入浴法でこんなに変わる!冷え性女子の体質改善計画!

あなたはお風呂の温度を何℃くらいにしていますか?温度によって得られる効果が違うことをご存知でしょうか?自分に合ったお風呂の温度にすることで、冷え性改善にもつながります。「熱ければいい」という思い込みは危険ですよ。

 

お湯の温度で効果が変わる

自分にあったお風呂の温度って、一体何℃にすればいいのかなと思いますよね。入浴温度によって、効果や影響が分かれます。それを参考にして、適切な温度のお湯に浸かるようにしましょう。

 

・24~34℃「低温浴」

冷たさすら感じる24~34℃のお風呂は「低温浴」と言われます。プールの温度でもあり、身体の熱生産がはじまり、カロリーが消費されはじめる温度帯です。

 

・34~37℃「不感温浴」

低温浴より少し暖かい34~37℃のお湯に浸かることは「不感温浴」といいます。この温度帯ではまだ、熱いとも冷たいとも感じることはありません。血圧や心拍数に変化もなく、カロリーの消費もそこまで大きくありません。

 

・37~39℃「微温浴」

ぬるま湯でもある37~39℃のお湯は、眠りの質を上げる効果がある「微温浴」です。

この温度帯だと、副交感神経が優位になり、リラックス効果、鎮静効果が生まれます。筋肉も弛緩し、眠気も訪れます。疲労を取ってゆっくり眠りたいときには半身浴がおすすめです。その際自分に合った温度を見つけましょう。好みのアロマオイルや入浴剤を使えば、さらにリラックス効果が高まります。

さらに効果を高めるなら、就寝の一時間以上前に入るのがおすすめです。

この微温浴をすれば身体の芯から温まることができます。しかも身体への負担は一番少なくてすみます。その他美肌や、体型維持、肩こり解消などの効果があります。入浴方法によっては冷え性改善にもつながります。

入浴が終わった後は、身体を冷やさないようにすることが大切です。水分補給も大切ですが、常温以上のものを飲むようにしてください。

 

・39~42℃「温浴」

日本人の一般的な入浴温度とされるのが、39~42℃の「温浴」です。この温度帯にすると、血液の循環がよくなり、冷えやむくみの改善に効果的です。全身浴で20~30分浸かり、首を回したり、肩の上げ下げなどの軽いストレッチを行うのもおすすめです。

のぼせやすい人は肩を出し、温かいタオルをのせれば同じ効果が得られます。

 

・42℃「高温浴」

「高温浴」といわれる42℃以上は、交感神経を刺激する温度です。つまり、身体を休めるのではなく、目覚めさせる温度へと変わります。

朝スッキリ目覚めたいときは、この温度でシャワーで浴びるのがおすすめです。気分転換にもいいです。もし半身浴をする場合は、10分間浸かることで疲労回復の効果が見込めます。新陳代謝が促される温度なので、身体の疲労物質を排出し、汗からも老廃物が排せつされます。

ただし、高温浴は交感神経を刺激するため、身体は緊張し興奮状態になります。血液粘度も上昇するので血管がつまりやすくなりますこれにより脳梗塞などの危険性が高くなります。肌にも刺激が強いため、長時間の入浴は避けてください。

冷え性に合わせた入浴法

冷え性の人は、日々の入浴の仕方で改善につながります。効果がある入浴方法は大きく分けて2種類です。ぜひ実践してみてください。

冷え性改善入浴法

この入浴法のポイントは、お湯の温度を39~40℃にして、全身浴と半身浴とを1:2の時間で行うことです。お湯はこれ以上だと熱すぎて効果がありません。そして、全身浴を5分したら半身浴は10分というように、合計して15分以内になるようにします。

入浴の手順は次の通りです。

1  お湯に入り、肩にお湯をかけて体を慣らす

2 首まで浸かって全身浴をする

3 時間がたったら半身浴に切り替える

4 時間がきたら湯船から出る。

 

ここまでが15分以内です。この時間は短くても構いません。

例えば全身浴1分と半身浴2分の合計3分だけでも効果が得られます。冷え性の場合、長時間熱いお湯に浸かることは、自律神経の乱れを引き起こすのでタブーです。

通常お風呂に入ると、交感神経が働き一旦興奮状態になりますが、次第に静まっていきます。それが長時間熱いお湯に浸かった場合は、自律神経が乱れてしまうので、再度交感神経が興奮状態になります。

そして血管が収縮します。血管が収縮した状態では、お風呂からあがっても体は冷え、戻らないのです。

333入浴法

名前だけ聞くとなんだろう?と思いますよね。この333入浴法は、「湯船に浸かる」のと、「湯船から出る」のとを交互に3分間ずつ、3セット行うという方法です。

その手順は次の通りです。

 

1 42℃くらいのお湯を用意し、湯船に3分間浸かる

2 3分後、湯船から出て3分で身体を洗えるところまで洗う

3 3分たったら途中でももう一度湯船に浸かる

4 さらに3分たったら、先ほど洗い残したところを3分で洗う

5 最後にもう一度3分間湯船につかり、あがる

6 3分間で身体を拭く

 

この入浴法のポイントは、肩までしっかりとお湯に浸かることです。そうすると、水圧で身体に負荷がかかります。その状態で湯船から上がると、一気に水圧から解放されるため血流がよくなります。これが冷え性改善につながります。

この方法だと身体はポカポカになります。布団に入っても足が冷たくて眠れないということもなく、大量の汗もかくので、ダイエット効果もあります。1時間のウォーキングにも匹敵するような、カロリーの消費ができ、半身浴より効率がいいという感想もあります。

ただし、高血圧や心臓に持病のある人は負担が大きい方法なので行わないでください。そうでない人も、42℃では熱すぎるという人は少し温度を下げて入浴しましょう。また、この温度だと交感神経が刺激され、就寝前だと寝つきが悪くなる恐れがあります。少なくとも「就寝2時間前まで」に行う方法としましょう。入浴後の冷たい飲み物も控えてください。

最後に

冷え性改善にはお風呂が大切です。その際、「ただ入るだけ」では改善効果は得られません。体調や好みに合わせて、自分に合った温度を見つけることが大切です。

そして入浴後は水分補給が必要ですが、身体を冷やす飲み物は避けましょう。身体への負担を少なくするのであれば微温浴がおすすめです。一般的な温度が好みであれば冷え性改善入浴法を、熱めのお湯が好きなら333入浴法を取り入れてみましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ