薄毛を気にしている人必見!薄毛は治療できますよ!薄毛の原因と治療法

セルフケアに取り組んでいるものの、薄毛が改善しないことはありませんか。

あてはまる方は、病院で薄毛治療を受けるとよいかもしれませんよ。

病院を利用すれば、薄毛の原因に基づく治療を受けることができます。

薄毛の原因と治療法などについて詳しく解説いたします。

薄毛の原因

薄毛になると見た目年齢が老けてしまうので困りますよね。

最近では、女性も薄毛に悩まされる方が増えているといわれています。

薄毛はどのような原因で引き起こされるのでしょうか。

男性の薄毛の原因

男性の主な薄毛の原因といわれているのが男性型脱毛症(AGA)です。

AGAは、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素によりジヒドロテストステロンに変換され毛根のレセプターと結びつくことで起こります。

ジヒドロテストステロンがレセプターと結びつくと、髪の毛のヘアサイクルに乱れが生じます。

具体的には、髪の毛が育つ成長期が短くなるのです。

この変化により、生えてきたばかりの髪の毛が抜け落ちるため薄毛になります。

AGAは、主に遺伝により起こると考えられています。

5αリダクターゼの量、ジヒドロテストステロンの感受性が遺伝により決まるからです。

ただし、すべてが遺伝で決まるわけではありません。

ストレスや生活習慣の乱れなどもAGAを引き起こす要因になると考えられているのです。

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因は複雑です。

主な原因と考えられているのが、エストロゲンの分泌が減ることです。

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンには、髪の毛を育てる働きがあります。

このホルモンの分泌が減ると、男性ホルモンの影響が現れやすくなります。

その結果、男性と同じように薄毛が進行すると考えられているのです。

ただし、男性と同じように頭皮が露出するほど薄毛になることはないと考えられています。

女性ホルモンの分泌が減ったとしても、男性より多くの女性ホルモンが分泌されているからです。

女性の薄毛の多くは、頭部全体の髪の毛が薄くなるように進行します。

女性ホルモンの分泌は様々な原因で減ります。

例えば、加齢による影響、妊娠・出産による影響、生活習慣の乱れ、ストレスなどが挙げられます。

加齢による影響は、30代半ばごろから目立ちやすくなります。

女性ホルモンの減少のほかでは、パーマやヘアカラーのやりすぎ、いつも同じヘアスタイル、間違えたダイエットによる栄養不足などでも薄毛になります。

これらは若い女性に多いといわれています。

以上の原因などで薄毛が引き起こされます。

薄毛にお困りの方は、原因に合わせた治療を受けましょう。

薄毛の治療

薄毛の治療は、自宅で行う治療と病院で行う治療に分かれます。

それぞれどのように治療を行うのでしょうか。

自宅で行う治療

自宅で行う治療は、薄毛の原因を取り除くことです。

ストレスが溜まっている方は、ストレスを取り除きましょう。

過度なストレスは、血管を収縮させて頭皮の血行を悪くします。

また、男性ホルモン優位の状態に導きます。

気になる方は、生活の中に気分転換できる時間を作るなど心がけましょう。

生活習慣が乱れがちの方は、規則正しい生活を心がけます。

睡眠不足になると髪の毛の成長をサポートする成長ホルモンの分泌が減ります。

成長ホルモンは眠りはじめの数時間で多く分泌されるので、この間の睡眠の質を高めることが薄毛対策になります。

食生活が乱れがちの方は、栄養バランスに気をつけましょう。

髪の毛を作るタンパク質、髪の毛の成長を助ける亜鉛、鉄分、ビタミンなどを補うことが重要です。

正しいヘアケアできてますか?

間違えたヘアケアも薄毛の原因になります。

パーマやヘアカラーは毛根にダメージを与えるので、2カ月に1回程度までにする必要があります。

いつも同じヘアスタイルをしていると、特定の毛根に負担がかかるので分け目や生え際だけ薄毛になることがあります。

心当たりのある方は、定期的にヘアスタイルを変えましょう。

以上のほかでは、毎日行うシャンプーも自宅でできる薄毛治療です。

シャンプーは、頭皮に負担をかけないアミノ酸シャンプーなどを使いましょう。

シャンプーのやり方は次の通りです。

  1. ぬるま湯でしっかり予洗いする
  2. 手のひらにシャンプーをとって泡立てる
  3. 2の泡を頭皮に塗布する
  4. 頭皮を指の腹でマッサージするように洗う
  5. すすぎ残しがないようにぬるま湯でしっかりすすぐ
  6. タオルドライしてからドライヤーで乾かす

シャンプーの回数は1日1回までです。

正しく行うことで頭皮環境が整うので、薄毛が改善しやすくなります。

さらに積極的に頭皮環境を改善したい方は、市販の育毛剤を活用するとよいでしょう。

病院で行う治療

男性の治療

病院では薄毛の原因に合わせた専門的な治療が行われています。

男性のAGAに対しては、主にフィナステリドとミノキシジルを使用した薬物療法がおこなわれています。

フィナステリドはAGAの原因である5αリダクターゼの働きを阻害する薬です。

フィナステリドを内服することでAGAによる脱毛を改善できます。

ミノキシジルは、血管を拡張して血行を良くするとともに毛母細胞に働きかけて発毛を促す薬です。

ミノキシジルを外用することで髪の毛の成長と発毛を促せます。

多くの病院では、これらの薬を併用したAGA治療を行っています。

女性の治療

女性の薄毛治療は男性と異なります。

副作用のリスクが大きいのでフィナステリドを使用できないからです。

そこで、かわりに用いられているのがメソセラピー療法やHARG療法などです。

メソセラピー療法は、アミノ酸やビタミンなどを育毛に有効な成分を体内に注入して髪の毛の成長を助ける治療法です。

この治療により、細くなった髪の毛を太く、長く育てることなどができます。

よく似た治療法がHARG療法です。

HARG療法では、ビタミン、アミノ酸などに加え成長因子を含むHARGパウダーをブレンドしたHARGカクテルを毛根に注入します。

これにより細胞分裂と栄養供給が活発になるので、ほぼすべての方で薄毛が改善します。

治療は、1回30分程度の施術を月に1回、6~12カ月ほど行います。

6~12カ月の治療を受けた後は、定期的な経過観察だけでよいので便利です。

デメリットは、認定医療機関でしか治療を受けられないことと高額な治療費が必要になることです。

以上の他、女性の薄毛に有効な内服薬、生活指導などにより女性の薄毛治療が行われています。

セルフケアで改善が難しい方は病院で相談するとよいでしょう。

女性の治療で紹介したメソセラピー療法、HARG療法は、男性の薄毛にも有効です。

特に、HARG療法は高い確率で薄毛を治療できると考えられています。

フィナステリドやミノキシジルを用いたAGA治療で思うように効果が現れない男性は、HARG療法を検討してみるとよいかもしれません。

まとめ

男性と女性では薄毛の原因が異なります。

男性はジヒドロテストステロンがレセプターと結びつくことでヘアサイクルが乱れるAGA、女性は女性ホルモンの分泌が減ることなどで薄毛になると考えられています。

薄毛治療は自宅と病院で行えますが、病院では内服薬や外用薬を用いた治療やメソセラピー療法、HARG療法など専門的な治療が受けられます。

セルフケアより高い確率で薄毛を治療できるはずです。