HARG療法を受けられる!「中央クリニック」ってどうなの?料金や評判は?

目次 ※クリックで開閉します

中央クリニックでは、性別を問わず様々な脱毛症に対する医学的な根拠に基づく薄毛治療を行っています。

ひとりひとりに合った治療方法を説明して、納得を得たうえで行うので満足度が高いといわれています。

25年の歴史があり、全国に21院を展開しているので、どなたでも通いやすいはずです。

治療内容や費用、口コミなどを詳しく解説するので、薄毛にお悩みの方は検討してみてはいかがでしょうか。

治療法

中央クリニックの特徴のひとつが、医学的根拠に基づく確かな治療です。

具体的に、治療はどのように進められるのでしょうか。治療の流れから見ていきましょう。

治療の流れ

中央クリニックの治療は、完全予約制の無料カウンセリングから始まります。

カウンセリングは、完全個室で行われます。

医師またはAGA専門カウンセラーが、治療内容や費用などについて不明な点がなくなるまで丁寧に説明してくれます。

中央クリニックは守秘義務を厳守しているので、カウンセリングの相談内容が家族を含む第三者に知られることはありません。

カウンセリング後に治療を希望する方は、当日あるいは後日に受けることができます。

不安を感じる場合や、カウンセリングだけ受けてみたい場合は、帰ってから検討することもできます。

中央クリニックでは、発毛治療、育毛治療、抜け毛治療など様々な治療が行われています。

治療後に不安や心配を感じたときは24時間救急TELにて対応してくれます。

安心して治療を受けられるクリニックといえるでしょう。

処方薬

育毛、抜け毛予防などに役立つ様々な薬を処方しています。

育毛治療の処方薬

育毛治療では、頭皮の血行を促進し育毛に必要な栄養を毛乳頭に届け、毛乳頭の働きを活性化することで育毛を促進するミノキシジル(ロゲイン・カークランド・エキュート)、バランスの良いアミノ酸が補えるプラセンタカプセル(医療機関でしか販売できないCMKラミュープラセンタカプセルMDG)を処方しています。

男性の抜け毛治療の処方薬

抜け毛治療(脱毛症改善)で処方される薬は性別により異なります。

男性には、AGAの原因物質を作り出す5αリダクターゼの働きを阻害するフィナステリド・プロペシアを処方しています。

肝機能障害のある方には処方できません。

女性の抜け毛治療の処方薬

女性には、毛髪構造を改善するために必要な成分がバランスよく配合されているパントガールを処方しています。

パントガールは世界で初めて有効性と安全性が認められた女性の薄毛治療薬です。

女性に多いびまん性脱毛症(頭部全体が薄くなる薄毛)や分娩後脱毛症などに効果的です。

現在のところ、目立った副作用は報告されていません。

治療法

中央クリニックでは、発毛治療・育毛治療・抜け毛治療を行っています。

それぞれどのような治療を行うのでしょうか。

発毛治療

性別を問わず、効果的な発毛治療として取り組まれているのがHARG療法です。

HARG療法とは、幹細胞から抽出された成長因子に発毛に有効な様々な成分を加えたHARGカクテルを頭皮に注入する治療です。

HARGカクテルが、毛乳頭や毛包をよみがえらせ、毛母細胞を刺激することで発毛が促進します。

治療は、3~8週間に1回の施術を6回(1クール)繰り返すことで行います。

多くの場合、3、4回目の施術ごろから髪の毛が生えてきます。

1クール終了後は、必要に応じて2カ月に1回程度の頻度で施術を行います。

発毛効果が非常に高い最先端の治療ですが、HARG療法は認定医療機関でしか受けられません。

HARG療法が受けられる点は中央クリニックの大きな魅力です。

育毛治療

男性、女性ともミノキシジルを使った育毛治療を行っています。

男性の育毛治療では5%ミノキシジル、女性の育毛治療では2%ミノキシジルを使用しています。

ミノキシジルで頭皮の血行が改善しても栄養が不足していると髪の毛を育てることはできないので、プラセンタカプセルを使って栄養バランスを整えることもあります。

また、プラセンタカプセルでバランスよくアミノ酸を補うことでホルモンバランスが整いやすくなるので、ホルモンバランスの乱れで抜け毛が起きていると考えられる場合もプラセンタカプセルを利用します。

ホルモンバランスの乱れは、女性に多い抜け毛の原因です。

抜け毛治療

男性の抜け毛治療では、フィナステリド・プロペシアを使用します。

男性ホルモンの影響で乱れたヘアサイクルが正常化するので、抜け毛が減少します。

1日1錠の服用を3~6カ月程度続けることで効果が現れます。

ただし、服用を中止すると少しずつ元の状態に戻ります。フィナステリド・プロペシアは、日本皮膚科学会が強く勧める抜け毛治療薬です(※ミノキシジルも強く勧められています)。

女性の抜け毛治療ではパントガールを使用します。

パントガールを内服することで抜け毛が減り、びまん性脱毛症や分娩後脱毛症などが改善します。

効果を得るには最低でも3カ月程度の服用が必要です。

6カ月~12か月の長期服用を定期的に行うことで美しい髪の毛を維持できるといわれています。

費用

カウンセリングは無料で受けることができます。

治療に進む場合は、診察料5,000円が必要です。

(初診のみ、再診と再処方料は無料)

ここにそれぞれの治療にかかる費用が必要です。

HARG療法

頭部1/3の範囲 トライアル80,000円 通常120,000円

頭部2/3の範囲 トライアル100,000円 通常150,000円

頭部3/3の範囲 トライアル120,000円 通常180,000円

ブロック麻酔 1回15,000円 6回60,000円

育毛治療(男性)

ミノキシジル カークランド1箱6本入・6カ月分(スポイト付き)24,000円

ロゲインムースタイプ1箱3本入・3カ月分15,000円

ミノキシジルタブレット100錠100日分15,000円

育毛治療(女性)

ロゲインスポイトタイプ1箱3本入・3カ月分15,000円

プラセンタカプセルMDG 100錠9,500円

抜け毛治療(男性)

プロペシア

28錠1カ月分7,500円

84錠3カ月分21,000円

抜け毛治療(女性)

パントガール

90錠1カ月分10,000円

270錠3カ月分27,600円

評判は?

全国に21院を展開しているので、中央クリニックは利用しやすい方が多いはずです。

興味のある方は、評判も確認しましょう。

初めてクリニックでカウンセリングを受けました。

医学的な根拠に基づいているせいか、育毛サロンなどより話が明確で分かりやすかったです。

カウンセリング後に治療を進められるかと思ったのですが、特に強要されることはありませんでした。

お薬の治療に限界を感じてHARG療法を受けました。

頭皮に注射をするのでかなり痛いと思っていたのですが、冷やしてくれたせいか我慢できないほどではなかったと思います。

確かに、お薬より効果があると思います。

それなりの費用が掛かる点だけが残念です。

人気があるせいか、希望する日に予約をとれないことが少なくありません。

仕事をしながら治療を続けるにはスケジュールの調整が必要かもしれません。

効果には満足しています。

希望する日に予約がとりづらい点に不満を感じている方がいるものの、治療の効果などには満足している方が多いようです。

まとめ

中央クリニックは、性別を問わず薄毛治療を行っている医療機関です。

全国に21院を展開しているので地方に在住している方も利用しやすいはずです。

HARG療法を受けたい方にとっては有力な選択肢になるでしょう。

もちろん、お薬を使った一般的な薄毛治療も受けられます。

興味のある方は、無料カウンセリングでそれぞれの治療の特徴、メリット、デメリットなどを確認すると良いでしょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ