鼻づまりで息苦しい夜に試してほしい!オススメの解消法9選

目次 ※クリックで開閉します

快眠の妨げとなる「鼻づまり」。

息苦しく、さらに不快なのでイライラしてしまう人も少なくありません。

今回はそんな「鼻づまり」の解消法について詳しく解説。

自分に合った解消法を選択して、早速鼻詰まりを解消し、快適な睡眠をゲットしましょう。

鼻づまりの解消法

さっそく鼻詰まりの解消法について解説していきます。

手軽にできるものから、ちょっと準備が必要なものまで幅広く紹介。

さっそく今夜から試してみてはいかがでしょうか?

息を止める

まず、道具も場所も必要はなく、その場ですぐにできてしまうのが「息を止める」という鼻づまり解消法です。

信じられないほど簡単な解消法なのですが、これが信じられないほどに鼻づまりをスーッと解消することができます。

方法は簡単です。

  1. 大きく息を吸う
  2. 吸い込んだ息をすべて吐ききる
  3. 吐ききったところで息を止める
  4. 鼻をつまむ
  5. そのまま頭を上下にゆっくり10往復

「5」の段階ではあまり無理をせず、苦しくなったら呼吸をしてください。

たったこれだけの工程で一気に鼻詰まりが解消されます。

ただし、その場しのぎの解消法にすぎないため、しばらくすると再び鼻づまりになってしまう可能性があります。

アロマの香り

鼻詰まりはアロマに頼ることで解消されることもあります。

アロマの中には鼻づまりを解消するという効果のあるアロマも存在するため、部屋で炊いたり、枕元に精製水で薄めてスプレーするのがおすすめ。

鼻づまり解消の効果があると言われているアロマは5つ。

  • カモミール
  • ペパーミント
  • ティーツリー
  • マートル
  • ユーカリ

これらのアロマは鼻づまりだけでなく、花粉症にも効果的と言われているので、該当する人はぜひ試してみるといいかもしれません。

また、アロマテラピーとして効果的にアロマを取り入れる方法も多く存在します。

簡単に取り入れたいのであれば、ハンカチに垂らして吸い込むのが一番。

ただし、アロマによっては肌への刺激が強いものもあるため、垂らした部分に肌が触れないよう注意しましょう。

また、お湯を張ったマグカップや洗面器に垂らすことでもアロマを楽しむ事ができます。

湧き上がる蒸気と一緒に香りが広がるため、ゆったりと香りを楽しみたい人におすすめ。

鼻詰まりを改善しながら、リラックスすることができるのでぜひアロマを試してみてくださいね。

つぼを刺激

すぐできる鼻詰まりの解消法として「つぼを刺激する」というものも存在します。

私たちの体には無数のつぼが存在していますが、それらのつぼの中には鼻詰まりの解消をしてくれるツボが存在するのです。

迎香

小鼻の両脇の2か所のつぼ。

このポイントを親指でグーッと押し込み、そのまま眉間に向かってスライドさせるように動かします。

しかし実際にスライドさせるのではなく、押し込んでいる指の位置は変えずに、「ゆらすように」動かしましょう。

晴明

目頭の2ミリほど上に位置するつぼ。

目に近いため、あまり強い力を加えないように刺激します。人差し指をつぼに当て、そのままゆっくりと5秒押し続け、ゆっくりと離します。

これを繰り返すことで徐々に鼻詰まりが改善されていくのです。

合谷

手の甲の親指と人差し指の付け根のちょうど中間地点。

反対側の手の親指でグーッと力を込めて押し、刺激します。

蒸しタオルで鼻を温める

蒸しタオルも鼻詰まりの解消方法の一つ。

濡らしたタオルを軽く絞って電子レンジで温めれば蒸しタオルが出来上がります。

火傷に注意しながら鼻に当ててしばらく押さえておきます。

1回では解消されないこともあるため、タオルが冷えてきたらもう一度温めなおして再度鼻に当てておくことで徐々に鼻詰まりが解消されていきます。

ブリーズライト

  出典:ブリーズライト

CMや広告などで見かけることが多い「ブリーズライト」。

知っている人も多いのではないでしょうか?

細長い絆創膏のような形をした商品ですが、鼻腔拡張機能があるため、鼻の通りを良くする効果があるのです。

鼻に張り付けておくだけで鼻詰まりが解消されるので、ぜひ近くの薬局を覗いてみてはいかがでしょうか?

最近では、メントールが使用された商品も販売されているため、より効果の高いブリーズライトが販売されています。

自分に合った商品を見つけてみてくださいね。

ヴェポラップ

  出典:大正製薬

子供の頃に使ったことがある、という人も多い「ウェボラップ」。

もちろん、大人でも効果はあるため、鼻づまりに悩んだら使ってみるとよいでしょう。

基本的な使い方は、「胸やお腹に広く塗る」というものなのですが、わざわざ服を脱いだりしなくてはいけない為、ちょっと面倒……と感じる人も少なくありません。

 

そんな人におすすめな使い方もあります。

まずウェボラップを米粒2粒程度指にとります。それを、鼻の下にポンポンと塗るだけ。

わざわざ服を脱いだり、広い範囲をベタベタと塗る必要もないので手軽ですよね!

ただし、塗り過ぎてしまうとツンとした香りが刺激になり、気分を悪くしてしまう人もいるため注意しましょう。

丹田呼吸

「丹田呼吸」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

腹式呼吸のようなもので、この呼吸法が鼻づまり解消の効果があると言われています。

おへそから下に3センチほど向かったところに「丹田」と呼ばれるつぼが存在しているため、そのツボを意識することによってより効果が高まります。

丹田呼吸の方法について詳しく解説していきます。

  1. 胡坐をかいて座る
  2. 背筋を伸ばし、両手を丹田に重ねる
  3. 重ねた手を呼吸に合わせて押したり引いたりする(ゆっくり行うことがポイント)
  4. 上記を5~8回繰り返す
  5. 1分ほど経過したところで元に戻す

これを行うだけで鼻詰まりが劇的に解消されるのでぜひチャレンジしてみましょう!

鼻うがい

痛そうなイメージがある「鼻うがい」。

実際に鼻に水が入ると痛いので、鼻うがいに抵抗感を感じてしまう人は少なくありません。

しかし、きちんと専用の薬剤を使用したり、生理食塩水を使用することで、痛みを感じない鼻うがいを行うことができるのです。

  1. 濃度0.9%程度の生理食塩水を作る
  2. この生理食塩水を片方の鼻の穴に流す(吸い込みながら行うと流しやすい)
  3. 5秒ほど息を止めて、鼻の穴から出す
  4. 反対も同様に行う

「怖い」というイメージがある鼻うがいですが、実際にやってみると鼻がすっきりして気持ちがいいので、鼻づまりに悩む人におすすめです。

脇にペットボトルを挟む

嘘のような鼻づまり解消法として、最近話題を集めているのが「脇にペットボトルを挟む」というもの。

500mlのからのペットボトルを鼻が詰まっている側とは反対側の脇に挟み、そのままキープ。

ギュッと挟み込むとより効果が期待できるとのことなので、「効果が実感できない……」という人は少し強めにペットボトルを挟んでみましょう。

鼻づまりを解消して、快適な睡眠を♡

不快で息苦しい鼻づまり。

今回はそんな鼻詰まりの解消法として多くの方法を紹介しました。

手軽な物から、準備が必要なものまで、いろいろな解消法を試すことができます。

快適な睡眠の妨げになってしまうような鼻詰まりは、1秒でも早く改善し、良質な睡眠をゲットしましょう!

ぜひ、早速今夜から実践してみてくださいね。

PICKUP CONTENTS

トップへ