頭皮のにおいは薄毛・抜け毛の原因?!頭皮ケアをしてハゲを回避せよ!

目次 ※クリックで開閉します

頭皮のにおいが気になる方は、薄毛や抜け毛にも気をつけたほうが良いかもしれませんよ。

同じ原因で薄毛や抜け毛が起こる可能性があるからです。

頭皮のにおいや薄毛、抜け毛を防ぐには、どのような頭皮ケアを心がければよいのでしょうか。

頭皮のにおいと薄毛、抜け毛の関係とケア方法をあわせて解説いたします。

頭皮のにおい

ふとした時に、頭皮のにおいが気になったことはありませんか。

あるいは、家族などから頭皮のにおいを指摘されたことはありませんか。

あてはまる方は、薄毛や抜け毛に注意が必要です。

なぜ、薄毛や抜け毛に注意したほうが良いのでしょうか。

頭皮のにおいがハゲの原因に?

頭皮のにおいが薄毛や抜け毛につながるといわれても、信用できない方が多いかもしれませんね。

つながりがないように見える2つのトラブルですが、見えないところでつながっていることが多いといわれています。

頭皮のにおいの主な原因は、皮脂の分泌が多すぎることです。

何かしらの原因で皮脂の分泌が多くなると、2つの原因で頭皮がにおいやすくなります。

ひとつが多すぎる皮脂が酸化することで、もう一つが皮脂をエサにする真菌が異常繁殖することです。

皮脂の分泌が多すぎることは、薄毛や抜け毛の原因にもなります。

多すぎる皮脂が毛穴に詰まると毛乳頭の働きが悪くなって髪の毛の成長が妨げられ、皮脂をエサに真菌が異常繁殖すると頭皮で炎症が起こり抜け毛につながることがあるからです。

また、これらの他にも様々なトラブルが起こり薄毛や抜け毛につながることがあります。

以上の理由から、頭皮のにおいが気になる方は薄毛や抜け毛にも注意したほうが良いといわれています。

薄毛や抜け毛は自覚しづらいですが、頭皮のにおいは自覚しやすいといえます。

頭皮のにおいをサインにすれば、薄毛や抜け毛につながる前に頭皮トラブルを改善できるかもしれません。

においの原因

頭皮のにおいは、主に皮脂の分泌が多くなりすぎることで起こります。

皮脂の分泌が多くなる原因の一つがシャンプーのやりすぎです。

においや汚れを気にしすぎて、1日何度もシャンプーを繰り返すと頭皮を守る皮脂まで洗い流してしまいます。

頭皮がデリケートな状態になるので、頭皮を守るため必要以上の皮脂が分泌されてしまいます。

これにより頭皮のにおいが強くなることがあります。

衛生面を気にする女性に多い原因といわれています。

丁寧にシャンプーしているのに頭皮がにおう方は、シャンプーのやりすぎに気をつけましょう。

反対に、シャンプーが不十分でも頭皮のにおいが強くなります。

不要な皮脂や汚れを落としきれないからです。

頭皮に皮脂がとどまり酸化すると、加齢臭の原因になるノネナールという物質が作り出されます。

加齢臭が気になる方は、頭皮の汚れがしっかり落とせていないかもしれません。

男性に多い原因なので、加齢臭が気になる方は頭皮の汚れに注意しましょう。

いずれかの理由で、頭皮の皮脂が多くなると皮脂をエサにする真菌が異常繁殖しやすくなります。

この真菌は、皮脂を分解する過程で嫌なにおいを放つ脂肪酸を作り出します。

これによっても頭皮のにおいが強くなります。

真菌以外の雑菌が繁殖することでも頭皮はくさくなります。

雑菌は、主に頭皮が蒸れることで繁殖します。

頭皮は、シャンプー後の自然乾燥や帽子の着用などで蒸れます。

シャンプー後の自然乾燥は男性に、帽子の着用はおしゃれ好きな女性に多い原因です。

頭皮がにおう方は、頭皮の蒸れにも注意しましょう。

シャンプー以外では?

以上のほかでは、生活習慣の乱れも頭皮のにおいの原因になります。

生活習慣が乱れると皮脂の分泌が多くなるからです。

例えば、脂っこいものや甘いものばかり食べていると皮脂の分泌が多くなります。

あるいは、ストレスが溜まって男性ホルモンが優位になることでも皮脂の分泌が増えます。

女性は、排卵後に分泌が多くなる黄体ホルモンの影響でも皮脂の量が多くなります。

頭皮のにおいと関係ないように見えますが、結果的に皮脂の分泌を増やすので頭皮のにおいを強くする恐れがあります。

頭皮のにおいや薄毛、抜け毛が気になる方は生活習慣まで注意が必要です。

においケア

頭皮のにおいが気になるときはどのようにケアすればよいのでしょうか。

オススメのケア方法を紹介いたします。

ケア方法

シャンプー

頭皮のにおいが気になる方はシャンプーのやり方を見直しましょう。

洗いすぎも洗わなさすぎも頭皮のにおいの原因になります。

シャンプーは正しく行うことが重要です。

シャンプーを見直すときは、使用するシャンプーから考えましょう。

洗浄力の強いシャンプーは皮脂と汚れをしっかり落としますが、落としすぎると頭皮が敏感になるため過剰な皮脂が分泌されます。

基本的には、洗浄力のマイルドなシャンプーを利用したほうが良いといわれています。

洗浄力のマイルドなシャンプーの代表として勧められているのがアミノ酸系シャンプーです。

頭皮のにおいが気になる方はアミノ酸系シャンプーを使用して、次のポイントに気をつけた頭皮を洗うと良いでしょう。

  1. 37度~40度のお湯で頭皮と髪の毛をしっかりすすぐ
  2. 手のひらにシャンプーをとってよく泡立ててから頭皮に塗布する
  3. 指の腹で頭皮をマッサージするように優しく洗う
  4. 37度~40度のお湯でシャンプーが残らないようにしっかりすすぐ

ポイントは、ぬるめのお湯でシャンプー前後にしっかりすすぐことです。

ぬるめのお湯を使う理由は、熱いお湯だと必要な皮脂まで洗い流してしまうからです。

シャンプーの回数は1日1回まで、出来るだけ就寝前に行いましょう。

頭皮の蒸れを防ぐ

シャンプー後は、清潔なタオルで抑えながら水分をふき取り、ドライヤーで乾かします。

ドライヤーは頭皮から15㎝以上離して、同じ場所に風を当てないように気をつけながら使用します。

短時間で、髪の毛の生え際を乾かすことがポイントです。

帽子をかぶる方は、通気性に気をつけましょう。

紫外線を防ぐなどのメリットはありますが、蒸れてしまうと頭皮のにおいがきつくなってしまいます。

食生活の改善

脂っこいものや甘いものを食べ過ぎると皮脂の分泌が多くなります。

頭皮のにおいが引きになる方は、これらの食べ過ぎを控えましょう。

代わりにビタミンB2やビタミンC、食物繊維などを豊富に含む緑黄色野菜をしっかり食べると皮脂の分泌をコントロールしやすくなります。

頭皮のにおいや薄毛、抜け毛が気になる方は、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

ストレスケア

ストレスがたまると、皮脂の分泌を活発にする男性ホルモンが優位になるほか、血管が収縮して頭皮の血行が悪くなります。

頭皮のにおいはもちろん、薄毛や抜け毛の原因にも直結するので、ストレスはしっかり発散することが重要です。

ストレスが溜まっている方は、意識的にリラックスする時間を作るなどストレスケアに取り組みましょう。

頭皮マッサージ

頭皮のにおいや薄毛、抜け毛が気になる方は、頭皮環境が乱れている可能性があります。

頭皮マッサージで血行と新陳代謝を促進すると良いでしょう。

頭皮の新陳代謝が促進すれば、毛穴の詰まりが取れやすくなるので、頭皮のにおいや抜け毛などが改善しやすくなります。

頭皮マッサージのやり方は次の通りです。

  1. こめかみから耳の上の生え際にそって小指から人差し指を置く
  2. 親指を後頭部に置いて固定する
  3. 小指から人差し指で円を描くように頭皮をもみほぐす
  4. 指を上へ滑らせて頭皮全体をもみほぐす
  5. 後頭部の生え際を親指でもみほぐす

5分ほど時間をかけてマッサージをすることで頭皮の血行を改善して新陳代謝を促せます。

入浴中など、血行が促進しているときに行うと効果的です。

まとめ

頭皮のにおいの主な原因は、皮脂の分泌が多くなることです。

皮脂の分泌が多くなると薄毛や抜け毛も起こりやすくなるため、頭皮のにおいは薄毛や抜け毛のサインとして利用できます。

気になる方は、紹介した原因に当てはまる点がないか見直しましょう。

シャンプーのやり方などを見直すことで、ほとんどの頭皮のにおいは改善できます。

PICKUP CONTENTS

トップへ