自宅で簡単にホワイトニング♪お金をかけずに安く歯を白くする方法

普段の生活で黄ばんでしまった歯に輝きを取り戻すホワイトニングは、あなたの印象を明るく清潔感のあるものにしてくれます。

就活や婚活前にもおすすめされますが、値段が高く数万円は覚悟しないといけません。

そこで、自宅でもできるホワイトニング(セルフホワイトニング)をご紹介します。

実は審美歯科を受けなくてもある程度までは歯を白くすることが可能なのです。

歯医者さんのホワイトニングとセルフホワイトニング

審美歯科のメリット

  • 医師が管理するもとで施術ができる
  • 病院でしか使えない成分で強い効果が得られる
  • すぐに効果が出る方法も選べる

審美歯科でホワイトニングを行うメリットは高い効果と安全性にあります。

市販のホワイトニング成分は玉石混交であるのに対し、審美歯科では専門家の目で状態を診てもらえます。

そもそも、ホワイトニングとは色素沈着した歯を漂白することです。

色素沈着とは歯の表面ではなくエナメル質に汚れがしみ込んでしまうことです。

これは歯磨きでも歯石取りでも落ちないので、特殊な薬剤の反応で汚れを浮き上がらせるのです。

審美歯科のホワイトニングは大きく院内で行うオフィスホワイトニングと自宅でのケアが中心になるホームホワイトニングに分かれます。

ここにも一長一短があります。

オフィスホワイトニングは、ホワイトニング用の機材を用いて30分から1時間で歯を漂白します。

最初から最後まで医師の手で行われるから強めの薬剤が使われます。

より効果の高いものなら1回でホワイトニングが完了することもあるほどです。

ホームホワイトニングは、まず病院でマウスピースをかたどります。

それとホワイトニングの薬剤を渡され、自宅でホワイトニングを行います。

こちらは医師の管理下で行われないためオフィスホワイトニングで使うものの10分の1程度の強さの薬剤を毎日使い、少しずつ歯を白くしていきます。

具体的にはマウスピースに薬剤を入れて、それを1日2時間装着します。

これを2~4週間続けることで効果を得られます。

こちらは通院スケジュールを作れない人にお勧めです。

審美歯科のデメリット

  • 値段が高い
  • 効果が望みどおりと限らない
  • 施術中の痛みや副作用の危険もある
  • 通院やケアがわずらわしい

審美歯科最大のデメリットは値段が高額であることです。

オフィスホワイトニングは1回で1~3万円。

1回で望みどおりの白さにならなかったときは何回も行うので場合によっては10万円を超えてしまうでしょう。

また、安いホワイトニングは効果が薄かったり施術が痛かったりします。

施術が痛いのは薬剤を反応させるための光で熱が発生するからです。

それ以外にもやり方が悪いと歯が傷んでしまうこともあります。

また、ホワイトニングの効果は有限で、長くても1年ほどです。

オフィスホワイトニングは施術の度に通院する必要がありますしホームホワイトニングの場合は毎日の装着が面倒です。

そのため、自宅でも何かできないかと考えてしまうものです。

セルフホワイトニングのメリット

  • 安い
  • 手軽にできる
  • 副作用の少ないものも選択できる

自宅で行うホワイトニングはまず、安価であること。

ホワイトニングのグッズを買っても数万円もすることはまずありません。

しかも、通院しなくてよいため手軽にできます。

中には副作用の強いものもありますが、歯にやさしいものや自然の原料であるものも選べます。

中には、頑固なステインを落としてくれるものや、歯のコーティングをしてくれるものもあります。

このようなものならホワイトニングと関係なく毎日のケアにお勧めです。

セルフホワイトニングのデメリット

  • そもそも、日本で売られているグッズにホワイトニング効果はない
  • デンタルケアグッズとして効果が薄いものもよくある
  • 海外で作られる効果が強いものは副作用が心配

セルフホワイトニングは歯を白くするうえで効果的です。

しかし、多くの商品は歯の表面の汚れしか落としません。

それは、日本の薬事法によりホワイトニング効果のあるものを市販してはいけないからです。

また、市販のものは本当に効果の高いものからただの出まかせまで品質差が大きいです。

良いものを見極める目も求められます。

そこで、本当にホワイトニング効果のある商品を海外から輸入することも可能ですが、こちらは副作用が出た時にすぐ歯医者さんに行くようにしてくださいね。

このように、ホワイトニングは値段だけでなく効果や安全性もしっかり考える必要があります。

こちらで紹介するセルフホワイトニングの方法もやり方をしっかり守って行いましょう。

セルフホワイトニングもここまでできる

ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使う

上記のように、歯にしみ込んだ汚れを落とせる商品は日本に存在しません。

また、固くなってしまった歯石も自力で落とすことができません。

つまり、セルフホワイトニングで可能なのは、歯垢や表面に付いたステインを落とすことです。

効果がないように思いますが、私たちの歯は表面の汚れを落とすだけでも十分白くなり、その証拠に歯磨き粉にも入っているポリリン酸を用いたホワイトニングを行っている歯科医もあります。

歯を白くするために必要な成分は研磨剤と色素分解材、コーティング剤です。

研磨剤の強さは強すぎると歯を痛めてしまいますし、弱すぎると効果なしです。

特に重曹は強い研磨材なので重曹歯磨きは月に1~2回で十分です。

そこで、歯を削り過ぎないようステインを分解する成分が入っているものが効果的です。

これなら、最低限の研磨剤だけで表面の汚れを落とすことができます。

そして、汚れを落とした歯がくすまない様にコーティング効果のある成分が含まれていることが大事です。

ポリリン酸は色素分解とコーティングの2つの作用を持ちます。

それ以外に有名なのはフッ素。

さらにミネラルを配合することで再石灰化を助けます。

ホワイトニングテープを使う

フィギュアスケートの村上大輔選手が使っていることで話題となった歯に貼ることができるホワイトニングテープ。

アメリカで作られていて、病院のホワイトニングと同じ成分が使われています。

そのため、効果はありますが副作用が不安です。

ものによっては日本のホームホワイトニングより、強い成分が使われています。

このように、セルフホワイトニングも歯の白さを保つうえでは効果的です。

しかし実際の効果は個人差があるうえ、自己判断で行わなければいけません。

よって、できれば審美歯科でホワイトニングを受け、自宅で維持することが望ましいです。

whitening BAR

  出典:whitening BAR

いま、ホワイトニングバーというものが話題となっています。

ホワイトニングバーでは自分で歯磨きやジェルの塗布、LEDの照射などホワイトニングに関わる施術がすべて行えます。

しかも1回5000円未満と安いです。

しかし、ホワイトニングバーは歯科ではないため落とせる汚れも限定的です。

少し歯を白くしたい人向けですね。

まとめ

このように、歯を白くする方法はいろいろとあります。

それは、多くの人が白い歯を求めている証拠なのかもしれません。

どれを選んでも得られるものは値段相応なのであなたのニーズに合わせたホワイトニングを行いましょう。