7割の女性が経験する!出産後脱毛症って?

女性にとって大きな意味合いを持つのが出産です。

妊娠・出産をきっかけに、身体は外見的にも内面的にも大きく変わっていきます

実際に、出産することで体内のホルモンバランスも変化し、さまざまな症状が出現します。

そのなかでも、出産を経験した約7割の方が経験するといわれているのが出産後脱毛症です。

今回は、そんな出産後脱毛症について、その原因や対策法などを紹介していきたいと思います。

出産後脱毛症(分娩後脱毛症)とは

出産後脱毛症は、分娩後脱毛症ともいわれている、女性が出産後に発症しやすい脱毛症のことをいいます。

出産後すぐに発症する女性がほとんどで、主な症状としてはひどい抜け毛があります。

また、抜け毛が治まった後も、人によっては髪のサイクルが休止期に入ってしまい、2~3ヶ月は髪が薄いままになってしまうこともあります。

原因

出産後脱毛症には、出産に起因して女性ホルモンの分泌量に変化が見られることが原因として挙げられます。

妊娠をすると、基本的に女性の体内で女性ホルモンの分泌量が増えます。

この変化は妊娠初期よりも後期の方が顕著です。

特に卵胞ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモン(プロゲステロン)が、出産後脱毛症に影響を及ぼすことがわかっています。

エストロゲンは、女性を女性らしくさせるホルモンです。

これは、妊娠すると体を安定させるために体温を上昇してくれる働きを見せます。

一方で、プロゲステロンは髪に直接影響を与えます。

特に髪の成長期を伸ばす働きがあり、これが原因で妊娠期に髪が増量することも十分あり得ることです。

しかし、妊娠期が終わり出産することで、女性ホルモンの分泌は抑えられるようになり、徐々に通常運転に戻っていきます。

これにより、プロゲステロンの分泌も減っていき、髪が一気に休止期に入り抜け落ちてしまうことがあるのです。

これが、出産後脱毛症のメカニズムです。

対策法

出産後脱毛症になると、人によってはかなりの量の抜け毛がみられるので、心配される方も多いかと思います。

しかし基本的に脱毛は一時的なことなので、徐々に症状は治まっていきます。

時間がたてば解決される症状ですので、病院で医師にかかったり、育毛剤を付けるなど特別な処置はたいていの場合必要ありません。

一方で、出産後脱毛症では女性ホルモン以外の原因が考えられます。

それが、生活習慣やストレスによるものです。

出産後、女性の生活はそれまでと比べて一変します。

母乳を与えることで自分が栄養不足になることもありますし、慣れない育児によるストレスや寝不足により、生活習慣が乱れることも考えられます。

これらが重なり、脱毛症を引き起こしてしまうことも十分にあるのです。

したがって、まず食生活を充実させ、栄養不足を防ぐほか、ストレスをためないように生活を見直すことも大切です。

また、難しいかもしれませんが、睡眠不足も気を付けましょう。

いつまで続くの?

出産後脱毛症は、ずっと続くような病気ではありません。

多くは産後すぐに始まり、髪の毛抜け毛が治まっても2~3ヶ月は髪は増えないままになることが多いです。

中には半年以上薄いままの方もいらっしゃいますが、時間がたつにつれ、徐々に症状は緩和していきます。

長くても1年までには、元に戻ることがほとんどです。

したがって、いつから症状が始まったのか、記録を付けておくことも大切です。

病院へ

もし1年以上たっても症状が改善されない場合は、生活習慣の乱れが原因となっていることがあります。

その場合、できるだけ規則正しい生活を心がけ、食生活や睡眠に気を付けるようにすることが大切です。

一方で、出産後脱毛症がいつのまにか円形脱毛症になってしまうことも考えられます。

この場合、女性ホルモンが原因ではなくなっていますので、時間がたっても自然と治癒していくことはありません。

したがって、なかなか6カ月~1年たっても改善の余地がみられない場合歯、一度皮膚科や頭髪専門クリニックで診てもらうことをおすすめします。

円形脱毛症

円形脱毛症とは、いわゆる10円はげのことで、円形にごそっと髪が抜けてしまう症状のことを言います。

出産後脱毛症が1年未満で改善されるのに対して、円形脱毛症は時間がたつことで治ることはなく、むしろどんどん症状が重くなってしまいます。

したがって、円形脱毛症だとわかった時点ですぐにしかるべき対処をとる必要があるのです。

原因

円形脱毛症を発症する原因としては、さまざまなことが考えられます。

アレルギー体質

花粉症やアトピーと同じく、特定の物質に身体が拒否反応を起こして円形脱毛症が引き起こされることもあります。

この場合、皮膚科で診療を受けることですぐに原因がわかるほか、現在は通販の専用キットも販売されていますので、簡単に何でアレルギーを引き起こしているのかを判明することができます。

アレルギーの場合は、重症化する恐れもありますので注意が必要です。

食生活の乱れ

特定の栄養素が不足してしまうことで、円形脱毛症を引き起こすこともあります。

たとえば緑黄色野菜に多く含まれているビタミンBやビタミンCは、体内に血を巡らせる働きがあり、これが不足してしまうことで頭皮の血流が滞ってしまいます。

また、レバーや階に多く含まれている亜鉛は、頭髪を作るために必要なミネラルですので、不足することでコシのない髪の毛を作りだすきっかけとなってしまいます。

睡眠不足

睡眠不足が原因で、体内時計がくるってしまうと身体に必要な免疫物質やホルモンが十分に作りだされなくなります。

これにより、自己免疫疾患を引き起こし、結果円形脱毛症に陥ることもあります。

ストレス

ストレスは、心にも身体にも、そして頭髪環境にも悪影響を与えます。

たとえば精神的なストレスは、毛根への血液低下を引き起こしますし、身体的ストレスは頭皮に汗と乾燥を繰り返させることで、頭皮環境を悪化させることがわかっています。

子育てのストレス・女性ホルモンの変化も

出産後脱毛症の延長線上で、円形脱毛症を誘引してしまうこともあります。

赤ちゃんを産むことで、女性の生活はそれまでとは全く違うものになりますので、最初はストレスもたまりますし、夜泣きや子育てが原因で生活も不規則になります。

また、出産後に大量の女性ホルモンが排出されることで、ホルモンバランスが大きく崩れてしまい、円形脱毛症を引き起こすこともあるのです。

対策法

十分な食事や睡眠を摂らずにいると、誰でもどこかしらに不調を感じます。

それが円形脱毛症として身体に現れることは、自分の不調の一つの目安にもなります。

また、改善するためには、自分の今心配なこと、ストレスだと感じることをそのままにせず、しっかりと対策していくことが必要になります。

また、食事や睡眠の面でも、充足させていくことが大切です。

まとまった食事や睡眠がとれないのならば、何回かに分けてこまめに時間を取ることもおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

出産後脱毛症の症状がみられても、基本的には焦る必要はありません

それでも心配ならば、医者に相談してみることも良いかと思います。

ぜひ参考にしてください。

PICKUP CONTENTS

トップへ