よく聞く「腸内フローラ」。何が大事なの?何のことを言ってるの?

目次 ※クリックで開閉します

便秘や下痢について調べたことがある人なら、「腸内フローラ」という言葉を一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

実は腸内フローラは、腸だけでなく私たちの健康そのものに深く関係している大切なものでもあります。

今回は、そんな腸内フローラについて、その意味や身体への影響などについて詳しく紹介していきたいと思います。

腸内フローラって何?

腸内フローラとは、腸内に存在する細菌が群生している様のことを指します。

そもそも腸内にはおよそ100種類以上、100兆個以上の腸内細菌が存在しているといわれており、それぞれ密集して集団を作りながら生息しています。

その様相が、いろいろな植物がテリトリーを持って群れて生息しているようなお花畑に見得ることから、腸内フローラ(フローラ=お花畑)と呼ぶようになったのです。

ちなみに腸内フローラは、別の名前では「腸内細菌叢」「ミクロビオータ」「マイクロバイオ―タ」というように呼ばれることもあります。

注目されている理由

最近は、腸内フローラが人体の健康状態に大きくかかわっているとして注目を集めています。

実際にテレビ番組で腸内フローラが大々的に取り上げられたこともありますし、美容や健康雑誌でもよく見かけるようになりました。

というのも、元々腸には栄養分を吸収するなどの働きがあるといわれていましたが、さまざまな研究によって、腸内フローラに生息している腸内細菌が人体の美容や健康に大きな影響を与えていることが判明したことがきっかけとなったようです。

研究結果の一例としては、糖尿病やがんなどの病気の予防や老化防止、体質改善にまで影響を与える可能性があるというもので、今後解明が進むことでもしかしたらさらに驚くべき結果が出るのではないか、と期待もされているのです。

3つの腸内細菌で腸内フローラは形成されている

腸内フローラを形成している腸内細菌は基本的に「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つに分類することができます。

まず善玉菌、悪玉菌についてですが、これらは便秘や下痢、腸内環境などの話のなかではよく耳にしますよね。

善玉菌は漢字で表されているように身体に良い働きをする腸内細菌のことを言います。

例えば乳酸菌やビフィズス菌、アシドフィルス菌などは善玉菌の一種として分類されるほか、具体的な働きとしては、悪玉菌の抑制や腸の運動の促進、ビタミンの合成などが挙げられます。

一方で、悪玉菌とは人体に悪影響を与える腸内細菌のことで、具体的には有毒物質を作りだしたり、腸の中を腐らせたりする作用を持ちます。

例えばブドウ球菌や病原性大腸菌などが悪玉菌に分類されます。

 

善玉菌・悪玉菌とは違って、「日和見菌」という言葉に馴染みがない人も多いかもしれませんね。

日和見菌とは善玉菌・悪玉菌のどちらにも属さないにもかかわらず、優勢な方に加わるという特性を持ちます。

例えば善玉菌が腸内で優勢な時は腸内環境に影響は与えませんが、悪玉菌が優勢の状態だと悪玉菌に味方して有害な働きをし始めてしまうのです。

 

腸内フローラを形成している腸内細菌の種類や構成などは、人によって異なります。

また、その時の生活習慣やストレスによって腸内フローラの様相は変わるといわれており、実際に老化やストレスによって免疫機能が低下すると、悪玉菌が優勢になり腸内フローラも変わると考えられています。

理想的な腸内フローラとは?

腸内フローラの理想は善玉菌:悪玉菌:日和見菌が2:1:7であるといわれています。

実際に健康な人の場合、腸内で善玉菌が優位に立つことで悪玉菌の増殖を抑え、バランスを保っているそうです。

一方悪玉菌が優位に立ってしまうと有毒物質の生成が進み、臭いおならの原因になることもあります。

さらに悪化すると生活習慣病やがんを引き起こす原因になることもあるようです。

腸内フローラを整えるには?

腸内環境を整えようと思い立っても、具体的に何をしたらいいのかわからない、という人も多いですよね。

基本的に腸内フローラを整えるためには、以下の方法が推進されています。

1.善玉菌そのものを摂取する

先述したように、腸内フローラの理想形は悪玉菌よりも善玉菌が優勢な環境といわれています。

したがって、腸内フローラを手っ取り早く善玉菌の優位な状態に変えるためには、善玉菌を含む食品を摂取するという方法が考えられます。

ヨーグルトやキムチなどの発酵食品には、ビフィズス菌や乳酸菌といった善玉菌が多く含まれているので、積極的に摂取すると良いでしょう。

2.善玉菌を増やす作用があるものを摂取する

食品の中には、善玉菌そのものは含まれていなくても、善玉菌を増やす作用があるものも多くあります。

例えばオリゴ糖は善玉菌のえさとなることで増殖を促すほか、はちみつや玉ねぎも効果的に働きます。

3.便秘を改善する

便秘になると腸内で悪玉菌が増えるといわれています。

そのため、便秘を改善し、腸内をすっきりさせることが大切です。

例えば食物繊維が含まれている食べ物を多く摂取し、自然な排便を促してあげると腸への負担もかかりにくいですし、便秘解消にも効果的に働きますよ。

4.悪玉菌をサポートする食品の摂取を控える

食品の中には悪玉菌を助成する作用があるものもあります。

例えばタンパク質やバター、揚げ物などの脂質は、腸内フローラを整えたいのならば控えた方が賢明でしょう。

5.生活習慣を見直す

先述したように、腸内フローラはストレスや食生活に影響を受けるといわれています。

したがって、ストレスをためないようにしたり、不摂生な食生活を見直したりといった生活習慣の改善は、腸内フローラを整えるという面では効果的に作用するといえます。

腸内フローラのバランスが崩れると?

腸内フローラが悪玉菌優勢になると、下痢や便秘になったり、風邪やインフルエンザにかかりやすくなったりなど、身体に不調をもたらすほか、アレルギーを発症しやすくなったり、腸内感染症にかかりやすくなったりもすると考えられています。

また、腸内フローラのバランスが崩れると肥満になりやすいともいわれていますが、逆に善玉菌優勢で腸内フローラが整えられると、生成される脂肪酸がエネルギー代謝の受容体に働きかけることで肥満を予防できるとされています。

 

一方で、善玉菌だけが腸内に生息していれば良いのか、と聞かれると実はそうではなく、悪玉菌も腸内の環境を整えるために作用している部分もあるのです。

例を挙げれば悪玉菌は善玉菌では対処しきれない病原菌を排除してくれる作用があるので、あくまで腸内フローラはバランスを整えることが大切といえます。

整うことでどのような効果があるの?

腸内フローラが整うことで、健康や美容面で嬉しい効果もあるようです。

例えば美容面でいえば、善玉菌が美肌に作用するビタミンB群を合成する働きがあることから美肌効果が見込まれているほか、研究によってシワなどにも効果的に働くこともわかっています。

そのほか健康面では、善玉菌が免疫細胞を刺激することで免疫機能を高めるほか、合成されたビタミンB群が疲労回復に作用するなどの効果が期待されています。

腸内フローラを意識した食生活を!

善玉菌・悪玉菌・日和見菌はお互いが連携しあって腸内フローラを形成していると考えられています。

腸内フローラのバランスを整えることで、便秘などの不調も見込めるようなので、ぜひ毎日の生活をまずは見直してみてください。

PICKUP CONTENTS

トップへ