

そのため、注文する水の本数を後から調整できるようなウォーターサーバーを選びましょう。

そうすれば、長期出張や旅行などで水を使わない場合なども、無駄に賞味期限を切らせてしまうようなことがなくなります。

注文ノルマなしのウォーターサーバーを選ぶ

今ではあまり多くはないかもしれませんが、毎月○○本以上のボトルを注文しなければ違約金が発生するウォーターサーバーもあります。

このようなウォーターサーバーの場合、使う側が無理矢理に水を使わなければ調整できません。

毎日必ず水を消費することが確実な場合以外は、ノルマのあるウォーターサーバーは選ばない方が良いでしょう。

ボトル1本の容量が小さいウォーターサーバーを選ぶ

業界の常識として、ボトル1本は12リットルが標準です。しかし今では、その重さと扱いにくさを嫌って、小型の7リットル前後のボトルを扱っているウォーターサーバーもあります。

1ボトルあたりの量が少ないということは、それだけ短期間で使い切れるということですので、小さい容量のボトルを使う方が賞味期限切れを防ぐのに効果的でしょう。

ただし、1リットルあたりのコストを考慮すると、大容量のボトルの方が安い場合が多いですので、使い切ることができるのであれば、大容量のボトルを選ぶ方が良いかもしれません。

まとめ

ウォーターサーバーのボトルの賞味期限の考え方と、各社が設定する賞味期限について観てきました。

ウォーターサーバーの賞味期限は美味しく飲める期限なので、少し過ぎてしまったからと言って神経質に考える必要はありません。

しかし、水の消費量が家庭や一人暮らしの方は、賞味期限の長いウォーターサーバーを選択するのもひとつの手です。

 

また、上記でご紹介したアクアクララ、富士の湧水、フレシャスでははお水を早く消費できる小型のボトルも用意しているので、合わせてチェックしてみてくださいね。

PICKUP CONTENTS

トップへ