エナジードリンクの効果や副作用は?おすすめの商品を比較してみた

エナジードリンクの効果や副作用は?おすすめの商品を比較してみた

コンビニなどでも気軽に購入できるエナジードリンクですが、海外などではエナジードリンクを飲み過ぎて死亡するという例などもあり、その効果や副作用などをちゃんと理解しておきたい人も少なくないはず。

仕事の疲れや勉強疲れなどの疲労を取るためや、パフォーマンスを発揮したい時に飲む人も多いと思いますが知識をしっかり身に付けてから摂取することがおすすめです。
今回はエナジードリンクの効果や副作用、各エナジードリンクの特徴についてご紹介していきます。
日頃愛飲しているエナジードリンクの正しい飲み方や危険性を理解して、適切に活用できるようにしていきましょう。

この記事の目次

そもそもエナジードリンクとは?

そもそもエナジードリンクとは?

エナジードリンクはオレンジジュースやコーラと同じ清涼飲料水に分類される商品です。しかし、注意してほしいのがオレンジジュースやコーラなどとは違い飲み過ぎは危険です。カフェインが配合されているために、カフェイン中毒の可能性や最悪の場合は死に至る可能性があるからです。それはあくまで過剰に摂取した場合のみの話になります。エナジードリンクを正しく摂取すれば日常生活の強い味方になってくれます。

エナジードリンクと栄養ドリンクの違いは?

エナジードリンクと栄養ドリンクは全く違う商品です。栄養ドリンクで有名なユンケルやリポビタンDなどは医薬部外品で、これらの商品は国からある程度の効果を認められています。

一方のエナジードリンクはと言うと清涼飲料水と同じ扱いに分類されているために国から効果は認められていません。

含まれている成分が違うので、栄養ドリンクの方が効果を実感できるでしょう。

海外と日本のエナジードリンクは成分が違う

レッドブルやモンスターエナジーは、海外でも販売されていますが日本で販売されているレッドブルやモンスターエナジーはまったく成分が異なっています。

海外製のレッドブルやモンスターエナジーはタウリンという成分が配合されていますが、日本で販売されているレッドブルなどの商品にはタウリンは配合されていません。

その理由は成分の認可の違いです。海外ではエナジードリンクにタウリンを配合しても問題ありませんが、日本では許可が必要です。そのため日本では医薬部外品の栄養ドリンクのみにタウリンは配合されています。

エナジードリンクの効果

エナジードリンクは栄養ドリンクと違い、国から効果が認められていません。そのためにエナジードリンクのCMなどは、はっきりと効果があるとは言えずに【翼を授ける】などのニュアンスでしか表現ができません。

しかし、エナジードリンクを飲まれたことがある人にはわかると思いますが、カフェインが含まれているので多少の効果はあると言えるでしょう。

カフェインという成分には覚醒作用や強心効果と言って体を活発にしてくれる効果があります。

そのため、エナジードリンクを飲んで効果を十分に実感できた人は、カフェインの耐性がない体質であったりプラシーボ効果の可能性があります。

エナジードリンクに含まれている成分

  • アルギニン
  • カフェイン
  • ビタミン類
  • BCAA
  • ガラナエキス
  • クエン酸など

日本では数多くのエナジードリンクが販売されていますが、主な成分は上記に記載している成分です。

それでは一つ一つの成分の効果をご紹介していきます。

アルギニン

アミノ酸の一種で、体内で生成できないために食事から摂取する必要があります。

アルギニンを摂取すると男性機能を活性してくれたり滋養強壮の効果があります。女性がアルギニンを摂取すると美肌効果に期待ができます。

カフェイン

カフェインを摂取すると覚醒作用の効果があります。

その他にも強心作用という効果があり心臓の動きを活発してくれます。簡単に説明するとカフェインを摂取すればテンションを上げてくれる効果があります。

ビタミン類

一般に販売されているエナジードリンクの多くに配合されているのがビタミンB群です。

ビタミンB群を摂取すると体の機能を正常に整えてくれます。

BCAA

BCAAはプロテインやHMBサプリに含まれるアミノ酸の一種で筋肉量のアップや持久力アップに期待が持てる成分です。

また疲労回復にも有効的な成分になっています。

ガラナエキス

ガラナは性欲増進の効果を持っています。その他にも疲労回復や筋持久力の効果があることで知られています。

クエン酸

クエン酸を体に吸収させることで疲労回復の効果があり、その他にも熱中症対策でも有効であることで有名です。

エナジードリンクの効果的な飲み方は?

エナジードリンクに含まれているカフェインが効果を発揮するのは飲み始めて30分前後。

そのために遊びや長距離運転前の30分前に摂取するといいでしょう。更に食後の30分後に摂取すると体にエナジードリンクの成分が吸収されやすくなっているので飲むタイミングとしてはおすすめです。

エナジードリンクの副作用や危険性は?

ここからはエナジードリンクの副作用や危険性についてご紹介していきます。

カフェインの一日の摂取量は?

カフェインの一日の摂取量は?

一日の摂取量の目安は400mg未満で、1回の摂取量は200mgまでと言われています。

一般に販売されているエナジードリンクは1本約80mgのカフェインを配合しているので、エナジードリンクを摂取する本数は1日4~5本まで。

またエナジードリンク以外にもカフェインを摂取する場合は十分に注意しましょう。

コーヒーなどにも当然カフェインは含まれていますので、普段からコーヒーを飲む方はエナジードリンクの本数に注意して摂取して下さい。

カフェインの致死量

カフェインを大量に摂取してしまうと死に至る可能性があります。

実際に海外の男性が某エナジードリンクを大量に摂取して死に至っています。

体調次第で少し前後するかもしれませんが、エナジードリンクを100本も飲む人はいないと思うので、気にしなくていいでしょう。ただし、体重が軽い人は当然ですがカフェインの致死量も少なくなるので注意が必要です。

体重10kgあたりにカフェイン2gを取ると死に至ります。つまり80kgの体重の人が約16gのカフェインを摂取すると死に至りますが、エナジードリンクで16gのカフェインを摂取しようとすると100本以上も飲まなくてはなりません。

エナジードリンクとアルコールを同時に飲むと酔いが早くなる

エナジードリンクとアルコールを同時に飲むと酔いが早くなる

居酒屋などでエナジードリンクと焼酎を混ぜて商品として販売されているお店があります。

混ぜることは問題ではありませんが実際に飲みやすいため、ついつい飲みすぎてしまいます。エナジードリンクとアルコールを同時に摂取することで体にアルコールが回りやすく酔いが通常のお酒よりも早まります。

少しぐらいなら問題はありませんが飲み過ぎには十分に注意した方が良さそうです。

エナジードリンクは肝臓に悪いの?

エナジードリンクは肝臓に悪いの?

エナジードリンクには肝臓に悪影響な成分は含まれていますが、過剰に摂取しなければ問題ありませんのでそこまで気にしなくて良さそうです。

普段の生活でお酒や糖分を摂取しがちの人は肝臓がもともと悪くなっている可能性がありますので、エナジードリンクを控えるようにしましょう。

妊婦・授乳中にエナジードリンクを飲んでも問題なし?

妊婦・授乳中にエナジードリンクを飲んでも問題なし?

妊娠中や授乳中にエナジードリンクを飲んでも問題ありませんが、飲み過ぎには十分に注意してください。

カフェインは、母体にもお腹の中の赤ちゃんにもよくありません。授乳中は母乳を通じて赤ちゃんへ影響を及ぼすのでなるべくエナジードリンクを飲むことは控えて下さい。

特に妊娠中は成分の分解速度が遅くなってしまっているため体の中に入ったカフェインをなかなか分解することができません。カフェインを大量に摂取してしまうと胎児の肝臓はあまり発達しないためにカフェインをうまく分解できなくて胎児の体内に高濃度のカフェインが溜まっていきます。

エナジードリンクやカフェインが配合されている飲食の摂取をなるべく控えるようにしましょう。

体力的にしんどい時期ですが、もしエナジードリンクを飲みたくなった際はノンカフェインのエナジードリンクをおすすめします。大正製薬から販売されている【リポビタンフィール】や明治から販売されている【ビオママ ママUP】などの商品がありますのでそちらを活用して下さい。

子供にエナジードリンクは危険

子供にエナジードリンクは危険

子供がエナジードリンクを摂取するとカフェイン中毒になる可能性が高くなります。自分の子供が元気ないからと言って安易にエナジードリンクを与えるのではなくしっかりと休ませることが大切です。

エナジードリンクの種類(ブランド)

レッドブル

レッドブル

  レッドブル

価格 241円
容量 250ml
成分 アルギニン

カフェイン

ビタミン類

ナイアシン

パントテン酸など

ブルーとシルバーがベースのパッケージをみなさん一度はお目にしたことがあるのではないでしょうか?

現在、日本で一番有名なエナジードリンクと言っても過言ではない商品がレッドブルです。

レッドブルにはいろいろな種類の味や飲みやすい量などが販売されておりすでに世界中で620億本以上の販売実績を誇っています。CMでお馴染みの「翼を授ける」というぐらい飲めば体がスッキリとしますし味もおいしいです。

町中で巨大なレッドブルが積んである車を見かけことはありませんか?

車の中から綺麗なお姉さんが登場して、そのお姉さんがレッドブルを1本無料でくれるというサービスもありました。

モンスターエナジー

モンスターエナジー

  モンスターエナジー

価格 190円
容量 355ml
成分 アルギニン

カフェイン

ビタミン類

高麗人参など

モンスターの爪痕がパッケージになっている商品がモンスターエナジーです。

日本ではレッドブルに続いて認知度の高いエナジードリンクですが成分の数ではレッドブルを上回っています。

成分量が豊富で価格が安いことで人気を集めてるモンスターエナジーの味自体もおいしくて非常に飲みやすいです。

ライジンドライ

ライジンドライ

  ライジンドライ

価格 200円
容量 250ml
主な成分 ショウガ抽出物

カフェイン

果糖ぶどう糖液糖

イノシトールなど

シンプルなデザインで、さまざまな味が楽しめるエナジードリンクがライジンです。

期間限定販売の味もありユーザーを飽きさせない商品でもあります。ショウガがベースになっているので、辛さがありますがジンジャエールのような甘さもあります。

シャークエナジードリンク

シャークエナジードリンク

  シャークエナジードリンク

価格 約130円
容量 250ml
主な成分 アルギニン

カフェイン

BCAA

タウリンなど

シャークエナジードリンクは、知る人ぞ知るエナジードリンクで、取扱の店舗が少ないために日本ではあまり出回っていません。しかし、シャークエナジードリンクを飲まれたことがある人はわかると思いますが、味がおいしくてついついリピーターしてしまう商品になっています。

キックスタート

キックスタート

  キックスタート

価格 190円
容量 350ml
主な成分 カフェイン

ナイアシン

ビタミン類など

2018年度に発売されて、比較的新しいエナジードリンクのキックスタート。

販売元は、あのペプシコーラなどを手がけているサントリーから販売されています。

エナジードリンクでは、めずらしいグレープフルーツ味で他のエナジードリンクの味が苦手な人にはおすすめです。

ロックスター

ロックスター

  ロックスター

価格 190円
容量 250ml
主な成分 アルギニン

カフェイン

イノシトール

ガラナ抽出物など

ロックスターは、海外で人気のエナジードリンクで商品名の由来は結婚式や飲み会などではじけようという意味です。味は独特で、初めて飲む人はあまりおいしいと感じないと思いますが、飲んでいくにつれて癖になる味です。

お嬢様聖水

お嬢様聖水

  お嬢様聖水

価格 194円
容量 190ml
主な成分 アルギニン

カフェイン

ガラナエキス

植物発酵エキスなど

パッケージをご覧なればわかると思いますが、かわいい女性のキャラが描かれており女性向けのエナジードリンクなります。女性にはとっては嬉しいフルーツのエキスや食物繊維が豊富に配合されているので、ここぞという時に飲まれている女性の方も多いです。

ここだけの話、女性向けの商品ですが男性にも人気があるみたいです。

リアルゴールドワークス

リアルゴールドワークス

  リアルゴールドワークス

価格 185円
容量 160ml
主な成分 ローヤルゼリー

アルギニン

DHA

高麗人参エキスなど

リアルゴールドをエナジードリンクに改良した商品がエナジードリンクワークスです。味は、リアルゴールドの味に少し酸味が強くなった味と言えるでしょう。

カフェインは含まれていませんので、基本的に飲みすぎても問題ないと言われています

キーバエナジードリンク500

キーバエナジードリンク500

  キーバエナジードリンク500

価格 191円
容量 500ml
主な成分 アルギニン

カフェイン

ナイアシン

ガラナエキスなど

シンプルなデザインでエナジードリンクの中でもトップクラスに入る配合量を誇っています。

味は駄菓子のガムのような甘みのある味で、大容量で他のエナジードリンクと値段が変わらない分、お得感があるエナジードリンクです。

リゲインエナジードリンク

リゲインエナジードリンク 85. 画像(img)

  リゲインエナジードリンク

価格 200円
容量 190ml
主な成分 カフェイン

アルギニン

ブラックジンジャーエキス

ビタミン類など

先程ご紹介したキックスタートと同じサントリーから販売されているエナジードリンクです。

リゲインエナジードリンクはカフェインの量が他のエナジードリンクに比べて少ないので、カフェインをあまり摂取したくないという人におすすめです。味もオロナミンCやデカビタのような味に似ているので親しみやすい味になっています。

マツキヨエナジードリンク

マツキヨエナジードリンク

  マツキヨエナジードリンク

価格 150円
容量 250ml
主な成分 カフェイン

アルギニン

イソロシン

トレオニンなど

薬局のマツモトキヨシから販売されているエナジードリンクが、マツキヨEXSTRONGDRINKU。です。

カフェインの量が豊富で、他のエナジードリンクに比べて値段も安く設定しているのでコスパが良いエナジードリンクと言えます。

ドリンクの色が緑色でメロンソーダの味をイメージしますが、実際はレモンのような味わいです。

西友オリジナルみなさまのお墨付きエナジードリンク

西友オリジナルみなさまのお墨付きエナジードリンク

  西友オリジナルみなさまのお墨付きエナジードリンク

価格 170円
容量 250ml
主な成分 アルギニン

カフェイン

クエン酸

D-リポースなど

パッケージは見れば「これ、エナジードリンクなの?」と首を傾げてしまうほど他のエナジードリンクに比べてもインパクトがない商品ですが、カフェインの量は国内で販売されているエナジードリンクの中でもトップです。味もおいしくて飲みやすいですが、カフェインの配合量が多いので、飲み過ぎには注意して下さい。

バーン

バーン

  バーン

価格 200円
容量 250ml
主な成分 アルギニン

カフェイン

クエン酸

D-リポースなど

デザインがシンプルで日本でも多くの方に愛飲されてきたエナジードリンクがバーンです。炭酸がきつくなく味もベリー味なのでおいしくいただくことができます。

目的別・タイプ別におすすめエナジードリンクを紹介

ここからはタイプ別におすすめのエナジードリンクをご紹介していきます。

女性におすすめ

女性におすすめ

かわいい女性キャラがパッケージのお嬢様聖水が女性の方にはおすすめです。

かわいいパッケージだけではなく成分も女性とっては嬉しい緑黄色野菜や食物繊維が豊富に配合されています。また、食物発酵エキスが配合されているのでビタミンが豊富に摂取することができます。

勉強時におすすめ

勉強時におすすめ

レッドブルやモンスターエナジーは、カフェイン量が豊富で集中力を高めてくれたり遅い時間帯での眠気を覚ましてくれます。

毎日徹夜で勉強する時に飲むことはおすすめできませんが、ここぞという時は強い味方になってくれます。

一番安い値段で手に入る「サンガリアミラクルエナジーV」

一番安い値段で手に入る「サンガリアミラクルエナジーV」

  サンガリアミラクルエナジーV

エナジードリンクは、基本200円ぐらいの値段設定ですが、サンガリアミラクルエナジーVは、1本105円で購入することができます。

大手通販サイトの楽天やAmazonを利用した場合1本約77円で購入することができます。価格が安いので成分量が少ないと思われがちですが、一般のエナジードリンクと変わらないほどの成分量は配合されています。

味もおいしくて飲みやすいですが、市販ではなかなか手に入りにくいエナジードリンクです。

コンビニで気軽に購入できる

コンビニで気軽に購入できる

レッドブルはコンビニで気軽に購入することができます。。

味や種類、量も豊富なので購入者からすれば買いやすいです。

その他にもコンビニなどで販売されているエナジードリンクは【モンスターエナジー】【Regeinエナジードリンクカフェイン】【ライジン】などが購入することができます。

スポーツ時におすすめ

スポーツ時におすすめ

バーンにはBCAA・D-リボース・カルニチンなどが配合されており、スポーツ前に欠かせない成分が配合されているのでおすすめです。

ラズベリー味でさっぱりしていますが、普段からラズベリーが苦手という方にはおすすめはできません。

まずくないエナジードリンク

まずくないエナジードリンク

まずくないエナジードリンクは人それぞれですが、nanairo編集部が美味しいと感じたエナジードリンクはジンジャエールの味とよく似た【ライジンドライ】がおすすめです。

ショウガの味が苦手と感じる人にはおすすめはできませんが、普段から好んでジンジャエールを飲む人にはおいしく飲めると思います。

また、ショウガの味が苦手という方はオロナミンCやデカビタの味によく似た【レッドブル】がおすすめです。

ショウガやレッドブルの味が苦手という方には、2018年に販売された【キックスタート】を飲まれてみてはいかがでしょうか。グレープフルーツの味でとてもおいしかったです。

海外のおすすめのエナジードリンク

海外のおすすめのエナジードリンク

海外で販売されていたユニークなエナジードリンクが、マリオPOWERUPエナジードリンクです。

こちらは現在販売されていませんが世界中のマリオファンの方に飲まれたと思います。

その他にもソニックやドンキーコングなどのエナジードリンクも販売されています。ちなみ日本でもアニメのエナジードリンクは販売されています。

カフェイン量が最強のエナジードリンク

カフェイン量が最強のエナジードリンク

カフェイン最強のエナジードリンクと言えば【西友オリジナルみなさまのお墨付きエナジードリンク】です。

日本で一番有名なエナジードリンクと言えばレッドブルですが、レッドブルに含まれているカフェインは約32mgです。その量を遥かに超える64mgを含んでいるのが西友のエナジードリンクです。

味もさっぱりしていて美味しいですが、カフェイン量が豊富に配合されているので飲み過ぎには十分に注意して下さい。

おすすめのエナジードリンクを比較

おすすめのエナジードリンクを比較

最後に日本で1,2を争うエナジードリンクを比較していきます。

今回比較するエナジードリンクは【レッドブル】と【モンスターエナジー】です。

知名度で言えば、ややレッドブルの方が上ですが販売数や成分の種類ではどちらの方が優秀なのかご紹介していきます。

商品名 レッドブル モンスターエナジー
価格 241円 190円
250ml 355ml
成分数 (栄養成分表示100mlあたり)

エレルギー46kacl

タンパク質0g

脂質0g

炭水化物10.8g

ナトリウム80mg

アルギニン120mg

ナイアシン3g

パントテン酸2mg

ビタミンB6 2mg

ビタミンB2 0.09mg

ビタミンB12 2

カフェイン32mg

(栄養成分表示100mlあたり)

エレルギー50kacl

タンパク質0g

脂質0g

炭水化物13g

ナトリウム78mg

L-アルギニン125mg

D-リボース125mg

高麗人参82mg

ビタミンB6 0.8mg

ビタミンB2 0.7mg

ビタミンB12 1-6

カフェイン40mg

ナイアシン8.5mg

L-カルニチン29mg

販売数 約620億本(世界) 約72億本(世界)
人気 日本で一番 日本で二番
カフェイン量

(1本)

105mg 142mg
アルギニン

(1本)

300mg 450mg

上記の表に分かりやすくまとめてみました。

この結果、成分の数やカフェイン・アルギニンの配合量で言えば【モンスターエナジー】ですが、販売数などでは【レッドブル】に軍配が上がりました。味は人それぞれ好みがあるためになんとも言えません。

まとめ

まとめ

エナジードリンクをご紹介してきましたが、数多くのエナジードリンクが日本にはあります。飲み過ぎに注意さえしていれば日常の生活や遊び、スポーツ時に最強のサポート役として力を貸してくれます。

エナジードリンクを毎日飲んでも死に至ることはありませんが、毎日飲みすぎると危険です。エナジードリンクの中に含まれているカフェインを体に取り入れてしまい過ぎると、カフェイン中毒の危険性があり、頭痛や寝付きが悪くなります。毎日飲むことはなるべく避けて【ここぞ】という時だけにエナジードリンクに頼ることをおすすめします。

また本当に体がしんどい時はエナジードリンクに頼らずにしっかりと休養して下さい。

 

PICKUP CONTENTS

トップへ