意外と見られてる…!口元のケアは第一印象を左右する?!

「初対面の第一印象が大切」という言葉をよく耳にします。

良い第一印象を残そうと、服装や髪型など見た目を気にしますよね。

しかし、身なりだけでなく口元の状態も第一印象に大きく影響を与えるのです。

口の中から黄ばんだ歯が見えてしまうと、清潔感を意識したファッションも台無しに。

好印象を残し、良い第一印象から人間関係を円滑なものにするためにも、口元のケアを始めてみませんか?

白い歯や魅力的な唇は、様々なシチュエーションで好印象へと繋がりますよ。

口元が与える印象

初対面では少しでも良い第一印象を相手に残したいですよね。

悪い印象から人間関係を始めるよりも、当然良い印象で始めたほうがその後の人間関係も良いものとなります。

好印象に繋がる素敵な笑顔や清潔感は、口元の状態に大きく左右されます。

では、口元の状態によって第一印象はどのように変化するのでしょうか。

第一印象

好印象を持たれる特徴を表した言葉に「明眸皓歯(めいぼうこうし)」というものがあります。

これは美人の代名詞とも知られる楊貴妃を意味する言葉で、明るく大きな目と白い歯が美人の特徴だとするものです。

口元の状態が好印象に繋がるのは今から始まったことではなく、昔から歯の白さは好印象に繋がる重要な要素だったのです。

実際、笑顔を浮かべたときに白い歯が見え、歯並びが綺麗だと良い印象を抱きますよね。

逆に、ふとした時に見えた歯が黄ばんでいて汚い場合には、不潔なイメージを抱きますよね。

それに「この人なんだか臭う…」と口臭が気になる人とは、あまり会話をしたくないと思う人が多いのではないのでしょうか?

歯並びを綺麗にするには矯正によって時間もお金もかかります。

しかし、歯の白さは普段の歯磨きやケアによって確実に手に入れることができます。

笑顔や清潔感を意識したファッションを無駄にしないためにも、日頃のケアで白い歯を手に入れることが大切です。

いろんなシーンで

毎日のケアで白い歯を手に入れると、これまで抱えていた歯や口元へのコンプレックスがなくなります。

白い歯だけでなく、ケアを続けることによって口臭も改善されます。

「歯を見せたくないから」「口臭が気になるから」というコンプレックスから避けていた「歯を見せる笑顔」や「口を大きく開けて話す」といった行為も進んでできるように!

積極的に人に話しかけられるようになりますし、コンプレックスを気にせず表情豊かに感情を表せられます。

つまり良い第一印象に欠かせない清潔感だけでなく、歯のケアによって人とのコミュニケーションへの自信も手に入れることができるのです。

口元のケアによって得られる上記のメリットは、ビジネスや恋愛の場面でも大いに役立ちます。

ビジネスの場面では、仕事の面接・オーディション・営業やプレゼンで清潔感や積極的なコミュニケーションから好印象を残すことができます。

婚活やお見合いそして合コンを控えている人には、口元の印象が「若々しさ」や「清潔感」という形となって好意を寄せる異性にプラスに働きます。

このように、美しい口元は第一印象をより良くするだけなくコミュニケーションへの自信にも繋がり、その後の人との関わり方や人間関係にもより良く改善できるのです。

笑顔美人に

笑顔が素敵だと良い第一印象へと繋がりますよね。

笑顔が素敵な「笑顔美人」になるには、「白い歯・ピンク色の歯茎・爽やかな息・艶のある唇」の4つの条件を満たしましょう。

それぞれの条件とケア方法を簡単にご紹介します。

条件

笑顔美人になるために、まずはその条件を見ていきましょう。

いくつの条件を満たせられているかチェックしてみてくださいね。

白い歯

黄ばみや汚れが気になる歯だと、顔全体もくすんだ印象になります。

白い歯は肌の色もワントーン明るくし、透明感溢れる若々しい印象へと生まれ変わらせてくれます。

みずみずしいピンク色の歯茎

みずみずしいピンク色の歯茎は、健康そのもの!

赤黒い歯茎だと笑顔美人どころか綺麗な女性からは遠ざかってしまいます。

爽やかな息

虫歯や歯周病を発症したり歯垢や舌の汚れが蓄積したり、口内トラブルや不潔な状態が続くと口臭も気になり始めます。

どんなに美人でも「口の臭いが気になる人はちょっと…」と敬遠されがちですから、爽やかな息も笑顔美人の条件のひとつです。

艶のある唇

艶やかな唇は、女性らしさをさらに高めてくれます。

逆に、女性らしい魅力のある唇がカサカサと乾燥していると、「普段からケアをしていないのかな?」とズボラな印象に繋がりかねません。

印象が変わる!

次に、笑顔美人の条件を満たすために必要なケアの方法をご紹介します。

毎日のケアをコツコツと続けることこそが、笑顔美人への近道ですよ。

白い歯になるにはブラッシングにプラスα

毎日行うブラッシングが、白い歯を目指すケアの基本となります。

歯ブラシでのブラッシングは、歯を綺麗にするだけでなく歯茎のマッサージ効果も期待できますから、歯と歯茎の両方を美しくするためには欠かせません。

黄ばみの原因となる汚れや色素が一度付いてしまうとなかなか落とせませんから、日頃から黄ばみを付着させないための予防が重要です。

カレーやワインなどの色が濃く、色素沈着しやすい飲食物を口にした後にはすぐにブラッシングをするという心掛けを!

また、一度ついた汚れを落としたい場合には、クリニックでのホワイトニング治療が有効な手段となります。

ホワイトニング効果の高い歯磨き粉やデンタルリンスを使用した毎日ケアもgood♪

歯ブラシでは汚れを落としきれない部分には、歯間ブラシやデンタルフロスといったアイテムを使用するといったアイテムの使い分けも検討してくださいね。

歯周病ケアと生活習慣の改善でピンクの歯茎に

ブラッシングをはじめとした日頃の口内ケアで歯茎の色が改善されない場合には、歯周病の可能性が考えられます。「歯周病かも?」と気になる場合には、必ず歯科クリニックに相談してくださいね。

また、定期的な歯科医院の受診・歯周病予防効果のあるアイテムの普段からの使用など、口内トラブルを予防するという意識も大切です。

また、歯茎の変色は生活習慣の乱れが原因となって引き起こされますから、毎日のブラッシングに加えて睡眠や食生活など普段の生活も改めましょう。

爽やかな息には唾液と清潔な舌が不可欠

口臭を抑えるには、抗菌作用があり口の中を健やかな状態に保つ働きのある唾液の分泌を促進させることが欠かせません。

噛むという刺激から分泌を促したり、水分不足から口の中が乾かないようにしたりという工夫を取り入れましょう。

ガムを噛む、こまめに水分補給をするといった少しの心掛けで口臭が抑えられますよ。

また舌の汚れも口臭の原因となりますから、口全体を綺麗にできるデンタルリンスや舌専用のブラシをうまく取り入れることもお勧めします。

口臭の原因となる口内トラブルを治療・予防する中で、丁寧なブラッシングを心掛ける姿勢もお忘れなく!

保湿ケアで艶やかな唇に

潤いのあるツヤツヤの唇を目指すには、はやり保湿ケアが欠かせません。

ワセリンやリップクリームを唇に塗る習慣を身につけましょう。

人差し指で円を描くように優しくクルクルとなじませてあげると、マッサージ効果によってさらに高い効果を得られます。

時間のある時には、リップやワセリンを塗布した唇をラップで蓋をするように覆い、その上からホットタオルをかけて5分ほどパックをしてあげましょう。

リップメイクによる負担がかかる唇ですから、ケアもマメに行いたいですね。

まとめ

歯が黄ばんでいると悪い印象ばかりに繋がりますが、白く美しい歯であれば好印象に繋がったりコミュニケーションに自信が持てたりと良いこと尽くし!

それだけ口元の状態は、第一印象をはじめとした様々な人間との関わり合いで影響を与えるのです。

歯並びは専門の矯正を受ける必要があり、お金も時間もかかります。

しかし、歯の白さは毎日のケアをコツコツと続けることで確実に手に入れることができます。

良い第一印象に繋げるための第一歩として、今日から始められる口内ケアで白い歯を目指しませんか?

白く美しい歯は、どんなファッションよりもあなたを清潔に演出してくれますよ。