今話題のホワイトニングアイテム!お手軽♪自宅でセルフデンタルケア

白くきれいな歯は、あなたの印象を明るく清潔なものとします。

「芸能人は歯が命」というように、人前に出る機会が多い人こそ歯のコンディションを気にしています。

しかし、ホワイトニングは自由診療なので値段が高い...という時のために自宅でも行えるホワイトニング方法を紹介します。

自宅でできるホワイトニングについて

ホワイトニングとは

ホワイトニングは、歯の汚れを落としてくれるクリーニングとは違い、歯にしみ込んだ汚れを落とす施術のことを言います。

私たちの歯は、食べかすをそのままにしていると歯に汚れがついて黄ばんでしまいます。

表面の汚れであれば、歯磨きや歯石取りで除去が可能なので、ホワイトニングをせずともある程度は白くできるのです。

しかし、歯の表面であるエナメル質の奥に入り込んだ汚れはいくら掃除しても落とせません。

そこで、過酸化物質をはじめとする特殊な薬剤を使って歯にしみ込んだ汚れを浮き出して落とします。

これなら、歯を削らずに本来の白さに戻すことができますね。

しかし、人によってはさらに歯を白くしたいというニーズがあります。

私たちの歯は、アイボリーカラーをしているため完全に白色とは言えません。

そこで歯の表面も薬剤の力で光を反射しやすいようにします。

そうすることでエナメル質の奥である有色の象牙質が透けづらくなります。

黄ばむ原因

歯が黄ばんでしまう原因は上記のとおり歯垢や歯石によるものが大きいです。

特に、歯を磨かない人の歯は色が変わるどころか、歯石のついた部分が目立ってしまいます。

さらに、歯の白さを保つためには気を付けたい着色汚れというものがあります。

これは、歯に色素汚れの膜を作ってしまうため、歯磨きでも落ちづらいことで知られています。

着色汚れの原因となる食べ物は次のようなものです。

コーヒーやワイン

コーヒーやワインに含まれるタンニンが歯を黄ばませる原因になります。

このような飲み物を飲んだ後はよく歯を磨くことが大事です。

しかし、タンニンはポリフェノールの一種なので肌荒れを改善する効果やガン予防効果が期待されている抗酸化物質です。

下痢止めとしても用いられています。

緑茶にもタンニンが含まれています。

チョコレート

チョコレートにもタンニンが豊富に含まれているので、歯を黄ばませてしまいます。

このチョコレートも古代の南米では薬と言われるほどの栄養価を持つため、適量を食べることは健康にも良いです。

ちなみに、本来のチョコレートは25度を超えると溶けるのですが、植物油脂を配合することで夏でもチョコが食べられます。

タバコ

摂取すると良い健康効果も期待できるコーヒーやチョコレートとは違い、タバコは百害あって一利なしと言われています。

中でもタバコに含まれるタールは歯を黒く汚すだけでなく肺も汚染します。

タールは強い悪臭がするため喫煙者はタバコ臭いと言われます。

家でできること

ホワイトニングをするには審美歯科に対応できる歯医者さんに行きます。

しかし、ホワイトニングは自由診療のため料金が高く、通院する時間を見つけるのも難しいと言う場合もあります。

そこで、自宅でも行えるホワイトニングはいかがでしょう。

通常、自宅で行うホワイトニングと言えば病院で提供されるマウスピースと薬剤を用いたホームホワイトニングのことを言いますが、それ以外にも自宅で歯のくすみを落とせる商品が売られています。

以下では、注目されているものを紹介します。

このような方法はセルフホワイトニングと呼ばれていますが、セルフホワイトニングは手軽にできる反面、効果が出づらいことや副作用を管理できないデメリットがあります。

用法容量を守り、トラブルの際はすぐに歯医者さんを受診しましょう。

グッズ紹介

歯磨き粉 MARVIS

  出典:MARVIS

ホワイトニング効果のあると言われる歯磨き粉は汚れを削る研磨剤や着色汚れを落としやすくする成分が含まれています。

これらは歯の表面に付いた着色汚れに効果を発揮します。

中にはホワイトニング成分が微量に含まれるものもあるようです。

このMARVISは梨花さんが愛用していることから話題となりました。

MARVISは歯磨き粉にしてはパッケージがおしゃれな点が私たちの目を惹きます。

効果としては歯垢を除去する性質が強い特徴があります。

フレーバーはミントをベースに6種類あります。

イタリア生まれの歯磨き粉ですが、国内でも手軽に手に入ります。

ホワイトニングと関連のあるホワイトニングミントは2300円します。

歯を清潔に保ち口臭も軽減してくれるようです。

ホワイトニングテープ Crest

  出典:crest official

ホワイトニングテープは、歯に薬剤の塗られたテープを貼ることでホームホワイトニングと同様に歯を白くしていきます。

こちらは本当にホワイトニング効果のある成分が入っています。

ホワイトニングテープはアメリカで売られていますが、日本では薬事法により販売が許可されていません。

そこで、個人輸入や業者を介して購入します。

中でもポピュラーなのがCrestです。

そのラインナップの中で最も効果の高いプロフェッショナルは、薬剤の成分が医療用と同レベル含まれているため使用時にトラブルがあったら歯医者さんに相談することがおすすめです。

テープを貼りながら会話をしたり水を飲んだりできるのは少し便利そうですね。

効果が出るまではおよそ20日ほどです。

LEDライト Express Smile Atlanta

  出典:Express Smile Atlrnta official

LEDライトを用いたホワイトニングはホワイトニングジェルと歯に照射する用のLEDライトがセットで販売されています。

特にこの商品は海外セレブたちが愛用していることから話題になっています。

薬剤を塗ってライトを当てるという点は疑似ホワイトニングと言えます。

ただ、アメリカのものは効果が強すぎる可能性があり、日本で売られているものは安全である反面効果が薄いことが予想されます。

少なくと薬剤を反応させやすいLEDを使っている点は良いと思われます。

ホワイトニングジェル ちゅらトゥースホワイトニング

  出典:ちゅらトゥースホワイトニング

名前から分かる通り、沖縄発のホワイトニングジェルです。

ちゅらトゥースホワイトニングは医薬部外品であることから安全性は高いと考えられます。

そのメカニズムは、汚れを削るのではなくポリアスパラギン酸の力で汚れを浮き上がらせるのです。

しかし、効果は歯の表面に限るので歯の黄ばみが深刻な場合は審美歯科のホワイトニングを受けた方がいいでしょう。

ただ、表面のステインクリアだけで良いのならこのような商品を使うことで安く、簡単に歯の汚れを落とせることが期待できます。

さらに、歯をコーティングするリンゴ酸や歯茎に良いビタミンCも配合されています。

まとめ

このように、ホワイトニングも簡単に行う選択肢が出てきています。

しかし、審美歯科で使われていないということは相応のデメリットも考えられます。

あなたの症状に合わせてホワイトニングを使い分けられることがベストですね。