成功者を参考に?禁煙してよかったことは?禁煙中のモチベーションはどうやって維持してた?

目次 ※クリックで開閉します

禁煙に成功した人は、モチベーションの維持に苦労したと言います。ただ禁煙するというだけでは、途中で挫折してしまうことが多いのではないでしょうか。禁煙するとよいことがたくさんあります。その実例を見ると、禁煙したくなるかもしれません。成功例を参考にして禁煙を実行して見てくださいね。

禁煙してよかったこと

目覚めがいい

禁煙すると目覚めがよくなるという話を聞いたことがありますか? タバコを吸っている人は、寝る前と朝起きたときにタバコを吸いたくなるとか。しかし、熟睡するためには夜タバコを吸うのは逆効果。なぜなら、ニコチンには覚醒効果があるからです。

朝起きたときにタバコが吸いたくなる人は、ニコチン依存症になっている可能性があります。身体の中のニコチン濃度が下がっているため吸いたくなるのです。

禁煙すると、ニコチンを就寝前に取らなくて済むために熟睡できます。また、ベッドに入ったら、すぐに眠れるため睡眠不足になりません。したがって禁煙すると目覚めがよくなるのです。

口臭が改善

タバコは口臭を悪化させます。なぜなら、タバコこそが口臭の原因の一つだからです。タバコに含まれるニコチンとタールは、口臭に大きく影響します。ニコチンは、舌、歯、歯垢、歯石などに付着するために口内に臭いが残ります。また、肺、胃にも付着し、健康を害します。

ニコチンは、依存性があり中枢神経に作用する物質です。ニコチンは毛細血管の収縮、血圧上昇を引き起こす作用があるため、口の中で血液の循環機能が低下してしまいます。すると、唾液の分泌が抑制されて、口腔内の酸素濃度が低下します。すると、嫌気性菌が歯垢を分泌し、揮発性硫黄化合物が発生し悪臭を起こします。

以上のような理由で、タバコを吸わなければ口臭は改善されます。

健康になる

長年タバコを吸っているから、と諦めていませんか? たとえ何十年タバコを吸っている人でも、禁煙が遅すぎるということはありません。禁煙は持病がある人もない人も健康改善の効果が期待できます。病気の予防だけではなく、重病化を予防するという意味でも禁煙はお勧め。

まず、禁煙すると20分後には血圧と脈拍が正常値まで下がり手足の温度が上がります。8時間後には血中の一酸化炭素濃度が下がり、酸素濃度が上がります。さらに24時間で心臓発作のリスクが低くなります。また、早ければ1ヶ月後には喘息など呼吸器の症状改善し、免疫力も回復します。ほかにも、肺機能の改善、脳梗塞のリスクが下がるなど非喫煙者と同じように健康になっていきます。

また、喫煙者は非喫煙者と比較すると平均寿命が男性で8年、女性で10年短くなると言われています。死亡率は2倍以上になっています。少しでも早く禁煙して健康を取り戻しましょう。

吸うための時間を他に使える

タバコを吸う時間はどのくらいになるのか、考えたことはありますか? 1本のタバコを数時間の平均は4分7秒だそうです。1日20本吸ったとすると約80分。10年では4800時間と約7ヶ月にもなります。

1日80分あれば、趣味に費やしたりちょっとした買い物をしたりと、いろいろなことができます。会社勤めの人ならば、その分残業せず早く帰宅できるわけです。自分のための時間が80分余分にあると考えれば、余裕のある生活になりますね。

ストレス

ニコチン依存症の症状がなくなるため、イライラしなくなります。血中のニコチン濃度が減少すると、ニコチンを補給したくなりますが、最近はタバコを吸える場所が極端に少なくなりました。喫煙可能な場所を探すのもストレスの一因になりますね。

高速道路のサービスエリアで、しばしば見かける光景ですが、観光バスの中は禁煙のために、バスを降りるとすぐに喫煙所に走っていく人がいます。禁煙すれば、休憩時間はもっとゆったり過ごせます。休憩時間までの間の「タバコを吸いたい」という欲求もなくなります。

食事が美味しく感じる

タバコは、味覚と嗅覚を麻痺させます。そのため、喫煙者が味わっているのは食べ物本来の味ではありません。しかし、禁煙して1週間で味覚と嗅覚が回復しますので、食事が美味しくなります。

喫煙しているときはニコチンが食欲を抑えていましたので、食欲も戻ります。禁煙太りを気にして、タバコを続ける人もいますが、食欲が戻って多少太るのは健康が戻った証拠なのです。

ただ、タバコをやめると口寂しくなる人は多いようです。そこで、間食の量が多くなると、肥満の原因となります。運動などでストレスを解消して、間食はあまり取らないようにしましょう。

貯金

禁煙すれば金銭面では、かなりのメリットがあります。1日平均1箱、440円のものを吸ったら1ヶ月(30日)で1万3200円、1年だと16万円にもなります。仮に20歳から70歳までの50年間喫煙したらなんと800万円。

タバコを50年間吸うということは、800万円もの大金に火をつけて煙にしていることになるのです。「タバコを吸わなければベンツが買えたのに」という話も大げさではありません。

1ヶ月1万3200円余分に貯金できるのは大きいですね。金銭的にゆとりある生活を送るためには禁煙するのが一番です。

肌の調子が良くなる

女性にとって美しい肌はあこがれの的。美魔女ブーム以降、アンチエイジングをがんばっているという人も多いようです。ところが美しい肌の敵がタバコ。タバコは肌の老化を促進させてしまいます。

つまり、いくら化粧品に気を使っても、サプリを飲んでも、タバコを吸ったら全く意味がないのです。喫煙者の肌の老化は「スモーカーズフェイス」と呼ばれています。喫煙者は老化のスピードが速いため、一目見ただけでタバコを吸っているかどうかわかってしまうとか。

タバコを吸うとビタミンCを破壊されます。そのため「コラーゲンの生成が抑制される、女性ホルモンの分泌が抑えられる、活性酸素が発生する」といったことが起こります。そのために肌の弾力がなくなり、シミやしわが増えて肌がくすんでしまいます。

つまり、禁煙すれば肌の調子がよくなり美肌になれるわけです。若く見られるためにも美しい肌を保つためにも禁煙をしてみませんか?

モチベーションの維持はどうしてた?

禁煙に成功した人は、モチベーションの維持に苦労したと言います。ただ禁煙するというだけでは、途中で挫折してしまうことが多いのではないでしょうか。実際に禁煙に成功した人はどうしていたのでしょうか。

ポジティブに考える

禁煙するときは常にポジティブな思考でいましょう。それがモチベーションを維持するポイントです。禁煙によってどんなメリットがあるのかを考えてみましょう。

たとえば、禁煙できたら、家族から「禁煙して」と言われなくなります。家族の喘息がよくなります。家族がガンにかかるリスクが減ります。家族の健康のためにという思いを強く持つことでモチベーションを保つことができます。

禁煙の目標を設定する

また、「美しい肌になって、みんなから若いですねといわれるようになりたい」というように目標を設定するのも効果的です。その他にも「タバコに使っていたお金を全部貯金して5年後には新車を買う」、「タバコに費やしていた時間で家族と旅行に行く」など楽しみな目標をつくるのもモチベーションを維持するためによいことです。

まとめ

喫煙は百害あって一利なしといいますが、禁煙すればよいことがたくさんあります。時間の余裕、金銭面での余裕が生まれます。また美しい肌を保ち健康を取り戻すことができます。禁煙してたくさんのメリットを享受してみませんか?

PICKUP CONTENTS

トップへ