もしかしてこのままハゲちゃう…?!見逃さないで!「薄毛の兆候」とは

なんとなく気になる点があっても、まさか自分が薄毛になるとは考えにくいですよね。

そのため、薄毛の兆候が現れていても見逃すことが少なくありません。

薄毛の対策は早期から行う方が良いと考えられています。

早期の兆候を見逃さないことが重要です。

薄毛の兆候を解説するので気になる点がある方は確認しましょう。

薄毛の兆候

ほとんどの場合、薄毛に気づくのは髪の毛が薄くなってからです。

すでに髪の毛が薄くなると対策を講じても改善まで時間がかかります。

薄毛が心配な方は出来るだけ早く薄毛に気づき対策を講じたほうが良いでしょう。

そこでチェックしたいのが薄毛の兆候です。

どのような兆候が現れれば薄毛を心配したほうが良いのでしょうか。

抜け毛が増えた

誰でも気づきやすい兆候のひとつが抜け毛の本数です。

急に抜け毛が増えたと感じる方は薄毛に注意したほうが良いでしょう。

とはいえ、知らぬ間に抜け落ちるものなので、抜け毛の本数を把握することは簡単ではありません。

どれくらい抜ければ抜け毛が多いと考えられるのでしょうか。

健康な方の場合、1日に50~100本程度の髪の毛が抜けると考えられています。

ここに抜け毛を引き起こす原因が加わると100~200本程度に増えることがあります。

つまり、1日に100本以上の髪の毛が抜けている方は薄毛の兆候を疑ったほうが良いのです。

抜け毛の本数を把握するのに便利なタイミングがシャンプーです。

1日の抜け毛の3~7割がシャンプー時に抜けるといわれています。

やや幅はありますが、おおよその目安にすることができます。

シャンプーで30本以上の髪の毛が抜けている方は気を付けたほうが良いかもしれません。

抜け毛の本数は、排水溝に目の細かいネットを被せてシャンプーをすることで数えられます。

髪の毛が細くなった

抜け毛と同じく、把握しやすい兆候として挙げられるのが髪の毛が細くなることです。

何かしらの理由で、髪の毛の成長が滞るなどすると髪の毛が細くなる可能性があります。

髪の毛が細くなると地肌が透けて見える、髪の毛のコシがなくなる、髪の毛のボリュームが減ったなどを感じやすくなります。

ヘアセットをするときに変化を感じやすいポイントなので気を付けてみるとよいかもしれません。

髪の毛の細さは抜け毛でも確認できます。

短い髪の毛が抜ける

抜け毛の中に細くて短い毛が混じることも薄毛の兆候と考えられます。

この症状はAGA(男性型脱毛症)で現れやすいと考えられます。

AGAを発症すると、髪の毛の成長期が劇的に短くなります。

この影響で、本来であれば太く・長く育つはずの髪の毛が成長途中で抜け落ちてしまいます。

成長途中で抜け落ちた髪の毛は、他の髪の毛に比べると細く、短くなります。

気になる点がある方は薄毛に気を付けたほうが良いでしょう。

毛根の状態

抜け毛の毛根からも薄毛の兆候を確認できます。

健康な抜け毛の毛根は、白っぽくふっくら膨らんでいます。

問題を抱える抜け毛の毛根は膨らみがありません。

毛根が膨らんでいない抜け毛は、ヘアサイクルが乱れているか栄養が不足している可能性があります。

いずれも薄毛の原因なので、毛根が膨らんでいない抜け毛を確認した方は注意が必要です。

頭皮の状態

薄毛の兆候は髪の毛以外にも現れます。

特に注意したいのが、髪の毛を育てる頭皮の状態です。

頭皮が赤い、頭皮が硬い方は薄毛の兆候が現れているかもしれません。

頭皮が赤い、頭皮が硬い状態は、頭皮の血行が悪くなることとで引き起こされます。

頭皮の血行が悪くなると、髪の毛の成長に必要な栄養素が届けられません。

髪の毛が細くなる、髪の毛が途中で切れる、髪の毛が抜けるなどの原因になります。

薄毛が気になるときは、頭皮の状態も確認しましょう。

フケやかゆみが気になる

何かしらの理由で頭皮環境が荒れるとフケやかゆみなどのトラブルが起こります。

健康な髪の毛は健康な頭皮で育つので、頭皮のトラブルは抜け毛や薄毛の原因になり得ます。

フケやかゆみが気になるときは、頭皮環境を整えることが重要です。

身体の変化にも要注意

薄毛の兆候は身体の変化からも感じ取れます。

具体的には、慢性的に首や肩がこっている方は薄毛になりやすいと考えられています。

これらのこりがひどいと、血行が悪くなるため頭皮に十分な栄養素を届けられなくなるからです。

過度な目の疲れも薄毛の兆候と考えられます。

目に負担をかけると頭皮がむくみやすくなります。

毛根がダメージを受けるため、抜け毛につながる恐れがあるのです。

意外な兆候なので見逃しがちです。

目の疲れが気になる方は気をつけましょう。

薄毛対策

以上の兆候が現れている方は、薄毛対策を講じたほうが良いかもしれません。

具体的に、どのような対策に取り組めばよいのでしょうか。

AGA治療

最も確実な対策がAGA治療です。

抜け毛を引き起こす5αリダクターゼの働きを抑制する薬や頭皮の血行を促進して毛母細胞に働きかける薬などを使用できるので、効果的に薄毛を治療できます。

また、医師の診察を受けられるので、気になる兆候がAGAよるものかどうかをチェックすることもできます。

薄毛が気になるときに最初に検討したい対策といえるでしょう。

ストレスケア

治療を受けるほどではないと考える方は、薄毛の原因を解消していきましょう。

身近な薄毛の原因と考えられているのがストレスです。

ストレスがたまると、自律神経のバランスが乱れるため血管が収縮して頭皮の血行が悪化してしまいます。

また、男性ホルモンの影響を受けやすくなるので抜け毛を起こしやすくなるともいわれています。

薄毛の兆候が気になる方は、趣味の時間を作るなどストレスケアに取り組んだほうが良いかもしれません。

食生活の改善

健康な髪の毛を育てるには、必要な栄養を届ける必要があります。

食生活が乱れていると髪の毛の成長に必要なタンパク質、ミネラル、ビタミンなどが不足する恐れがあります。

これらが不足すると不健康な髪の毛しか育たないので、髪の毛が細くなる、髪の毛のボリュームが減るなどに悩まされることがあります。

また、脂っこい食事ばかり続けていると血液がドロドロになるため頭皮の血行が悪くなります。

これによっても、髪の毛の成長に必要な栄養を届けにくくなります。

食生活が乱れている方は、栄養バランスの良い食事を心がけることが薄毛対策になります。

適度な運動

血行を改善すると、頭皮や髪の毛に必要な栄養を届けやすくなります。

その方法としてお手軽なのが運動です。

運動というと球技など特別なものに取り組まなくてはならないと思われがちですが、ストレッチやウォーキングなどでかまいません。

体力に合わせた運動を行うことが重要です。

運動に取り組むと肩や首のこりも解消します。

薄毛の兆候を感じている方にオススメの対策です。

質の高い睡眠

髪の毛の成長を助ける成長ホルモンは、睡眠中に多く分泌されます。

そのため、寝不足が続くと抜け毛の原因になると考えられています。

成長ホルモンは睡眠をとってから最初の数時間の間に分泌されます。

この間の睡眠の質を高めることも薄毛対策になります。

ヘアケア

頭皮環境を改善するヘアケアも薄毛対策におすすめです。

最初に取り組みたいのが毎日のシャンプーの見直しです。

何も考えずシャンプーしていると、頭皮にダメージを与えることがあります。

次の点に注意しましょう。

  • ぬるめのお湯でしっかり予洗いして大きな汚れを落とす
  • 手のひらでシャンプーを泡立ててから頭皮に塗布する
  • 頭皮を指の腹でマッサージするように洗う
  • すすぎ残しがないようにぬるめのお湯でしっかりすすぐ
  • タオルで抑えるように拭いてからドライヤーで乾かす

正しいシャンプーに取り組むことで頭皮環境が整いやすくなります。

シャンプーを行う回数は1日1回です。

同じく、頭皮環境を整える方法が育毛剤です。

直接、発毛を促すことは難しいですが、頭皮環境を改善することで抜け毛を減らす、発毛につなげる効果は期待できると考えられています。

様々な育毛剤が登場しているので、気になるものを試してみるとよいでしょう。

まとめ

何となく頭髪の状態が気になる方は、薄毛の兆候をチェックしてみてはいかがでしょうか。

抜け毛が増えた、髪の毛が細くなった、短い髪の毛が抜けるなどに当てはまる方は、薄毛が進行し始めているかもしれません。

できるだけ早く対策をとった方が良いといわれているので、医療機関の受診などを検討しましょう。

あわせて、ストレスケアや食事の改善、運動などに取り組むと薄毛を改善しやすくなります。

素早い対処が重要なので薄毛の兆候を見逃さないようにしましょう。