炭酸水は、ダイエットにいいだけじゃない!便秘にも効果◎

目次 ※クリックで開閉します

シュワシュワとした独特の喉ごしが魅力の炭酸水。

最近は、炭酸水をダイエット目的で飲む人も多いようです。

しかし実は炭酸水は、ダイエットだけでなく便秘にも効果があることをご存知ですか?

今回は、そんな炭酸水が便秘にもたらす作用をはじめとして、おすすめの飲み方や注意点などを詳しく紹介していきたいと思います。

炭酸水が便秘に効果的な理由は?

炭酸が腸の蠕動運動を活発化する

炭酸水にはその名の通り炭酸が含まれています。

この炭酸の気泡は摂取されると胃を刺激し、腸の蠕動運動を活発化させると言われているのです。

蠕動運動とは、腸が行う便を押しだすための運動のことなので、これが活発になると排便が促されると考えられています。

つまりは炭酸水を飲むことで、便秘で溜まってしまった便を排出する作用が見込めるという訳です。

炭酸が胃酸を増やす

炭酸水に含まれている炭酸の気泡は、実は消化を促進させる効果があると考えられています。

といいますのも、炭酸水を飲むことで刺激された胃壁は血流が良くなり、胃酸の分泌が促進されれます。

胃酸の分泌が活発になると胃が元気に働くようになり、消化吸収も促進されることから、特に消化不良による便秘に悩まされている人には炭酸水は効果を発揮します

一方で、胃酸過多の場合、炭酸水のアルカリが胃酸のバランスを整えてくれる効果が期待できるます。

二酸化炭素の浸透圧の高さ

炭酸水に含まれている炭酸の正体は二酸化炭素です。

二酸化炭素といわれると、マイナスなイメージを持つ人も多いかもしれませんが、実は二酸化炭素は便秘には効果的な成分だといわれています。

というのも、二酸化炭素は浸透圧が高いことから、便へも吸収されやすいので、硬くなってしまった便を柔らかくしてくれる効果が期待できます。

硬くなった便が柔らかくなればその分排便もスムーズに行うことができるので、便秘にも効果があるといえます。

おすすめの硬さ、飲み方

便秘に効果的に働くとはいっても、炭酸水ならばどんなものでも良いという訳ではありません。

便秘解消目的で炭酸水を飲むのなら、硬水のものを選ぶようにしましょう。

しかし日本では軟水が良く飲まれていることから、硬水を飲むと逆に下痢をしてしまう人も多いようです。

その場合は無理せず軟水の炭酸水を摂取するようにしても良いと思います。

 

タイミングとしては、朝起きてすぐに炭酸水を飲むようにするとより便秘解消に効果があるといわれています。

朝起きてすぐの状態だと胃の中が空っぽになっているので、炭酸水を摂取すると胃や腸を効率よく刺激することが可能となり、より排便を促す作用が強くなるようです。

飲む量は100~200mlが適量とされています。

冷やして飲むとより効果的ですが、人によっては刺激が強くなりすぎてしまい下痢を招くこともあるので、様子を見ながら調整するようにしましょう。

効果的な炭酸水!でも、こんな人は向いていない

痙攣性便秘の人

痙攣性便秘とは、生活習慣の乱れなどが原因で腸の蠕動運動が活発になってしまい、便秘と下痢を繰り返すという症状の便秘のことを言います。

先ほども紹介した通り、炭酸水は腸の蠕動運動を活発にする作用があるので、痙攣性便秘の人が炭酸水を飲んでしまうとより腸の蠕動運動を激しくさせてしまうことになるのです。

その結果、逆に便秘を悪化させる危険性もあることから、痙攣性便秘の場合は炭酸水の飲用を控えておいたほうが良いとされています。

 

ちなみに痙攣性便秘の人は、炭酸水だけでなく下剤の服用も症状の改善に効果がないとされています。

元々の原因が生活習慣やストレスと言われているので、無理に自分だけで治そうとするのではなく、医師に相談して症状の改善を図るほうが賢明と言えるでしょう。

慢性的な便秘の人

何日も便秘が続いていたり、慢性的な便秘に悩まされていたりといった人にも、解消手段として炭酸水はおすすめできません。

というのも、便秘が続くことで、多くの場合腸内にはガスが溜まってしまっています。

そこに炭酸水を入れてしまうと、余計にガスが溜まってしまい、症状の悪化を招いてしまうと考えられているのです。

慢性的な便秘に悩まされている人だけでなく、お腹のハリが気になるという人も炭酸水は控えた方が良いでしょう。

注意点

前述したことからもわかるように、便秘の症状がみられる人なら誰でも炭酸水を飲むことで改善が見られるという訳ではないと考えられています。

基本的に通常の便秘の場合は炭酸水が改善に有効と考えられていますが、実際に炭酸水を飲む際には守るべき注意点もいくつかあるようです。

胃が弱っている時は控える

いつもと比べて胃が弱っている時は、炭酸水の飲用は控えましょう。

炭酸水は先ほども紹介した通り胃や腸を刺激する作用があります。

これにより排便を促すこともあるのですが、胃が弱っている時には炭酸水の刺激が強すぎてしまい、症状を悪化させる危険性があるのです。

糖分入りは✖

実際にスーパーやコンビニエンスストアに行ってみるとわかるように、いろいろな種類の炭酸水が販売されています。

甘いものや果汁が入っているもの、無糖のものなど目移りしてしまうくらい炭酸水の種類は豊富ですが、便秘解消のために飲むのならば無糖のものを選ぶようにしましょう。

糖分入りのものの場合、甘くて飲みやすいことはメリットとして挙げられますが、たくさん飲んでしまうと糖分の取りすぎに陥りやすくなります。

 

無糖なうえ、先述したように硬水の炭酸水であれば便秘解消により良い効果を発揮するでしょう。

飲みすぎ

炭酸水は多く飲んだからといってその分便秘解消効果が見込めるという訳ではありません。

むしろ炭酸水を大量に摂取してしまうと、刺激物として胃や腸、喉に負担を与えてしまうこともあります。

一方で、炭酸水に馴染みがない人は特に、最初は飲みにくさを感じることもあるかもしれません。

その場合は無理して飲む必要はもちろんありません。

一度に大量の炭酸水を飲むのが難しければ、最初は少なめにして徐々に量を増やしていくと良いでしょう。

妊婦

妊婦さんの中には、ひどい便秘に悩まされている人も多いですよね。

しかし妊婦さんには、便秘解消のための炭酸水の大量摂取はおすすめできません

炭酸水は良くも悪くも刺激のある飲み物なので、必ずしも妊婦さんに良い作用を与えるという訳ではありません。

もちろん飲んではいけないという訳ではないので、自分の体調と相談しながら、無理にない程度に炭酸水を摂取するなら良いかと思います。

ダイエットと便秘解消に炭酸水

炭酸水は薬ではないので、規定された飲み方や摂取量などは基本的にはありません。

しかしより安全に、効率よく便秘解消に役立てたいのなら、しっかりと飲むタイミングや炭酸水の種類、摂取量や注意点を確認しながら飲むことをおすすめします。

PICKUP CONTENTS

トップへ