男性で薄毛に悩む人多数!正しいヘアケアが必要です!

薄毛というと高齢者の悩みのように思える方も多いかと思いますが、実は現在年齢にかかわらず薄毛に悩む男性の数が増えてきています。

実際に、最近おでこが広くなった、頭頂部が薄くなったなどの症状がみられる方は多いのではないでしょうか。

今回は、加齢を原因としない薄毛について、その症状の特徴や予防策としてのヘアケア方法をいくつか紹介していきましょう。

男性の薄毛

男性の薄毛の原因となることはさまざまです。

加齢によって徐々に薄毛が目立っていくこともありますし、10代や20代という若さで、何らかの理由から薄毛を発症することもあります。

そんな若い方の薄毛の中で、特に多い症状として知られているのがAGAです。

AGAって?

AGAとは「Androgenetic Alopecia」を略したもののことで、男性型脱毛症のことをいいます。

思春期ごろから発症する方もいますし、それ以外にも20~30代で薄毛の症状が出ている方はAGAを発症していることが多いです。

具体的な症状としては、生え際が後退しておでこが広くなる、頭頂部から薄くなる、またはその両方の場合もあり、人によってその症状はさまざまです。

また、AGAの場合は、いくら規則正しい生活を送っていても、3食きちんと食事を摂っていても、ジムに通って運動していても進行してしまいます。

改善のためには、適切な処置を行う必要があるのです。

脱毛症の種類

男性にみられる脱毛症は、年齢によって呼び方が異なります

まず10~30代の薄毛は「若年性脱毛症」と呼ばれるもので、AGAの一種であることが多いです。

一方で、40~50代でみられる薄毛は「壮年性脱毛症」と呼ばれますが、これは20代ごろからゆっくりと薄毛が進行していることがほとんどです。

60代をすぎると、「老人性脱毛症」の症状がみられます。

髪の毛以外の全身の毛が薄くなってしまうこちらの脱毛症は、老化が原因のいわば生理現象のようなものなので、改善は困難となります。

80代ごろから薄毛になることもあり、人によってその発症スピードはさまざまなのです。

このように、発症する年齢によって脱毛症の呼び名は異なりますが、実際にみられる症状や内容は同じものになります。

このほかにも、男性がかかりやすい薄毛に関わる病気はいろいろありますが、AGAが原因となるケースがほとんどです。

AGAの原因

続いては、AGAを発症してしまう原因となるものを紹介していきましょう。

男性ホルモンが原因?

直接的な原因ではありませんが、AGAには男性ホルモンが大きく関係しています。

男性ホルモンからDHT(ジヒドロテストステロン)が変換されることで薄毛の原因になることがわかっており、これには5aリダクターゼという酵素がかかわっています。

5aリダクターゼは主に毛乳頭部や皮脂腺に多く分泌されている酵素なのですが、男性ホルモンと結びつくことでDHTへと変換してしまうのです。

変換されたDHTは、健康な髪の毛を育てにくくするうえ、現存する髪の脱毛を促してしまいます。

そもそも髪には成長期、退行期、休止期というサイクルがあり、通常は休止期に髪は抜けますが成長期にはまた新しい髪が作られていきます。

しかしAGAになることで、成長期が短縮し、退行期、休止期の状態が長くなるので、その結果新しく生えてくる髪の毛の数も減少してしまうのです。

女性もAGAの可能性が!

AGAは女性でも起こり得る症状です。

しかし女性は髪の毛に働きかける女性ホルモンであるエストロゲンが多いので、男性のように薄毛になることはあまりありません。

女性ホルモンが減少してしまうと、男性と同じような薄毛もみられるようになります。

正しいヘアケア方法

AGAは加齢によってさらに進行しますし、放っておいても元に戻ることはありません。

だからこそ、発症する前にきちんと予防策を実践しておくことが必要になってきます。

そしてその予防策として最も有効なのが、正しいヘアケアを行うことです。

正しい方法でシャンプーをしよう

シャンプーの正しい方法をご存知でしょうか?

間違った方法でシャンプーを行うと、頭皮や髪にダメ―ジを与えることになってしまいます。

実際に、ただ日常茶飯事の洗髪としてごしごし洗うだけでは、頭皮に必要な分の皮脂も除去してしまいます。

そうすると逆に皮脂が過剰分泌され、毛穴を塞いでしまうため薄毛や抜け毛を引き起こすほか、育毛にも悪影響を与えるのです。

適切な洗髪で皮脂の汚れを落とし清潔な状態を作ることは、より育毛剤を高めます

また、AGAによって硬くなりやすい頭皮も、正しい方法でのシャンプーや頭皮マッサージで柔軟にすることができます。

そんなシャンプーの正しい方法は、以下の通りになります。

  1. シャンプー前にブラッシングをしておく
  2. 38度くらいのぬるま湯で、3~5分ほどマッサージしながら予洗いする
  3. シャンプーを手に取り、十分に泡立てる(量は100~500円玉くらい)
  4. 指先でマッサージしながら、サイド→後頭部→生え際→頭頂部の順で洗っていく
  5. 3~5分かけて、ぬるま湯でしっかりとすすぐ
  6. コンディショナーをつけ、なじませたら十分にすすぐ
  7. 髪にタオルを当てるようにして、タオルドライする
  8. 温風→冷風を繰り返し、ドライヤーで乾かす

髪が短い男性は、洗髪後ドライヤーで乾かさない方も多くいらっしゃいますが、濡れたままにしておくと髪のキューティクルが失われ、乾燥も進みます。

また、朝シャンではなく、夜1回の洗髪を心がけましょう。

朝シャンは頭皮環境を悪化させる原因になります。

育毛剤

かつらや植毛など、AGAの対策法はいろいろありますが、その中でも育毛剤の使用は金銭的な面で特に負担が少ないため、おすすめの手段です。

そんな育毛剤の中でもここでは塗布するタイプの使い方や効果について、紹介していきましょう。

育毛剤の使い方

育毛剤は、基本的には薄くなった箇所の広範囲に塗布するだけになります。

また、育毛剤を使い始めたからといって、すぐに実感できるという訳ではありません。

使い始めてから早い人であれば2~3ヶ月、大体は半年たってからという場合が多いようです。

育毛剤は、いろいろなものを一緒に使ったからといって、すべてを得られるという訳ではありません。

中には併用しても良いものもありますが、そうでないものもあります。

一歩間違えると、実感できるどころか頭皮環境をさらに悪化させてしまうこともありますので、注意が必要なのです。

また、育毛剤はシャンプー後に塗布するようにしましょう。

一番良いのは、夜のシャンプー後に塗布することです。

シャンプーしてからきちんと髪をドライヤーで乾かした後に塗布することで、育毛剤が薄まることを防げますし頭皮や髪の乾燥の心配もなくなります。

まとめ

いかがでしたか?

AGAは、日頃ヘアケアに気を使うことで未然に防ぐことができます

もし症状がみられても、育毛剤でしっかりとケアすることで改善されるので、ぜひ実践してみてください。

AGAクリニックなど治療をしてくれる病院も増えているので、悩んでいる方はお医者さんに相談してみるのもいいかもしれません。

いつまでも若々しくいるためにも、大切な髪の毛をケアしてあげましょう!