オフィスホワイトニングとホームホワイトニングどっちがおすすめ??

歯を白くしたいとき、クリーニングだけでは汚れが落ちない場合があります。

そんな時に役立つのはホワイトニング。

本来の白さに戻すだけでなくさらに歯を白くすることも可能です。

そして日本はオフィスホワイトニングの薬を開発した実績もあるほどのホワイトニング先進国でもありました。

ホワイトニングって歯をきれいにすることではないの?

ホワイトニングとは文字通り歯を白くすることです。

「歯石を落としても落ちないおごれが本当に落ちるの?」

と思われますが、特殊な薬剤やレーザーの力によって今よりも白い歯にすることができるのです。

特に、大事な商談や就職面接、婚活の時には第一印象を改善する手段として利用されています。

オフィスホワイトニングとは

病院によってホワイトニングの施術を行うことをオフィスホワイトニングといいます。

オフィスホワイトニングはホームホワイトニングよりも強い薬剤を用いることによって早く効果を出すことができます。

ただし、ホワイトニングのためには歯を白くするために数回の施術や経過確認、アフターフォローの必要があるので、何回か通院しなければいけないのがデメリットです。

忙しい人は頑張って休みを見つけるだけでなく、スケジュールの合う歯医者さんを探すことが有効です。

都市圏なら休日、夜間診療も珍しくありませんよ。

ちなみに、すぐに白くできるためか、効果の持続もホームホワイトニングより短めです。

ホームホワイトニングとは

ホームホワイトニングは自宅で行うホワイトニングです。

だからと言って市販の薬局で準備をするわけではありません。

あくまでも病院でホームホワイトニングのセットを用意します。

ホームホワイトニングに必要なものは専用の薬剤とあなたの歯型を取ったマウスピースです。

マウスピースに薬剤を充填して、それを毎日2時間ほど装着することでホワイトニングしていきます。

ホワイトニングをする期間は2週間ほどで、あとはその都度経過を見ながらホワイトニングを続けるか・やめるかを決めます。

ホームホワイトニングはゆっくり歯を白くできるうえ、通院の回数も減ります。

その反面時間がかかります。

マウスピースの完成まででも1週間かかるそうです。

ただし、持続性はオフィスホワイトニングより高いです。

デュアルホワイトニング

そこで、効果の高さと持続性の良さのどちらも追求したい場合はオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するデュアルホワイトニングがおすすめです。

ただし、デュアルホワイトニングは値段が高くなります。

具体的な方法と比較

オフィスホワイトニングの方法

オフィスホワイトニングを行う時は問診、施術、経過確認の順で進んでいきます。

そのため、早く白くなれば通院回数が減りますし、なかなか理想の白さにならない場合は通院回数が増えます。

まず、問診では歯の状態を見ることや、希望する歯の白さを確認します。

歯の白さは10を超える段階で確認することができるので、自然な白さを望まれる方からそれ以上に白く輝く歯にしたい人まで様々なご要望にこたえることができます。

もちろん、ホワイトニングの施術内容や注意点についても説明してもらえるので安心です。

ホワイトニングをすると同意したら、施術の日程を決めます。

ホワイトニングは方法によって一本ずつできるものとすべての歯を施術するものがあります。

多くの場合は全体的にホワイトニングすることになるでしょう。

オフィスホワイトニングで使う薬剤はホワイトニングの種類によって違います。

多くの歯医者さんは過酸化水素を用いて施術をしているため、ホワイトニングによって痛みを感じることがあります。

日本で最も採用されているのは痛みが少なく効果のマイルドなビヨンドホワイトニングです。

他にはより威力の強いズームホワイトニングも一般的です。

ただし、最近はより痛みに配慮したオフィスホワイトニングも出てきており、中には過酸化物質を使わない施術方法もあります。

このようなものは施術料金が高額であったりホワイトニングの強さが弱かったりするので、やはり一長一短と言えます。

いずれにせよ、オフィスホワイトニングの際は歯のクリーニング→薬剤の塗布→レーザーの照射が行われています。

そして、施術の度にもう少し白くするかどうかを確認しながら進めていきます。

ちなみに、神経の部分が空洞になっている歯にはウォーキングブリーチというまた別の方法でホワイトニングをします。

ホームホワイトニングの方法

ホームホワイトニングはまず、歯をクリーニングします。

そして、あなたの歯型に合ったマウスピースを制作します。

これは、歯石がある状態ではホワイトニングお効果が薄まるからです。

また、虫歯があると痛みが出てしまいます。

マウスピースができるまでは短くても3~4日、長くて一週間かかります。

マウスピースができたらちゃんと適語する羽化をチェックしてOKであればホームホワイトニングを開始します。

ホームホワイトニングの薬剤はオフィスホワイトニングより弱いですがそれでも、副作用があります。

2時間の装着が押さった後は歯を磨き、口をすすぎます。

そして、マウスピースもしっかり洗います。

ホームホワイトニング中に気になることがあれば歯医者さんで確認するとベターです。

料金

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングの料金は、上あご、下あごのどちらかで数千円~3万円程度、1本から行う場合は500円~1000円です。

また、施術は長くて1時間ほどです。

これは1回あたりの値段なので、何度もホワイトニングをする場合は料金も上がっていきます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングの料金はマウスピースの制作と薬剤の料金です。

これは状態て合わせて1万円~5万円します。

オフィスホワイトニングより料金は上がりづらいです。

期間

気になるホワイトニング期間ですが、オフィスホワイトニングは早ければ1週間で施術が完了するのに対し、ホームホワイトニングは2週間から1か月かかります。

ただし、オフィスホワイトニングは通院ができない場合ホームホワイトニング以上に長引きます。

選択

どちらのホワイトニングを選ぶかを改めて考えるために、それぞれの方法におけるメリットをまとめました。

オフィスホワイトニングのメリット

効果がすぐに出る

自宅では生活に気を付けるだけ

オフィスホワイトニングのメリットは効果が強く、自宅でのケアがほぼいらないことです。

ただし、痛みが強い場合や想像以上に歯が白くなる場合も考えられます。

ホームホワイトニングのメリット

通院回数を減らせる

ホワイトニングの度合いを細かく決められる

持続時間が長い

ホームホワイトニングは自宅でケアできるため通院回数を減らせますし、薬剤が弱いのでお好みの白さにしやすいです。

さらに持続時間の長さもメリットです。

ただし、歯の黄ばみが強い場合は時間がかかりますし、1日2時間のマウスピース装着がわずらわしい人には向いていません。

まとめ

このように一長一短あるホワイトニングですが、どちらもあなたの印象を良くするうえでは非常に有効な選択肢です。

ライフスタイルに合わせた選択は歯医者さんと一緒に相談して決めましょう。