白湯がむくみに効果的♡朝の白湯活ですっきりBODYに!

皆さんは「白湯」と言うと、どのような場面を連想しますか?薬を服用する際に使ったり、お年寄りや小さい子供が飲んでいたりと、日常生活に無縁なイメージがつきまといがちです。しかし、白湯には秘められた健康効果があったのです。こちらでは、白湯がもつ「むくみ」解決の理由をはじめ、、作り方や、むくみ以外の嬉しい効果を紹介していきます。

白湯って?

「白湯」と書いて「さゆ」と読むので白いお湯を連想しがちですが、白湯は水を沸かすだけで作ることができる、何の変哲もないただのお湯です。厳密には、いったん沸騰させたお湯を、少し冷ました程度の温度にあるお湯のことを、白湯と言います。

朝の白湯が、むくみを解決してくれる理由は?

朝、起床後に白湯を飲むと、就寝中に汗などで不足してしまった水分を補給し、血液の流れを改善してくれます。白湯は体温に近いこともあって、水よりも体に吸収されやすく、リンパの流れと利尿作用もあり「むくみ」も解決されるのです。特に冬場は体温が低下して起きにくいですが、寝起きに白湯を飲むことで身体をじんわり温められます。

さっそく試したいけど、どうやって作るの?

白湯は冷ましたお湯なのですが、正しく作ればより一層の効果を発揮します。時間のある朝などに、落ち着いた気分でじっくりと白湯を味わい、体を温めるのも楽しみ方のひとつです。ここでは、その白湯を作る方法を紹介します。

やかんで作る場合

水を強火で沸騰させた後にふたを取り、湯気を出してしまいます。ブクブクと泡立ったら弱火にして、10~15分沸かし続けたら、コップで飲める50度くらいに冷まします。フーフー息を吹きかけて冷ましながら、時間をかけて飲めるくらいの温度が最適です。

鍋で作る場合

鍋で作る場合もやかんと基本的に大差はありません。が、お湯をコップに注ぐ際に飛び跳ねることがありますので、注意しましょう。注ぎ口のある鍋がおススメですが、注意が必要です。

電子レンジで作る場合

電子レンジは最も安全ですし、時間がない方におススメです。耐熱マグカップにミネラルウォーターを注ぎ、500Wのレンジで1分30秒(90秒)過熱した後、飲める温度にまで冷ましてから、ゆっくりと落ち着いて飲みましょう。

ケトルを使う場合

スイッチを押すだけで白湯を作ることができるケトルは便利ですが、ミネラルウォーターを入れましょう。何故ならば、ケトルは沸騰させ続けることができないので、水道水は不向きなのです。

保温性のあるポットならば、夜に作っておいた白湯を寝る前に入れるので、目が醒めた時にすぐに飲めます。体を温めるのが目的なので、体温より少し高めであれば白湯から得られる効果も期待できます。

なお、白湯を作る水のうちでやかん、鍋など沸騰させ続けることが可能な道具であれば、水道水も使えます。塩素やトリハロメタンを水道水から除くには、10~15分沸騰させねばならないからです。反対に沸騰させ続けられないケトルやレンジの場合は、ミネラルウォーター、特に日本人の胃腸に合った軟水をおススメします。

白湯のむくみ以外にもうれしい効果

白湯によって内臓の温度が上がった身体は、体温はもちろん基礎代謝も高くなり免疫力がアップします。新陳代謝が良くなった身体は痩せやすくなり、ダイエット効果が見込めます。

また、白湯で温められた内臓は、動きが活発になり胃腸などの消化能力が向上するため、冷え性や低体温にも効果的です。内臓が弱っている人でも負担なく飲めるのは嬉しいですね。

さらに、白湯は腸の動きを活発化させ、腸内の老廃物を除去してくれる効果もあります。便通も良くなるので美肌にも好影響が期待できます。

飲みすぎは注意して!

白湯は飲んだだけ効果が出る飲み物ではありません。飲み過ぎてしまうとむくみを改善できずに悪化させる危険性があります。カロリーがあるものでは無いのですが、量には注意しましょう。

1日に飲む白湯の理想的摂取量は、800mlとされています。朝はもちろん摂取したいですが、昼・夜・就寝前の4回に分けて200mlずつを飲むと、無理なく続けられます。飲み続けていると体がデトックスされ、白湯の甘味を感じて美味しく味わえるという声も寄せられています。

寝起きの1杯はお白湯に決まり♡

如何でしょうか。白湯は一見すればシンプルこの上ないですが、作り方や飲み方、材料次第では抜群の健康効果を発揮します。冷ましたお湯を飲むだけでなく、起きがけや就寝前にじっくりと時間をかけて飲むことで、白湯は効果を発揮する飲み物です。むくみはもちろん、ダイエットや冷え性、便秘なども解決してくれます。

何かと言えば時間に追われがちで、多忙で複雑な環境で生きる私たち現代日本人の体に、最も人体に近い温度の、シンプルな白湯による癒しとくつろぎを与えるのはどうでしょうか?