黒烏龍茶の成分に期待できるダイエット効果|美味しいおすすめ商品もご紹介

黒烏龍茶の成分に期待できるダイエット効果|美味しいおすすめ商品もご紹介

最近は日本全国どのスーパーやコンビニでも「黒烏龍茶」を見かけるようになりました。

そしてこの黒烏龍茶が「油物の多い食事の際に一緒に飲むと良い」となんとなく知ってる方も多いのではないでしょうか。

ただ実際に黒烏龍茶にはどんな効果があってどんなメリットがあるのか、はっきり答えられる方は少ないかと思います。

また、黒烏龍茶は脂肪の吸収を抑えてくれるお茶なので「ダイエット」に大きく関係する飲み物でもあります。

今回は、黒烏龍茶のダイエット効果を詳しく説明し、おすすめの美味しい黒烏龍茶をご紹介していきます。

黒烏龍茶とは?どんな栄養成分が含まれている?

黒烏龍茶とは?どんな栄養成分が含まれている?

黒烏龍茶はもちろん烏龍茶の1種で、特に脂肪の吸収を抑える作用が強い成分「重合ポリフェノール」が豊富に含まれた飲み物です。

この重合ポリフェノールは、茶葉を半発酵させた際にカテキンなどが結合した成分で通常の烏龍茶にも含まれていますが、黒烏龍茶にはその何倍もの重合ポリフェノールが入っています。

そのため、一般的なウーロン茶とは比べものにならないくらい「脂肪の吸収を抑える働き」を発揮してくれる烏龍茶なのです!

また、重合ポリフェノールが多く含まれているため色が濃くなり黒く見えることが「黒烏龍茶」の名前の由来です。

黒烏龍茶と烏龍茶の違いは?

通常の烏龍茶には「ウーロン茶ポリフェノール」という抗酸化作用を持った成分がたくさん入っています。

抗酸化作用とは簡単に言うと、活性酸素による酸化を抑え細胞の老化を防ぐ働きのことです。

人の体は日々酸素を利用してエネルギーを作り出していますが、酸素を使用すると同時に活性酸素というものが体内で生成されます。そしてこの活性酸素は細胞を傷つけ、様々な被害をもたらします。

そのため、抗酸化作用に期待ができる「ウーロン茶ポリフェノール」は日頃から摂取しておきたい成分の1種なのです。

それに加え、脂肪の吸収を抑える作用を持った「重合ポリフェノール」は烏龍茶よりも黒烏龍茶の方が圧倒的に多く含まれています。

そのため、抗酸化作用だけでなくダイエット効果も期待したい方は烏龍茶ではなく黒烏龍茶を飲むことをお勧めします。

  • 烏龍茶→抗酸化作用が期待できる
  • 黒烏龍茶→抗酸化作用+脂肪の吸収の抑制作用(ダイエット効果)

カフェイン量はどれくらい?

黒烏龍茶は普通の烏龍茶よりも濃いイメージがあることから「カフェイン」も多く含まれてるんじゃないかと気になる方がいるかと思います。

実際、黒烏龍茶にダイエット効果があることは知っていてもカフェイン量が不安で飲むことを避ける方も少なくありません。

確かにカフェインの含有量は、妊娠中・授乳中の方はもちろんのこと、不眠症や頻尿で悩んでいる方にとっては非常に大事な問題です。

しかし実は、通常の烏龍茶と黒烏龍茶でカフェインの量に差はなくどちらも100ml当たり20mgのカフェイン量なのです。この含有量はコーヒーの半分以下の値です。

【飲み物別カフェイン含有量(100mlあたり)】

  • 烏龍茶 20mg
  • 黒烏龍茶 20mg
  • コーヒー 45mg
  • 紅茶 20mg
  • 緑茶 20mg

見て分かるように、黒烏龍茶のカフェイン含有量は烏龍茶や緑茶と全く変わりありません。

そのため黒烏龍茶は飲み過ぎたりさえしなければ、大きな心配はしなくても大丈夫な飲み物なのです。

黒烏龍茶のダイエット効果

黒烏龍茶のダイエット効果

黒烏龍茶には脂肪の吸収を抑える成分「重合ポリフェノール」がたっぷり含まれているので、ダイエット効果が期待できます。

その黒烏龍茶の効果・効能として一般的に知られているのが「脂肪の吸収を抑えてくれる働き」です。

これは黒烏龍茶のテレビCMでも散々流れてきましたし、市販で売ってる黒烏龍茶のラベルに書かれているのを見て知った方も多いと思います。

そして脂肪の吸収を防ぐ役割というのは、

「同じで食事でも脂肪の吸収が軽減される=太りにくくなる」

ということになるので、黒烏龍茶にはダイエット効果が期待できるというわけなのです。

また、特にカロリーの高い揚げ物を食べる際の効果は抜群なので、我慢することなく油物が食べられるという精神面のメリットもあります。

他にある様々なダイエット方法の中でも、黒烏龍茶はただ食事の際に一緒に摂取すればOKなので、始めやすい・長続きしやすいというのも人気の理由です。

それでは、黒烏龍茶がダイエットに向いている理由についてご説明していきます。

脂肪の吸収を抑える

食事から体内に入った脂肪は、1度「リパーゼ」という脂肪分解酵素によって小さくなり体内に吸収されていきます。

そして、吸収された脂肪の中でエネルギーとして消費されなかった分は体内に蓄積されます。

この体内の残った脂肪がいわゆる「中性脂肪」と呼ばれるものです。

ところが、「重合ポリフェノール」が豊富な黒烏龍茶にはリパーゼの働きを抑制する作用があるため、脂肪が分解されず(つまり体内に吸収されず)にそのまま体外に排泄されることになります。

したがって、本来吸収されるはずだった脂肪が、リパーゼの働きを抑えた分だけ体内をそのまま素通りしてくれるので、元から「中性脂肪」になる可能性がなくなるのです。

カロリーの高い油ものを食べられる

唐揚げ、とんかつ、コロッケなどカロリーの高い油ものは、美味しいけど食べたいけどダイエットの天敵ですよね。

いざレストランや飲み会に行っても、カロリーを気にして好きな食べ物を我慢した経験は誰しもがあることでしょう。

しかし、そういった時に最大限チカラを発揮してくれるのが黒烏龍茶なのです。

先ほどご紹介したように黒烏龍茶に多く含まれる「重合ポリフェノール」には、脂肪の吸収を軽減してくれる効果があるので、これら油ものの料理を食べても大丈夫なのです。

ただ「重合ポリフェノール」の効果はすべての脂肪吸収を抑制してくれるわけではないので、黒烏龍茶さえ飲めばどれだけ食べてもOKということではありません。

普通にカロリーの高い油ものを食べるとき、どうしても食べたい時に黒烏龍茶も一緒に飲むとサポートしてくれる効果がありますよ、という認識で活用して下さい。

始めやすい・長続きしやすい

最後にご紹介する黒烏龍茶のダイエット効果は、始めやすい・長続きしやすいというポイントです。

まず、黒烏龍茶は今のご時世、スーパーやコンビニ等どこでも売っているので手に入りやすく急な食事でもすぐにGETできます。

次に、食事の時に飲むドリンクをただ黒烏龍茶に変えるだけでいいので、簡単に始めることができますし、長続きがしやすいという利点もあります。

そしてこのストレスを感じることなく実践できる方法というのは、ダイエットの中でも最重要なのは言わずもがなですよね。

  • ダイエットが全然続かない
  • ダイエットする時間がない
  • 運動したくない

という方は、簡単にできる黒烏龍茶をぜひトライしてみて下さい。

黒烏龍茶の選び方のポイント

黒烏龍茶の選び方のポイント

黒烏龍茶の選び方・買い方のポイントを簡単に解説します。

トクホ(特定保健用食品)を選ぶ

特定保健用食品(トクホ)とは、健康の維持・増進に役立つことが科学的に証明され、消費者庁に認められた食品です。

つまり黒烏龍茶の効果を国が公的に認めた商品ということなのです。

ただし、現状日本で販売されているトクホの黒烏龍茶といえば、「サントリー黒烏龍茶」のみです。

もちろんトクホに認定されていない黒烏龍茶に効果が期待できないというわけではありませんが、やはり日本の公的な研究機関が確かなデータに基づいて調査した上で効果を認める制度なので、この認定があるかないかで商品に対する安心感は段違いです。

amazonや楽天で最安値の販売店を探す

黒烏龍茶を買う場合

  • 市販(スーパー、コンビニ、ドラッグストア)
  • ネット通販(Amazon、楽天、Yahoo!、LOHACO)

など、ありとあらゆる所で販売されています。

市販店舗に比べて、やはりネット通販のほうが安い傾向にあるようです。

もちろんコンビニは値段的に考えると論外であり、スーパーやドラッグストアはセールによっては安いこともあるかもしれませんが、基本的にはAmazonと楽天で最安値を探すのが一番賢いでしょう。

おすすめの美味しい黒烏龍茶5選

サントリー黒烏龍茶

サントリー黒烏龍茶

  出典:サントリー 

通常価格

160~170円(350ml)

タイプ

ペットボトル

容量の種類

350ml、1050ml、1400ml

やはり黒烏龍茶として真っ先に挙げられるのは「サントリー黒烏龍茶」でしょう。

世の中で黒烏龍茶が認知されるキッカケになった商品ですし、おそらく黒烏龍茶を飲み始めるとしたら、ほぼ全員がこの烏龍茶を思い浮かべるのではないでしょうか。

実際おいしくて非常に飲みやすく、黒烏龍茶の中でもダントツ人気の商品です。

この商品はいわゆるトクホ(特定保健用食品)に認定されているお茶なので、そういう意味でも安心してお買い求めいただけます。

スーパーやコンビニで販売されている黒烏龍茶のシェア率もこのサントリーが圧倒的なので、急な食事や油ものを食べるときにだけ黒烏龍茶を飲む場合もこの商品1択で良いでしょう。

さらに最近では飲食店でも取り扱われ始めていますので、油ものの多いメニューを頼む際にはぜひ同時に注文してみて下さい。

OSK黒烏龍茶

OSK黒烏龍茶

  出典:OSK 

通常価格

500円前後

タイプ

ティーバッグ(1バッグで約1L作れる)

容量

5g×52袋

「OSK黒烏龍茶」はそのまま飲めるものではなくティーバッグで作るタイプの黒烏龍茶です。

ティーバッグの黒烏龍茶には様々な種類があるのですが、このOSKの黒烏龍茶は味の評判が良く、価格もリーズナブルなので非常におすすめです。

この商品は中国福建省みん北地区で産出される黒烏龍茶を使用しており、のどごしが良く爽やかな味わいのウーロン茶となっています。

現在はこの商品はどのネット通販でも取り扱いがあるので、ティーバッグタイプの黒烏龍茶をお探しの方は「OSK黒烏龍茶」の購入をまず検討してみて下さい。

茶匠庵 プレミアム黒烏龍茶

茶匠庵 プレミアム黒烏龍茶

  出典:茶匠庵 

通常価格

2,780円(500ml×24本)

タイプ

ペットボトル

容量の種類

500ml、2000ml

少し高級な黒烏龍茶、中国ではなく国産100%の黒烏龍茶をお求めの方におすすめの商品が「茶匠庵 プレミアム黒烏龍茶」です。

この商品はお茶で有名な静岡県産茶葉を100%使用した贅沢な黒烏龍茶で、とても美味しい日本独自のウーロン茶になります。

黒烏龍茶に含まれる総ポリフェノール値は500ml当たりなんと365mgも含まれており、ダイエット効果としての期待値も申し分ありません。

ただスーパーやコンビニで手軽に購入することはできずで、ネット通販でしか手に入らない点が唯一のネックです。

杜仲黒烏龍茶

杜仲黒烏龍茶

  出典:社仲烏龍茶 

通常価格

2,376円(税込)

タイプ

Tバック

容量の種類

180g(3.0g×60包)

杜仲黒烏龍茶は、杜仲茶と有機栽培烏龍茶を50%ずつブレンドしているので独特な味わいがあります。

どちらも国産にこだわって作っているので安心です。

揚げ物など高カロリーな食事のときに一緒に飲みましょう!

国太楼 豊かな濃く黒烏龍茶ティーバッグ

国太楼 豊かな濃く黒烏龍茶ティーバッグ

  出典:国太桜 

通常価格

463 (税込)

タイプ

Tバック

容量の種類

200g(40袋)

味が濃い厳選茶葉を使用しているので、香りもよくとても美味しいです。

ポリフェノールが540mgも配合されているので、毎日の健康維持にもおすすめ!

またISO22000の国内認定工場で製造されており、残留農薬も検査済みなので安心です。

黒烏龍茶の効果的な飲み方

黒烏龍茶の効果的な飲み方

黒烏龍茶を食事の際に一緒に飲むことでダイエット効果が期待できることは分かったものの、効果的な飲み方はあるのか疑問が残りますよね。

黒烏龍茶を摂取するに当たってより確実に効果を発揮させるためには、飲む量・タイミングといった正しい飲み方を把握しておくことも大切です。

まず飲む量に関してですが、1食につき350mlを目安に1日に1~2回が適切量です。

1日合計で700mlを超える量を飲むことは避けましょう。

次に飲むタイミングですが、食後ではなく食前または食事中に飲むようにしましょう。

また朝食・昼食・夕食の中で、油ものの多いメニューを食べるときのドリンクを黒烏龍茶にするとより高い効果が期待できます。

副作用はあるの?

結論から言うと、黒烏龍茶には特に副作用はありません。

ただし、飲み過ぎると人によってはお腹を下すことがあるみたいです。

そのため自分の体調に合わせて量を調節して下さい。

また、飲み物は冷たい状態で飲み過ぎると、冷えから内臓の働きが悪くなったり、胃液が薄まって消化不良を起こすケースもあります。

これは黒烏龍茶に限らないことですが、水分の摂取方法には常に気を配るよう心掛けてください。

暑い時期は冷たい状態が良いでしょうが、たまには常温または温かい黒烏龍茶の方がお腹には優しいですよ。

妊娠中・授乳中でも飲んで大丈夫?

妊娠中・授乳中でも飲んで大丈夫?

妊娠中・授乳中のカフェイン摂取量は、「1日300mgまでなら問題ナシ」とWHO(世界保健機関)で定められています。

そして黒烏龍茶自体の推奨されている摂取量は、「1回につき350ml、最大700mlまでが推奨摂取量」とされているので、100ml当たり20mg入っている黒烏龍茶を飲んで摂取するカフェイン量は最大140mg(20㎎×7=140mg)という計算になります。

つまり、黒烏龍茶の推奨されている最大値700mlを1日飲んでも、問題ないとされているカフェイン摂取量の半分以下(300ml÷2=150ml)なので、妊娠中・授乳中の方が飲んでも全く問題ないということです。

ただし、1日のカフェイン摂取量で気を付けなければならない点は合計量なので、黒烏龍茶以外のお茶やコーヒーで「1日300mg」を超えないように注意してください。

最近では「ノンカフェイン」表示のお茶やコーヒーも販売されていますので、ダイエット効果目的で黒烏龍茶を飲む代わりに、それ以外の飲み物はこういったもので代用するというのも有効な方法です。

また、特に妊娠中・授乳中の方は冷たいものを飲んでお腹を冷やすことはあまり良くありませんので、常温または温かい黒烏龍茶を飲むことをお勧めします。

黒烏龍茶でスリムな体を手に入れよう!

黒烏龍茶でスリムな体を手に入れよう!

これまで黒烏龍茶のダイエット効果について詳しく見てきましたが、いかがだったでしょうか?

今や黒烏龍茶はどこででも手に入りますし、食事の際に飲むだけでOKという今からでもすぐに始められるダイエットの1つです。

また、食事制限をしなくていいことからストレスの負担がないため、長続きしやすいダイエット方法でもあります。

毎日でなくとも、まずは「揚げ物は食べる時は絶対に黒烏龍茶も一緒に飲む」から始めてみてもいいかもしれません。

 

参考サイト

公益財団法人長寿科学振興財団:「抗酸化による老化防止の効果」

PICKUP CONTENTS

トップへ