【2021新春】名店おせちの予約状況

冷える身体に、、、女性の冷え対策

本格的に寒くなってきましたね。

体の芯から冷えるこの時期、女性は2人に1人が冷えに悩んでいると言われているんです。

そこで冷え対策をご紹介します。

なぜ、体を冷やしてはいけないの??

生理痛を引き起こす

生理の時に流れる血は、不要物なので全て出し切る必要がありますが、冷えによって流れが悪くなるとひどい生理痛を引き起こすことがあります。

体が冷えていなければ、生理の時の出血はスムーズに行われるのですが、冷えがある場合はうまく排出できないので子宮の収縮が強くなってしまうからなんです。

この収縮が生理痛となって女性を苦しめるのですが、生理になると下痢にもなるという方が多いですよね?

生理になると体から血液が排出されるのですが、これによって体内から熱が奪われてしまいます。下痢もまた熱を奪うので、出る物が多いほど体は冷えやすい状態になると言えるでしょう。

内臓機能低下

体が冷えると血流が停滞するので、体の内部にある臓器にも悪影響を及ぼします。

手や足の先端が冷たいということは、血管が収縮している状態なのできちんと食事を摂っていても栄養分が行き渡りません。

女性の場合は、冷えや栄養不足が肌に出ることがあり、コンシーラーやファンデーションを使っても吹き出物やクマが隠せず、、、なんてこともあると思います。

内臓機能を低下させる冷えは、便秘にもなりやすくなります。

便秘は水分や食物繊維の不足が原因と考えられていますが、冷えによっても起こります。腸の運動が低下するとスムーズに流れず体内に留まってしまうので、便秘薬を頼る結果になってしまいます。

妊娠しにくくなる

血の流れが悪いと体が冷えてホルモンバランスが乱れやすくなると言われています。

冷え症体質の女性は、無排卵や不規則な生理を招きやすくなります。

生理が毎月起きても排卵日に排卵が無ければ妊娠しませんし、不規則な生理もまた妊娠しにくいのです。

常日頃から体温が低く、下腹部の冷えを感じやすい場合は注意が必要です。

胃腸だけではなく、子宮や卵巣も冷えている状態なので不妊体質になりますし、免疫力も低下するので風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまいます。

妊娠を望んでいる場合は、冷たい食べ物を口にしないことはもちろんですが、体を締め付けるパンツやブラジャーは極力避ける、運動不足にならないように体を動かす、シャワーではなく湯船に浸かるなど体を冷やさないように工夫すると良いでしょう。

また、妊娠中に体が冷えると流産や早産に繋がることがあるので注意が必要です。

妊娠中の体は、自律神経が乱れやストレスによって体の冷えを招くことがあるので、お腹を触って冷たいと感じる時には温めて、改善されない場合は医師に相談すると良いでしょう。

要するに、女性にとって冷えは大敵な訳ですよね。

オススメの冷え性対策

冷たい飲み物や、甘い食べ物をあまりとらないこと

糖分には、体を冷やす作用があり、冷え性の原因となるんです。

温かい飲み物を飲んで冷え性改善。

私は夏でもなるべく温かい飲み物を飲むように心がけています。

オススメの飲み物

お白湯は朝起きた時や入浴前に飲むと効果的とされています。また、お白湯は、ゆっくりと飲むのが効果的とされていますので、5分~10分くらいかけてゆっくりと飲みましょう。
生姜湯→冷え改善といえば、生姜!!美味しいし、本当に体が温まりますよね。ここでオススメが生姜湯です。すりおろした生姜と蜂蜜、お湯を入れて飲むのがオススメです。
ホットココア→ココアには、食物繊維、ポリフェノール、ミネラルが含まれています。生姜と同じくらいの冷え改善に効果的な飲み物です。

筋肉量を増やす

女性は男性に比べて筋肉量が少ないので、冷え性になりやすいと言われています。

運動不足は血液を送る筋力が低下し、冷え性の原因となるので、ウォーキングやスクワットなど

簡単にできることから始めてみましょう。

お風呂に浸かる

現代人は、お風呂よりもシャワーで済ますことが多いみたいですが、お風呂にゆっくり浸かる事はリラックス効果もあって、体も温まるのでとても大切な事だと思います。

入浴が好きな私は、いろいろな入浴剤やバスオイルを使用しています。

リラックスもできて、体も温めることができるのは嬉しいことですよね。

オススメ入浴剤

ハーバルバスシュガーゼラニウム/ローズヒップ 1.512円

香りがとっても良くて個人的にオススメです。

バスシュガー??とはじめ思ってしまったけど、北海道産の甜菜からつくったシュガーが潤いを与えてくれるそうです。

ソルトじゃないのに、お風呂に浸かったら汗が、、、とってもリラックスもできるしお気に入りです。

リヨメール ロゼ 40g  640円

フランス、ブルターニュのミネラル豊富な生きた海水の恵みをそのままフリーズドライした、天然由来100%の凍結乾燥海水バスパウダーで、ミネラル補給、発汗、保湿作用があるそうです。

タイプ別おすすめバスオイル

ポールシェリーのバスオイルタイプ別効果を分析!!

適度なマッサージ

血行不良になると新陳代謝が落ちるため、冷えの原因となります。

お風呂でオイルマッサージやマッサージクリームを使用して軽くマッサージをしてみましょう。

オススメのマッサージオイル

ポールシェリーハーバルオイル

リンパマッサージ、めぐりケアに適したマッサージオイルなので、お風呂に浸かって、よく温まった後に、さっとマッサージしてそのままお風呂からでるようにしています。

私は、首元、肩、脇の下などリンパに詰まりそうな場所を重点的にマッサージしています。

お腹を温める

冷え性対策グッズといえば、腹巻ですよね♪

腹巻と聞けば、なんだか聞こえが悪いですが、今は可愛い腹巻やお洋服にひびかない腹巻もあります。

普段使用するのが抵抗のある方は就寝前に♪

絹腹巻ハーフサイズ 1.480円

タバコ、お酒を控える

タバコに含まれるニコチンには、自律神経のうち交感神経を緊張させる作用がありそれにより、血管が収縮し、血流を阻害 することが体の冷えにつながります。

また、お酒を飲むとトイレが近くなりますよね?

アルコールの利尿作用による頻回の排尿は、体から熱を奪ってしまうのです。

お酒を飲むなら、熱燗の日本酒や赤ワインがオススメです。

ただ、多量摂取はどちらにしても冷えの原因になりますので1杯くらいがベストです。

まとめ

これから、もっと寒くなって冷えていく季節に突入し、女性にとっては大敵の冷えとの戦いが始まります。。。

日頃から、少しでも、冷え対策をしていくことが大切だと思います。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です