下痢をとめたい!そんな時は紅茶がオススメ!

目次 ※クリックで開閉します

お腹を壊してしまった時はそれが気になってしまうし、トイレに何回も行かなければいけないので大変です。

下痢をしている時は安静にして暖かい飲み物を飲み、腸を休ませてあげましょう。

しかし、飲み物の中には下痢に良いものや控えた方が良いものもあります。

今回のテーマは紅茶です。

紅茶は下痢の時にオススメできる飲みものですが、飲み過ぎるとやはり副作用が考えられるので、紅茶が下痢に効果的な理由と飲み過ぎのデメリットを合わせてお伝えします。

紅茶が下痢に良い理由

タンニン

紅茶の中に含まれるタンニンはポリフェノールのひとつです。

そのため、美容によく老化の原因となる活性酸素を倒すことで殺菌、エイジングケア作用も期待されます。

タンニンの下痢に対する効果は、実は賛否両論です。

まず、タンニンが下痢に効果があると言われる理由は腸を保護することと便を固くすることにあります。

タンニンは腸に届くことで粘膜を保護してくれるので腸は回復しやすくなりますし、刺激物によるダメージも受けづらくなります。

さらに下痢の勢いを弱める収れん効果も期待できます。

 

便を固くする効果については、下痢の根本に対するアプローチと言えます。

便を出すときは液体になっている消化物から水分を吸収することで固めています。

下痢は腸が便を固めることができない状態にあるものなので、タンニンの力で便を固くすることは固くて出やすい便を作ります。

 

タンニンは紅茶以外にも緑茶やウーロン茶にも含まれており、カテキンもその一種です。

タンニンは色素成分なので発酵によって色が濃くなった紅茶が一番多くなっています。

ただ、タンニンには腸を保護する作用がある反面、腸を傷つけてしまう性質を持っています。

これは飲んだ量や体質が関わるため一概には言えませんが、タンニンは刺激物としての側面を持つことから飲み過ぎは良くないと言われています。

リラックス効果

紅茶に含まれるポリフェノールには心を落ち着かせて集中力を高めるリラックス効果があります。

中でも注目されているのはテアニンで、グルタミン酸に構成が似ていることからお茶のうまみ成分を引き出していると考えられます。

リラックス効果を具体的に説明すると安眠を促すアルファ波がでたり、セロトニンが分泌されたりします。

さらに良い気分を司るドーパミンの分泌にも役立ちます。

さらに女性の方はストレスが低下するだけでなく生理に関わる体や心の乱れを緩和する効果も確認されています。

ちなみに、ポリフェノールがリラックス効果に効果を発揮する飲み物としてはウイスキーやブランデー、ダークラムといった琥珀色のお酒も有名です。

下痢の時にお酒なんて論外ですが、覚えておいて損はないでしょう。

ただし、紅茶にはカフェインも含まれているのでリラックスするだけでなく交感神経が活発になる効果も考えられるので注意しましょう。

体を温める

そして、紅茶を飲むときはホットが一番です。

体の冷えは自律神経に刺激を与え、体から積極的な水分排泄を促してしまいます。

冷えによる水分排泄は体温を上げやすくするためなので下痢の水分補給も冷水よりは白湯の方がおすすめです。

もちろん、熱い飲み物も刺激を与えるので紅茶を飲むときはある程度さまして飲むようにしてください。

暖かい飲み物は血流を良くしてくれることから肩こりやむくみにも効果的と言えます。

飲むときのポイント

紅茶を飲むときのポイントとして最も大事なのは温めて飲むことでした。

これは下痢に関わらず冷えからくる症状を軽くできますね。

さらに、おなかのことをいたわるとしたらどんな風に紅茶を飲むといいのかを、ここから解説します。

濃い目に入れる

紅茶を飲むのは水分だけでなく効果の高い成分を摂ることも目的のはず。

よって紅茶を飲むときはちょっと濃いめに淹れましょう。

「とにかく濃くする」というよりは「可能な限り薄めない」という意識が大切です。

砂糖は入れない

紅茶のお勧めはストレートティーです。

ストレートで淹れれば紅茶以外の不純物を摂らないので安心です。

その代わりストレートで飲めるくらい美味しい紅茶を探さなければいけませんが今は、紅茶もどんどんおいしくなっています。

よく、ミルクや砂糖は有害と言われますが下痢においては一般的な俗説とはちょっと違います。

まず、ミルクを入れない方がいいのはミルクの脂肪分を消化しづらいからです。

普通の牛乳であれば乳糖不耐症といいたいところですが紅茶に入れる程度のミルクならまず問題ありません。

むしろミルクに入っている添加物のほうが気を付けたいところです。

そして、砂糖は浸透圧(水を引っ張る力)が高いので便を柔らかくしてしまいます。

浸透圧というのは全体を同じ濃度にしようと働く力のことで、野菜を塩漬けにすると水分がたくさん出てくるという例が分かりやすいと思います。

よく、紙パックやペットボトルに入った紅茶を飲んでいる高校生がいますが、あんなにたくさん飲めるということはそれだけ飲みやすい味になっていることを意味します。

一度、自分で淹れてみるといかに市販の紅茶飲料はたくさんの砂糖が含まれているかに気づきます。

ゆっくり飲む

暖かい紅茶を一気飲みするという人は少ないと思います。

しかし、一応のため早く飲むことのリスクを紹介しておきます。

紅茶を早く、たくさん飲むとその衝撃で胃に負担がかかります。

ましてや冷まさないで飲むと熱さで胃が弱ってしまいます、さらにたくさん入ってきたタンニンが胃を守るどころか荒らしてしまうでしょう。

注意点

以上が紅茶を飲むときに心がけたいポイントでしたが、根本的な注意としてカフェインに弱い人は紅茶を少なめにしてください。

何かと言われるカフェインですが、要するに交感神経を過敏にしてしまうものです。

私たちの体に出る症状に言い換えれば緊張状態で、腸の動きも乱してしまいます。

緊張状態に置いてはお腹が下りやすくなり、手汗がにじみ、口の中が乾きます。

カフェインの量は紅茶でもそれなりに多いですが、同様にコーヒにも含まれているので紅茶を飲んでお腹が緩くなる人はコーヒーも控えた方が良いと思われます。

好みや茶器や茶葉で、ティータイムを楽しんでみては?

このように、温かい紅茶をゆっくり飲むことは気分が落ち着くだけでなく下痢にも効果的であると言えます。

自分で淹れるのは手間ですが、こだわりの茶葉や茶器を探すのもまた楽しめますよ。

PICKUP CONTENTS

トップへ