2週間で実感!便秘になったら飲むヨーグルトがオススメ!

目次 ※クリックで開閉します

お腹が張ったりお腹が重く感じられたりする便秘は、その不快な症状から多くの女性を悩まされているはずです。

実際、出したいのに便秘で出ない状態が続くと、なんとなく苦しくそして体の調子が優れなくなるものです。

便秘の解消には腸内環境を整える必要があり、それに適した食べ物は様々なものがあります。

ヨーグルトや飲むヨーグルトなどは特に有名ですよね。

ここでは、飲むヨーグルトを新たな習慣として始める際に知っておきたい情報をご紹介します。

飲むヨーグルトと普通のヨーグルトの違いは?

スーパーなどの乳製品売り場には、たくさんの種類のヨーグルトが並んでいます。

選ぶのに迷っちゃいますよね!

大きく分類すると、固形タイプとドリンクタイプに分けられます。

では、固形タイプのヨーグルトと飲むヨーグルトはどう違うのでしょうか?

飲むヨーグルトを選ぶのメリットは?

固形に比べると飲むヨーグルトはさらさらとしていて、乳酸菌が十分に入ってないのではないか、と思う人もいるかもしれません。

しかしそれは違います。もちろんメーカーや商品によって乳酸菌の含有している量が異なる場合はありますが、形状によって乳酸菌のチカラが変わることはありません。

2つの違いを強いて言えば、飲むヨーグルトは飲みやすくなっている分、甘味となる糖分を加えられているものが多いのでカロリーという点では高いほうになります。

しかし、その甘味があるので、酸味が強いヨーグルトが苦手だという人には嬉しいですよね!外出先でも手軽に飲めるのもメリットになります。

飲むヨーグルトの選び方は?

そもそも便秘とは、腸内の常在菌である善玉菌が減る一方で、悪玉菌が増加することによって生じる「腸内環境の悪化」によって生じています。

 

こうした「腸内環境の悪化」から生じている便秘を解消するには、

「腸内環境を整える」つまり「善玉菌の数を増やしながら、悪玉菌の数を減らす」ことがカギとなります。

これは、善玉菌には悪玉菌の働きを抑えてその数を減らすという、腸内環境の正常化には欠かせない働きがあるからです。

 

しかしながら、飲むヨーグルトであれば何でもこの働きを発揮するかと言えばそうではありません。

どんな飲むヨーグルトを選べばいいのでしょうか?

プロバイオティクスであるものを選ぶ

飲むヨーグルトが優れた働きを発揮するのは、豊富に含まれる乳酸菌が腸内に届くとそのまま善玉菌として作用して腸内環境を健やかな状態へと導くからです。

逆を言えば、どれだけ優れた効果のある乳酸菌でも、腸まで生きて届いてその効果を発揮できなければ便秘の解消には役に立たないのです。

そのため、便秘の解消のために飲むヨーグルトを選ぶ際には、含まれている乳酸菌が生きて腸まで届く「プロバイオティクス」であるものを選びましょう。

最低2週間!体に合うものを探そう

プロバイオティクスを含む飲むヨーグルトは、確かにプロバイオティクス(生きて腸まで届く乳酸菌)による整腸作用から便秘の解消に優れた効果を発揮します。

 

しかし、こうした嬉しい効果が得られるのは、

「体内に摂り入れるプロバイオティクスと腸内に存在する善玉菌の相性が良いこと」

つまり「乳酸菌と体質の相性が良いこと」が条件になります。

 

腸内環境が人によってそれぞれ異なるように、飲むヨーグルトに含まれるプロバイオティクスと飲む人との相性も多岐にわたります。

多くの製品の中から「この飲むヨーグルトは合っているのかどうか」を判断するには、最低2週間飲み続ける必要があります。

体質に合っていると?

体質に合っている飲むヨーグルトであれば、早い場合には飲み始めて4日後には実感できるようになり、少なくとも2週間飲み続ければ何らかの嬉しい変化が現れます。

「この飲むヨーグルトのおかげで毎日スッキリできている」と実感できたのであれば、その製品は体に合っていて腸内環境が正常になった証拠ですから2週間が経過した後にも続けて飲みましょう。

体質に合っていないと・・・

一方で、2週間飲み続けても効果や変化を実感できない場合には、体質に合っていないと判断して他のものにチャレンジしましょう。

効果のないものを飲み続けても、お金と時間が勿体無いです。

しかし、体に合っているかどうかの判断は飲み続けなければ分かりませんから、最低2週間飲み続けてその後は変化と照らし合わせながら継続して飲むかどうかを決めましょう。

飲むタイミングや注意点は?

飲むタイミングが重要!

次に、効率良く実感するために「飲むタイミング」についてご紹介します。

 

「朝食後に1杯(100ml)」と「就寝前に1杯(100ml)」の1日2回が最も適したヨーグルトを飲むタイミングと言われています。

 

「朝食後の1杯(100ml)」では、朝の時間帯は排便に必要な腸の蠕動運動を促進し、お通じリズムを形成しやすくなります。

「就寝前の1杯(100ml)」では、乳酸菌が睡眠中の腸内で活発に働くという性質を活かし、翌朝のお通じをスムーズなものにすることを目的としています。

飲む際に気を付けたいことは?

どちらのタイミングでも、コップ1杯(100ml)程度に留めるようにしてくださいね。

これは、飲むヨーグルト自体が動物性タンパク質で決して少なくないカロリーですし、先述の通り飲みやすいよう糖分が使用されていて、飲みすぎると体重の増加に繋がりかねないからです。

一度にたくさん飲むよりも、毎日の飲用を習慣にすることこそが便秘の解消には欠かせない心掛けです。

 

腸内環境を正常な状態に保ち便秘を予防するには、飲むヨーグルトを習慣として飲み続ける必要があります。

摂り入れた乳酸菌はそのまま腸内で善玉菌としての効果を発揮する反面、ずっと腸内に留まり続けることはないからです。

食べ物から摂り入れる乳酸菌は、1週間程度で死滅したり体の外へと排出されたりと自然とその数が減少します。

だからこそ、続けて摂取することが大切になります。

おすすめの飲むヨーグルトを紹介!

様々な飲むヨーグルトの中でも、特に優れた効果を期待できる5つの製品をご紹介します。

「どの飲むヨーグルトから始めれば良いのか分からない」

「便秘解消を目的として飲むヨーグルトを新しい習慣として始めたい」

という人は、まずは以下の5つの中からお好みのものを選んでみてはいかがでしょうか?

明治ブルガリア のむヨーグルト

  出典:明治

はじめにご紹介する「明治ブルガリア のむヨーグルト」には、LB81乳酸菌が使用されています。

LB81株乳酸菌は、ヨーグルトの本場であるブルガリアで使用されてきた「ブルガリア菌2038株」と「サーモフィルス菌1131株」という2種類を配合して作られた明治乳業独自の乳酸菌株です。

LB81乳酸菌の特徴としては、「優れた整腸作用」と「腸内環境の正常化による肌荒れ改善効果」が挙げられ、その効果は「特定保健用食品」として国から認可されているほどです。

明治ヨーグルト R-1 ドリンクタイプ

  出典:明治

「明治ヨーグルト R-1 ドリンクタイプ」には、明治乳業が行った乳酸菌研究の中で独自に発見した1073R-1乳酸菌が使用されています。

1073R-1乳酸菌は、便秘解消効果のみならず、免疫力をアップさせるという嬉しい効果を持ちます。

そのため、風邪予防・インフルエンザ予防にもgood!

毎年風邪がはやる冬の季節に、体本来が持つ風邪への対抗手段である免疫力を上げて乗り越えたい人にピッタリです。

ヤクルト400

  出典:Yakult

「ヤクルト400」には、70年前に発見されプロバイオティクスの先駆けとも言えるカゼイ・シロタ株が400億個も含まれています。

カゼイ・シロタ株には善玉菌を増やし悪玉菌を減らすという腸内環境の正常化に加えて、免疫力向上・アレルギー症状軽減、膀胱がん再発防止作用、大腸がん予防、大腸菌O-157増殖防止などの様々な優れた効果が得られます。

ただし、400億個もの乳酸菌を含む「ヤクルト400」はスーパーやコンビニでは展開されておらず、ヤクルトレディからの購入が入手手段となります。

スーパーやコンビニで入手できるヤクルトは乳酸菌含有量が150億個で、「ヤクルト400」とは異なりますから注意が必要です。

KAGOME ラブレ

  出典:KAGOME

「KAGOME ラブレ」に含まれている乳酸菌は製品の名前にもなっているラブレ菌KB290株であり、1993年に京都の漬物「すぐき」から発見されました。

乳酸菌自体の歴史は浅いものの、昔から私達日本人の身近にあった食べ物である漬物から発見された乳酸菌ですから、日本人との相性が非常に良いとされています。

このラブレ菌の最大の特徴としては、体内に摂り入れてからもそのほとんどが生きて腸まで届く強いタイプの乳酸菌「植物性乳酸菌」であることです。

したがって、高い整腸効果や免疫力向上・アレルギー症状の緩和といった嬉しい作用を効率良く得られますよ。

明治プロビオヨーグルト LG21 ドリンクタイプ

  出典:明治

最後にご紹介しますこちらの「明治プロビオヨーグルトLG21 ドリンクタイプ」はLG21乳酸菌が使用されています。

このLG21乳酸菌は、生きて腸まで届いて整腸作用をもたらすほか、

「胃潰瘍や胃ガンのリスクを高めるピロリ菌の減少」と「コレステロール値の低下作用」があります。

便秘だけでなく胃に関するトラブルやコレステロール値が気になる人にオススメの飲むヨーグルトですよ。

腸内環境を整えたい!という人におすすめサプリを紹介

飲むヨーグルトに限らず、乳製品が苦手な人って結構いますよね。

飲むタイプだけ苦手な人もいるかもしれません。

そんな人たちも手軽に乳酸菌を摂りたいと思ったときはサプリメントを利用するのも一つの手。

おすすめの乳酸菌サプリをご紹介します。

日清食品 アレルライトハイパー

アレルハイパー商品画像

1日2粒で5000億個の乳酸菌が摂れると話題のサプリです!

カップラーメンでよく知られている日清食品から発売されました。

体に優しい自然由来のリフレクト乳酸菌を使用。皮膚のための成分であるビオチンも配合されています。

こちらは低カロリーで1日分で約3kcalなので女性にはうれしい!

敏感な体質の方のためにもアレルゲンフリーでつくられています。

持ち運びも便利なサプリで乳酸菌を摂取する習慣をつけてみませんか?

日清食品のサプリ「アレルライトハイパー」の口コミやキャンペーンを紹介

まずは飲むヨーグルトを2週間続けてみましょう!

普通のヨーグルトと同量の乳酸菌を含みながらも、独特の酸味がなく続けやすい飲むヨーグルトは、「腸内環境の正常化」という便秘の根本的な解決に役立ちます。

辛い便秘でお悩みの人は、飲むヨーグルトを新しい習慣としてはじめてみてはいかがでしょうか?

市販の製品は数多く展開されていますから、店頭で選んだり自分であったものであるかどうかを見極めたりする時にはこちらの内容を参考にしていただければと思います。

サプリメントもおすすめです!

美味しく続けやすい飲むヨーグルトで便秘を解消し、毎日「スッキリ!」を実感できる便秘知らずの体へと生まれ変わりましょう!

 

参考サイト東京青山 平田肛門科医院 | 便秘下痢対策①ビフィズス菌を増やす

PICKUP CONTENTS

トップへ