コラーゲンサプリのおすすめランキング!選び方のポイントも紹介

コラーゲンサプリのおすすめランキング!選び方のポイントも紹介

美容成分といえばコラーゲン。

コラーゲンは皮膚や骨や軟骨に必要なたんぱく質で、美容や健康に気遣う人なら摂りたい成分の一つです。

コラーゲンは食品にも含まれていますが、効率的に摂取したいのであればサプリメントがおすすめ。

しかしコラーゲンサプリメントは多種多様で、選ぶときに迷ってしまいますよね。

 

今回はそんなコラーゲンサプリメントの選び方やコラーゲンの美容効果に注目し、さらにおすすめのコラーゲンサプリメントをタイプ別のランキング形式でご紹介します。

これからコラーゲンサプリの購入をお考えの方は是非参考にしてみてくださいね!

コラーゲンとは

コラーゲンと聞くと「美容に欠かせない成分」であることはわかるけど、コラーゲンが実際体内でどのような役割があり、どのように働くか、知らない人も多いのではないでしょうか?

ここでは美容成分の代表的な存在であるコラーゲンの基礎知識についてご紹介します。

コラーゲンって?

そもそもコラーゲンとは、タンパク質の一種です。

細胞と細胞の間を埋めるように、結合組織の構成成分として体内に存在します。

 

人間の身体は主に、タンパク質、炭水化物、脂質を中心につくられています。

そのタンパク質の約30%がコラーゲンであり、皮膚だけでなく、骨や軟骨、血管や内臓などさまざまなところに分布します。

大切な役割をもつコラーゲン

コラーゲンの美容効果

美容に大切なコラーゲンですが、健康面でも重要です。

骨といえばカルシウムを思い浮かべるかと思いますが、コラーゲンも骨をつくるために必要不可欠。

カルシウムを定着させるための土台となるのがコラーゲンであるからです。

 

皮膚での役割も同じ。

コラーゲンが基礎となり、ヒアルロン酸やエラスチンを支えているのです。

 

さらにコラーゲンは、関節を守る役割もあります。

関節には、クッション的役割の軟骨が存在します。

軟骨組織の土台となっているのもコラーゲンであり、Ⅱ型コラーゲンという種類のコラーゲンが軟骨に多く含まれています。

 

またコラーゲンは20歳をピークとして加齢とともに減少する傾向にあります。

コラーゲンには体のあらゆる場所でこういった役割があるため、加齢に伴って体が衰えていく要因のひとつとして、コラーゲンの減少も挙げられると言われています。

食品で多く含まれているのは?

豚由来のコラーゲン

フカヒレコラーゲン

コラーゲンが豊富な食品は、豚足や鶏皮、牛スジなどが挙げられます。

そのほかにもフカヒレやすっぽんなどにも豊富で、基本的にゼラチン質なものが多いです。

 

コラーゲンは栄養価としては低いものであり、栄養素として摂取する必要がなく、体内合成ができる成分であることが特徴です。

コラーゲンの美容効果は?

コラーゲンは美容の成分としての印象が強いですよね。

先程説明したように、コラーゲンは皮膚の構造の基礎となる成分です。

具体的な美容効果についてご紹介します。

コラーゲンと肌の関係性

コラーゲンと肌の関係

お肌は、目に見えている皮膚の一番外側の部分を「表皮」と呼び、表皮の内側には「真皮」という層があります。

真皮には「線維芽細胞」という細胞が存在し、その線維芽細胞がコラーゲンを作り出しています。

その繊維芽細胞を作り出すのが「真皮幹細胞」という細胞です。

 

真皮は表皮より分厚く、大部分は水分です。それを支えているのが網目状に張り巡らされたコラーゲン。

その隙間を埋めるようにヒアルロン酸などが水分を保持して存在します。

 

コラーゲンはこの真皮を構成する組織の中で約70%を占めており、お肌のハリや弾力を保つ働きをしています。

体内にあるコラーゲンは、現在わかっているだけで20種類以上のコラーゲンが存在します。

そのうち9種類が皮膚にあり、多く存在するのがⅠ型コラーゲンです。

期待できる美容効果って?

このように皮膚の基盤となるコラーゲンはお肌の弾力に関与し、シワやたるみを予防する働きがあります。

シワやたるみを予防してくれるということは、見た目を若々しく見せてくれるということ。

そのほかにも、爪や髪の毛を強くする働きもあります。

 

つまりコラーゲンには、美肌をつくり、保湿効果やエイジングケアの効果があると言えます。

1日摂取目安量は?

コラーゲンの摂取量

コラーゲンは1日の摂取推奨量が定められていません。

美容目的で摂取するのであれば、一般的に5000㎎~10000㎎を目安に摂取することがおすすめされています。

しかし科学的根拠がある量ではないので摂り過ぎや体調に異変があった際には注意したいところです。

 

日本人が食事で摂取しているコラーゲン量は平均2000㎎前後と言われています。

普段から肉や魚を食べない人もいるので個人差はあります。

 

サプリメントでコラーゲンを摂る際は、配合量も選ぶポイントにはなると思いますが、質や継続できるのかが重要です。

量より質を重視しましょう。

軟骨成分としても重要なコラーゲン

コラーゲンは肌だけでなく、骨にも関係します。

特に注目されているのが、関節の軟骨成分であること。

軟骨成分としてのコラーゲンについて解説します。

コラーゲンと軟骨の関係性

コラーゲンと軟骨

健康的な軟骨では、水分が大部分を占めており、次に多い物質がコラーゲンです。

そしてその次に、軟骨成分としてよく知られているグルコサミンやコンドロイチンなどのプロテオグリカンが構成しています。

軟骨でもコラーゲンは網目状になって水分などを支えているのです。

軟骨に対する効果は?

軟骨は骨と骨の間に存在し、擦り合わないようにクッションの役割をしています。

このクッションが弱くなってしまうと、骨同士が擦れ、痛みを生じます。

コラーゲンには、構成成分であることからわかるように、この軟骨を再生する働きがあります。

 

軟骨のために働くコラーゲンは、皮膚のコラーゲンとは異なり、何種類もあるコラーゲンの中のひとつ、Ⅱ型コラーゲンです。

体内に入っても変性を起こさない、非変性Ⅱ型コラーゲンを摂取することが勧められています。

コラーゲンの安全性は?

コラーゲンが美容にも健康にも大切なことがわかりました。

では、コラーゲンの安全性が気になるところです。

コラーゲンに副作用ってあるのでしょうか?

副作用はある?

コラーゲンの副作用

コラーゲン自体は医薬品ではないため、副作用はありません。

しかし過剰にコラーゲンを摂取すると危険な場合があります。

 

上述したように、コラーゲンはタンパク質の一種であり、コラーゲンばかりを食べてしまうということは、偏りのあるタンパク質の摂り方となってしまうこと。

 

タンパク質は体内でアミノ酸へと分解されますが、人間の体に必要なアミノ酸は20種類あります。体内で合成できないアミノ酸を必須アミノ酸といいます。

 

コラーゲンばかりを食べると、コラーゲンを分解したアミノ酸ばかりに偏ってしまいます。

アミノ酸は20種類どれかを摂ればいいというものではなく、必須アミノ酸のバランスが大切なんです。

 

タンパク質を摂り過ぎると代謝のバランスを崩してしまうため、コラーゲンに限ったことではありませんが、偏って摂取することは身体に悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

また、妊婦さんがコラーゲンを摂取することの影響はまだ解明されていません。

デリケートな時期でもあるので、摂取を控えることをおすすめします。

動物性コラーゲンなのか海洋性コラーゲンなのかに注目

動物性コラーゲン

海洋性コラーゲン

さらにコラーゲンで気を付けたいのが、動物性コラーゲンなのか、海洋性コラーゲンなのか、原材料は何なのか、ということ。

動物性コラーゲンであれば、牛、豚、鶏です。

海洋性コラーゲンはフカヒレやすっぽんなどがあります。

 

従来は牛由来のものが使われていましたが、狂牛病が流行してからは豚や鶏、魚が用いられるようになりました。

これら原料は、体質によってはアレルギーのある方もいるので注意してくださいね!

ちなみに、植物性コラーゲンは?

にんじんのコラーゲン

大豆コラーゲン

コラーゲンは動物性タンパク質であり、植物には存在しません。

しかし人参や大豆からコラーゲンと似た働きをするものを「植物性コラーゲン」と呼ぶ場合があり、それを推した商品が多数登場しています。

 

しかしこの「植物性コラーゲン」は、厳密に言うとコラーゲンではないのです。

構成するアミノ酸にコラーゲンとの共通するアミノ酸があるというだけなので、「コラーゲン」という言葉に惑わされないように注意です!

 

だからといって「植物性コラーゲン」を使用しているから粗悪というわけではありませんので、購入する際は良質なものかをしっかり見極めることが重要です。

コラーゲンサプリは意味がないって言われる理由は?

コラーゲンサプリメントについて調べていると、コラーゲンを経口摂取しても意味がないとよく言われているのを目にします。

それはなぜなんでしょうか?本当に意味のないものなんでしょうか?

コラーゲンの経口摂取は意味がなかった!?

コラーゲンは、これまで説明してきた通り、タンパク質の一種です。

ということは、口からコラーゲンを含む食品やサプリメントを摂取した場合、胃で分解されてアミノ酸になります。

 

コラーゲンを構成するアミノ酸は、グリシン、プロリン、アラニン、ヒドロキシプロリン、その他アミノ酸となっています。

体内でこれらに分解されるため、コラーゲンを摂取したからといってコラーゲンそのものが体で働くわけではないという考え方です。

じゃあコラーゲンサプリは意味なし?

コラーゲンサプリは意味なし?

この考え方は正しいです。

確かにアミノ酸へと分解されてしまうため、「コラーゲンが欲しいからコラーゲンを摂る」のは意味がないことになってしまいます。

 

ではコラーゲンサプリは本当に意味がないものなんでしょうか?

 

販売されているコラーゲンサプリの多くでは、「このコラーゲンを構成しているアミノ酸を摂取することで体内でコラーゲンを作り出す」ことを目的に作られています。

さらに分子の大きいコラーゲンを低分子化させることで、吸収率をアップさせる研究・開発も進んでいます。

 

これによってコラーゲンサプリと呼ばれるものは、コラーゲンを作るためのサプリメントであることがわかります。一概に意味のないものとは言えないのです!

コラーゲンペプチドとは?

コラーゲンペプチド

コラーゲンサプリでよく聞くのが「コラーゲンペプチド配合」というフレーズ。

このコラーゲンペプチドというのは、コラーゲンを低分子化させたもののことを言います。

つまり、吸収率を上げたコラーゲンが「コラーゲンペプチド」なんです。

 

コラーゲンサプリを購入する際は、このコラーゲンペプチド、または低分子コラーゲンを配合しているものを選ぶのがポイントです。

ただ単にコラーゲンを摂ればいいわけじゃない

ただ単にコラーゲンを摂ればいいわけじゃない

「お肌にはコラーゲンを!」とよく言われていますが、ただコラーゲンを摂ればお肌がきれいになる、というわけではありません。

 

確かにコラーゲンの原料であるアミノ酸を摂取することで、体内でコラーゲンを作ることができるかもしれません。

しかし栄養素は生命活動に必要なところに優先されます。

元々の栄養が偏っていたり、体調が悪かったりすると、都合よくお肌のためのコラーゲンを作る材料として使われるとは限らないのです。

 

さらに言えば、コラーゲン自体も体の様々なところに分布しているため、コラーゲンが作られたとしても血管や骨に使われる可能性だってあります。

 

逆を言うと、人間が生きていく上で基礎的な栄養が摂れている状態であれば、もしかしたらお肌のためのコラーゲンとなるかもしれませんね。

 

サプリメントに頼るだけでなく、今の生活習慣や食事を見直すことも大切なんです!

コラーゲンサプリのタイプはどれがいい?

コラーゲンサプリを選ぶとき、様々な形状のサプリメントを目にすると思います。

それぞれ何が違うのか、メリットやデメリットをご紹介します。

サプリの種類

コラーゲンサプリに限らずですが、サプリメントにはタブレットタイプ、カプセルタイプ、粉末タイプ、ドリンクタイプ、液体タイプ、ゼリータイプなどがあります。

タブレット・カプセルタイプ

カプセルタイプサプリ

一番スタンダードなサプリメントの形状です。

持ち運びが便利で手軽に飲めるのが特徴です。

味やにおいを気にせず飲めるものが多いです。

 

他の形状と比べるとカロリー控えめで摂取できるのがうれしいポイント。

食事で摂るにはカロリー摂取が気になるものもあるので、毎日飲むと考えるとタブレットやカプセルタイプがおすすめです。

 

しかし固形物を飲み込むことが苦手であったり、嚥下機能が低下した高齢者の方には飲みづらいものになります。

形や大きさにも注意して選ぶ必要があります。

粉末・顆粒タイプ

粉末タイプサプリ

コラーゲンサプリにも多い粉末タイプ。

粉末をコーヒーや料理に入れたり水に溶かしたりする場合と、顆粒をそのまま水と一緒に飲む場合とがあります。

取り入れやすく手軽に摂取でき、純度が高いものが多いです。

カロリーもカプセルタイプに次いで控えめになっているのもポイント。

 

持ち運びは、袋一つに全量が入っているものは少し不便。

個包装になっているタイプもありますが、価格も少し高めに設定されています。

ドリンク・液体タイプ

ドリンクタイプ

30mlほどのビンや紙パックなどに入ったドリンクタイプや液体を水に溶かして飲むタイプもあります。

手軽に飲めるのと、味を飲みやすく加工されていることが多いため、ジュース感覚で飲めるのがうれしいですね!

 

持ち運びは1日分であれば便利ですが、旅行先に持っていきたい時は、かさばる上にビンであれば重さも気になります。

カロリーもやはり味が飲みやすい分、他と比較すると高め。

そして値段も高めなので継続して飲むにはコストがかかってしまうのがデメリットです。

ゼリータイプ

スティック包装で携帯に便利なゼリータイプ。

こちらも味が美味しく加工されているのでおやつ感覚で食べられます。

カロリーは他の形状に比べると高めですが、おやつ代わりに食べるのであればカロリー控えめで済ませられます。

 

ゼリータイプのデメリットは他と比較すると配合量が十分でないこと。

1本で1日に摂りたい量が摂れないものが多いため、コストがかかってしまいます。

形状と吸収効率の関係

吸収率

サプリのタイプによって吸収の速さが異なります。

吸収が速いということはその分実感できるのも早いということ!

 

一般的には、ドリンクタイプの液体の方が吸収されるのが速いと言われています。

カプセルや粉末の場合、胃の中で成分が溶け出すまでに時間がかかりますが、液体はその必要がないため、他の形状より早く実感しやすいようです。

コラーゲンサプリはどのタイプが最適?

吸収効率はドリンクタイプがいいということがわかりましたが、サプリメントは継続することが重要です。

もちろん早く実感したい気持ちはありますが、継続していく上で自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことをおすすめします。

持ち運びを考えるなら

持ち運びの利便性

タブレットやカプセルタイプがおすすめ。

仕事場や旅行にも持って行けるので水さえある場所なら毎日飲むことができます。

ドリンクタイプも日常的に持っていく分には不便ではないと思われます。

普段の生活に取り入れたいなら

生活に取り入れる

粉末タイプがおすすめです。

料理に入れるだけ、コーヒーや紅茶、ジュースに入れるだけなので普段から取り入れやすいのが利点です。

間食の代わりに摂りたいなら

おやつの代わりに

ジュース感覚で飲めるドリンクタイプや、ゼリータイプがおすすめ。

味が比較的美味しいので続けやすいですし、ダイエット中のおやつであればカロリーを抑えることができます。

コストを考えるなら

コストを考える

タブレットタイプやカプセルタイプ、粉末タイプがおすすめ。

1日分の価格を考えると錠剤タイプのほうが成分が凝縮されているのでコスパが良いと言えます。

即効性に期待するなら

shutterstock_415607569 (1)

ドリンクタイプや液体タイプがおすすめです。

吸収効率が良いので、早く実感したいのであれば液体で飲みましょう。

しかしこれも続けなければ意味がないので、コストや飲みやすさを考える必要があります。

コラーゲンサプリを摂るなら夜寝る前に!

コラーゲンサプリを飲むのであれば、効率的に飲みたいですよね!

サプリメントって飲む時間は決まっているのか、そしてコラーゲンサプリを飲むベストなタイミングはいつなのかを解説します。

飲むタイミングは決まっている?

サプリメントは医薬品ではないため、飲む時間やタイミングを記載することが許されていません。

見た目は薬のようですが、食品として扱われるものなので基本的にはいつ摂取してもいいのです。

飲み忘れがないようなタイミングを自分で決めて継続的に毎日摂取することがおすすめです。

コラーゲンサプリを飲むベストな時間

飲むタイミング

効率的に摂りたいのであれば、成分によって飲むタイミングを調整しましょう。

コラーゲンで言うと、夜寝る前に摂取するのがベストと言われています。

 

お肌の新陳代謝、ターンオーバーは就寝時に行われます。

ゴールデンタイム22:00~翌2:00に寝るのは美肌づくりの基本と言われている理由でもあります。

一緒に摂るべき成分は?

コラーゲンとビタミンC

さらに効率的に摂取したい人には、ビタミンCと一緒にコラーゲンを摂ることをおすすめします!

コラーゲンを生成するにはビタミンCが欠かせません。

多くのコラーゲンサプリメントにはビタミンCを配合しているものもあるので、選ぶときのポイントにもなります。

 

また軟骨成分としてのコラーゲンを摂りたいのであれば、グルコサミンやコンドロイチンなどと一緒に摂ることもおすすめです。

コラーゲンサプリの選ぶポイントは?

コラーゲンサプリの特徴についてご紹介してきました。

ここではコラーゲンサプリの選び方についてまとめたので、選ぶ際の参考にしてみてくださいね!

コラーゲンペプチドか低分子コラーゲンを選ぶ

コラーゲンは経口摂取すると、胃でアミノ酸に分解されてしまいます。

コラーゲン自体も分子が大きく、吸収率を考えるのであれば「コラーゲンペプチド」または「低分子コラーゲン」を配合しているサプリメントを選びましょう。

魚由来か動物由来かで選ぶ

魚由来のコラーゲン

魚由来のコラーゲンは動物由来のコラーゲンより分子が小さいものになります。

安全性はどちらもありますが、分子が小さい魚由来のほうが吸収率が高いと言えます。

 

すっぽんの場合は、余すことなく丸ごと使用できる食材ですので、他の成分も一緒にそのまま加工されていることがポイントです。

 

また、原材料のアレルギーなどを考慮した上で選びましょう。

コラーゲン以外の成分は?

コラーゲンとビタミン

コラーゲンと相性の良いビタミンCが配合されているか、アミノ酸やその他ビタミンやミネラルが配合されているかも選ぶポイントになります。

せっかくなので相性の良い成分と一緒であったり、いろんな成分を一緒に摂れるほうが効率的ですよね!

飲みやすさは?

サプリの飲みやすさ

続けていくのであれば飲みやすさも重要です。

形状であったり粒の大きさ、味の好みも選ぶポイントになります。

どういった用途でコラーゲンサプリを利用したいか、ご自身のライフスタイルに合ったサプリメントを選びましょう!

価格も重要です!

サプリの値段

価格も継続していくには最も重要なポイント。

高ければ質がいいとは限りません。広告費や宣伝費にお金がかかっているだけで商品自体の質を向上しているとは限らないからです。

だからといって安ければいいという選び方もNGです。

 

大手メーカーの商品であれば適正な値段設定を行っているので、信頼できるメーカーなのか、コストパフォーマンスは良いのか、そして継続的にサプリを購入できる値段なのか、を見極めてください。

nanairo編集部おすすめのコラーゲンサプリランキング!

おすすめのコラーゲンサプリメントをタイプ別でランキングしました!

高品質なもの、そして続けやすい価格で厳選しています。

コラーゲンサプリを購入のときは是非参考にしてくださいね!

カプセルorタブレットタイプのコラーゲンサプリメント

【1位】すっぽん小町

基本情報
メーカー ていねい通販
コラーゲンの種類 佐賀県産すっぽんコラーゲン
コラーゲン量/1日あたり 約268㎎(2粒)
他成分・素材 アミノ酸、DHA、EPA、ビタミン、ミネラル
味・ニオイ 気にならない
おすすめポイント!

コラーゲンサプリと言えば、すっぽん小町!

高級な「はがくれすっぽん」のみを使用したサプリメントで、コラーゲンの素となるアミノ酸が黒酢の約91倍とたっぷり配合されています。

コラーゲン自体の量は少なめですが、コラーゲンの素がたくさん入っています!

コラーゲンの他にもビタミンやミネラルも豊富。

量より質にこだわったからこそ愛され続けているサプリメントなのでおすすめです!

価格は?
通常価格 3,024円(税込)
初回購入価格 1ヶ月1袋 2,721円

2ヶ月2袋 5,140円(2,570円×2袋)

1日あたりの値段

(初回価格で計算)

1ヶ月1袋 約88円

2ヶ月2袋 約83円

定期購入(2回目以降) 初回と同価格

【2位】FANCL HTCコラーゲンDX

基本情報
メーカー FANCL(ファンケル)
コラーゲンの種類 HTCコラーゲン(トリペプチドコラーゲン)
コラーゲン量/1日あたり 900㎎(6粒)
他成分・素材 リンゴポリフェノール
味・ニオイ 気にならない
おすすめポイント!

FANCLのコラーゲンサプリ、HTCコラーゲンDX。

独自の成分であるHTCコラーゲンを使用しています。HTCコラーゲンとは、トリペプチドコラーゲンで、コラーゲンの最小単位になります。つまり分子がとても小さいので吸収率が違います!

さらにリンゴポリフェノールとの組み合わせで紫外線からのダメージにも着目。

気になる美容の悩みにおすすめのサプリメントです!

価格は?
通常価格 30日分 1,620円(税込)
初回購入価格 お試し780円(2週間分)

定期購入 1,458 円(30日分)

1日あたりの値段

(初回価格で計算)

お試し 約56円

定期購入 約49円

定期購入(2回目以降) 初回と同価格

【3位】すっぽんの恵みプレミアム

すっぽんの恵みプレミアム

基本情報
メーカー 料亭やまさ
コラーゲンの種類 大分県産すっぽんコラーゲン
コラーゲン量/1日あたり 非公表
他成分・素材 アミノ酸、ビタミンC、DHA、EPA
味・ニオイ 気にならない
おすすめポイント!

すっぽん専門の料亭やまさがこだわってつくったすっぽんサプリです。

コラーゲンたっぷりな高級すっぽんを毎日摂りたいというお客様の声からうまれました。

すっぽんの中でもアミノ酸が多い肉とコラーゲンが集中しているエンペラの部分を中心に使用しています。

コラーゲンと相性の良いビタミンCも一緒に摂れる品質の良いサプリメントなのでおすすめです!

価格は?
通常価格 3,690円(税込)
初回購入価格 モニター 500円(7日分)

定期購入 1,845円

1日あたりの値段 モニター 約71円

定期初回 約62円

定期購入(2回目以降) 3,136円

粉末タイプのコラーゲンサプリメント

【1位】ニッピコラーゲン100

基本情報
メーカー 株式会社ニッピコラーゲン化粧品
コラーゲンの種類 コラーゲンペプチド
コラーゲン量/1日あたり 5000㎎(商品5gに対して)
他成分・素材 コラーゲンのみ
味・ニオイ 無味無臭
おすすめポイント!

ニッピコラーゲン100は純度と高品質にこだわった粉末タイプのコラーゲンサプリ。

スプーン1杯で約5000㎎の純度100%のコラーゲンが摂取できます。

しかも低カロリー。1日あたり約17kcalなんです。

 

何に入れても味を邪魔しない無味無臭なので、珈琲や料理にさっと入れるだけ!

毎日簡単、お手軽にコラーゲンが摂れちゃうのでおすすめです!

価格は?
通常価格 5,832円(110g×3袋)
初回購入価格 お試し999円(約20日分1,944円相当)

定期購入 5,832円(1ヶ月110g×3袋)

1日あたりの値段 お試し 約50円
定期購入(2回目以降) 定期初回と同価格

【2位】サントリー ミルコラ

基本情報
メーカー サントリー
コラーゲンの種類 コラーゲンペプチド
コラーゲン量/1日あたり 5000㎎
他成分・素材 ミルクセラミド、エラスチン、プロテオグリカン

ビタミンC、カゼインペプチド

味・ニオイ ミルク風味
おすすめポイント!

ミルコラはサントリーのコラーゲンサプリです!

高濃度PO・OGコラーゲンを使用しているため、従来の20倍のコラーゲンを配合することに成功。

さらにミルクセラミド1200㎍配合し、他にもビタミンC、エラスチン、カゼインペプチド、プロテオグリカンを配合しているため女性の美容と健康にアプローチできる贅沢なサプリです。

 

スティック包装でクセのないミルク風味。

何にでも溶けやすいのでお好きな飲み物や料理に混ぜるだけで手軽にコラーゲンを摂取できます。

価格は?
通常価格 5,000円(税抜)
初回購入価格 定期購入 4,500円
1日あたりの値段 150円
定期購入(2回目以降) 初回と同価格

【3位】POLA インナーリフティア コラーゲン&プラセンタ

基本情報
メーカー POLA(ポーラ)
コラーゲンの種類 セラクティブコラーゲン
コラーゲン量/1日あたり 1000㎎
他成分・素材 植物性プラセンタ、鉄、ヒアルロン酸、エラスチン
味・ニオイ ピーチヨーグルト風味
おすすめポイント!

コラーゲン1000㎎と植物性プラセンタ100㎎が配合された、POLAのコラーゲンサプリメント。

そのほかにも鉄分、ヒアルロン酸、エラスチンをプラスされているのでキレイを全力でサポートしてくれます。

 

1日分がスティック包装になっているので持ち運びも便利!水なしで飲めるピーチヨーグルト味でほんのり甘くて飲みやすく仕上がっています。

カロリーが1日分たったの4.6kcalも女性にとっては嬉しいポイントです。

価格は?
通常価格 30包入り4,860円(税込)

90包入り13,284円(税込)

初回購入価格 4,860円
1日あたりの値段 30入り162円

90包入り 約148円

定期購入(2回目以降) なし

コラーゲンドリンク・液体タイプサプリメント

【1位】サントリー リフタージュ

基本情報
メーカー サントリー
コラーゲンの種類 低分子コラーゲン
コラーゲン量/1日あたり 5000㎎
他成分・素材 亜麻リグナン、ヒハツ、セラミド

ビタミンC、桜の花エキス、ハスカップエキス

味・ニオイ スッキリ上品な白ぶどう風味
おすすめポイント!

サントリーのドリンクタイプのコラーゲンサプリです。

低分子コラーゲンをたっぷり5000㎎、プロテオグリカンを5000㎍配合したドリンク。

吸収率の高さと保水力の高さが掛け合わされた夢の美容W成分に、さらに6つの厳選された美容成分がプラスされています。

 

女性らしさの亜麻リグナン、めぐりのヒハツ、潤いのセラミド、若々しさの桜の花エキス、そしてコラーゲンと相性の良いビタミンCの贅沢配合。

サントリーならではの品質と味にもこだわったドリンクサプリなのでおすすめです!

価格は?
通常価格 10本入り 4,000円(税抜)

30本入り 11,400円(税抜)

初回購入価格 10本入り定期 3,600円

30本入り定期 10,260円

1日あたりの値段 10本入り 360円

30本入り 342円

定期購入(2回目以降) 初回と同価格

【2位】おいしいコラーゲンドリンク

基本情報
メーカー 森永製菓
コラーゲンの種類 コラーゲンペプチド(豚由来)
コラーゲン量/1日あたり 10000㎎
他成分・素材 セラミド、ビタミンC
味・ニオイ ピーチ味・レモン味
おすすめポイント!

森永から発売されているコラーゲンドリンクです。

コラーゲンペプチドがなんと10000㎎配合!さらにセラミドもプラスして潤いをサポートしてくれます。脂質が0なのでダイエット中でも安心して飲めちゃいます。

 

コラーゲン独特の味やにおいを抑えるために、フレッシュなピーチ味に仕上がっています。

ビンではなく紙パックなので持ち運びが便利でエコ仕様なのもうれしい!

おいしくコラーゲンを摂りたい人におすすめです!

価格は?
通常価格 24本 4,860円(税込)
初回購入価格 お試し12本+2本増量 1,000円(3,442円相当)

定期購入 24本 4,374円

1日あたりの値段 72円
定期購入(2回目以降) 初回と同価格

【3位】アスタリフトドリンク10000

基本情報
メーカー FUJI FILM(富士フィルム)
コラーゲンの種類 低分子ピュアコラーゲン(魚由来)
コラーゲン量/1日あたり 10000㎎
他成分・素材 オルニチン、ビタミンC、セラミド
味・ニオイ ピーチヨーグルト風味
おすすめポイント!

富士フィルム独自の高品質コラーゲンドリンク。

アスタリフトシリーズでお馴染みの真っ赤なパッケージが特徴的ですよね。

高濃度で低分子のピュアコラーゲンを10000㎎配合し、ビタミンC、オルニチン、セラミドをプラス。

エイジングケアをサポートしてくれるうれしい成分です!

 

おいしく続けやすいように、ピーチヨーグルト味に。

ノンカフェインなので寝る前に飲めのもうれしいポイントです!

ハリのある毎日を手に入れたい方におすすめです。

価格は?
通常価格 10本 3,610円(税抜)
初回購入価格 お試し 10本 1,805円(税抜)

定期10本 3,508円(税込)

1日あたりの値段 約181円
定期購入(2回目以降) 初回と同価格

【4位】美・皇潤EX

基本情報
メーカー エバーライフ
コラーゲンの種類 コラーゲンペプチド(フカヒレ由来)
コラーゲン量/1日あたり 非公表
他成分・素材 低分子ヒアルロン酸、燕の巣、発酵プラセンタ
味・ニオイ マンゴーピーチ風味
おすすめポイント!

エバーライフの美・皇潤EX。

フカヒレコラーゲンをペプチド化して配合しています。

さらに低分子化ヒアルロン酸、燕の巣に加え、発行プラセンタも新たに追加されました!

4大美容成分がそろったコラーゲンドリンクなのが一番の特徴です。

 

エイジングをサポートしてくれるセラミドとエラスチンも配合されているので、年齢に負けたくない人におすすめ。

トロピカルマンゴー味に仕上がっているため飲みやすいのでおすすめです!

価格は?
通常価格 10本21,600円(税込)
初回購入価格 お試し3本+サプリ1,980円(1週間分)

定期購入 10本+サプリ15,120円(1ヶ月分)

※ドリンクは3日に1本目安

※サプリとセットでの購入のみ

1日あたりの値段 お試し 約283円

定期 504円

定期購入(2回目以降) 12,960円

【5位】天使のララ

基本情報
メーカー 株式会社エミネット
コラーゲンの種類 高純度コラーゲン(魚由来)
コラーゲン量/1日あたり 1080㎎
他成分・素材 コラーゲンのみ
味・ニオイ 無味無臭
おすすめポイントは?

株式会社エミネットの天使のララはドリンクタイプというよりかは液体タイプ。

個包装になっている10mlの液体で、好きな飲み物に混ぜて飲めます。

高純度のコラーゲンを使用していて、味がなく、1袋4kcalなので続けやすい!

 

香料や着色料・保存料は一切使っていません。

飲み物以外でもヨーグルトにかけたりアレンジはいろいろ。

こだわりの製法と安全性で安心して利用できるのでおすすめです!

価格は?
通常価格 10袋 1,944円(税込)

30袋 5,184円(税込)

初回購入価格 お試し10袋 1,080円(10日分)

定期購入 30袋 4,968円(1ヶ月分)

1日あたりの値段 お試し 108円

定期 約166円

定期購入(2回目以降) 初回と同価格

まとめ

美容のために摂りたいコラーゲン。

食事ではなかなか十分な量を毎日摂り続けるのは難しいものです。

そんなコラーゲンのサプリメントはたくさんの商品が販売されています。

形状も様々で、選ぶのに迷ってしまいますよね。

 

良質で安全なコラーゲンサプリメントを選んでほしいという想いから、今回はランキング形式でおすすめのサプリをご紹介しました。

これからコラーゲンサプリを飲んでみようという方、現在飲んでいるものから別のものに変えたいと思っている方は是非参考にしてみてくださいね!

この記事を書いたユーザー

kimako
奈良出身!ファッション・おしゃれ大好き!海外ドラマにハマり中。 nanairoでは主に健康ジャンルを担当しています! kimakoの記事一覧

PICKUP

トップへ