眠たい朝や忙しい朝の寝癖どうしよう…!?カンタン寝癖の直し方♪

「朝起きたら寝癖がひどかった・・・」

そんな体験、誰にでもあるかと思います。

特に忙しい朝にひどい寝癖がついていると、直すのに時間がかかって余計にいそがしくなってしまうこともありますよね。

今回は、そんな寝癖について、そのメカニズムを説明して行くとともに、対策法やおすすめアイテムなどを紹介していきたいと思います。

寝癖ってなんでつくの?

そもそも一晩寝ただけで、どうして寝癖がついてしまうのかご存知ですか?

寝癖がつくのには、「水素結合」が原因になっていることがわかっています。

毎日髪の毛をセットするために髪を濡らす方は多くいらっしゃるかと思います。

確かに、髪の毛は濡らすことで自在に形を変えることができます。

これは水にぬれることで髪の毛の水素結合が切れることが関係していて、逆に髪が乾燥することで髪が新しく結合するので、髪が形作られることになるのです。

また、髪の毛にはもともとある程度水分が保持されています。

この水分が通常よりも多くなっている状態で寝てしまうことで、水素結合がそこらかしこで起こってしまい寝癖がついてしまうのです。

したがって、寝癖の原因となるのは、濡れたままにした髪の毛ということになります。

ドライヤーがカギだった!

髪をしっかりと乾かすために、ドライヤーは必要不可欠です。

髪が短い方は特に、面倒に感じて自然乾燥で済ませてしまうという声を多く聞きますが、そうすることで逆に髪の乾燥が進み、ダメージもたまりやすくなってしまいますし、寝癖もつきやすくなるので注意が必要となります。

また、「しっかりドライヤーで髪を乾かしているけれど、寝癖がついてしまう」と悩んでいる方も多いかと思います。

この場合、自分ではしっかりと乾かしたつもりでも、完全ではないことが原因として挙げられます。

髪をドライヤーで乾かす際、ポイントとなるのが「髪の根元をしっかりと乾かす」ということです。

ドライヤーを当てる際、どうしても毛先を中心にかけてしまっていませんか?

実は、毛先がどんなに乾いていても、髪の根元が渇いていなければ寝癖はついてしまいます。

したがって、きちんと髪の根元から乾かしてあげることが大切なのです。

また、温風で乾かした後は冷風を当てるというひと手間をかけることで、寝癖防止になるうえ、髪の潤いを保ってくれるという良いこと尽くしになります。

ぜひ毎日の生活の中で、しっかりと髪を乾かすという習慣を付けてみてください。

寝汗が原因にも?!

一方で、どんなに髪をしっかりと乾かしていても、寝癖がついてしまうこともあります。

これには、元々の髪質やダメージ、使っている枕などが関係しています。

  • 髪がもともとくせ毛の方
  • ショートヘアの方
  • 髪質が硬く、量が多い方
  • 髪にダメージが蓄積してしまっている方
  • 寝汗を描いてしまっている方

上記に挙げた条件に一つでも当てはまる場合、寝癖がつきやすい状態である可能性が高いです。

特にくせ毛の方は、しっかりと髪を乾かした後も簡単に寝癖がついてしまうため、しっかりと対策を練る必要があります。

また、暑い日が続くときは特に、寝ている間に汗をかいてしまいがちになります。

もちろん身体だけでなく、頭も汗をかきますので、これが水分となって髪に浸透することで、水素結合が起き、寝癖の発生につながってしまうこともあります。

したがって、寝る際にゆるく髪を結ってから寝る、もしくはヘアネットをつけたままで寝るなどの対策を練っても良いかと思います。

使っている枕が寝癖の原因になることも考えられます。

寝る時はどうしてもまくらにのせている状態が続くので、その枕の形に髪型が変形してしまうのです。

このように、寝癖が起きる原因はさまざまです。

自分の生活を見直して、ぜひしかるべき寝癖対策を行うようにしましょう。

寝癖を直す方法

続いては、ついてしまった寝癖を直すための方法を見ていきましょう。

ひどい寝癖でも、しかるべき方法をとれば対策できます。

ドライヤー

ドライヤーを使って簡単に寝癖を直すこともできます。

まず、髪をまんべんなく濡らしてあげましょう。

こうすることで、しっかりと結ばれてしまった水素結合を解除することができます。

この際、時間があればシャワーで髪を濡らす、もし時間がなければ霧吹きや濡れタオルでしっかりと髪に水分を補給させることがポイントとなります。

十分に濡らしたら、ドライヤーでブローしながら乾かしてあげましょう。

この際、根元をしっかりと乾かし、半がわき状態になったら、したいヘアスタイルをイメージしながらブローを行うことが大切です。

蒸しタオル

寝癖を直す簡単アイテムとして、蒸しタオルがあります。

濡らしたタオルを電子レンジで1~2分温めるだけで、即席の蒸しタオルを作ることができます。

出来上がった蒸しタオルを、寝癖がひどい場所に当ててあげましょう。

この際、同じ場所だけでなく毛の根元や内側もしっかりと蒸しタオルを当ててあげることがポイントです。

髪がしっとりとして来たら、ドライヤーで乾かしましょう。

その際、半乾きの状態では寝癖がまたついてしまうので、完全に乾かすことが必要になります。

寝癖直しウォーター

寝癖を直すには、市販の寝癖直しウォーターを使うことをおすすめします。

そもそも水は表面張力が大きいので、髪につけてもはじかれてしまうことがあります。

そのため、髪に浸透しにくいという特性を持っているのですが、寝癖直しウォーターはそういった問題はありません。

もともと髪に浸透しやすい成分が配合されているためすぐに髪に水分を与えてくれるのです。

また、どうしても寝癖直しウォーターがない時は、お湯を使うことをおすすめします。

寝癖直しウォーターほどではないですが、水に比べるとお湯も寝癖によく働きます。

おすすめの寝癖直しアイテム

最後に、おすすめの寝癖直しアイテムを紹介していきましょう。

  出典:クラシエ

今回おすすめしたいのが、「プロスタイル マルカ パーフェクトケアウォーター」です。

こちらはヘアスタイリング剤としても、洗い流さないトリートメントとしても使えるという優れモノです。

オーガニックの美髪ケア成分を配合しているので、髪に潤いを与えてくれるほか、ダメージもケアしてくれます。

使った後の滑らかな指通りと、フワッと香るホワイトフローラルの香りも魅力のアイテムです。

かなりパサついてしまっている髪でも潤いを与えてくれますし、簡単に寝癖が直ると好評です。

まとめ

いかがでしたか?

一度ついてしまった寝癖も、きちんと手順を踏めば解消することができます。

また、寝癖を付けないためには、前日にしっかりとケアすることは必要不可欠です。

ぜひ忙しい朝に実践してみてください。

PICKUP CONTENTS

トップへ