【2021新春】名店おせちの予約状況

冷え性女子の靴下問題。寝るときは、どうしたらいいの?

冬も夏も、足の先はいつも冷たい冷え性女子。夏でも靴下を履いて、足を冷やさない工夫をする人は多いと思います。そこで問題になるのが就寝時。靴下を脱ぐと足が冷える気がするけど、靴下を履いたまま寝てはいけないとも聞くし・・・。結局どちらがいいの?調べてみました!

靴下を履いて寝た方がいいの?履かないで寝たほうがいいの?

足が冷える人は、靴下を履いて寝る派、履かずに寝る派に分かれます。

その中で履いてはいけないという理由には、寝ている間に足に汗をかいて、その汗が靴下の中で冷えてしまい、結果的に足を冷やしてしまうということが挙げられます。

また、ゴムに足が締め付けられて血行が悪くなってしまうのも、足を冷やす原因に。

基本的には、「寝るときに靴下は履かないほうが良い」ということになりますが、冬は特に足が冷えすぎて寝付けない。という悩みを持つ冷え性女子は多いもの。

そんな時は我慢せずに、靴下を履いてもOKです。その場合は、ゴムの締め付けがきつくない靴下や、すぐに脱げるゆるめのものを使うのが良いでしょう。また、汗を吸って、外に発散させやすい素材を使った靴下もおすすめです。

何が何でも靴下を履いて寝るのはダメ!というわけではなく、あまりにも冷える時は靴下を使うことも、快適な睡眠のためには必要。靴下を履かずに寝付けそうであれば、裸足のままがベストですが、足が冷えすぎて眠れないほどであれば、靴下を履く方が良いでしょう。

おススメは冷え取り靴下!

就寝時だけでなく、日中の冷え対策としても効果抜群の靴下。中でも冷え対策に特化したアイテムが「冷え取り靴下」なんです。

冷え取り靴下とは?

冷え取り靴下とは、私たちが日常履くようなぴったりとした靴下とは違って、いくつかの素材の靴下を組み合わせ、重ねて履きます。

何枚も重ねて履くことで、空気の層が保温効果を生み、足先をしっかりと冷えからガードし、中はぬくぬく。しっかりと温めることができます。

冷え取り靴下を選ぶときの注意点はあるの?

⒈ 締め付けがないこと

⒉ 素材は絹、綿

⒊ 5本指のもの

足下を冷えからガードしてくれる冷え取り靴下。選ぶ時は必ず、ゴムなどの締め付け感がないものを選びましょう。足の冷えは血行不良が原因。足の末端まで血液が行き届いていないから起こるので、締め付ける靴下を履いてしまうと、より血液の流れを悪くしてしまいます。履き口がゆるく、足首がぎゅっと締まっていないことが大切です。

また、素材は絹と綿がベストです。冷え取り靴下は、4枚重ねて履くのが基本の使い方ですが、外出時に靴を履く場合など、枚数を調節してもOK。重ねて保温効果を高めるために、最低2枚は履くようにしましょう。

冷え取り靴下の1足目は、5本指タイプの靴下を選びます。5本指の靴下は、指先を押さえつけることなく指先をしっかり動かすことができるので、歩くことで血行が良くなります。足の指が1本ずつ自由に動かせるので、指と指どうしが摩擦することによるマッサージ効果もありますよ。

冷え取り靴下を履く順番は?

1番最初に履く靴下は、「絹」素材の5本指靴下です。

絹はとてもなめらかで肌触りが良く、汗を吸う吸湿性、空気中に発散させる放湿性に優れています。また、保湿性にも優れていて断熱効果もあるというパーフェクトな素材。

吸湿性、保湿性と放湿性は相反する性質のように思えますが、この特徴により、汗をかいてもさらっとしていて、温かい状態をキープ。靴下の中を常に気持ちのよい状態に保ってくれます。

2足目は、「綿」素材の靴下を履きましょう。

絹の温かさを、綿がしっかりとガードしてくれるので、体温を下げずにぽかぽかの状態に。

3、4足目も交互に絹と綿を重ね履きすることで、温められた空気の層をしっかりと保って、足の冷えから守ってくれます。

これらの条件を満たすおすすめ冷え取り靴下

  出典:冷え取り靴下の841

生活絹 冷えとりセット 初心者用

薄手の絹の5本指ソックス→綿の5本指→絹の先丸ソックス→綿の先丸と、「冷えとり健康法」の遠藤義晴先生が監修した、重ね履きに適した靴下セットです。薄くてゆったりしているので重ねやすく、10枚重ねる人もいるのだそう!また、寝る時も含めて24時間履けるのが特徴です。

  出典:冷え取り靴下の841

定番 基本 冷え取り靴下4点セット

こちらは、絹とウールを組み合わせた4足セット。絹の靴下と組み合わせるのは綿の靴下がメジャーですが、ウール素材は綿よりも放湿性に優れており、夏でも蒸れを感じることなく快適に使うことができます。実際に履いた時の着用写真が載っているので、購入前に使い方をイメージできますよ。

実際に冷え取り靴下の4枚履きを使ってみて

実際に冷え取り靴下を使うと、効果を感じる反面、少し不便に感じることもありました。

私の場合は、洗濯物が少し増えました。基本的に室内で履いているので毎日洗濯はしていませんが、洗い替え用のもう1セットと交互に使い回すと、片足4枚×4足分で合計16枚に。

洗濯のたび、「どれがどの素材だったかな?これは右足用?左足用??」と間違えることも多く、他の洗濯物や靴下に紛れたりしてちょっと面倒なことも。

着用感は問題ないのですが、履くときは少しだけ手間がかかります。

普通の先が丸いタイプの靴下だと足をずぼっと入れるだけですが、5本指だとなかなかすんなりと指を入れることができず、ちょっと時間がかかります。1足目の5本指靴下が履ければ、2枚目以降の重ね履きはそれほど苦労しませんが、忙しい朝に毎朝履くとなるとちょっと大変かもしれません。

4枚履くと靴のサイズが合わないことも、冷え取り靴下生活では苦労する点だと思います。

私は仕事でパンプスを履かなければならないので、仕事中に4枚全て履くのは諦めました。外で履く場合はクロックスやスリッパが使える環境であれば良いと思います。4枚重ねると結構もこもこになるので、ぴったりした靴に無理やり履くと逆に血行が悪くなりそう。

こう書くと一見不便なことばかりに思えますが、私は使ってみて少しずつですが、冷え性が楽になって満足です!

家の中で毎日履くだけでも、足の冷え方が全然違います。普通の靴下だと、足先が熱くなると汗をかいてしまいますが、冷え取り靴下はさらさらで気持ち良いです。家に帰るとまず靴下を履き替えるのが習慣になりました。

夏でも蒸れないので気持ち良く、寝る時も足が冷たくて寝付きが悪いということがなくなりました。オフィスでは、ストッキングの上から2枚だけ重ねて履くようにしていますが、これだけでも以前の冷え方とは全然違います。2枚だとそこまでかさばることもなく、冬場のブーツの時期なら通勤時も履けます。

靴下は洗濯物した後も分かりやすいように、靴下の内側に番号を書いて探すイライラも解消!

運動もなかなかマメにできず、薬を飲むのも抵抗がある私には、履くだけで足先があたたまるというのがとても手軽で続けやすく、すぐに効果を感じることが出来ました。

冷え性は、冷え取り靴下で解決!

暑い夏、体は熱くても足先は冷えている冷え性女子は、冷え取り靴下を試してみましょう。

基本的に年中使える冷え取り靴下ですが、夏はなるべく涼しく過ごしたい。という場合は夏用の靴下もあります。

冷え取り靴下なら締め付けがなく、寝る時も安心して履けるので、24時間冷え性対策が出来ますよ。今から冷え性の改善に取り組むと、冬の寒い時期にはずいぶんと楽になっていることを実感できるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

九州出身♥自然大好き!旅行大好き!フットワークが軽いのが自慢です! nanairoでは、美容と健康を担当しています(^^)

NEW POST