大人になってから突然わきが!?いきなり発症する後天性のワキガについて

わきがは大人になってから発症する可能性がある症状です。

後天性のわきがなんてあるの!?

と思うかもしれませんが、わきがは逆に先天性のものがない症状となっており、大人になったからと言ってわきがにならないとは言い切れない症状なのです。

そんな突然わきがになってしまった理由や、わきがが後天性である理由をここでは詳しく紹介していきます。

目次 ※クリックで開閉します

そもそもワキガってどんな病気?

ワキガは主に脇の下から臭いが出る症状で、油臭いような独特のニオイです。

梅雨の時期など脇の下が蒸れやすい時期には誰でも少しはニオイがすると思います。

しかしそれほど気温や湿度が高い時期でもなく、汗をそれほどかく環境ではないのにニオイがするというのは、もともとワキガ体質の人である可能性があります。

ワキガの症状は軽度なものから重篤なものまであり、軽度なものでは周囲にほとんど迷惑を掛けることはなく、肌を清潔にするなどの対処法でニオイを低く抑えることができます。

これが中程度になると白い下着の脇の下のあたりに黄色いシミがつくようになります。

これはアポクリン腺というわきがの臭いを出すもととなる汗に含まれる成分がシミになったものです。

この段階でも周りにはほとんど気づかれませんが、満員電車では少し気になるニオイがする程度です。

しかし重症になると、いつも嫌な臭いがして周囲の人も近づくだけでニオイが気になり、人間関係に支障がでてきます。

ワキガの原因

ワキガが出る仕組みを簡単に説明すると次のようになります。

  • アポクリン腺が出すアンモニア、タンパク質、リポフスチンという黄ばみの原因にもなる物質が分泌
  • 肌表面にいる細菌、エクリン腺から出る水分があいまって、嫌な臭いが生成
  • 水分が蒸発すると同時に発散することによって周りにニオイが拡散

 

アポクリン腺が放つ成分は、昔はフェロモンの役割を持っていたのが今は必要なくなり、嫌な臭いとして残ってしまっているのです。

わきがの原因についてはこちらのページで詳しく紹介しています。
わきがの原因を追求!原因の理解であなたのわきがは症状が軽くなる

突然ワキガになるの?後天性もありえる?!

今まで気にしたことがなかったのに、突然ニオイが気になりだという方も少なくはありません。

ワキガの原因になるアポクリン腺は子供の頃には発達せず、思春期頃から発達し始めます。

これはフェロモンの役割をしていたことから考えると納得のいく現象ですが、そのせいで突然大人になってニオイがするようになってきたと思う人もいるのでしょう。

ワキガ体質の特徴であるアポクリン腺の数は遺伝性のものなので後天性のものはないと考えられますが、実はこの考えは半分合っていて半分間違っているものです。

後天性のわきがについて詳しく確認していきましょう。

 

急に発症する後天性のわきがとは

わきがにおける先天性・後天性の分類は少し複雑です。

後天性のわきがについてまず理解するべきことは、

  • アポクリン汗腺を体質的に持っていない場合、わきがになることはない
  • アポクリン汗腺があっても必ずわきがになるということはない

の2点。

わきがの原因であるアポクリン汗腺は遺伝によって数が決定しています。

個人の体質によってアポクリン汗腺の数が少なかったり多かったり、また、アポクリン汗腺を持っていなかったりします。

しかし、アポクリン汗腺を持っているからと言って先天性なわきがかと言われたらそうではありません。

先天性の意味は生まれつきその症状や状態を持っているということになるので、わきがの症状が生まれつき出ている人はいないからです。

わきがは先天的にアポクリン汗腺を持っており、後天的に発症するものだと言えます。

大人になってからわきがが発症するのはなぜ?

自分の両親は特にワキガがひどいわけではないのに、最近ワキガが気になりだした人は、なにかしらの理由でおとなになってからアポクリン汗腺が発達したことが考えられます。

だからといって悲観的になるのは少し早計です。

わきがの症状は一過性のものも存在するので、後天的に発症したわきがと一生付き合っていかなければ行けないのかと言われればそうでない場合もあります。

後天性のわきがは、何かしらの理由でアポクリン汗腺が発達してしまったことで起きる症状ですので、その理由を取り除くことでわきがの症状がなくなる可能性もあります。

わきがが発症した原因を突き止めて、原因となったものをなくした生活を送るようにしましょう。

食生活が原因

最近の食生活の欧米化により、肉類や動物性脂肪の摂取割合が増えてきています。

その結果として、ワキガがひどくなったと気にする人が増えている傾向にあります。

肉類が多いとアポクリン腺から出てくるタンパク質やアンモニアなどの成分量も多くなり、同じく皮膚表面で保湿の役割をする皮脂腺からの成分も多く排出され、ニオイの物質も多くなります。

肉類の他にも飲酒や刺激の強い食べ物もニオイを増す原因になります。

ストレスが原因

精神的ストレスもワキガを強くする原因になります。

ストレスによって交感神経の働きが不安定になり、汗を掻きやすくなります。

過度な緊張で汗を掻きやすいのを経験した人は多いでしょう。

当然、アポクリン腺からも多くの汗が出ますのでニオイがきつくなるのです。

そのうえカラダの中では活性酸素が多く発生する環境ができ、皮膚表面でも活性酸素が多く発生します。

すると肌表面で酸化が起き、ニオイの原因物質も生成されやすくなるのです。

脇毛の脱毛が原因

脇毛が気になり、脱毛処理をする時の方法によっては、アポクリン腺を刺激してかえってワキガがひどくなる場合もあります。

これには精神的な部分も大きいという説もあって必ずしもそうなるわけではないのですが、レーザー脱毛や光脱毛はムダ毛を何回かに分けて施術することになるため、それだけ刺激が多くなるのです。

後天性のワキガにならないために!対策ってあるの?

食生活を野菜が多く摂れる和食中心に

食生活の見直しは、肉類の多い食事から野菜や豆類、海藻の多い和食への変更が理想です。

和食はバランスが良い食事として世界でも注目されており、栄養的にも優れています。

スナック菓子などの間食を控え、動物性脂肪の摂取を減らすよう心がけましょう。

また、抗酸化作用の強いリコピンやカロチンを多く摂取することも効果的です。

トマトや南瓜、ほうれん草など色の強い緑黄色野菜をふんだんに取り入れていきましょう。

海藻類は食物繊維も多く、また、ミネラルも豊富なので、野菜と並んで積極的に摂取したい食品です。

特にメカブとタンパク質の分解を促進するビタミンB2の多い納豆を混ぜて食べると効果がアップします。

食物繊維は腸内環境も整えるので、汗にアンモニアなどが出るのを少なくします。

ストレスをためない

精神的なストレスはニオイを増すことになるので、日頃から趣味の時間を設けるなど、ストレスをためない生活を心がけましょう。

運動もストレス解消には良いとされるので、仕事の途中で疲れたらデスクから立ち上がってトイレ休憩するだけでも違ってきます。

ニオイが周囲に迷惑を掛けていないかと心配しすぎることもストレスになり、かえってワキガを強くする原因になります。

清潔に心がけることなど、日頃のケアをしたら過度な心配はしないで明るく過ごしましょう。

ストレスが原因でワキガが強くなり、どうしても収まらない場合は、美容外科など専門医を受診して投薬などの治療を行うこともできますが、まずは臭いを押さえるアイテムを使用してみるのがおすすめです。

臭いがあるというだけでストレスが増加してさらにわきがを強くすることも考えられます。

臭いを抑えることができるという安心感でストレスが軽減することもありますので、まずは専用のアイテムの使用も検討してみましょう。

わきがに効果的なアイテムはこちらのページで詳しく紹介しています。
口コミで話題のわきがクリーム|人気の強力クリームを徹底比較!

専門医を受診する

脱毛は自分でできる方法もありますが肌を傷めてしまう場合もあります。

美容外科で行う脱毛であっても、アポクリン腺を刺激してニオイがきつくなることもあります。

ニオイがきつい場合には、正しい治療を受けて対処することが悪化させないために必要です。

たとえ手術をしても術後のケアは必要なので、医師の診断のもとに正しいケアをすることが望ましいといえます。

まとめ

ワキガは先天性のものだという理解をしている人は多いです。

日本人は欧米人に比べてワキガ体質の人は少なく、自分は大丈夫と思っている人もいます。

しかし、食生活など生活環境によってはワキガ体質でなくてもニオイがひどくなる場合があります。

肉類や脂肪分の多い食事の内容、強いストレスなどが思い当たらないか、生活を見直してみましょう。

それでもワキガが気になるようであれば、専門医での受診が必要です。

美容外科など受診して正しい治療を心がけましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ