冷え性は食べ物でケアできる~陰性と陽性の食べ物~

これから、暑くなってくると、冷たくてさっぱりとしたものが食べたくなりますが、冷え性さんにはあまり冷たい食べ物や、飲み物はオススメできません。だからといって、夏にあったかいものばかりは、しんどいですよね。

食材は陰性と陽性と中庸に分かれていて、陰性は身体を冷やし、陽性は身体を温めてくれるものいいます。どちらにも当てはまらないものは中庸になります。冷え性さんは、なるべく身体を温めてくれる陽性の食材を意識すると良いでしょう。ただ、陰性の食材でも少し手を加えれば中庸に変化することがあるので、旬の食材や体調に合わせてうまく調理し、バランスよく身体に取り入れましょう。

陽性の食べ物特徴

寒い土地でとれるもの

冬にとれるもの

土中にうまっているもの

水分の少ないもの

熱を加えると硬くなるもの

塩辛いもの

陽性の食べ物

陽の食材
穀類 もち米 ふ ライ麦
砂糖・甘味料 黒砂糖 水あめ
油脂類 ごま油 大豆油 ひまわり油
種実類 くるみ 松の実 くり 梅干し
豆・豆類加工品 いんげん そら豆 納豆 小豆 黒豆
魚介類 あじ さば いわし ふぐ えび たい かつお たら なまず ぶり あなご うなぎ 鮭
肉類 羊肉 鶏肉 鹿肉 レバー
乳・乳類加工品 チーズ
野菜類 玉ねぎ にら 生姜 ニンニク ねぎ かぶ 南瓜 大根 高菜 しし唐辛子 シソの実・葉 青梗菜 みょうが よもぎ わさび 蓮根 ごぼう 人参 グリーンアスパラ さつま芋 パセリ
果物 桃 ざくろ きんかん なつめ あんず オレンジ ココナッツ ライチ
飲料類 日本酒 紅茶 ココア 中国茶 ハーブティ 紹興酒 赤ワイン
調味料・香辛料 みりん からし みそ シナモン こしょう 山椒 唐辛子 クローブ 八角 天然塩 豆板醤 醤油

陰性の食べ物の特徴

暑い土地でとれるもの

夏にとれるもの

地上でとれるもの

科学的に合成されたもの

精製されて色が白いもの

やわらかく、水分の多いもの

熱をいれると柔らかくなるもの

陰性の食べ物

陽の食材
穀物 そば 小麦 あわ 白いパン ひえ ハト麦
イモ類・加工品 こんにゃく じゃが芋
砂糖・甘味料 白砂糖
油脂類 バター マヨネーズ 精製油
種実類 そば 小麦
豆・豆類加工品 豆腐 緑豆
魚介類 かに かき しじみ たこ あさり うなぎ うに はも
肉類 馬肉 ピータン 牛の胆のう 羊の肝臓
乳・乳類加工品 牛乳 バター
野菜類 かいわれ きゅうり 慈姑 しめじ せり セロリ ピーマン じゃが芋 なす トマト
果物類 バナナ マンゴー パイナップル なし 柿 すいか いちご メロン びわ みかん
藻類 青のり 昆布 てんぐさ もずく わかめ
飲料類 緑茶 コーヒー
調味料・香辛料 合成酢 合成甘味料 砂糖 食品添加物

中庸の食品の特徴

主食に適したもの

できるだけ精白してないもの

加工されていないもの

中庸の食材

中庸の食材
穀物 玄米 うるち米 大豆 トウモロコシ 黒パン 米
イモ類・加工品 里芋 じゃが芋 サツマイモ やまいも
砂糖・甘味料 はちみつ 黒砂糖 黒蜜
種実類 ごま ぎんなん けしの実 落花生 クコの実
豆・豆類加工品 大豆 エンドウ豆
魚介類 すずき しらうお たちうお ひらめ あわび いか 舌ひらめ
肉類 牛肉 豚肉 鶏卵
野菜類 とうもろこし
果物 ぶどう いちじく かりん りんご さくらんぼ
飲料類 ウーロン茶
調味料・香辛料 はちみつ

陰性を中庸にする調理法

はじめにも軽く説明しましたが、陰性の食品が中庸に変化する調理法が4つあるので、ご紹介します。

加熱する

ナスやトマトなどの夏野菜は、ビタミン・ミネラルが豊富な食材が多く、また旬の時期にはおいしい上に、値段も安く手に入りやすいですよね。ですが、生のまま食べてしまうと身体を冷やしてしまいます。加熱することで、陰性の効果は弱まります。

乾燥させる

乾燥させるといっても、大事なのは天日干しということです。太陽の力をかりて、乾燥させることで、陽性に変えることができます。例えばドライフルーツや、干物、切り干し大根などが、あげられます。

天然塩

天然塩自体、強い陽性食品です。陰性の食材に塩をいれるだけで陽性に代わります。相性のいい食材が多く、手軽に使える調味料です。

香辛料を加える

香辛料には、いろんな種類がありますが、中でもサフラン、ガーリック、シナモン、オニオン、ジンジャーは特に身体を温めるのに効果的です。フルーツにシナモン、サフランライスやガーリックソテーなど、陰性のものと組みあわせてください。

バランスを考えて食べればOK♡

陰性と陽性と中庸の食材を知って、どうですか?これ陰性やったけど、毎日食べてるわ~っていうものありませんでしたか?それでも大丈夫です!別に問題ないんです!陰性だから食べられない、陽性だからOKというような、偏った食べ方のほうが問題ありです。1番いいのは、旬の野菜を調理法をかえながら陰性と陽性をうまく取り入れていくことです!