むくみの原因がカフェイン?大好きなコーヒをむくみ予防の味方にするためには?

コーヒーは、様々な効果を持った飲み物です。

仕事や乗り物を運転する際には眠気ざましの必需品、休日やティータイムではくつろぐ時間のお供と、コーヒーは今や日本人にとって欠かせない存在になっています。

しかし、そのコーヒーに含まれるカフェインは時として体調にマイナスの影響をもたらすことがあるのです。飲み過ぎた場合は、むくみを始めとした美容、健康両面での悪影響があります。

そこで本項では、コーヒーの飲み過ぎによるむくみとその対処法について紹介させていただきます。

コーヒーでむくむ理由は大きく3つ

1 利尿作用でカリウム不足

コーヒーの作用に、利尿作用があります。

これはカフェインによるものですが、その利尿作用で尿排泄が増えると、ミネラルが不足してむくみやすくなってしまうのです。

ミネラルは人体に欠かせないものですが、コーヒーなどに含まれるカフェインの刺激で必要以上に排泄されることとなってしまいます。

その際に、水分調節に必要なカリウムまでもが尿で排出されてしまうことが、むくみの原因となっています。

また、排尿以外にも汗をかくことが多い夏場の方が、汗によって排泄量が増えてしまい、むくみが悪化します。

普段からコーヒーを愛飲している方の場合、ミネラル不足になっている可能性があるのです。

2 胃腸の働きが弱まり、低アルブミンの症状

コーヒーに多く含まれているカフェインは、自律神経の中で活動を支える交感神経を刺激する効果を持ちます。

これはストレスなどと戦うものでもあり、交感神経が優位に立つと胃腸の動きを鈍らせて、脳や筋肉などにエネルギーを使わせるものです。

そうなるとタンパク質の吸収が低下し、アルブミンが足りなくなってしまいます。

このアルブミンはリンパ液に含まれている物で、血液中でスポンジ代わりになり、血管と細胞への浸透圧を調整しています。

これが不足してしまうと、リンパ液が血管へ戻るのを妨害することになり、それがむくみを招きます。

アルブミン不足は、薬が効かないうえに薬の強い副作用も出やすいなど、早期に手を打たねばなりません。

ベジタリアンやダイエットを志す人でコーヒーを飲む場合は、肉類など動物性食品を節制するため、タンパク質が欠如しがちになります。

そこで、工夫してタンパク質を摂取してむくみにくい体質を作ることが必要となります。

3 アルデステロンの分泌

コーヒーを飲んでカフェインを摂取すると、その作用で交感神経が優位になり、アルデステロンと言うホルモンが分泌されます。

これは体内の水分やナトリウムを蓄えようと働くもので、コーヒーを多く飲む人はカフェインに刺激されていることになるのです。

アルデステロン自体は日常でも分泌されているものですが、それが増えてしまうと人体内のナトリウムが調節できなくなります。

ナトリウムとカリウムがバランスを取りながら体内に存在しているのに、コーヒーの利尿作用でカリウムが排尿されてしまう一方でナトリウムが蓄積されれば、むくみが起きてしまうのです。

この場合は、カリウムを無理に摂る必要はありません。

カリウムで改善するのではなく、コーヒーを控えた状態でリラックスする時間を設けるのがおススメです。

カフェインの適量は?

「カフェイン中毒」と言う言葉があるように、カフェインはえてして悪者にされてやり玉にあげられがちです。しかし、そうした弊害は過剰な摂取に起因することが多く、カフェインは適度な量を守れば、体に有効な成分なのです。

そのカフェインの含有量は、ドリップコーヒー100ml中、90mg含まれると言われています。

1日のカフェイン摂取量の目安は妊娠可能年齢の女性が300mg、それ以外の健康な成人は400mgです。

つまり、1日分の適量はコーヒー2~3杯程度とすれば、体に負担なくカフェインを摂取できます。

利尿作用に効果的な量はコーヒー1杯

カフェインは利尿作用がある、とひ口に言っても個人差があります。

カフェイン摂取量は、利尿を期待してコーヒーでカフェインを摂るならば、1杯で十分な効果があるとのことです。

実際、朝にコーヒーを1杯飲んでしまうと、午前中に何度も小用のために席を立つことになることが多くなります。

むろん、それを生かせば利尿効果で体内の老廃物を尿にして出してしまうことも可能になるのです。

利尿による健康保持に極めて効果的なコーヒーですが、美容院へ行ったり、長距離の運転ないしは乗車をする方は控えるのが上策です。

自分の体に合わせたカフェイン摂取を心がければ、カフェインを用いた利尿作用の効果は大きくなります。

コーヒーはむくみ以外に女性の味方♡

コーヒーはダイエットにもいいんです!

今まで何度も扱った「カフェインの利尿作用」は、ダイエットにつながります。

排尿は体内の老廃物や不要な水分と言った、溜まってしまった悪い物質を体外に放出する生理現象です。

むくみが悪化し、それを放置してしまうとその太さが定着する危険性もあります。

そうした体内の水分を排出できるのが、他でもないカフェインによる利尿作用です。

体内の不要物を排出すれば、すっきりした体型や顔のラインを作ることもできますが、脱水状態だと体が水分を蓄えようとして、むくんでしまうことがあるので気を付けましょう。

自分に向いた量のカフェインを摂取するのが大事なのです。

カフェインの脂肪燃焼効果で痩せる!

我々の体に存在する遺伝子の「PGC1a」は、何と脂肪をエネルギーに変換させるように指令を出す、ダイエットを目指す皆さんには強力な味方となります。

オーソドックスなPGC1aの増やし方は2つあり、1つ目は運動することです。

身体を動かす運動によってPGC1a遺伝子が増加して、脂肪燃焼が促されます。

2つ目がカフェインの摂取で、コーヒーを飲むことでやはり脂肪をエネルギーに変えてくれるPGC1a遺伝子を増やせます。

また、有酸素運動の際には開始から20分間は糖分をエネルギーにし、その後に脂肪をエネルギー化するのですが、運動前にカフェインを摂取しておきましょう。

そうすると、糖分では無く脂肪を多く使うように変換され、痩せやすくなる効果もあるのです。

ただし、お砂糖を入れてないブラックコーヒーに限ります。

飲みすぎなければ、コーヒーはむくみの強い味方に♡

コーヒーに含まれるカフェインには、眠気を払ったり、気分を高める以外にも、利尿作用によるカリウム不足ないしは、交感神経の刺激から来るタンパク質の低下などマイナスの効果も少なからず存在します。

しかし、それらは飲み過ぎてしまった場合の問題点であり、適量を守って摂取すればコーヒーの利尿作用は、むくみはもちろん、老廃物の除去につながります。

また、運動と組み合わせて摂取すれば脂肪燃焼と、ダイエットにも期待できる優れた飲み物です。