食材宅配と食事宅配の違い

「中食」の発展をはじめ、現在の日本の食事文化は、さまざまな選択肢と進展によって支えられています。

このなかで、「宅配を利用する」という方法も一般化してきました。

家にまで届けてくれる宅配サービスは、高齢者や独身者、小さなお子さんがいる家庭など、多くの人に愛されています。

さて、この宅配サービスですが、これは、「食材宅配」と「食事宅配」に大別されることをご存知でしょうか。

何が違うの?食材宅配と食事宅配

「食材宅配」と「食事宅配」は、とても似ている言葉ではありますが、区別されるものです。

「食材宅配」というのは、その名前の通り、「食材」を宅配してくれる、というものです。野菜やお肉、あるいはお米などを自宅の玄関まで届けてくれます。

この食材宅配の場合、重い荷物などを自分で運ばなくてよいこと、届いた食材を自由に調理できることなどが大きなメリットです。

ただ、食材宅配の場合、「自分で調理すること」が大前提となっています。

対して、「食事宅配」というのは、すでにできあがった料理を宅配してくれます。これは料理の手間を大幅に軽減することができます。

ただ、食事宅配の形態はさまざまです。完全に、「お弁当型」になっているものもあれば、「パックに入っているので、自分で温めて器に移してください」というものもあります。

また、この2つの中間に位置するような、「カット済み、調味料済み、ただし炒めたり蒸したりするのは自分で行う」というものもあります。

これらのサービスは、どちらかが優れておりどちらかが劣っている、という問題ではなく、ターゲット層やライフスタイルによって、選ぶべきものが変わります。

前者の場合、多くは、「子どもにおいしいものを食べさせたい」「重いものは運べないが、家で調理をすることが好きだ」という人向けのサービスだと言えるでしょう。

対して後者の場合は、「料理をするのが面倒だ」「食事制限があって、自分たちでは調整しきれない」というご家庭に向いています。

このような基本を踏まえて、より細かくお話していきます。

食材宅配とはこんなサービス

食材宅配は、文字通り、「家に食材を届けてくれる」というサービスです。

上でも軽く触れましたが、下記のような家庭(人)が利用することに向いているサービスです。

買い物にいけない人の味方、食材の宅配サービス

「仕事が残業続き。帰るのが21時すぎになるのに、近所のスーパーは20時までしかやっていない……」

「小さな子どもがいて育児だけで精いっぱい!子どもを連れて買い物に行くのはちょっとつらい」

「腰を痛めて以来、重いものを運ぶことができなくなってしまった」

このような人にとって、食材宅配はとても強い味方になります。

食材宅配の場合、インターネットで検索をしたり、定期便をお願いしたりすることで、家の玄関先まで食材を運んでくれます。

スーパーの営業時間を気にする必要もありませんし、育児で手一杯なときに買い物に行く必要もありません。また、腰を壊して重いものを運べない人でも、水やお米のような重量感のあるものをためらわずに買うことができます。

採れたて食材や有機野菜など、質のいいものを配達してもらえる

食材宅配の場合、多くのケースで、スーパーよりも品質のよいものを取り扱っています。また、産地直送で鮮度がよいものや、農薬や放射線物質に独自の基準を設けて厳しい検査をしている食材も手に入ります。

食材宅配は確かにスーパーよりも値段が高いのですが、「おいしくて、より安全なものを食べられる」というメリットは非常に大きいでしょう。そのため、小さなお子さんがいるご家庭などにも向いています。

定期宅配とネットスーパーの2種がある

さて、このような食材宅配には、大きく分けて、「定期宅配」と「ネットスーパー形式」に分けられています。

前者は野菜などの鮮度重視のものが、後者は日用品を含めて幅広く取り扱っているのが魅力です。前者は「おいしさ」に重点を置き、後者は「価格」に重点を置いていることは、すでに述べた通りです。

ちなみに、前者の方が到着までに時間がかかります。ネットスーパーは、頼んだ時間やお店にもよりますが、注文してからわずか3時間程度で届けてくれるところもあります。

送料については、どちらが良いとは言い切れません。それぞれのサービスで違いがあるので、よく比較検討するとよいでしょう。

調理は自分でする

食材宅配の場合、調理は自分で行います。あくまで、届くのは「食材」だからです。野菜やお肉を自由に組み合わせて、自分の好きな料理を作りましょう。卵の10個セットなどは、特に使いでのあるものですね。

ちなみに、上でも軽く触れましたが、カットや下ごしらえを済ませて、火を通すだけになったセットも販売されています。このセットの場合、調理の手間を省けるだけでなく、ゴミの量を少なく抑えられるのも魅力です。

食事宅配は何をしてくれる?

ここまでは「食材宅配」について見ていきましたが、「食事宅配」はどうなのでしょうか

調理をする時間もない!そんな方には食事宅配

食事宅配は、食材宅配とは違い、すでに料理されたものが届きます。そのため、料理が苦手な人や、仕事で帰宅するのが遅い人に人気です。

「家で作る時間はないけど、コンビニエンスストアのお弁当は食べ飽きてしまった……」

「家庭料理に近い味を味わいたい」ということなら、特に食事宅配は向いています。

特に人気な「夕食宅配」のサービス

朝食や昼食のサービスが皆無なわけではありませんが、基本的には、食事宅配は「夕食を配達する形」をとっています。

夕食は、日本の食事形態においてはメインとなる食事であり、自宅で食べることが多いものです。しかし、仕事で忙しい人にとって、もっとも手を焼かせられる食事でもあります。

ニーズの高さに応える形で、各社、さまざまな特徴を打ち出したサービスを展開しています。内容や値段、配送方法などで、お好みのものを選びましょう。

病気の方や高齢者の利用も多い

食事宅配を利用する人のなかには、腎臓病や糖尿病で食事節制が必要とされている人もいます。

塩分量やカロリーは、確かに自宅でもある程度コントロールできるものです。しかし、家族の分とは別の料理を作ったり、細かく計算したりすることは、料理を作る人にとって、大変な負担です。

そのため、毎日の手間を軽減する措置として、食事宅配が選ばれることがあります。

また、このような食事は、生活習慣病に対してだけでなく、噛む力が落ちたご年配の方向けにも作られています。介護食としての利用もあるのです。

妊婦やダイエット中の方にもオススメな栄養管理食事

妊娠をしていたり、ダイエットをしていたりするということで、1日の摂取カロリーに制限のある人もいるでしょう。このような人にも、食事宅配は向いています。食事宅配は、その多くがきちんとカロリーを表記しており、計算がしやすいのです。また、食事宅配の場合、プロが計算をしてメニューを組み立てているため、見た目や食べた後の満足感にも気を配っています。

低カロリーでありながら栄養がきちんととれて、ボリューム感を覚えられるものが販売されているのです。

このように、食材宅配と食事宅配には違いがあります。あなたに向いているのはどちらでしょうか。もちろん、両方を併用するのも一つの有効な方法です。