大人気!モロッカンオイルでつやつや美髪に♪

夏が近づき、紫外線が気になる時期がやってきました。

肌のケアはもちろんですが、髪の毛の対策もできていますか?

紫外線は髪の毛を乾燥させ、ツヤをなくす原因です。

普通に生活しているだけでも、髪の毛は常にダメージを受けています。

これからの季節、プールや海などの機会が増え、髪の毛が濡れたまま紫外線を浴びることもあるでしょう。

そうするとさらにダメージが大きくなります。

そんな紫外線ダメージから髪の毛を守ってくれる、心強い存在がモロッカンオイルです。

活用して、美しいツヤを取り戻しましょう。

モロッカンオイルとは??

  出典:moroccanoil

モロッカンオイルとは、アルガンオイルを含む複数のオイルや脂肪酸、プロテインなどが含まれたヘアケア専門製品です。

中心となるアルガンオイルは、美容や健康、エイジングケアで注目されているオイルです。

優秀すぎるオイル!

そんなオイルを含むモロッカンオイルは、少量で傷んだ髪に栄養を与え、乾燥を防ぐ効果があります。

オイルですが、べたつきません。

また、モロッカンオイルは登録を受けた美容室専用の商品です。

トリートメントオイル以外に、シャンプーなどのラインも揃っています。

状況に応じてトータルケアすることもできます。

ただし、モロッカンオイルはヘアケア専用の製品です。

シリコンも配合されています。

髪の毛のケアには適しているものの、顔や体に使用できるアルガンオイルとは、使い分けが必要です。

アルガンオイル

アルガンオイルがとれる樹木は、モロッコの南西部に生育しています。

サハラ砂漠の過酷な環境に育ち、昔から薬としても使われてきました。

別名「モロッコの宝石」と言われるほど、その実からとれるオイルには希少価値があります。

それは現在も、1Lを抽出するのに15時間ほどかけて抽出されているからです。

これもひとえに、オイルの酸化を防ぎ、品質を維持するためです。

この希少なオイルには、オメガ6や必須脂肪酸、カロチンが豊富に含まれています。

抗酸化作用に富んでいるため、エイジングケアも期待されています。

アルガンオイルの成分

アルガンオイルに含まれている必須脂肪酸は、オレイン酸です。

人の肌や髪に馴染みやすい性質を持っています。

その上蒸発しにくく、保湿力も高い効果を持っています。

他にもサポニンという成分が含まれています。

これも肌や髪の毛を柔らかくすると言われており、オイルの浸透を助ける役割を果たします。

またアルガンオイルには、ビタミンEがオリーブオイルの3倍も含まれています。

この豊富なビタミンEは、モロッカンオイルに含まれる亜麻仁油(フラックスオイル)の酸化を防いでくれるので、髪の毛にツヤが出ます。

モロッカンオイルには、こうしたアルガンオイルのいい成分がギュッとつまっています。

だから使うほどに美しい髪の毛が戻ってくるのです。

香り

モロッカンオイルの香りはバニラムスクです。

甘さの中に少しスパイシーなエッセンスが入った、エキゾチックな香りです。

一度使うと忘れられず、使うたび癒されます。

かといって香りが強すぎるということはありません。

嫌味にならず、ふんわりと一日持続します。

効果的な使い方

モロッカンオイルを効果的に使う方法は次の通りです。

  • ドライヤー前のトリートメント
  • シャンプー前のトリートメント
  • スタイリングの仕上げ
  • エクステンションのケア
  • カラー・パーマの事前処理
  • ダメージ回復、保護
  • 頭皮のかゆみ、乾燥を防ぐ
  • 髪の弾力、艶を取り戻す
  • なめらかな指通りにする
最強の洗い流さないトリートメント

モロッカンオイルは洗髪後、洗い流さないトリートメントとして使うのがおすすめ。

使い方は、タオルドライした髪の毛に、少量のオイルをなじませてドライヤーで乾かします。

この時、傷みやすい毛先を中心になじませるのがポイントです。

ドライヤー前につけることで、熱から髪の毛を守り、乾燥を防ぐことができます。

乾いた後、さらに薄く馴染ませると、さらさらの髪の毛に仕上がります。

もし、ひどく乾燥が気になる場合は、シャンプー前に使用するのも一つの方法です。

その時は、ダメージが強い毛先を中心にもみこんでください。

こうすることで、シャンプーによる洗浄のしすぎを抑え、髪の毛の水分や栄養が流れ出るのを防ぎます。

カラーリングしている場合は、色の流出も防ぎます。

シャンプー前と後、両方使う場合は、使用する量に注意してください。

オイルなので、使いすぎるとべたつきます。

また、トリートメントとしてつけるなら、必ず毎晩洗髪しましょう。

長時間たつと、どうしてもオイルは酸化します。

酸化すると髪はかたくなり、においが発生することがあります。

特に真夏の強い日差しを受けた日は、夜きちんと洗い流すことが大切です。

スタイリングにも使える!

モロッカンオイルはトリートメントとしてだけでなく、スタイリングの際にも使うことができます。

例えばスタイリング時、ドライヤーやアイロンをする前に馴染ませれば、スベスベの指通りに変化します。

仕上げにつけた場合は、ツヤ感が生まれます。

エクステンションを使用している人にもおすすめです。

モロッカンオイルをつけると、エクステンションに弾力を与え、もつれた部分がほどけやすくなります。

そしてその後も、もつれを減らす作用があります。

ヘアカラーやパーマも、髪に大きなダメージを与える存在です。

ここにも、施術前にモロッカンオイルを使うことをおすすめできます。

傷んだ髪に栄養を与え、スタイリングしやすい髪の毛へと変化させてくれます。

この場合も、毛先を中心に塗布してください。

髪質問わず

またカラー剤の中に加えると、ダメージを防ぎツヤ感も生まれます。

他にも、髪と頭皮とのバランスを整える作用があります。

それにより、頭皮のかゆみや乾燥を防ぐことにつながります。

ただ、シリコンが含まれているので、頭皮に直接つけるのは避けましょう。

このようにモロッカンオイルは、髪質を問わず使うことができます。

使うほどにシルクのような髪の弾力、艶が生まれます。

オイルですがべたつかないので、なめらかな指通りに仕上がります。

注意

モロッカンオイルの商品は、通常登録した美容室でしか扱っていません。

ネットでも商品の販売が見られますが、偽物である可能性が高く注意が必要です。

公式サイトを使い、パッケージの特徴、や商標マーク、QRコードの有無などを確認しましょう。

美容室であれば、きちんとした研修を受けて取り扱っているので、自分の髪に合わせた正しいアドバイスを受けられます。

まとめ

モロッカンオイルは、エイジングケアでも注目を集めているアルガンオイルを中心としたヘアケア専用の製品です。

シャンプーなどと併用してトータルケアすることもできます。

髪質も問いません。

トリートメントとして使えば、ダメージを回復し乾燥を防いでくれるので、ツヤのある髪の毛が戻ってきます。

そして少量でもサラサラでなめらかな指通りになります。

ただしアルガンオイルと違い、ヘアケア専用なので、スキンケアやボディケアに使うのは避けましょう。

べたつかないオイルですが、トリートメントは毎日洗い流すことが大切です。

また登録を受けた専門の美容室で購入することがベストです。

優秀すぎるモロッカンオイル。

ぜひ使ってみてください!