え?!20代・30代で更年期?!いま急増中の「若年性更年期障害」とは

20代、30代の女性にとって「更年期障害」というと「母親の世代のことでしょう?」というイメージではないでしょうか。

ところが最近は20代、30代でも更年期障害といえる症状が現れる人が増えています。

理由もないのに動悸がする、顔がほてる、手足が冷える、イライラする、生理不順などの症状はありませんか?

若い女性も職業を持って頑張っている現代では、頭痛やめまい、生理不順程度のことだと受診にまでいたらない女性も多いことと思います。

受診の大切さと受診の際にあった方が良いものなどをご紹介していきます。

なぜ若いうちに更年期障害の症状が現れるのかといった原因を探って、若年性更年期障害を予防できる方法や治療方法も合わせてご紹介しますので参考にしてくださいね。

自分とは関係ないと思っていますか?更年期障害の症状

若年性更年期障害はその文字通り、若いうちに更年期障害の症状が現れることです。

そういわれても、自分にとってはまだまだ先のことと思っている人にはその症状がわかりませんよね。

「更年期障害」というのは正式名称を「更年期不定愁訴症候群」といいます。

「不定愁訴」とはハッキリした原因がないのに本人は明確に身体の不調を感じているということです。

更年期にはそのような症状が起こりやすいのですね。

【更年期障害の肉体的な症状】
  • 頭痛 肩こり
  • 疲れ だるさ
  • のぼせ ほてり 発汗(ホットフラッシュ)
  • 腰痛
  • 動悸 息切れ 息苦しさ
  • めまい
  • 生理不順
  • 食欲不振
  • 便秘・下痢
【更年期障害の精神的な症状】
  • うつ状態 不安感
  • イライラ 怒りっぽい
  • 不眠

このような更年期に起こりやすい不定愁訴を若い女性が訴えることが多くなっています。

若年性更年期障害とは

ネットも含めたマスコミでは「若年性更年期障害」という言葉を見かけますが、これは正式な医学用語ではありません。

「更年期」の定義は女性の「閉経」の前後5年間(計10年間)です。

そしてその時期に起こる不定愁訴を「更年期障害」といいます。

「閉経」とは
  • 女性ホルモンであるエストロゲンの急激な減少
  • 卵巣機能の低下
  • 卵巣に蓄えていた「原始卵胞(これから育って卵胞になるもの)」の消失
  • 月経がなくなる(通常最後の月経から1年間出血がなければ閉経)

こうした正しい知識があれば、「若いのに更年期障害が起こる」はずがないことはわかりますよね。

ただし、若い女性の中には「更年期障害の症状」と同じ不定愁訴でつらい思いをしている人が増えていることは否定できません。

若年性更年期障害と呼ばれる病気とは

若年性更年期障害が医学用語ではないとしたら、そのように呼ばれている病気はいったい何なのでしょうか。

顔がほてる、生理不順、イライラする、肩こり、めまいなど更年期障害の症状に似ていても、卵巣が元気であれば更年期障害とはいいません。

血中の女性ホルモン量や卵巣の働きは婦人科で血液検査を受ければわかりますよ。

婦人科の受診は、内診があることもあって女性の多くは抵抗を感じます。

出産を経験していてもそうなのですから、まだ出産経験がなければなおさらでしょう。

けれど病気によっては早めに治療することで改善し、子どもが欲しいときに妊娠できる身体になることを考えて、今は子どもを授かることなど考えていなくてもどうか受診してくださいね。

婦人科に持っていくもの
  1. 保険証
  2. 月経の日が記されている手帳など
    (トイレのカレンダーなどに記入しているなら月経周期を書き写して持っていきましょう)
  3. 基礎体温をつけているなら基礎体温表
  4. 体調についてのメモ
    (いつ、どんなときに症状が起きるのかとその程度や頻度)
  5. 先生に訊きたいこと
    (診察時間は短いので忘れないようにメモしていきましょう)

「若年性更年期障害」と呼ばれていると思われる病気とは

卵巣機能不全症

卵巣の働きが悪くなっている状態です。ホルモン療法で治療します。

早発性卵巣機能不全症(早発閉経)

20~30代に卵巣機能が廃絶してしまうことがごく稀にあります。排卵させるための薬でも卵巣が反応せずそのまま閉経を迎えることになります。

聖マリアンナ大学医学部准教授の河村和弘医師によると、30代の不妊症の女性の約100人に1人がこの「早発(早期)閉経」なのだそうです。

自律神経失調症

ストレスにより自律神経の働きが乱れ、ホルモンのバランスが悪くなって様々な症状が出ます。

婦人科で血液検査を受け、女性ホルモンの血中濃度の値が正常であれば「更年期障害」のような症状だとしてもそれは「自律神経失調症」です。

自律神経についての基礎知識をおさらいしましょう

ネット上で健康について調べるとき、とくに女性に多い不定愁訴について調べているとよく「自律神経がバランスをくずし」「自律神経が乱れて」「自律神経の働きが悪くなり」といった言葉を目にすると思います。

医学関係の学生さんや医療関係のお仕事をしているならともかく、一般の人はなんとなくわかったような気になっている程度ではないでしょうか。

これから先自分の健康を見守る上では知っていた方が良いことだと思いますので、ここでもう一度、自律神経とは何なのかをわかりやすくおさらいしておきますね。

神経系は大きく「中枢神経」と「末梢神経」に分かれます

「中枢神経」とは脳と脊髄のことです。

そこから出ている細い神経繊維の集まりが「末梢神経」です。

ここまではわかりますよね。

身体中を網羅している神経の様子が描かれたものを保健体育の教科書などで目にしたことがあると思います。

末梢神経は「体性神経」と「自律神経」に分けられます

「体性神経」は「感覚神経」と「運動神経」から成り立っています。

「自律神経」は「交感神経」と「副交感神経」から成り立っています。

さて、ここで自律神経が出てきました。

「体性神経」の「感覚神経」とは「痛み」や「暑さ寒さ」を感じる神経、これはわかりやすいですね。

「運動神経」は人が自覚的にその働きを捉えたり自分の意思で身体を動かしたりすることのできる神経です。

身体のどこかを動かそうとして動かせるのはこの神経のおかげなのですね。

「自律神経」の「交感神経」は「昼の神経」とも呼ばれ、脳や身体を動かすのに適した状態にする働きがあります。

「副交感神経」は「夜の神経」と呼ばれ、休息や眠りに適した状態にして身体を修復してくれる働きがあります。

大きな違いは「自分が意識しているかどうか」

自律神経は自分が意識することでは動かせない身体の器官を働かせています。

内臓のほとんどは自分の意思とは関係なく働き続けていますよね。

これらすべての臓器を動かしているのが「自律神経」なのです。

唯一、「肺」だけは自分の意識で動かすことができます。

呼吸は自律神経の働きで無意識におこなっていますが、自分が意識することで息を止めたり深呼吸したりすることができるということです。

「交感神経」「副交感神経」の両方が影響しています

よく「自律神経のバランス」という言葉を目にしますよね。

それは、「交感神経」と「副交感神経」のふたつの神経のバランスのことです。

内臓は私たちが意識しなくても一日中休まず働いていますが、「交感神経」「副交感神経」がバランス良く支配しています。

支配するバランスによって内臓が働いたり休んだりして私たちの命を守ります。

例えば、危険なことに直面すると心臓がドキドキして汗が出ます。

血圧も上がります。

これは「交感神経」が優位になっていざというときに戦う、逃げることができる状態を自然とつくっているからです。

逆に、食後にのんびりしているときは「副交感神経」が優位になって胃は食べたものを消化します。

先ほどのように心臓がドキドキしているときは「交感神経」が優位なので胃は消化をやめています。

常にストレスにさらされていると、胃腸の働きが悪くなるのは「交感神経」が優位になりっぱなしになるからなのですね。

どちらかの支配が優位になったままになってしまうことを「自律神経のバランスが崩れる」というわけです。

若い女性がまるで更年期障害のようになってしまう理由

「若年性更年期障害」と呼ばれる状態になっているなら、まずは婦人科を受診して血液検査を受けましょう。

卵巣機能不全症のような病気なら、医師の説明を受けてすぐに治療をはじめるべきです。

ここではそうした病気ではない不定愁訴の症状のみ、つまり自律神経のバランスが崩れている人について説明していきます。

女性ホルモンの分泌に異常

先ほど自律神経の基礎知識をおさらいしてご理解いただいたように、自律神経は自分では自覚できない部分を司っています。

女性ホルモンの分泌もそのひとつです。

ホルモンは自分で出そうと思って出ているものではありませんよね。

ということは自律神経が関わっているのです。

女性ホルモンは卵巣から分泌されますが、その分泌は脳からの指令によって起こります。

脳の視床下部から脳下垂体へ指令があると卵巣を刺激するホルモンが分泌され、卵巣から女性ホルモンが分泌されるのですが、この視床下部は自律神経の中枢といえるのです。

ストレスがあると先ほど説明したように自律神経の「交感神経」の支配が優位になります。

ストレス状態が続くことで「交感神経」が優位になり続けて自律神経のバランスがおかしくなります。

するとホルモンの分泌も正常におこなわれなくなり、体調が悪くなっていくのです。

現代人に多いストレス

現代の若い女性は責任ある仕事をこなし、それでも女性として恋愛も結婚もしたいし出産もしたいと考えています。

30代にもなれば考えているだけではなく実際に仕事をしながら主婦業、母親業をこなしている人もたくさんいます。

こうした女性はいつも時間に追われ、忙しくしています。

ストレスの最大の要因となる人間関係も、職場では上司、同僚、部下がいて家庭では夫や子ども、義父母が思い通りにはなってくれません。

かつてこのように女性のストレスの多い時代はなかったのです。

一方、20代の若い女性のストレスもかつて想像もつかなかったところから発生しています。

先ほど「ストレスの最大要因となる人間関係」と説明しましたが、今の若い女性にはネット上の人間関係もあるためストレス要因が増えているのです。

休日にはほんとうはのんびりしたいのに、SNSにアップするために流行のスポットに行ったり、新しいお店で食事をしたりと「充実アピール」をしなくてはと動き回ってしまいます。

これでは交感神経が優位になった状態が長くなりすぎでしょう。

ある精神科医は自著のなかで「嫌われる勇気を持たないと自分が壊れる」と解説していました。

嫌われたくないから誰かのフォローをして「いいね!」する。

嫌われたくないから「オシャレな私」を演出する。

嫌われたくないから興味のない映画を観る…。

そして自分のSNSへの反響が気になって仕方ない。

こんな日常に終止符を打たない限り、ストレスは溜まる一方で「若年性更年期障害」といわれるような症状もなくならないでしょう。

まとめ

20代、30代の女性がそれぞれの立場でこれまでにはなかったようなストレスにさらされているということがよくわかりました。

この記事を読んでくださっている方の中にも、SNSによって他人の目が気になるという人は多いのではないでしょうか。

誰かのひどいコメントや、誰かの発信した自分に対する噂話に胸が痛んだことはありませんか。

以前ならよほどのことがない限り自分の悪口というのは自分には届かなかったものです。

そうしたものは考えているよりも自分に強いダメージを与えていると精神科医は警告しています。

もともと健康だった10代20代では他人の目が気になってダイエットして、ホルモンバランスが崩れたことで今度は30代には子どもができにくくなりさらに他人の目が気になる…そんな悪循環にならないことを心から願っています。

ダイエットばかりではありません。

SNSにハマりすぎて心が傷つくことも心配です。

どうかもっと自分の身体を大切にしてください。

健やかな女性が増えることを祈ります。