髪を傷めずセルフでカラーリングできる「カラーバター」の使い方

今若い人を中心に流行している「カラーバター」をご存知ですか?

カラーバターは、従来のカラーリング剤とは違って髪にやさしいため、ダメージヘアの方でも安心して使える大人気のアイテムです。

今回は、そんなカラーバターについて、どんなものなのかを紹介していくとともに、使い方や人気のカラーなども見ていきたいと思います。

カラーバターってどんなヘアカラーなの?

まずは、カラーバターとはいったいどんなものなのか紹介していきたいと思います。

カラー剤のメカニズムは?

そもそも通常髪にカラーリングを施す場合に使用するヘアカラー剤やヘアマニキュアには、髪にダメージを与える成分が含まれています。

髪にカラーをつけるために、有機溶剤を使用することで、髪のキューティクルを開き、色素を分解して染料を浸透させます。

カラーバターはカラー剤とは違う!

カラーバターとは、カラートリートメントの一種で、髪に浸透しやすい染料をトリートメントに配合したもののことをいいます。

カラーバターはヘアートリートメントに染料を配合させたものなので、髪を補修しながらカラーリングができます。

カラーバターは分類としてはカラーリング材とは異なる「半永久染毛料」に当たります。

「半永久染毛料」とは化粧品の一種に分類される染料で、髪の外側に染料を浸透させることで髪の毛を染めるもののことをいいます。

カラーバター以外にも、ヘアマニキュアもこの半永久染毛料に分類されていますが、カラーバターとは色の付け具合に違いがあります。

ヘアマニキュアはあくまで1回で染色できますが、カラーバターはトリートメントのように使用することで、徐々に髪に色を付けていくことができるのです。

カラーバターとカラー剤の成分の違い

この染色の差には、それぞれの含有物の違いがあります。

そもそも半永久染毛料は、通常のカラーリング剤である酸化染毛料に比べて、かぶれる危険性もないことから安全性が高い染料としても知られています。

しかし一方で、染毛力は酸性染毛料に比べて高くないため、色の付き具合がもとの髪の色に左右されるほか、徐々に髪の色は落ちていってしまいます。

ヘアマニキュアは、半永久染毛料の中でも酸性染毛料が含有されているため、色が髪の外側から内側まで浸透しやすく、1回で十分に染色することができます。

一方で、カラーバターやカラートリートメントには塩基性染料やHC染料と呼ばれる合成染料が配合されています。

これらは酸性染毛料よりも染色力が弱ため、色落ちもしやすくなりますが、その反面、髪へのダメージが少なく、アレルギーの心配性も低いことが特徴として挙げられます。

したがってカラーバターは、アレルギーの問題で酸性染毛料が使えない場合や、髪のダメージが気になる方には最適なアイテムなのです。

カラーバターのメリットとデメリットが知りたい!

カラーバターのメリットは?

続いては、カラーバターを使うことのメリットについて紹介していきましょう。

  • ダメージレス
  • 発色が良い
  • 自分で染色が可能
  • 色の展開が豊富なうえ、自分ならではのアレンジも可能

カラーバターの一番のメリットとしては、やはりダメージレスなことが挙げられます。

定期的にカラーリングをすると、1回で好きな色に染めることもできますし、面倒も少ないことはメリットですが、どうしても髪にダメージが残り、キューティクルが失われたパサパサな質感の髪になってしまいます。

一方で、カラーバターですと毎日のトリートメントとして髪を労わりながら徐々に髪に色を入れていくことができるため、ダメージレスなカラーリングが可能となります。

また、カラーバターは発色が良いため、鮮やかな色も髪に与えることができます。

色のバリエーションは、絵の具を混ぜて自在に色を作りだす感覚に似ています。

実際に美容院でカラーバターを使用しているところも増えてきており、カラーリング剤では現わせない色もカラーバターなら出せるという声も上がってきています。

カラーバターのデメリットは?

カラーバターにはデメリットもいくつかあります。

  • 色もちが悪い
  • 値段が少し高め

カラーバターは、先述した通り髪の外側を染色するタイプの染毛料であるため、ヘアカラーやヘアマニキュアと比べて色もちが悪いです。

おおよそ1~2週間でその色は落ちてしまいます。

したがって、「長期間色を楽しみたい」という方はおすすめできません。

また、通常のトリートメントやカラーリング剤と比べて、カラーバターは値段が高めに設定されています。

ドラッグストアではトリートメントやカラーリング剤は1,000円程度で購入することはできますが、カラーバターは2,000~3,000円と少し値が張ります。

しかし、カラーバターは保存できるため、何回も使用できることを考えると値段分の価値はあるかと思います。

カラーバターの使い方と注意するポイント!

カラーバターは、量販店やネット通販などで購入することができ、毎日のトリートメント感覚で、自分で気軽に使うこともできます。

その使い方を見ていきましょう。

カラーバターの使い方

  1. シャンプー後タオルドライをして軽く髪の水気をとる
  2. 髪にカラーバターをムラなく塗り、よく揉みこむ
  3. ラップで巻いて15分ほど置く
  4. ラップを取って5分放置する
  5. 髪を洗い流して、シャンプー・リンスをする
  6. 髪を乾かす

基本的には、通常のカラーリングと同じ方法・手順となります。

ポイントはラップで巻くときです。

ラップで髪全体を巻くことで、トリートメント効果をアップさせることができるのですが、この時ドライヤーで髪を温めてあげることをおすすめします。

そうすることで、トリートメント効果がさらに高まり、髪のサラサラとした質感が実感できるようになります。

また、ラップを外した後は焦らず5分ほど放置しておくことも大切です。

こうすることで、髪が空気に触れてカラーの定着力がアップします。

カラーバターの注意点は?

一方で、カラーバターは一度他の場所につくと色が落としにくいという特性があります。

巻いたラップは速やかに片付け、身体のほかの部分や洋服につかないようにしましょう。

カラーバターは主にトリートメント成分でできているため、間をあけずに何度も使うことができます。

また、その都度髪がサラサラになっていくことが実感できるのも、嬉しいことですね。

カラーバターの定番!「エンシェールズ」の人気カラーを紹介!

カラーバターといえば!「エンシェールズ カラー トリートメント」が有名です。

ここではそのエンシェールズで人気なカラーを紹介したいと思います!

アッシュミルクティー

  出典:ancels official

アッシュ系は不動の人気です。

外国人のような髪色、憧れますよね♪

そういった人たちに選ばれている色です。

フラッシュピンク

  出典:ancels official

派手な色にしたい!って人はフラッシュピンクが人気のようです♪

きれいな発色なので女の子らしいピンクの髪の毛を手に入れられます!

インナーカラーやメッシュに使うのもおすすめです!

全部で25色!

  出典:ancels official

たくさんのカラーがあるので迷っちゃいますよね。

黒染めの代わりにブラックのカラーバターを使う人もいます。

派手な色だけでなく、落ち着いた色もそろっているので、好みの色を選んでみてください♪

カラーバターとマニパニの違いって?

マニパニとは

  出典:manicpanic official

マニックパニックというニューヨーク生まれのメーカーです。

アメリカだけでなくヨーロッパ他、世界50ヵ国以上で販売されています。

特徴は最高級の彩度。そしてツヤも手触りもよくなります。

カラーバターとの違いは?

基本的な主成分は同じです。

マニパニは原色が多いのがカラーバターとの違いになります。

奇抜なヘアカラーにしたいという人におすすめ!

しかしキレイに発色させたかったらできる限りのブリーチが必要です。

マニパニもカラーが豊富♪

マニパニには48色あります。

単品で使うもよし、混ぜて使うのもよし、発色が良くキレイに染められます。

ビビットな色から淡い色まで、様々なヘアカラーを楽しむことができます!

まとめ

いかがでしたか?

カラーバターをすることで、髪に理想の色合いを実現できるほか、使えば使うほど嬉しい効果を実感できるとあって、これから人気が高まっていくことが予測されます。

ぜひ髪のダメージが気になる方は、一度カラーバターも試してみてください。

PICKUP CONTENTS

トップへ