ルテインの効果・効能は?人気のルテインサプリや摂取できる食品を紹介!

ルテインサプリのおすすめランキング6選!ルテインの効果・効能や摂取できる食品も紹介!

目の健康に効果的だと注目されているルテイン。

スマホの使いすぎやデスクワークでの目の疲れに効果的だと言われるルテインは、現代人には欠かせない栄養素だと言えますね。

 

最近目が疲れてるな。

首が凝ってる気がするけど、これって目の疲れから来てる?

 

なんてあなたはルテインを豊富に含んだサプリメントを利用するのがおすすめです。

 

目にいい成分ルテインはサプリメントから効率よく摂取できる

ルテインはほうれん草などに豊富に含まれる黄色い色素成分。

 

ルテインを補給することで目をブルーライトから守ったり、目の機能をサポートしてくれる働きがあります。

しかし、黄色い色素成分と言われても、毎日の生活の中でルテインを摂るためにルテインを豊富に含むほうれん草やブロッコリーを大量に食べるのは大変なことですよね。

 

目に疲れを感じているあなただからこそ、毎日工夫して摂取しなくてはいけない食品からの摂取ではなくサプリメントを利用して効率よく摂取するのがおすすめです。

ルテインサプリの選び方

ルテインサプリを選ぶときには、ルテインだけに目を向けるのはおすすめしません。

 

目が疲れているから目に良いルテインを。

と考えるのもわかりますが、目に良い成分は何もルテインだけではありません。

ルテインを配合しており、且つ他にも目に良いと言われているビルベリーやアスタキサンチンなど、総合的に目にアプローチしてくれるようなサプリメントを選ぶことが大切です。

 

特に機能性表示食品など、サプリメントの効果が認められているものを選ぶことで目の疲れや目の機能のサポートに効果的に働いてくれることが期待できます。

おすすめのルテイン配合サプリメント

えんきん

日本で初めてとなる目の機能性表示食品です。

1日の目安量に当たる2粒にルテイン10㎎・アスタキサンチン4㎎・シアニジン-3-グルコシド2.3m・DHA50㎎を含むので、手元のピント調節機能を助けるとともに目の使用による肩・首への負担を和らげる働きを期待できます。

 

最大の特徴は、これらの働きを臨床試験で確認していることです。

メーカーが責任を持ち、機能性を表示してくれているサプリメントをお求めの方にオススメです。

めなり

1日の目安量に当たる2粒で、12㎎のルテインと2.4㎎のゼアキサンチン、170㎎のビルベリーをとれるサプリメントです。

これらに加え、ルテインの効果を高めるクロセチン、還元力の王様・アスタキサンチン、βカロテン、ビタミン群、ミネラルを配合している点が特徴です。

 

配合されているルテインは、マリーゴールドから生成した天然ルテインです。

成分の組み合わせだけでなくバランスまでこだわっているので信頼性の高いサプリメントといえます。

光ダメージが気になる方や乾燥を感じている方、夜の車の運転が不安な方などにオススメです。

ルテイン&プラセンタ

1日の目安量で40㎎のルテインと2.4㎎以上のゼアキサンチンをとれるサプリメントです。

最大の特徴は、米国の専門家が推奨している最高級ルテインを100%使用していることです。

 

通常のルテインと異なり水溶性なので、身体にスッと入りやすいとされています。

ルテインは、マリーゴールドの花から特許製法により抽出した天然成分です。

 

もちろん、ルテインと一緒にプラセンタも摂ることが出来ます。

出来るだけ早く実感したい方などにオススメされています。

ブルーベリー&ルテイン

眼の疲労感を改善するとともに黄斑色素を増やして眼の黄斑部の健康を守る働きを期待できる機能性表示食品です。

1日の目安量で6㎎のルテインと40㎎のアントシアニン、ゼアキサンチン、ラクトフェリン、メグスリノキエキス、カシス、ビタミン類、コエンザイムQ10などを摂ることが出来ます。

 

製造は、日本GMPを取得した工場で行われています。

スマホの使い過ぎで眼の疲れを感じている方や運転が辛い方、小さな文字を見るのが辛い方などにオススメされています。

めばえ

1日の目安量に当たる1粒に20㎎のルテインを配合している機能性表示食品です。

ルテインには、目の黄斑部の色素量を維持する働き、光刺激から保護する働き、コントラスト感度の改善により眼の調子を整える働きがあると報告されています。

 

めばえに配合されているルテインは、マリーゴールドから抽出した天然ルテインです。

パソコンやスマホの光が気になる方やぼやけが気になる方などに最適です。

一望百景

アントシアニンを含む紅芋とルテインを含む八重山かずら、フコイダンを含む沖縄もずくをギュッと詰め込んだサプリメントです。

沖縄由来の健康食材を贅沢に使用している点が特徴です。

読書やテレビを思い切り楽しみたい方やブルーベリーに満足できなかった方などにオススメされています。

ルテインとは

ルテインは、ほうれん草やブロッコリーなど緑黄色野菜に多く含まれる黄色の色素です。

具体的には、体内でビタミンAに変換されることのないキサントフィルです。

緑色のクロロフィルとともに光合成に関わります。

体内で合成不可なカロテノイド

黄色の色素成分であるルテインは、カロテノイドのひとつに分類されます。

カロテノイドとは、黄色や赤色など様々な色を示す天然色素のグループです。

植物のほか、動物や微生物などにも含まれています。

 

ヒトに身近なカロテノイドとして、ルテインのほかβカロテン、リコペンなどを挙げることが出来ます。

残念ながら、ヒトの身体ではカロテノイドを合成することは出来ません。

ゼアキサンチンとの関係は?

ルテインと密接なかかわりにあると考えられているのが、同じカロテノイドの一種・ゼアキサンチンです。

ルテインとゼアキサンチンは、レンズの役割を果たす水晶体と網膜の中心部に位置し光を感じる細胞が多く集まる黄斑部に存在します。

ここで眼の健康を守る可能性などが示唆されています。

ルテインの効果・効能

ルテインにはどのような効果・効能を期待できるのでしょうか。

期待できる効果・効能を紹介します。

目の機能をサポート

ルテインには、目のぼやけを解消する働きや色の濃さを判別しやすくする働きなどがあるといわれています。

以上の働きは、タクシー運転手を2群に分けて1群にルテイン、もう1群にプラセボを12カ月間投与した臨床試験などで確かめられています。

 

ルテインを投与した群では、コントラストの感度が優位に改善した結果を得ています。

ルテインには、目の機能をサポートする働きがあると考えられます。

目を守る

ルテインには、ブルーライトを吸収する働きや抗酸化作用も期待できます。

これらの働きにより、黄斑変性症や白内障のリスクから目を守るといわれています。

抗炎症作用

網膜炎症疾患に関与していると考えられているのが酸化ストレスです。

酸化ストレス、炎症は、活性酸素を除去することで防げると考えられます。

この点に着目した実験で、ルテインが活性酸素の発生を効果的に抑えて、炎症による視機能の低下を抑制する可能性が示唆されています。

紫外線から肌を守る

ルテインには強力な抗酸化作用を期待できます。

この働きにより、紫外線を浴びて肌で発生した活性酸素から肌を守る働きを期待できると考えられています。

同様に、ブルーライトを吸収する働きにより、ブルーライトから肌を守る働きも期待できます。

ルテインは目を守る天然のサングラス

ルテインは、目の健康とかかわりが深い成分です。

具体的に、どのような関わりがあると考えられているのでしょうか。

目に有害な光って?

ルテインには、有害な光から目を守る働きがあると考えられています。

有害な光として注目を集めているのが、光線の中で最も高いエネルギーを持つブルーライトです。

 

ブルーライトは、私たちを取り囲む人工の光に多く含まれています。

具体的には、テレビ・パソコン・スマホなどから発せられる光に含まれています。

 

ブルーライトは、黄斑の脂質が酸化する大きな原因です。

黄斑の脂質の酸化は、黄斑変性症の一因になる可能性があるといわれています。

 

黄斑変性症は、網膜の中心にある黄斑が加齢とともにダメージを受けて変性する病気です。

視野の中心が暗くなる、モノがゆがんで見えるなどの症状が現れ、進行すると失明を引き起こします。

ルテインの働きとは

ルテインは、3つの働きで眼を守ると考えられています。

 

1つめの働きが、光そのものを遮る働きです。

天然のサングラスのような働きで眼を守ります。

 

2つめの働きが、抗酸化作用により眼を酸化ダメージから守る働きです。

この働きは、光が細胞に達したときに役立つと考えられています。

 

3つめの働きが、ブルーライトを吸収する働きです。

ブルーライトを吸収することで、網膜の変質などを防ぎます。

 

ルテインは、目のレンズに当たる水晶体と黄斑部に多く存在します。

これらの場所で3つの働きを発揮することにより、目の健康を守ると考えられています。

目を守るためにルテインが有効

ルテインが不足すると眼病のリスクが高まるといわれています。

具体的には、水晶体で不足すると白内障、黄斑部で不足すると黄斑変性症のリスクが高まるとされています。

 

ルテインを食事から多く摂取した場合、これらの眼病のリスク低減に有効性が示唆されています。

目の健康を守りたい方は、ルテインを積極的に摂ると良いでしょう。

ルテインの摂り方

ルテインを利用したい方は、どのように摂ればよいのでしょうか。

ルテインの摂り方を解説します。

1日の推奨量・摂取量

厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準(2015年版)」にルテインの推奨量・摂取量は記載されていません。

 

加齢性網膜黄斑変性症の改善に寄与することや網膜の色素維持に必須であることは示唆されていますが、詳細について分かっておらず欠乏症は確認されていないからです。

一般的な摂取量の目安とされているのが1日当たり6㎎程度です。

摂取量が気になる方は、この量を参考にすると良いでしょう。

摂取のタイミングは?

摂取のタイミングに特別な決まりはありません。

食事から摂りたい方は食事のタイミングで、サプリメントから摂りたい方は好きなタイミングで摂ればよいと考えられます。

一般的には、食事と一緒に摂ると吸収しやすいと考えられています。

妊婦さんには付加量が必要?

妊婦さん・授乳婦さんに対する付加量は定められていません。

妊娠しているから、授乳しているからといって、積極的に摂る必要はないと考えられます。

デリケートな時期なので、サプリメントを利用したい方は念のため医師に相談してください。

ルテインの注意点や副作用

ルテインを利用したい方は注意点も抑えておきましょう。

過剰摂取の影響や欠乏の影響を解説します。

過剰摂取すると?

サプリメントに配合されているルテインは、天然成分を原料とするルテインと人工的に作られた合成ルテインに分かれます。

天然のルテインは副作用の心配がほとんどないと考えられています。

 

対する、合成ルテインは胸やけや嘔吐などの副作用を起こす恐れがあります。

サプリメントからルテインを摂取する方は、使用している原料を確認しましょう。

欠乏すると?

現在のところ、欠乏症は確認されていません。

とはいえ、健康維持に役立つと考えられているので、積極的に摂りたい成分ではあります。

ルテインと相性の良いものとあまり良くないもの

ルテインを利用したい方は、相性の良いものと相性のあまり良くないものも抑えておきましょう。

効率よく利用できるはずです。

相性が良いもの

ルテインは油に溶けやすい脂溶性の成分です。

油と一緒に摂ることで吸収しやすくなると考えられています。

 

効率よくルテインをとりたい方は、ルテインを含む食品を油で炒める、ルテインを含む食品にドレッシングをかけるなどすると良いでしょう。

相性があまり良くないもの

喫煙

合成ルテインとタバコに含まれる成分を一緒に摂ると、発がんリスクが高まる可能性があるといわれています。

また、タバコには体内のカロテン量を減らす働きなどもあります。

喫煙している方は、サプリメントに含まれるルテインの原料に気をつけましょう。

ルテインを多く含んでいる食品を紹介!

ルテインは食事から摂ることが出来ます。

効率よく摂りたい方は、次の食品などを利用すると良いでしょう。

ほうれん草

ルテインを特に多く含む食品がホウレン草です。

100gあたり10mgのルテインを含むと考えられています。

様々な料理に利用できるので、ルテインを摂りやすい食品といえます。

パセリ

同じく、パセリもルテインを多く含む食品です。

ほうれん草と同じく100gあたり10㎎のルテインを含みます。

難点は、量を摂りづらい点です。

パセリが苦手な方はほうれん草を利用すると良いでしょう。

ブロッコリー

ほうれん草・パセリほどではありませんが、ブロッコリーもルテインを多く含みます。

100g当たりの含有量は1.9㎎です。

サラダなどに利用すると量を摂りやすいかもしれません。

リーフレタス

リーフレタスもルテインを摂りやすい食品です。

100gあたり1.8㎎のルテインを含みます。

カットするだけで食べられる手軽さは魅力です。

朝食などに利用しやすい食品です。

ケール

以上のほかでは、ケールもルテインを多く含みます。

含有量は100gあたり21㎎です。

ケールは青汁の原料として多く用いられている食品です。

入手できない方は、ケールを使った青汁を利用すると良いでしょう。

ルテインは目の健康に欠かせない成分

ルテインは、緑黄色野菜に多く含まれる黄色の色素です。

カロテノイドの仲間に分類されます。

ルテインは、ほうれん草やブロッコリーなどから摂ることが出来ます。

あるいは、サプリメントから摂ることもできます。

 

サプリメントを選ぶときは、原材料に注意しましょう。

合成ルテインには、副作用のリスクがあるので、なるべく天然のものを選ぶうようにしてくださいね。

PICKUP CONTENTS

トップへ