ハゲたくないなら頭皮ケアから!シャンプーによって左右される?!

目次 ※クリックで開閉します

薄毛を気にする方の中には、シャンプーを控えようと考えている方が多いかもしれませんね。

抜け毛が気になるので控えたくなるかもしれませんが、薄毛を進行させたくないならシャンプーを正しく行ったほうが良いかもしれませんよ。

ここでは、頭皮ケアの重要性と正しくシャンプーするためのポイントを解説いたします。

薄毛にお悩みの方は参考にしてください。

頭皮ケアは大事

性別を問わず、薄毛に悩む方が多いはず。

特に、最近になって薄毛に悩む女性が増えているといわれています。

薄毛の原因は人により異なりますが、男性では「男性ホルモンの影響や遺伝、食生活の乱れ、睡眠不足、ストレス、お酒の飲みすぎ、喫煙」などが、女性では「ストレス、間違えたダイエット、間違えたヘアケア、睡眠不足」など多いといわれています。

頭皮トラブル

これらにより影響で、頭皮の血行が悪くなる、皮脂の分泌が過剰になる、過剰な皮脂やフケで毛穴が詰まるなどするとヘアサイクルが乱れて髪の毛が抜け落ちてしまいます。

頭皮の血行が悪くなると、髪の毛の成長に必要な栄養が届けられなくなるほか頭皮の新陳代謝が鈍くなります。

髪の毛の成長に必要な栄養が届けられなくなると、髪の毛の成長が滞る、髪の毛が細くなるなどのトラブルが起こります。

頭皮の新陳代謝が鈍くなると、毛穴に皮脂が詰まりやすくなります。

毛穴に皮脂が詰まると、酸化して周囲の細胞にダメージを与えます。

これにより、髪の毛が上手く成長できない状態に陥り、抜け毛が増えることがあります。

頭皮は、皮脂が多いといわれる額や鼻よりも皮脂腺が多い場所です。

男性ホルモンの影響や生活習慣の乱れなどが加わると、簡単に過剰な皮脂が分泌されてしまいます。

頭皮ケアの重要性

以上のトラブルを防ぐために取り組んだほうが良いといわれているのが頭皮ケアです。

クレンジングやマッサージなどで頭皮の毛穴にたまった皮脂などの汚れを取り除き、血行を促進することができます。

頭皮は髪の毛の成長を支える畑のような存在です。

畑が良い状態に整えば、髪の毛も元気に成長しやすくなります。

つまり、抜け毛を防いで健康な髪の毛を維持しやすくなるのです。

シャンプーから

頭皮ケアが重要と分かっても、忙しい生活の中でクレンジングやマッサージ取り組むことが難しい方が多いはずです。

このような方にオススメなのが、毎日のシャンプーです。

シャンプーは、最も手軽で最も重要な頭皮ケアと考えられています。

髪の毛を洗う取り組みと思われがちですが、シャンプーは頭皮を洗う取り組みです。

正しく取り組むことで、頭皮の血行を促進して、毛穴に詰まった皮脂などの汚れを取り除くことができます。

正しいシャンプーで頭皮環境を健康に保てば、健康な髪の毛を維持しやすくなります。

少なくとも、頭皮ケア不足が原因で起こる抜け毛を防ぐことができます。

薄毛や抜け毛が気になる方は、正しくシャンプーを行えているか見直してみてはいかがでしょうか。

シャンプーは次のポイントに気をつけて行います。

ポイント1:シャンプーの選び方に注意

どれでも同じに見えるシャンプーですが、頭皮に与える影響は商品により異なります。

洗浄力が強すぎるシャンプーでゴシゴシ洗うと、皮脂を落としすぎてしまうことがあります。

皮脂には外から加わる刺激から頭皮を守る働きがあるので、必要な皮脂まで落としてしまうと頭皮が乾燥するなどのトラブルが起きやすくなります。

また、頭皮を守るため皮脂が過剰に分泌されることもあります。

頭皮ケアを目的にシャンプーを行う場合は、洗浄力のマイルドなシャンプーが勧められています。

スーパーやドラッグストアなどで販売されている安価なシャンプーは避けて、頭皮や髪の毛にやさしいアミノ酸系シャンプーなどを選びましょう。

頭皮環境を整える成分を配合している育毛シャンプーなどもオススメです。

ポイント2:洗いすぎも洗わなさすぎもNG

頭皮の皮脂が抜け毛の原因と考える方の中には、シャンプーで頭皮の皮脂を根こそぎ落とそうとする方がいるようです。

気持ちはわかりますが、先ほど解説した通り頭皮の皮脂は必要な存在です。落としすぎると無用なトラブルを招いてしまいます。

シャンプーで頭皮をゴシゴシ洗いすぎることは控えましょう。

また、1日2回以上のシャンプーもオススメできません。

シャンプーは1日1回までにしましょう。

薄毛を気にする方の中には、抜け毛を減らすため優しく髪の毛だけを洗う方がいます。

この気持ちもわかりますが、肝心の頭皮を洗わないと毛穴が詰まって髪の毛の成長に悪影響が及びます。

シャンプーで抜ける髪の毛は、放っておいても抜け落ちるサイクルに入っている髪の毛といわれています。

気にしすぎず、頭皮の環境を良い状態に保つため適切なシャンプーに取り組みましょう。

ポイント3:お湯の温度に注意

頭皮ケアに気をつけたい方は、シャンプー時のお湯の温度にも気をつけましょう。

熱いお湯で洗った方がすっきりするかもしれませんが、熱すぎるお湯はおすすめできません。

頭皮の皮脂が流れ落ちて乾燥しやすくなるからです。

シャンプーで使うお湯は、37度~40度までにしましょう。

42度は熱すぎると考えられています。

ポイント4:指の腹で頭皮をマッサージ

シャンプーは頭皮を洗うための取り組みです。

爽快感を得るため爪でこすりたくなるかもしれませんが、このような方法はNGです。

爪でこすると頭皮と毛根が傷ついてしまうからです。

頭皮ケアを重視したい方は、指の腹で頭皮をマッサージするように優しく洗いましょう。

毛穴に詰まった皮脂を押し出せるとともに頭皮の血行を改善することができます。

慣れるまで物足りないかもしれませんが、とても重要なポイントなので気をつけてください。

ポイント5:しっかりすすぐ

一通り、頭皮が洗えたら37度~40度のお湯でしっかりすすぎます。

軽くすすいで終わる方が多いようですが、すすぎ残しがあると頭皮トラブルの原因になってしまいます。

生え際、側頭部、頭頂部、後頭部にブロック分けして、シャワーを直接あてながらしっかりすすぎましょう。

しっかりすすげたと思ってから、もう一度すすいでちょうどよいくらいです。

ポイント6:ドライヤーで乾かす

間違えている方が多いポイントが、シャンプー後のドライです。

髪の毛にダメージを与えないため自然乾燥する方が多いようですが、自然乾燥すると頭皮が蒸れるため雑菌が繁殖しやすくなります。

シャンプー後は、清潔なタオルで抑えるように濡れた髪の毛と頭皮を拭き、速やかにドライヤーで乾燥させましょう。

ポイントは、髪の毛とドライヤーを15㎝以上離すことと、温風で乾かした後に冷風を通して髪の毛を落ち着かせることです。

正しいシャンプーを

以上のポイントに気をつければ、正しくシャンプーが行えるはずです。

毎日行える重要な頭皮ケアなので、薄毛や抜け毛が気になる方は丁寧に取り組みましょう。

まとめ

頭皮ケアを怠ると、頭皮の血行が悪くなり毛穴に皮脂が詰まるため抜け毛が増えやすくなります。

薄毛や抜け毛を気にしている方は、クレンジングや頭皮マッサージに取り組みましょう。

面倒な方は、毎日のシャンプーを正しく行うとよいかもしれません。

紹介したポイントに気をつけることで、健康な頭皮を維持しやすくなります。

頭皮が健康になれば髪の毛も健康になるので、頭皮トラブルが原因の抜け毛を減らすことができるはずです。

PICKUP CONTENTS

トップへ