冷えが影響してた!生理痛の悩みをこれで解決!

自己意識を高く持ち、自分磨きに取り組む女性は大勢いるのではないでしょうか。その目的は「スリムな体型を維持したい」「きれいな自分になりたい」「知識を増やして自分を高めたい」と人によって違います。そんな向上心の邪魔をするのが生理痛です。女性特有のこの現象、忙しくて治す暇がない、治らないから仕方ないとほったらかしてませんか?そのままではどんどん深刻化して、治るものも治らなくなってしまいますよ。

そのひどい生理痛の陰には、身体の冷えが関わっているかもしれません。ぜひ原因を見つけて改善しましょう。

なぜ女性は冷えやすいの?

女性の冷えの原因は、身体的な構造によるものと、生活習慣からくるものとがあります。

元々女性の体は、男性と比べて平熱が0.3~0.5℃低くできています。その上筋肉より脂肪の方が多い構造となっています。筋肉がたくさんあればあるほど、動くと熱がつくり出されます。それが体内を巡って体全体を温めてくれるのですが、脂肪はそういう働きを持っていません。

むしろ脂肪は、一度冷えるとなかなか元の温度に戻らない性質です。だから脂肪が多い女性の体は、自然と冷えやすくなります。

この構造的な原因に加え、女性ならではの習慣が冷えを悪化させています。それはダイエットや薄着、矯正下着の着用などです。

例えば食事量を減らすようなダイエットは、熱を生み出す筋肉だけでなく、身体の維持に必要な栄養素の不足も引き起こします。その結果より冷えた体へと悪化します。

仮にしっかり食べていても、冷たい食べ物や飲み物は体を冷やすので意味がありません。ファッションについても、寒い季節の薄着はもちろんのこと、夏の冷房下での露出は体を冷やします。身体のラインをきれいに見せる矯正下着も、血流が悪くなるので冷えが悪化する原因となります。

生理痛の原因は?

女性に多い生理痛の悩み、その原因にはホルモンが大きく関わっています。そしてそのホルモンにより冷えが悪化し、ますます生理痛が悪化するという悪循環が生まれます。そこには女性特有の性周期も関係しています。

生理痛の原因はホルモンだった

生理痛の原因は、プロスタグランジンというホルモンです。生理とは、子宮の内膜が妊娠に備えて分厚くなったものの妊娠まで至らなかったため、はがれ落ちて卵子とともに体外へ排出されることです。この子宮内膜をはがす作用を行うのが、プロスタグランジンです。子宮内膜がはがれ落ちるとき、子宮全体が収縮します。このとき痛みを伴うことがあり、これが生理痛と呼ばれるものです。人によって、腹痛の程度がひどかったり、吐き気や頭痛、めまいを伴う場合があります。

生理中の冷え、痛みの原因プロスタグランジンが関係

生理が始まると、生理痛の原因になるプロスタグランジンが多く分泌されます。プロスタグランジンは、子宮を収縮して子宮内膜をはがし、経血を排出させます。このときの血管の収縮のせいで、血流が悪くなります。それが冷えの原因になります。さらに、経血が排出されると、当然それまでより子宮に対する血液の量が少なくなります。だから補充しようとまた全身の血液が子宮にまわされます。すると余計に冷えが悪化するのです。

生理前に出る別のホルモンも冷えに影響

生理前は生理中とは違うホルモン、プロゲステン(黄体ホルモン)が増えます。これは妊娠の準備のため子宮を温めるなければいけないからです。そのためにプロゲステンは体内の血液を子宮に集中させます。当然子宮から遠い手足の血流は悪くなります。こうして冷えにつながります。また、プロゲステンは子宮に栄養や水分を蓄える作用も持っています。体内に水分がたまることも冷えやすくなる一因です。

生理自体が冷えの元

女性は「性周期」という独特のサイクルを持っています。このサイクルは人によって違うものの、大体1カ月の間に、「月経→卵胞期→排卵→黄体期→月経」という流れを繰り返すことです。

女性の体温は、このサイクルの中で「低温期」と「高温期」とに分かれます。例えば生理周期が28日の人の場合、月経の初日から14日目で排卵日がやってきます。ここまで期間は「低温期」です。そして排卵日は「最も体温が低い状態」となります。その翌日からはまた基礎体温があがりはじめ、「高温期」へと変わります。

つまり生理中は、体温の低い「低温期」の状態です。体温が低いと当然血行も悪くなり、冷えをより強く感じます。

さらに生理のとき排出される経血は、赤血球中の成分も一緒に排出してしまいます。これが元で「鉄欠乏性貧血」になることもあり、これも冷えの原因となります。

生理前から生理中にかけて、分泌されるホルモンの種類は違いますが、どちらも女性の体は冷えやすくします。元々生理中は体温が低く血流が悪い状態です。そこにホルモンが分泌されることで、余計に冷えが悪化します。結果的に生理痛もひどくなりやすいのです。

対策は?

冷えを改善することで、生理痛も和らぎます。ちょっとしたことが冷え予防や対策に繋がります。その対策方法をいくつかご紹介します。

  1. おなか周りを温める
  2. 布ナプキンを使用する
  3. 食事のバランスに気を付ける
  4. 軽めの運動を取り入れる
  5. なるべく薄着しない
  6. 漢方薬、サプリメントを取り入れる

⒈おなか周りを温める

冷えや生理痛に効果が高いのは、なんといってもおなか周り、腰回りを温めることです腹巻きをしたりカイロを使って温めると、痛みの緩和に効果があります。普段から使用することで、冷えの改善にも役立ちます。

⒉布ナプキンを使用する

そして生理中おすすめなのが布ナプキンです。使い捨てナプキンは便利ですが、布ナプキンに変えて生理痛が緩和したという人が多くいます。その理由は、布ナプキンを使うとお尻までカバーし、温めてくれるからです。寒い冬は特にその暖かさを感じられます。しかも布ナプキンは何度でも洗って使えます。そこも魅力の一つです。

食事のバランスに気を付ける

もちろん毎日の食事を気を付けることも大切です。少し気を付けるだけでも体は変化します。バランスよく食べることはもちろんですが、特に体を温める効果がある根菜類や緑黄色野菜、ショウガを積極的に摂取しましょう。

反対に体が冷えるので冷たいものの摂りすぎたり、脂肪の原因となるお菓子やケーキ、菓子パンなどの量は減らします。ただしナッツ類や魚に含まれる良質な脂肪は摂取して問題ありません。

⒋軽めの運動を取り入れる

食事だけでなく、冷えない体づくりも大切です。本格的な運動でなくとも、ウォーキングやストレッチといった軽めの運動を週1~2回行うだけで十分効果が得られます。代謝があがると冷えも改善され、生理痛緩和にもつながります。

⒌なるべく薄着しない

この他にも、なるべく薄着は避けましょう。生理中の体は元々冷えやすいので、薄着だと余計に冷やししまいます。

⒍漢方薬、サプリメントを取り入れる

それでもひどい時は漢方薬やサプリメントを取り入れるのも一つの方法です。

冷えの予防=生理痛の予防

素敵な女性でいたい、というのは女性なら誰でも思うことです。でもそのために自分の体に無理をさせてはいけません。女性の身体は元々冷えやすい構造です。生理前や生理中も、ホルモンの影響などで冷えやすくなります。

普通でも冷えやすいのに、ダイエットや、無理なファッションをすることでさらに悪化します。そうやって体が冷えると、生理痛の悪化にもつながります。まずは、普段から冷え予防のため、おなか周りを温めてあげましょう。

生理中は布ナプキンを使うと、より保温効果が狙えます。そして毎日の食事をバランスよく、運動も取り入れ、薄着も控えることが大切です。

このように冷え予防をすることで、自然と生理痛の予防、改善につながります。特別なことをしたり、買ったりする必要はありません。ぜひ取り入れてみてください。