「烏龍茶」と「緑茶」で薄毛予防?!お茶と薄毛の意外な関係とは?

一部では薄毛の予防に効果的といわれている烏龍茶と緑茶。

ふたつのお茶にはどのような働きが期待できるのでしょうか。

ここでは、烏龍茶と緑茶に期待できる働きについて解説しています。

薄毛が気になる方は確認しましょう。

お茶の効果

烏龍茶と緑茶が薄毛の予防と関係があるといわれても信じがたいですよね。

なぜ、このように言われることがあるのでしょうか。

まずは、その理由を確認しましょう。

カテキン

烏龍茶と緑茶にはカテキンが豊富に含まれています。

カテキンとは、ポリフェノールの一種でお茶独特の苦みを生み出す成分です。

この成分には様々な働きが期待できると考えられています。

その中のひとつとして挙げられているのが脂肪を分解する働きです。

カテキンは、脂質の多い食事などを続けることでドロドロになってしまった血液をサラサラするといわれています。

血液がドロドロになると血流が悪くなるため頭皮の血行が悪くなります。

頭皮の血行が悪くなると、髪の毛の成長に必要な栄養が届きにくくなります。

つまり、血液がドロドロの状態は、抜け毛や切れ毛、髪の毛が細くなるなどの原因になる可能性があるのです。

カテキンにより血液がドロドロの状態をサラサラにできれば、健康な髪の毛を育てやすくなると考えられます。

だから、烏龍茶や緑茶を飲むことは薄毛の予防といわれているのです。

活性酸素を除去

烏龍茶と緑茶に含まれるカテキンには、強い抗酸化作用も期待できます。

抗酸化作用とは、活性酸素を取り除き身体の錆つきを防ぐ働きです。

身体の錆つきは老化の原因になります。

髪の毛を生やす毛包が何かしらの原因で老化すると、毛穴が小さくなりやがてなくなってしまいます。

加齢により髪の毛が薄くなるのはこのせいです。

強い抗酸化作用により老化を防ぐ烏龍茶と緑茶は、この面からも薄毛の予防に役立つ可能性があると考えられています。

5αリダクターゼの阻害

薄毛の主な原因といわれているのが男性型脱毛症(AGA)です。

AGAの原因は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼと呼ばれる酵素によりジヒドロテストステロンに変換されることです。

ジヒドロテストステロンが毛根のレセプターと結びつくことでヘアサイクルが乱れて薄毛が進行します。

AGAを予防するためには、5αリダクターゼの働きを阻害することが重要と考えられています。

過去に行われた研究によると、烏龍茶と緑茶には5αリダクターゼを阻害する働きを期待できることが分かっています。

もちろん、研究段階なので同様の働きを期待できるわけではありませんが、手軽に利用できるので薄毛が気になる方は試してみる価値があるかもしれません。

男性ホルモンの影響を緩和

烏龍茶には男性ホルモンの影響を緩和して、髪の毛を育てる働きも期待できるといわれています。

こちらもマウスを活用した実験で確認されています。

人間で同じ結果が得られるかは不明ですが、薄毛に悩む方が注目したい結果といえるでしょう。

飲むだけじゃない?

烏龍茶と緑茶の働きに興味を持った方は、これらを存分に活用したいはずです。

どのように活用すればよいのでしょうか。

基本は飲む

烏龍茶と緑茶の最も手軽な利用方法は飲むことです。

水分補給の方法として烏龍茶や緑茶を活用するとよいでしょう。

急須で入れた1杯の緑茶には100㎎程度のカテキンが含まれるといわれています。

1日1000㎎程度のカテキンをとればよいといわれているので、1日10杯程度を目安に飲むとよいかもしれません。

欲張って飲みすぎるとカフェインを摂りすぎてしまうかもしれません。

興奮して眠れないなどの影響が現れるので、飲み過ぎには注意しましょう。

気になる方は、眠る前はほかのお茶を飲むなど工夫するとよいでしょう。

頭皮にかける

飲む以外では頭皮に烏龍茶や緑茶をかけてもよいといわれています。

洗髪時などに烏龍茶や緑茶を用いる方が多いようです。

緑茶を頭皮にかけることで、皮脂を取り除く、頭皮の雑菌を殺菌するなど作用が期待できます。

また、5αリダクターゼを阻害する作用も期待できるといわれることもあります。

お茶を使ったシャンプーのやり方は次の通りです。

  1. 適量のお茶を用意する
  2. 乾いた頭にお茶をかける
  3. 頭皮をマッサージする
  4. 手にシャンプーをとって泡立てる
  5. 泡を頭皮に塗布して指の腹で優しく洗う
  6. お茶で軽くすすぐ
  7. ぬるめのお湯でしっかりすすぐ

最初にお茶をかけることで、余分な皮脂を浮かせて落とせるといわれています。

利用するお茶は、飲用に使用しているものでかまいません。

興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

続けることが重要

烏龍茶や緑茶の使い方は以上の通りです。

重要なポイントは、効果が現れなくても続けてみることです。

お薬ではないので、使い始めてすぐに結果が現れることはありません。

手軽に利用できる身近な対策なので、生活の中に烏龍茶や緑茶を組み込むと続けやすくなるはずです。

育毛剤などと併用してもよいでしょう。

冷たい飲み物は薄毛に?

烏龍茶や緑茶を薄毛予防に利用するときは温度に気をつけましょう。

うっかりしていると薄毛を進行させるかもしれませんよ。

冷たいお茶はNG

暑い日は冷たいお茶で身体を冷やしたいと思うかもしれませんが、冷たい飲み物ばかり飲んでいると薄毛が進行するかもしれません。

冷たいお茶で身体が冷えると、血行が悪くなってしまいます。

頭皮の血行が悪くなると栄養を届けにくくなるので薄毛が進行する可能性があることは紹介した通りです。

また、身体を冷やすと自律神経が乱れやすくなるともいわれています。

自律神経が乱れるとホルモンのバランスも乱れやすくなります。

ホルモンのバランスと薄毛の間には密接な関係があります。

薄毛を予防したい方は、この点にも注意したほうが良いかもしれません。

冷たいお茶は臓器の働きも低下させるといわれています。

胃腸をはじめとした臓器の働きが低下すると、食事などから摂った栄養を十分に吸収できなくなる可能性があります。

髪の毛の成長に必要な栄養が不足すると薄毛になる可能性が高まります。

冷たいお茶の飲み過ぎには注意が必要です。

温かいお茶で頭皮を元気に

薄毛予防のため冷たい烏龍茶や緑茶を飲みすぎると身体を冷やす恐れがあります。

身体が冷えると薄毛予防どころか、薄毛を進行させる恐れがあります。

烏龍茶や緑茶を薄毛予防に活用する方は、飲み方にもこだわりましょう。

温かい烏龍茶や緑茶を利用すれば、身体を冷やす心配がありません。

薄毛予防に烏龍茶や緑茶を飲む方は、出来るだけ温かいものを利用しましょう。

温かい飲み物で血行が良く成れば、頭皮に栄養を届けやすくなるかもしれません。

手軽に利用できる薄毛の予防方法なので、細かな点まで気を付けて取り組むことが重要です。

まとめ

烏龍茶や緑茶には、薄毛を予防する働きが期待できるといわれています。

このように言われる理由は、ドロドロになった血液を改善する、薄毛の原因といわれる5αリダクターゼの働きを阻害するなどの可能性が示されているからです。

利用方法は、お茶の飲むだけ、かけるだけです。

お手軽なので興味のある方は試してみるとよいでしょう。

ただし、お茶を飲むときは温度までこだわる必要があります。

薄毛予防に活用する方は、出来るだけ温かいお茶を飲みましょう。

ウーロン茶に男性ホルモン抑制作用 – リーブ21

AGAの基礎知識【好影響の食べ物】 | AGA治療のゴリラクリニック【公式】