早めの受診が大事!更年期は内科or婦人科?男性は何科に行けばいいの?

40歳を過ぎて、なぜか最近集中力が低下してやる気が出ないといった精神的な症状や、のぼせ、急な発汗などの身体的な症状は、更年期障害かもしれません。

更年期特有のつらい症状は女性の場合比較的知られていますよね。

しかし男性の場合はあまり知られていないために症状が現れても何が原因かわからないことも多いはず。

女性の場合は産婦人科で診てもらったことのある人が多いかと思いますが、男性の場合更年期障害を疑っての初めての受診には不安もあるでしょう。

更年期障害の症状の場合、痛みやつらさを我慢することで悪化することもあります。

不安を解消して早めに受診して欲しいと思います。

ここでは男女別に受診するための基礎知識をご紹介していきますね。

女性の受診は内科?婦人科?

更年期障害の症状は医学的には「不定愁訴」といわれています。

これは、ハッキリした原因がわからないけれど「頭痛がする」「だるい」「眠れない」「イライラする」といった自覚症状を患者が訴えることです。

実は「更年期障害」の正式名称は「更年期不定愁訴症候群」といい、更年期には不定愁訴が起こりやすいということです。

ではその不定愁訴は病院の何科に診てもらえば良いのでしょうか。

まずは婦人科

年齢的なものや症状から更年期障害だと自分でほぼわかっているなら、女性の場合は婦人科を受診すれば良いでしょう。

しかし不定愁訴の中には大きな病気の予兆となっているものや、不定愁訴で受診した際の検査でなにかしらの病気がみつかることもあります。

もしかしたら更年期障害ではないかも知れない、という気持ちがあるなら総合病院の内科へ行くのが良いと思います。

なぜなら、同じ病院内では別の科を受診した患者の検査結果でも、別の科の医師がすぐに確認できるからです。

更年期障害とは別の病気が見つかった場合の対処も早くできるでしょう。

また、総合病院で内科を受診し、検査結果に異常がなければ同じ病院内の神経科などで自律神経系の病気として治療してもらえることや必要に応じて診療内科、神経精神科などで治療やカウンセリングを受けることもできます。

一方、産婦人科で診てもらってから改めて他の病院で診てもらうとなると紹介状や検査結果をもらってからとなり、手間と時間がかかります。

費用が気になる・・・

手間や時間もそうですが、お金のことも心配ですよね。

ご存じの方も多いと思いますが、不定愁訴でいきなり大病院を受診すると「初診時特定療養費」がかかることがあります。

この「初診時特定療養費」は病院ごとに決めているので無料の病院もあるのです。

200床程度の総合病院なら0円~1500円程度のところが多く、大学病院では5000円のところが多いです。

「初診時特定療養費」は保険が適応されず全額自己負担となります。

「初診時特定療養費」は、はじめにかかった病院から紹介状をもらって持っていけばどの病院でも無料です。

お金の面で考えるなら、まず自分が受診しようとしている総合病院に「初診時特定療養費」がいくらかを問い合わせてみると良いでしょう。

紹介状をもらうためにかかる費用は保険適応の250点なので、3割負担なら750円です。

総合病院の「初診時特定療養費」がかからないもしくは1000円以下のところなら、手間やお金の面を考えてもはじめから総合病院を受診した方が良さそうですね。

男性の不定愁訴は何科にかかればいい?

男性の更年期障害の症状も女性同様、不定愁訴となります。

女性の場合女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少することによって身体に様々な影響を与え、更年期障害の症状となって現れます。

男性も同様に、男性ホルモンであるテストステロンの分泌が減少することで女性同様の不定愁訴が更年期障害の症状となって現れます。

男性の場合はハッキリとわかる閉経がないため、更年期の定義ははっきりしません。

テストステロンが急激に減少する40代~60代が更年期といえるようです。

この時期の男性は仕事上でも責任ある立場になっており、部下を育ててチームをまとめること、仕事の結果を出すことなどが求められるためストレスが溜まりやすい時期といえますから、ホルモンの減少とストレスの両方が引き金となって不定愁訴が起こると考えられています。

男性更年期外来もある

男性の場合は、女性同様まずは総合病院の内科を受診するのがおすすめです。

理由は女性同様、検査を受けて異常がない場合に同じ病院の別の科を速やかに受診することができるからです。

「紹介状」や「初診時特定療養費」についての説明は前章の女性向けの記事を参考にしてくださいね。

最近は男性向けに「男性更年期外来」を設置している病院もあります。

こうした病院では総合病院でかかることのある「初診時特定療養費」がかかりません。

更年期障害は不定愁訴なので検査は自己負担となる場合が多くなります。

病気が疑われた場合や治療のためにする検査には保険が適応されます。

「男性更年期外来」はもともと泌尿器科の病院が多く、勃起不全などの症状にも対応できるのでそうした悩みもあるようなら男性専門外来のある病院を探すと良いですね。

更年期外来の検査料金はホームページに明記している病院も多いので安心ですよ。

更年期障害でドクターショッピングにならないために

「ドクターショッピング」って??

ドクターショッピングという言葉をご存じでしょうか。

患者が不定愁訴や他の病気の症状を訴えて受診したとき医師の説明と治療方法に納得いかず、他の病院をまた受診することを繰り返す状態をいいます。

「それってセカンドオピニオンじゃないの?」と思われる方も多いでしょう。

ある症状や病気に対する医師の説明やこれからの治療方法を聞いたとき、それらを冷静に受け止めた上で「他の医師の見解も知りたい」というのがセカンドオピニオンです。

すでに受けている検査結果と紹介状を病院から受け取って、それを持って他の病院を受診します。

一方ドクターショッピングは、「医師の説明に納得がいかない」「医師との相性が悪い」「自分の望む治療をしてくれない」などの理由で他の病院を受診することです。

まったく新しい意見を望むため前に受診した病院からの紹介状や検査結果を持っていかないために初診時特定療養費や検査費用など医療費もかさみます。

男性の不定愁訴の場合、原因を特定することができないということもあり重篤な病気と比べ医師に軽く扱われていると感じる患者が多いようです。

そして、「この病院(医師)が悪いに決まっている」と次の病院へ…ということを繰り返すドクターショッピングになってしまうのです。

正しく治療を

正しくセカンドオピニオンを求めて納得して治療を開始したとしましょう。

不定愁訴の場合は投薬治療が多いはずです。

一定期間服薬して、それでも体調が良くならず不安になったらドクターショッピングにならないために東洋医学の助けを求めてみるのもひとつの方法ですよ。

WHO(世界保健機構)では、1972年に鍼灸治療を「世界の伝統医学」と認めており、「東洋医学はエビデンス(証拠)不足」としながらもその効果を認めています。

現在では100カ国以上に鍼灸治療は普及していて、なんとフランスの鍼灸治療院の数は日本の鍼灸治療院の数を追い越してしまっています。

東洋医学は西洋医学のような対処療法ではないので、すぐに効果を実感できない人もいるかもしれませんが、低体温や血流の悪さなど根本的な原因を治療していくので不定愁訴のような症状には効き目があることが多いのです。

鍼灸院や漢方薬に抵抗がある人は、マッサージやスパに定期的に通ってみるというのも良いでしょう。

リラックスして身体の血流を良くするだけでずいぶん症状が緩和される人もいます。

ストレス解消にも役立ちますからきっと良い結果になると思いますよ。

まとめ

男性も女性も、更年期障害の症状があったらまずは他の病気の疑いがないか検査するべきですね。

検査を総合病院の内科で受けることは、その後他の科で診てもらうことになったときの利便性が良いようです。

女性だけでなく男性にも現れる更年期障害の症状は、不定愁訴といって原因がはっきりしないだけに治療に関しては医師によって見解が違いそうです。

医療費がかさむドクターショッピングにならないために、マッサージやスパでリラックスしたり、東洋医学に助けを求めたりしてみるのも良さそうですね。