切れ毛は抜け毛の原因になる…?!「切れ毛」は絶対放置しないで!

髪の毛が細いから、切れ毛になりやすい。

そう思ってはいませんか?

髪が細く柔らかいことは女性らしくて可愛いですが、切れ毛ができるのは別の話です。

 

切れ毛ができやすいのは、髪の毛の太さだけが原因とは限りません。

それどころか、切れ毛を放置していると髪の毛がさらに傷みが進み、最終的には抜け毛が増えてしまうのです。

 

髪の健康に黄色信号!

切れ毛ができてる原因と、そのまま放置していたらどうなるのか、切れ毛を防止する方法をまとめてご紹介しましょう。

切れ毛を放置すると…

切れ毛の原因は1つではなく、複数の要因が重なっていると考えらえます。

下の項目に当てはまるものがないか、セルフチェックしてみてください。

・食生活が乱れている

・無理なダイエットをしている

・ヘアドライヤーやコテで髪を刺激している

・髪の毛が乾燥している

・シャンプーをする時、力を入れすぎ

・髪をヘアゴムできつくまとめている

髪は主にタンパク質で作られているのですが、ビタミンやミネラルなど、他の栄養素もバランスよく摂取しなければ、健康な髪の毛は作られません。

コンビニやファーストフードの利用が多い方、またダイエットのために食事を抜いている方は、丈夫な髪が生えずに切れ毛になりやすいでしょう。

 

また、外部からの摩擦も切れ毛の原因となります

髪を乾かしたりヘアメイクをする時に高熱をあてすぎると、毛が焼けてもろくなります。

綺麗に伸ばしたロングヘアーを、ヘアゴムでひとまとめ。

この何気ない刺激も、髪を縦にひっぱり負担をかけています。

さらに、秋から冬にかけての外気が乾燥している季節は、髪の水分が抜けてポキリと折れやすくなります。

思い当たるふしがあっても、重要視せずに切れ毛を放置してしまう人が多いのですが、このままだと大変なことになってしまうかも。

放置するとどうなるの?

切れた部分から髪が枝分かれてして、枝毛ができやすくなります。

ゴワゴワと手触りが悪くまとまりませんし、見た目も綺麗とは言えないでしょう。

しかし、切れ毛を放置することで一番怖いのは、髪の毛が抜けてしまうことなのです。

切れ毛の原因となる項目の中に、栄養不足とシャンプーの仕方がありましたよね。

髪の毛を作るための十分な栄養を補給できておらず、健康な毛根を育てられないせいで切れ毛ができているとしたら、抜け毛の原因にもなりえます。

シャンプーをすれば髪と地肌が清潔になり、毛穴に溜まった皮脂や汚れを落とすことで、美しい髪が生えやすくなります。

ですが、乱暴に洗って髪を傷つけたり、皮脂詰まりが解消されないままの状態だと、やはり健康な髪は育ちません。

切れて、抜けて、最終的は量が少なくなってしまうかも。

決して脅かしではなく、手遅れになる前に抜け毛ケアを始める必要があります。

切れ毛を防ぐ対処方法を身に着ければ、艶やかで美しい髪に生まれ変わりますよ。

対処法

切れ毛の対処法を3つご紹介します。

元気な髪の毛を育てて、きれいに保ち、清潔に守る。

毎日のケアが大きな差を産むので、1つずつこなしていきましょう。

泡洗いと頭皮の洗浄

まずは頭の洗い方です。

髪は濡れると絡みやすくなり、無理に引っ張ると切れ毛や抜け毛を起こしますので、シャワー前に軽くブラッシングをしておきましょう。

1.シャワー前に軽くブラッシングする

2.36~37度程のシャワーで、髪の毛と頭皮全体を十分に濡らす。

3.シャンプーを適量取り、手の平で水分を空気を含ませで泡立たせる

4.頭皮に乗せて、指の腹で優しくマッサージする

5.髪の毛全体を泡で洗い、完全に泡がなくなるまでシャワーで流す

シャンプーは液体のまま使うのではなく、手で柔らかい泡にしてから使った方が、髪を摩擦で傷めることなく洗えます。

頭皮は爪でひっかかないように、指の腹に力を入れて汚れを落としましょう。

頭皮を洗い終わったら、次はこすらないように髪の毛をなで洗いします。

整髪料をたくさん使いハードにセットしている日は、1度で洗い落とそうとせずに、泡洗いを2回した方が髪の摩擦を防げます。

泡洗いと頭皮の洗い方をマスターすると、洗い上がりにスッキリ仕上がるので、ぜひお試しくださいね。

放置しないですぐ乾かす

ドライヤーやコテで髪の毛を加熱しすぎると、切れ毛になりやすいのですが、髪を乾かさずに自然乾燥をするのも良くありません。

濡れて強度がない状態が長く続くと、手で触る・髪同士や服で擦れるなどの摩擦により、傷みの原因となります。

またフワフワと曲がったまま乾くことで、翌朝のまとまりにくくなり、ヘアセットの時にドライアーを長くあてる原因にも繋がります。

髪の毛を洗った後は、擦らないようにしっかりとタオルドライをし、粗目のブラシで髪全体をとかします。

その後、もう一度タオルドライ。

両手で髪を挟み込むようにタオルを押し当て、水分を取りましょう。

ドライヤーは、髪の毛の一部分に長く充てるのではなく、手やブラシで毛を流しながら温風を当てて、高温になりすぎないように気を付けてください。

温風3分、冷風1分というように、温風と冷風を交互にあてた方が早く乾きます。

イオン機能がついているドライアヤーを使うと髪に潤いを与えてくれるので、忙しい朝のヘアセットにも便利ですよ。

髪に必要な栄養素

食事をないがしろにしていては、切れ毛を防ぐことはできません。

健康と美容、髪の美しさのために栄養バランスを見直しましょう。

 

髪の毛を作るために必要な栄養素と、その栄養を含む食品をまとめました。

・タンパク質(ケラチン):大豆、大豆製品、白身魚、卵白、牛乳

・亜鉛:ナッツ類、納豆、海藻類、ゴマ

・鉄分:牛肉、ホウレン草、まぐろ、ひじき

・ビタミンE:アボガド、ナッツ類、うなぎ、ごま

和食に使われる食品には、髪の毛に必要な栄養を豊富に含んでいるものが多く、高タンパク低脂肪の献立を作りやすいです。

外食が多い生活をしていると、脂質や塩分の多い食事になりがちですので、気を付けてましょう。

納豆や豆腐といった大豆を使った食品は、新陳代謝を良くし、美肌効果も期待できます。

腹持ちが良く栄養満点ですから、朝食に1品つけてみませんか?

ダイエットが気になって食べる量を減らしたいのなら、炭水化物や糖質の制限をおすすめします。

間食にはミネラル豊富なナッツを選べば、口さみしさを抑えられますよ。

食事を変えても、切れ毛や抜け毛の減りを実感できるまでに時間がかかります。

ですが半年後・1年後に、栄養を気を付けてよかったと思える日が来ますので、未来の自分のために努力しましょう。

まとめ

切れ毛の原因は1つではなく、毎日少しずつ切れ毛は進行していきます。

髪からのSOSである切れ毛を放置していると、抜け毛まで引き起こすとは、多くの人が気が付いていないでしょう。

髪をいたわるシャンプー方法を取り入れる、髪に良い食品を取る、この2つの対処方法を続けると、今よりも数段美しい髪の毛を育てられます。

男性は初対面の女性と会った時、顔や胸と同じように髪の毛にも目がいくそうです。

それだけ髪の毛は女性らしさの象徴であり、魅力度アップのポイントとなります。

切れ毛や枝毛を防ぎ、人の目を引き付けるような艶やかな髪の毛を手に入れてくださいね。

PICKUP CONTENTS

トップへ