自宅で簡単♪あなたの頭皮タイプチェック!

「シャンプーしているのにかゆい」

「夏になるとべたべたする」

そんなことはありませんか?

顔に乾燥肌、油性肌などがあるように、頭皮にも「オイリー」と「ドライ」という種類があります。

しかもホルモンバランスや年齢、疲労やストレス、季節によって変化します。

タイプに合わせたケアをしていないと、臭いやかゆみの原因となります。

そのチェックは簡単にできます。

ぜひ自分の頭皮タイプを知って、きちんとしたケアを行いましょう。

頭皮のタイプ

頭皮のタイプは3つに分かれます。

「ドライタイプ」

「オイリータイプ」

「正常タイプ」

です。

それぞれ特徴や原因があります。

ドライタイプ

ドライタイプの場合、軽いかゆみを感じたり、乾いた細かいフケが多く出ます。

かゆみから頭皮をひっかき、キズをつけ炎症が起こることもあります。

その原因には、次のようなことが挙げられます。

  • シャンプーのしすぎ
  • 高温のお湯
  • 洗いすぎて皮脂量が低下
  • ブラッシングのしすぎ
  • 紫外線
  • 季節的な問題、温度差
  • ストレス

シャンプーが原因?!

乾燥の原因として、第一にシャンプーのしすぎが考えられます。

髪の毛や頭皮は汚れやすく、ケアは大切です。

ただ過度なシャンプーは頭皮の乾燥を招きます。

そして乾燥すると気温や湿度に敏感になり、少しの摩擦が大きな刺激になります。

使用するお湯も、高温だと余分な皮脂まで流してしまいます。

40℃以上のお湯は使わないようにしましょう。

皮脂量の低下の原因は、洗いすぎが考えられます。

汚れを落としたい気持ちは分かりますが、やりすぎはいけません。

乾燥している状態でブラッシングするのも、角質層にダメージを与えます。

自然も原因になる

また、頭皮の乾燥は日常浴びる紫外線によっても引き起こされます。

紫外線は乾燥した頭皮のバリア機能を弱めます。

かゆみやフケといった症状は、これらの原因から起こります。

季節的な問題もあります。

秋冬は元々乾燥しやすいですが、暖房がそれをさらに進めます。

夏であっても油断できません。

暑い場所で汗をかき、皮脂が分泌された状態で、冷房の効いた部屋に入るとそのまま冷やされます。

これを繰り返すと毛穴づまりの原因になります。

この他にも、ストレスによって頭皮の乾燥が起こり、抜け毛にも影響します。

オイリータイプ

頭皮が脂っぽくなっている状態をオイリータイプといいます。

何となくべたつくな、という人はその可能性があります。

この場合もいくつかの原因が考えられます。

  • 皮脂の落としすぎ
  • 食生活の偏り、乱れ

やっぱりとりあえず「脂」が原因

オイリータイプの人は、べたつくからとシャンプーをしすぎたり、ごしごし強く洗いすぎている場合があります。

必要以上の皮脂がなくなると、かえって過剰分泌が起こります。

そして洗っているのにべたつくといった悪循環に陥ります。

食生活も大きく影響します

脂っこい料理のとりすぎ、外食のしすぎによる野菜不足で偏っていませんか?

飲酒もバランスを崩す原因です。

こうなると体脂肪率だけでなく皮脂腺の活動が活発化し、皮脂分泌がさらに増えます。

正常タイプ

正常タイプは、バランスのとれた健全な頭皮状態のことです。

頭皮は乾燥しすぎでもなく、皮脂が過剰に出ていたりすることもない状態です。

チェック法

自分の頭皮が今どういう状態かを知るには、次のような方法でチェックできます。

  1. シャンプー後、湿り気を残して乾かす
  2. あぶらとり紙を髪の生え際とつむじに張り付ける
  3. どのくらいで皮脂がでてくるかをチェックする

まずは普通にシャンプーで髪の毛を洗い、乾かします。

この時乾かすのは8~9割ほどに留め、湿り気を残しておきます。

そしてあぶらとり紙を、髪の生え際とつむじに張り付けます。

脂が染み出てくる時間によって、自分の頭皮の状態が分かります。

もし10~20分で出てきたらオイリータイプです。

大体一時間程度だった場合は正常タイプ、それ以上たっても出なかったらドライタイプと判断してください。

タイプ別ケア

結果はどうでしたか?

ドライタイプ、オイリータイプだった場合もケアすることで対策できます。

ドライタイプ

頭皮が乾燥している場合は、次のような対策方法を試してみましょう。

  • シャンプーのやり方や温度を変える
  • 使っているシャンプーを見直す
  • 頭皮の保護
  • ドライヤーの仕方を変える
  • ブラッシングに気を付ける
  • 紫外線対策
  • 温度・湿度対策
  • 十分な睡眠とバランスのいい食事
シャンプーの全面見直し!

まず、シャンプーする前に40℃以下のぬるま湯で頭皮の予洗いをします。

それからシャンプーをつけて、指の腹で、優しくマッサージしながら洗います。

すすぎは十分行い、コンディショナーなどは頭皮を避け、毛先だけにつけます。

シャンプーは1日1回にしてください。

使っているシャンプーを見直す場合は洗浄力が弱く、アミノ酸やオイル配合のものを選びましょう。

シャンプーの後は、保湿力のあるローションやトリートメントで頭皮を保護します。

ただし、つけすぎは毛穴が詰まる原因になります。

余裕があれば週1回程度セルフヘッドスパをするのもおすすめです。

基本のヘアケアも気を付けて

髪の毛は必ずドライヤーで乾かしましょう。

自然乾燥は水分が奪われやすくなります。

そうすると雑菌が繁殖し、かゆみや臭いの原因になります。

ドライヤーをかける時は、20cmくらい離して、根元を乾かすようにします。

仕上げに冷風を使うと、髪の毛にツヤが生まれます。

ブラッシングは、キューティクルを整えるよう一定方向に動かしましょう。

ドライヤーと一緒に使うのは避け、シャンプー前か、しっかり乾かした後に使うようにします。

頭皮を外敵から守る

紫外線対策には帽子や日傘が有効です。

あるいは髪の毛の分け目を変えたり、日焼け止めを利用します。

帰宅したら頭皮のケアをするようにしましょう。

秋冬で空気自体が乾燥している時は、特にマッサージで血行をよくすることが大切です。

そして寒いからといって、あまり熱いお湯を使うのはやめましょう。

皮脂が余分に奪われてしまいます。

外との気温差は、帽子で対応できます。

反対に夏は、冷房をかける時加湿器や観葉植物を置き、湿度を保ちます。

エアコンの風は直接受けないようにしましょう。

出来れば汗をかいたらすぐ洗い流します。

この他十分な睡眠や、食事のバランスに気を付けることも大切です。

オイリータイプ

チェックしてみてオイリータイプだった人も、いくつか注意すれば対策に繋がります。

  • シャンプーのやり方を変える
  • 朝シャンプーを避ける
  • 使っているシャンプーを見直す
  • 栄養バランスを整える
シャンプーしすぎは逆効果!

頭皮が脂っぽくなっていても、シャンプーは1日1回だけにしてください。

そしてまずは洗い方を変えてみましょう。

乾燥している時と同じく、シャンプー前に1分ほど、お湯で予洗いします。

それからシャンプーをつけて指の腹でマッサージします。

オイリーな状態の時は、皮脂をもみだすように、3~5分ほどかけて行います。

ただし頭皮に傷をつける可能性があるので、爪を立てたりこすったりはしないでください。

「二度洗い」もおすすめです。

その場合は一度目は軽く、二度目にしっかりと洗うようにします。

そしてドライタイプと同じく十分にすすぎ、コンディショナーなどは毛先だけにつけます。

洗い流さないトリートメントも頭皮につきにくく、おすすめです。

またオイリータイプの場合、朝シャンプーは避けましょう。

外出前のシャンプーは、皮脂が少なくなった状態で頭皮を紫外線や外気にさらします。

すると皮脂腺の働きが急速に活発化してしまいます。

もしシャンプーを見直す場合は、頭皮専用のものやサッパリした使用感のものにしてみましょう。

食生活も気を付けて

食生活を整えることも重要です。

偏ることなく、バランスのいい食事を心がけましょう。

例えば、食物繊維は脂肪の吸収を抑制してくれます。

また、ビタミン・ミネラルは代謝の向上や脂肪燃焼が期待できます。

脂肪分も、食べなさすぎはいけません。

まんべんなく栄養をとることが大切です。

まとめ

頭皮は肌と同じく、ドライタイプとオイリータイプ、そしてバランスのとれた正常タイプとに分かれます。

自分がどのタイプかは、あぶらとり紙を使って簡単にチェックできます。

ドライでもオイリーでも、生活を見直すことで対策できます。

特に、シャンプーする前の予洗いは大切です。

そして、頭皮タイプは常に同じではなく、変化するものです。

それに気づかないでいることはトラブルの原因になります。

定期的に見直すようにしましょう。