「ルナベル」って知ってる?更年期障害を和らげる効果があるってホント?

「ルナベル」って知ってる?更年期障害を和らげる効果があるってホント?

目次 ※クリックで開閉します

月経不順や月経困難症、あるいはプレ更年期などで婦人科に行ったら「ルナベル」を処方されたという方も多いことでしょう。

ただ、どんな薬なのかわからないと飲むのが不安ですよね。

そこで、ルナベルとはどんな薬なのか副作用や効能などを中心にご紹介します。

ルナベルってどんな薬なの?

ルナベルとは

ルナベルは低容量ピルです。

保険適用となっている薬ですので、婦人科ではよく処方されます。

ピルというと避妊目的のものと一般には思われていますが、ルナベルは生理痛や月経困難症を改善させる目的で処方されます。

低容量ピルには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)に似た成分が含有されています。

ルナベルには「ルナベル配合錠LD」と「ルナベル配合錠ULD」の2種類がありますが、それぞれホルモンの含有量が異なります。

超低容量ピルといわれているのは「ルナベル配合錠ULD」です。

ルナベルの特徴は?

日本で発売されているピルの中でエストロゲンの含有量がもっとも少ないものがルナベルです。

含まれているエストロゲンの量が少ないので副作用も少ないということが一番の特徴です。

具体的には従来のルナベルと比べて6割以下の含有量となっています。

また、同じ超低容量のピルに「ヤーズ」があります。

この二つの違いはヤーズとルナベルは黄体ホルモンの種類が異なることです。

そのため、ルナベルはヤーズよりも静脈血栓のリスクが抑えられる可能性があるという特徴があります。

ルナベルの作用と効果について

ルナベルは卵胞が発育するのを抑え、排卵を止める作用があり月経困難症を改善します。

低容量ピルではありますが、避妊目的では使われません。

エストロゲンとプロゲステロンに似た成分が含まれているため、飲むとホルモンのバランスが妊娠したときと同じ状態になるのです。

すると脳が妊娠したと勘違いして生理が止まります。

生理が止まることによって、次のような症状に効果があります。

  • 出血量が多い(子宮内膜が厚い)
  • 子宮内膜症
  • 生理痛(腹痛や腰痛など)
  • 生理不順
  • 月経困難症
  • 将来的に妊娠しやすい身体にする

ルナベルに副作用はある?

ピルには血栓症、吐き気、頭痛などの副作用があります。

しかし、ルナベル配合錠ULDはエストロゲン量が低いために、副作用は軽減されました。

一方で、従来のものに比べて飲み始めに不正出血が起きやすいとされており、約8割の人に起こります。

また、飲み忘れた場合も不正出血が起こりますのでご注意を。

服用すると一時的にホルモンのバランスが変化するため、吐き気、乳房の張り、乳房の痛みが起こります。

また、まれではありますがふくらはぎに痛みやしびれ、息切れ、胸の痛み、頭痛などがあらわれたら血栓症の可能性がありますので、すぐに病院に行きましょう。

また、ピルを飲んで太ったという話はよく聞きます。

ルナベルの添付文書の中に「顔面浮腫」「浮腫」「体重増加」「便秘」「腹部膨満」などという副作用が記されています。

「やっぱりピルを飲むと太ってしまうのか」と少し心配になる人もいるのではないでしょうか。

太るのがいやだからと飲むのをやめるようなことはしないでくださいね。

なお、ルナベルは超低用量ピルのため、太るという副作用もでにくくなっています。

更年期障害とルナベルの関係って?

そもそも更年期とは?

更年期になると、卵巣の働きが衰えてエストロゲンが十分に分泌されなくなります。

すると脳の視床下部が、エストロゲンを分泌するように司令を出します。

しかし、卵巣は機能が低下しているので司令を受けてもエストロゲンを分泌することができません。

その結果、視床下部はパニックを起こします。

視床下部は自律神経とも深い関係があるために、自律神経にも影響が及びます。

自律神経には交感神経と副交感神経があるのですが、その切り替えがうまくできなくなってしまうのです。

通常、交感神経は起きているときに優勢で、寝るときには副交感神経が優勢です。

しかし、自律神経が乱れると寝ているときに交感神経が優勢になってしまうといったことが起こります。

そのために、不眠、夜中に目が覚めて眠れない、逆に昼間眠くて仕方がないなどという症状が出てくるのです。

その他にもホットフラッシュ、頭痛、めまい、肩こり、倦怠感など不快な症状があらわれてきます。

ルナベルが更年期障害を緩和する?

ルナベルを服用することには、さまざまなメリットがあります。

更年期障害の緩和もその一つ。

ただ、ルナベルが処方されるのは比較的若い人です。

30代後半になると、エストロゲンの量が減り始めるため、早い人では更年期の症状があらわれてきます。

プレ更年期といわれる30代後半から40代前半くらいの年代では、女性ホルモンの減少により月経不順などの症状が起こる場合があります。

具体的には、それまで一定の周期だった月経の周期が乱れます。

「いつ月経が始まるのかわからない。

旅行や外出するときも生理ナプキンが手放せなくなった」という状態になり、ストレスを感じる人も多いようです。

ルナベルを飲むことで生理周期は安定し、ホルモンのバランスも整うのでイライラや落ち込みなどの症状も緩和されます。

30代で生理痛がひどい、生理不順があるという人は病院に行くことをお勧めします。

45歳以上の人の更年期障害の治療には、ホルモン補充療法が行われますが、その場合はルナベルを使わないのが一般的です。

なお、ホルモン補充療法のホルモンは天然に近いエストロゲン、ルナベルは人工的に合成された成分で作られているという違いがあります。

ルナベルの正しい飲み方は?

服薬のスケジュールは必ず守りましょう。

飲み忘れにはくれぐれも注意してくださいね。

飲み忘れると不正出血が起こる場合があります。

飲み始めるのは月経の1~5日目。

1日1錠21日間、必ず同じ時間に飲みます。

その後7日間服用をやめます。

28日を1つの周期とするわけです。

次の周期では月経に関係なく29日目から飲み始めます。

ルナベルを飲むときの注意点を知っておいて!

低容量ピルは飲み合わせによって作用に影響がある場合があります。

他の病院にかかるときには、必ずピルを服用していることを伝えましょう。

その他にも注意すべき点はいくつかあります。

ピルを飲むと危険な人がいる?!

ピルはすべての人が飲めるわけではありません。

持病や生活習慣によっては副作用のリスクが高まる可能性がありますので、ピルは処方されません。

中には個人輸入などで手に入れている人もいるようですが、危険を伴いますので必ず病院で処方してもらうようにしましょう。

乳がん、子宮がんの人

乳がん、子宮がんがある人は卵胞ホルモンによって悪化する可能性がありますので、服用は避けます。

また、不正出血がある場合は事前にがんの検査を受ける必要があります。

検査の結果を見て、問題がない場合のみ服用を開始します。

血栓のリスクがある場合

血栓性の病気がある場合は、飲むことができません。

血栓性の病気とは、血栓性静脈炎、肺塞栓症、冠動脈疾患などです。

喫煙者

循環器疾患のリスクが高まりますので、たばこを1日15本以上吸う人は服用できません。

ルナベルを服用したい場合は、禁煙しましょう。

妊娠中、授乳中

また、妊娠中やその可能性がある場合は服用できませんので、事前に妊娠検査、基礎体温、内診を行います。

いきなり薬の服用に抵抗がある人にはサプリメントがおすすめ

ここまでルナベルについて説明してきました。

ピルのイメージは、副作用がキツイと思われがち。

低用量ピルといっても飲むことに躊躇してしまう人もいると思います。

でも更年期障害を緩和してくれるなら飲みたいという気持ちもある。

そんな人には更年期サプリがおすすめ!

サプリは薬ではないので即効性は低いですが、食品であるため副作用の心配はいりません。

おすすめのサプリを3つ挙げてみたので是非参考にしてみてください!

高麗美人

高麗美人の商品画像

高麗人参を中心に女性に嬉しい成分をたっぷり配合しているサプリです。

プンギ産の希少な高麗人参を使用しており、サポニンの量が豊富です。

サポニンは体のめぐりをサポート。

さらにコラーゲンの素となるアミノ酸も18種類配合されています。

更年期障害だけでなく、美容にも着目したサプリメントになります。

基本のサプリ

基本のサプリの商品画像

基本のサプリはキッコーマンのからだ想いシリーズの一つで、更年期に悩む女性のためにつくられたサプリです。

独自の研究と開発から、アグリコン型イソフラボンを主成分として配合。

アグリコン型イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをするエクオールの素となる成分です。

エイジングケアに必要なポリフェノールの王様と呼ばれるプロアントジアニジンも配合されています。

醤油とワインを長年販売してきたキッコーマンだからこそのサプリです。

フルミーエクオール

フルミ―エクオールの商品画像

フルミーエクオールは、fullmeから販売されており、女性がいつまでも美しく元気でいられるようにと商品開発を行っているメーカーのサプリです。

エクオールを直接届けたいという想いから誕生したサプリで、女性ホルモンが乱れがちなゆらぎから解放してくれます。

国産にこだわり、品質や安全性にもこだわっているので安心して飲めます。

まとめ

ルナベルは超低容量ピルのため、副作用も少ないので安心して飲める薬です。

服用する際には、くれぐれも飲み忘れに気をつけましょう。

サプリメントを検討する人には「高麗美人」がおすすめ!

高麗美人の商品画像

高麗美人の公式サイトへ

  • ゆっくり更年期障害に向き合いたい
  • 普段の食生活に自信がない
  • 継続して飲むことができる

こんな人におすすめです。

是非試してみてくださいね♪

PICKUP CONTENTS

トップへ