下痢の時の症状とお腹に優しい食べ物、避けたい食べ物

目次 ※クリックで開閉します

急にかかるとつらい下痢。

なんとか対処したいものですが、下痢の時に一番気を付けたいのは食べ物です。

下痢は腸の活動がうまくいかないことによって患う病気なので、ここでは下痢を見分ける症状や食べてよいものと避けたいものを紹介します。

食事に制限があるのは嫌でも、暴飲暴食を続けてはいつまでも回復しないでしょう。

下痢のときの症状

便の状態

下痢になると便の水分が増えます。

柔らかい便や水のような便が出た経験は誰もが持っていることでしょう。

そもそも、便は半分以上が水分なのですが、それがさらに80%や90%まで水分の比率が上がってしまいます。

下痢の原因は腸の働きが乱れることにありますが、食べ物、ウイルス、ストレスのいずれかという場合が多いです。

食べ物による下痢は消化不良や浸透圧の影響、ウイルスの場合は毒素や速やかな排泄のため、ストレスは神経の乱れがその裏にあります。

他には体の冷えも腸の活動を低下させます。

いずれにせよ、下痢は原因がなくなれば回復するため一過性で治ることが殆どです。

軟便

まず、便が柔らかくなったなと思った時は軟便です。

軟便と普通の便は形のあるなしで分かれます。

ただ、形のある便でも普段より柔らかすぎる時はお腹にやさしいものを食べるといいでしょう。

水様便

読んで字のごとく水のような便です。

形がないどころか色のついた水と形容した方が正確かもしれません。

水様便に関わる下痢はウイルスや細菌が引き起こしています。

とにかく体外に排泄しようと頑張っているので下痢止めは控えてください。

他には、下剤のせいで水様便が出ることがあります。

泥状便

どろどろとした便を泥状便といいます。

いわゆる軟便と言って思い浮かべるのはこの泥状便だと思います。

泥状便の場合は、腸に水分が再吸収されなかったことが原因と考えられるので、まず食べ物を疑いましょう。

分かりやすく言えば消化不良です。

ただし、消化不良はストレスや冷えから起こる場合も多いです。

粘血便

血液や腸の粘液、はがれた粘膜などが混じった便です。

これは、腸が傷ついている証拠で、大腸炎や大腸がん、細菌感染が考えられます。

粘血便が出たことのない人なら赤痢という言葉になじみがあるかもしれません。

赤痢も細菌感染の一種です。

体の状態

腹痛、発熱、嘔吐

下痢と同時に腹痛や発熱嘔吐を引き起こす人は多いです。

発熱は免疫の低下、嘔吐は下痢と同じくウイルスの対外排出、そして腹痛は内臓の動きによって起こる内臓痛と、腹膜や腸間膜が刺激されることによって起こる体性痛の二つがあります。

あくまで下痢が治れば他の症状も治りますが、逆に腹痛が重病のサインとなることもあります。

食欲減退

下痢になると食欲がなくなります。

これは腹痛が原因であることや、空腹感自体がわかなくなることといった原因が考えられるので、特に気にしなくてOKですし、下痢が治るまでは無理して、あまりものを食べない方が良いです。

脱水症状

下痢にかかったら特に気を付けたいのが脱水症状です。

下痢は便の90%近くが水分で構成されているので一回の便通で失う水分の量も多いです。

特に水様便の場合は排泄の回数も増えるのでなおさら水分補給が求められます。

水分補給の際は体に負担をかけない様に少しずつ、失われたミネラルと一緒に飲むことがおすすめです。

お腹に優しい食べ物

下痢の時は、可能な限りものを食べない方がいいです。

とはいえ水分やミネラルは最低限とったほうが良いですし、どうしてもお腹が減ってしまう気持ちはよく分かります。

そこで、消化の良い食べ物を紹介します。

原則は、消化に悪い脂肪が少なく、体温より暖かい食べ物がおすすめです。

おかゆ

おかゆは水分とエネルギーを一緒に摂れる消化に良い食べ物ですし、味つけも自由に行えます。

今はレトルトのおかゆもあるので手軽ですね。

ただし、でんぷんは消化に良くないのでよく噛みましょう。

うどん

うどんも柔らかく、食べやすい食事です。

糖分だけでなく便を固くするタンパク質も含まれています。

消化しやすい様に良く噛んで食べましょう。

豆腐

豆腐も消化にやさしい食べ物です。

砕けば流動食として食べることも可能です。

木綿か絹ごしかは好みで選んで大丈夫です。

栄養にそこまでの差はありません。

ただ、下痢の時は腸の活動を低下させないためにも、温めて食べるようにしてください。

半熟卵

卵は栄養価たっぷりの食材です。

下痢だけでなく体調を崩した時にはぜひ食べたいものですね。

特に、半熟卵は消化しやすいです。

ちなみに、最も消化が遅いのは焼いた状態の卵で、半熟卵の倍は消化に時間を使うようです。

ささみ

肉類の中で脂肪やコレステロールが少ないのは鶏肉、さらに脂肪が少ないのはささみです。

「脂肪が少ないなら美味しくないのだろう」と侮ることなかれ。

所さんの目がテンでも取り上げられたように良質の出汁をとることができるほどです。

味噌汁

お味噌汁は水分と塩分、たんぱく質、その他ミネラルを効率よく摂ることができます。

具材の工夫ができるのも嬉しいですね。

リンゴジュース

リンゴに含まれるビタミンや食物繊維は腸の働きを助けてくれます。

ジュースでなくてもすりおろしリンゴも効果的です。

蜂蜜

蜂蜜には腸の善玉菌を増やす効果があります。

また、殺菌効果も知られていますが10倍に薄めても効果は薄まらないと言われています。

避けたい食べ物

逆に、下痢になってしまったらどんなものを避けたらよいのでしょうか。

直感的に体に悪い食べ物は避けたいと思いますが、その理由も合わせてみていきましょう。

消化の悪いもの

まず、消化がうまくいかないので消化の悪いものを食べてはいけません。

油分をたっぷり含むものも胃腸に負担をかけてしまいます。

消化しづらいものと言えば肉類や頭足類(イカ・タコ)です。

さらに、魚介類の脂肪は健康食品にもよく使われるDHA・EPAで、血液サラサラ効果などが嬉しいですが、油である以上、下痢には良くありません。

DHA・EPAのサプリメントでも下痢は副作用として有名です。

 

いちご

イチゴにはキシリトールが含まれています。

下剤のようにお腹をゆるくする働きがあることから、ガムの注意書きにも食べ過ぎるとお腹が緩くなると書かれています。

乳製品

乳糖不対症の人は、ヨーグルトやチーズであっても避けた方が良いです。

逆に乳糖不対症でなければ脂肪分を気にしながら食べましょう。

乳製品は意外に高脂肪です。

冷たいもの

冷え性が腸の働きを弱らせるなら冷たいものも同じです。

食べ物は温めた方が良いですし、氷が入った飲み物や、アイスクリームなんてもってのほかです。

悪玉菌を増やすもの

もちろん、発酵食品を取り入れるのはよいことで腸の善玉菌を増やしてくれます。

逆に、肉類のように悪玉菌を増やしてしまう食べ物は避けましょう。

肉類やスナック菓子などは腸内で異常発酵されることにより有害物質が出てきます。

水分補給は水以外に塩分も必要

下痢は水分と一緒にミネラルも排泄されています。

そこで、水分と一緒に塩分などのミネラルも一緒に補給できる経口補水液がおすすめです。

 

経口補水液の作り方

経口補水液は経口補水塩とも呼ばれることがあります。

これは、水1リットルに食塩3gと砂糖40gを入れれば作れるので、いざという時に覚えておきましょう。

下痢の時は体の内側からホカホカに!

下痢の時は、無理して食べる必要はありませんが、水分補給はしっかりしましょう。

体調が少しでも良くなれば、消化に良いものと暖かいものを食べ、脂肪が多く冷たい食べ物は避けましょう。

 

PICKUP CONTENTS

トップへ