副鼻腔炎におすすめの市販薬10選!つらい蓄膿症の原因や対処法も紹介

副鼻腔炎におすすめの市販薬10選!つらい蓄膿症の原因や対処法も紹介

副鼻腔炎、蓄膿症は意外と多くの人が悩んでいる病気のひとつです。

慢性化や悪化すると手術が必要になることもあります。

風邪の症状と似ているため気づかない人も多いですが、早めに治療できるように心がけましょう。

今回は、副鼻腔炎、蓄膿症におすすめの市販薬のご紹介と、副鼻腔炎を発症してしまう原因や症状、対処方法について解説します。

副鼻腔炎と聞くとあまり馴染がない人もいるかもしれません。

副鼻腔炎とは、CM等でよく聞く蓄膿症のこと。

では副鼻腔炎(蓄膿症)とはどういった状態でどんな症状があり、原因は何なのでしょうか?

副鼻腔炎ってどんな状態?

副鼻腔炎ってどんな状態?

鼻の構造には、“鼻腔”と“副鼻腔”があります。

鼻腔は鼻の穴の中のことです。

副鼻腔は鼻腔の周辺にある空洞のことで、上顎洞、篩骨洞、前頭洞、蝶形骨洞の4つに分かれています。

 

副鼻腔炎になると副鼻腔に炎症が起こり、状態で様々な症状が出る病気です。

蓄膿症と言われるのは副鼻腔に膿や鼻水がたまってしまう症状もあり、炎症のみの方もいるため副鼻腔炎と呼ばれています。

急性と慢性があり、一時的になる場合と持続して症状がある場合があります。

副鼻腔炎の症状をチェック

鼻づまり・鼻水

鼻の病気なのでやはり鼻づまりや鼻水が症状として現れます。

最初の段階ではさらさらとした鼻水ですが、症状が悪化するにつれてドロドロの鼻水になり、悪臭がある黄色または緑の鼻水に変わります。

また、鼻の中が炎症、つまり鼻の粘膜が腫れあがるので鼻づまりを起こします。

鼻をかんでもかみきれない不快な鼻づまりを感じることもあります。

咳・痰が出る

咳・痰が出る

そのドロドロの鼻水がのどに流れて咳や痰の原因となります。

鼻水がのどに流れ込むことを後鼻漏と言います。

正常の状態でも多少流れることもありますが、副鼻腔炎となると粘性が高い鼻水なのでのどに張り付いて違和感を感じたり痰がからむ咳が出る症状となります。

嗅覚・味覚低下

鼻づまりを起こしている状態だとニオイを感じにくくなってしまいます。

さらにニオイがわからないと味も感じにくくなります。

膿や鼻水が溜まっている人はその膿のニオイがして悪臭を感じる場合もあります。

頭痛・顔面痛

頭がぼーっとしたり集中力が低下しているのも症状のひとつ。

鼻づまりがあることが原因で、炎症があるため痛みを感じることがあります。

副鼻腔内に膿が溜まって顔を圧迫すると、顔面痛も感じる場合があります。

歯痛

歯痛

膿が歯の神経まで広がり、刺激を与えると虫歯ではないのに歯痛を感じることがあります。

虫歯のようにどの歯が痛いかということがわからないが、全体的に歯が痛いと感じることが特徴です。

逆に虫歯が原因となって副鼻腔炎になる場合もあります。

発熱

副鼻腔炎は炎症を起こしている状態です。

炎症を起こしているところでは、身体の免疫が病原体を攻撃しています。

それによって発熱します。

インフルエンザや風邪などの発熱によって副鼻腔炎を引き起こす場合もあります。

吐き気・嘔吐

吐き気

頭痛や発熱の症状に伴って吐き気や嘔吐をしてしまう人もいます。

また、後鼻漏でのどに流れこんだ鼻水が気持ち悪い、または悪臭によっても吐き気や嘔吐してしまう場合があります。

ポリープができる

鼻茸(はなたけ)というポリープが鼻の中にできてしまう場合もあります。

炎症を起こし腫れた粘膜が大きくなってしまうと鼻づまりの原因となることも。

薬によって治療することもできますが、繰り返したり息苦しくなる場合は手術で切除する必要があります。

副鼻腔炎の原因は?

風邪

風邪

風邪をひくことで鼻の粘膜が炎症を起こします。

それによって鼻水が出たり鼻づまりを起こすこともありますよね。

その炎症が鼻腔を通って副鼻腔に侵入して広がることが原因となる場合があります。

風邪の症状のひとつだと見逃してしまう人も少なくありませんが、症状が長引くようであれば副鼻腔炎を疑う必要があります。

カビ・菌

風邪のウイルス以外にもカビや細菌が原因となって炎症を起こすことで副鼻腔炎を発症することがあります。

カビ(真菌)が原因となる副鼻腔炎は、真菌性鼻腔炎と呼ばれます。

アスペルギルスという名前の菌が原因となることが多く、体の免疫力が落ちているときや抵抗力が低下しているとき、高齢者の方などに発症することが多いと言われています。

また、カビや細菌にアレルギー反応を起こして副鼻腔炎を発症することもあります。

虫歯

上の奥歯の真上には、副鼻腔のひとつである上顎洞があります。

歯の根元のすぐ上にあり、人によっては上顎洞まで歯の根っこが突出している人もいます。

その上奥歯が虫歯になったり、歯周病になったりするとその細菌が副鼻腔に侵入し、膿が溜まることや炎症を起こすことがあります。

ストレス

ストレス

ストレスを感じたり、疲れを感じていたりすると自律神経が乱れて免疫力が低下します。

免疫力が低下することで炎症が治りにくくなり、悪化することも。

また免疫力低下によって風邪をひき副鼻腔炎の原因となってしまうこともあります。

たばこ

たばこを吸うと煙が鼻を通ります。

たばこの煙は刺激が強く、鼻の中の粘膜がダメージを受けやすい状態になっています。

また血管を収縮させて血流を悪くするたばこは、粘膜の血行も悪くしてしまうことも原因となってしまいます。

遺伝

副鼻腔炎の原因には、体質的要素や遺伝的要素があると言われています。

両親また片親が副鼻腔炎・蓄膿症の場合、その子供も発症することが多いのです。

その理由として、生活習慣や環境が似てくることや鼻の構造が遺伝によって似ているためだと考えられています。

副鼻腔炎・蓄膿症におすすめの市販薬10選を紹介

漢方薬

ツムラ漢方 葛根湯加川芎辛夷エキス顆粒

ツムラ漢方 葛根湯加川芎辛夷エキス顆粒

  出典:ツムラ 

葛根湯加川芎辛夷(カッコントウカセンキュウシンイ)の漢方薬です。

4日分の小容量タイプで、初めて漢方を服用する方におすすめ。

カッコン2.0g、タイソウ、マオウ各1.5g、カンゾウ、ケイヒ、シャクヤク、シンイ、センキュウ各1.0g、ショウキョウ0.5gの割合のエキスが1日分に2.0g配合されています。

 

価格:1,500円(税抜)/8包入り(4日分)

小林製薬 チクナインb

チクナインb

  出典:小林製薬

辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)の漢方薬です。

錠剤タイプで飲みやすいのが特徴。

バクモンドウ、セッコウ各3.0g、シンイ、チモ、ビャクゴウ、オウゴン各1.5g、サンシシ、ショウマ0.75g、ビワヨウ0.5gから抽出したエキスを1日分に2.0g配合しています。

 

価格:2,000円(税抜)/56錠(7日分)

クラシエ ベルエムピL錠

クラシエ ベルエムピL錠

  出典:クラシエ

荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)の漢方薬です。

眠くなる成分を含まないので日中も安心して服用できます。

ビャクシ、キキョウ、サイコ各1.5g、トウキ、シャクヤク、センキュウ、ジオウ、オウレン、オウゴン、オウバク、サンシシ、レンギョウ、ケイガイ、ボウフウ、ハッカ、キジツ、カンゾウ各0.9gの割合で抽出したエキスを1日分に3.0g含有しています。

 

価格:1,980円(税抜)/84錠(7日分)

鼻炎薬

ロート製薬 アルガード鼻炎内服薬ゴールドZ

ロート製薬 アルガード鼻炎内服薬ゴールドZ

  出典:ロート製薬

6つの有効成分配合された副鼻腔炎の内服薬です。

抗アレルギー成分のメキタジン、鼻水抑制のベラドンナ総アルカロイド、頭重抑制の無水カフェイン、鼻づまり抑制の塩酸プソイドエフェドリン、dl-メチルエフェドリン塩酸塩、シンイエキスを配合しています。

1回1カプセルでつらい副鼻腔炎の症状を緩和してくれます。

 

価格:1,280円(税抜)/10カプセル(約3日分)

興和 コルゲンコーワ 鼻炎ジェルカプセル

興和 コルゲンコーワ 鼻炎ジェルカプセル

  出典:興和

5つの有効成分を配合した素早く溶けるタイプのカプセルです。

抗アレルギー成分のd-クロルフェニラミンマレイン酸塩、鼻水抑制のベラドンナ総アルカロイド、鼻づまりを抑制するフェニレフリン塩酸塩とグリチルリチン酸二カリウム、頭重を緩和する無水カフェインが配合されています。

 

価格:1,100円(税抜)/12カプセル(4日分)

エスエス製薬 エスタック鼻炎カプセル12

エスエス製薬 エスタック鼻炎カプセル12

  出典:エスエス製薬

5つの有効成分を配合したカプセルタイプの内服薬です。

速く溶ける顆粒とゆっくり溶ける顆粒をカプセルでコーティングしているため1日2回で長く効きます。

抗アレルギー成分として生薬成分のサイシン乾燥エキスとクロルフェニラミンマレイン酸塩、鼻水の分泌を抑制するベラドンナ総アルカロイド、鼻づまり抑制のプソイドエフェドリン塩酸塩、頭重緩和の無水カフェインが配合されています。

 

価格:1,100円(税抜)/20カプセル(10日分)

大正製薬 パブロン鼻炎カプセルSα

パブロン鼻炎カプセルSα

  出典:大正製薬

有効成分が4つ配合されたカプセルタイプの内服薬です。

抗ヒスタミン成分で鼻水・鼻づまりを抑制するマレイン酸カルビノキサミン、鼻水を抑制するベラドンナ総アルカロイド、鼻づまり抑制の塩酸プソイドエフェドリン、頭重感を抑える無水カフェインが配合されています。

眠気が出やすいですが、効き目のキレが良いのが特徴です。

 

価格:1,200円(税抜)/24カプセル(12日分)

点鼻薬

タケダ コールタイジン点鼻液a

コールタイジン点鼻液a

  出典:タケダ

スプレータイプの点鼻薬です。

血管収縮剤の塩酸テトラヒドロゾリンとステロイド剤であるプレドニゾロンを配合しているので鼻の中の粘膜の炎症を抑えて、鼻水を抑制し鼻づまりを緩和します。

点鼻薬を頻繁に長期間使うことは逆効果なのでおすすめしませんが、本当につらい時に頼りになる薬です。

 

価格:1,280円(税抜)/15ml

佐藤製薬 ナシビンMスプレー

  出典:佐藤製薬 

持続性血管収縮成分のオキシメタゾリン塩酸塩を配合した点鼻薬です。

炎症や腫れを抑制して鼻づまりを緩和します。

鼻水抑制には対応していませんが、つらい鼻づまりで不快感がある症状の方におすすめ。

こちらも頻回・長期間使用してはいけませんが、即効性のある点鼻薬です。

 

価格:1,480円(税抜)/8ml

鼻うがい

小林製薬 ハナノア

  出典:小林製薬

鼻うがいをすることで、鼻腔内を洗浄することができます。

膿やウイルスなどを洗い流すことで鼻のムズムズ感や悪化の予防にも最適です。

ハナノアは、鼻から入れて鼻から出すタイプと鼻から入れて口から出すタイプがあります。

体液と近い成分なのでどちらも染みないため痛くなく、すっきりとすることができます。

 

価格:1,000円(税抜)/300ml

子供におすすめは?

子供

今回ご紹介したおすすめ市販薬から、2才以上から服用可能なのは「ツムラ漢方 葛根湯加川芎辛夷エキス顆粒」。

また、5才以上であれば「小林製薬 チクナインb」、」「クラシエ ベルエムピL錠」が服用可能です。

7才以上であれば、鼻炎薬の「エスエス製薬 エスタック鼻炎カプセル12」と点鼻薬の「タケダ コールタイジン点鼻液a」が使用可能です。

その他は15歳以上対象となります。

 

いずれも大人とは用法・容量が異なるので注意しながら、保護者の指導と監督のもとに服用させてあげてくださいね。

妊婦さん・授乳婦さんには?

妊婦

妊婦さんや授乳婦さんは、体がデリケートな時期であり、医薬品を服用することを控えなくてはいけないですよね。

市販薬のほとんどが妊婦さんたちに安全だと確実に言えないのです。

しかし症状を放置するわけにもいきません。

医師や薬剤師の方に相談し、できるだけ病院で処方してもらえるものを選びましょう。

自己判断で市販薬を服用することはやめましょう。

副鼻腔炎(蓄膿症)の漢方薬の種類

漢方

副鼻腔炎(蓄膿症)には東洋医学である漢方で治療する方法があります。

副鼻腔炎の急性・慢性によって使い分けられており、基本は下の3つとなります。

 

  • 葛根湯加川芎辛夷(カッコントウカセンキュウシンイ)
  • 辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)
  • 荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)

 

葛根湯加川芎辛夷は、急性副鼻腔炎の場合の鼻づまり、鼻水、頭重などの症状を改善するものです。

葛根湯ってみなさん風邪ひいた時に利用する人もいるかと思いますが、その葛根湯をベースにしています。

 

辛夷清肺湯は、慢性副鼻腔炎の治療に使われています。

鼻に熱感があり、頭が重たい症状を改善する処方です。

また、鼻茸や後鼻漏などの症状が出ている場合にも処方されます。

 

荊芥連翹湯も慢性副鼻腔炎の治療に用いられる処方です。

首から上の部位の炎症に対応する処方なのでにきびの治療などにも使われています。

副鼻腔炎に対しては、熱を取って鼻通りをよくすることに適しています。

 

この3つの漢方処方に加えて副鼻腔炎に伴う症状に適したものを応用として併用する場合があります。

 

  • 排膿散及湯(ハイノウサンキュウトウ)
  • 柴葛湯加川芎辛夷(サイカツトウカセンキュウシンイ)
  • 麗沢通気湯加辛夷(レイタクツウキトウカシンイ)
  • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン)
  • 半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)

 

漢方の副作用は?

漢方の副作用

漢方薬は副作用がないと思っている方、多いのではないでしょうか?

実は漢方にも副作用があります。

西洋医学で処方されている薬とは違い、激しい副作用が出ることが少ないですが注意が必要です。

処方してもらう時に、胃が弱い場合、またはアレルギーがある場合等は医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

そして少しでも異変を感じたり副作用が出たりした場合は服用を中断し、受診することをおすすめします。

処方薬はどんなものがある?

処方薬

病院で処方される薬には、抗生物質や去痰薬、痛みがあれば痛み止めを処方されます。

 

抗生物質または抗菌薬と呼ばれる、炎症の原因となっている細菌を死滅させる効果のある薬です。

副鼻腔炎の原因が細菌である場合に有効で、慢性副鼻腔炎の場合はマクロライド系の抗生物質を少量を長期間飲み続ける場合もあります。

代表的なものとしてクラリスロマイシンやジスロマックなどが挙げられます。

 

去痰薬は、副鼻腔炎に伴い後鼻漏などの症状がある際、いわゆる痰切りとして使用される薬です。鼻水や痰の粘性を弱くすることで鼻通りや喉の不快感に効果的です。

代表的なものではカルボシステインを含むムコダインなどが挙げられます。

 

また、頭痛や顔面痛がある場合鎮痛剤を処方されることもあります。

副鼻腔炎(蓄膿症)ってうつるの?

うつる

副鼻腔炎自体が人から人に移ることはありません。

しかし副鼻腔炎の原因は、ウイルスや細菌によるものがほとんどです。

風邪の原因となるウイルスや細菌に感染することはあります。

これによって感染した際に、そのウイルスや細菌が原因となって副鼻腔炎になってしまう可能性はあります。

 

直接的に副鼻腔炎自体が感染するわけではなく、同じ風邪の原因となったウイルスや細菌によって発症する人もいれば風邪のみで副鼻腔炎は発症しない人もいるということです。

副鼻腔炎(蓄膿症)を自然治癒できるもの?

自然治癒

軽症の急性副鼻腔炎であれば、数日で自然治癒する場合もあります。

頭痛や顔面痛がある場合は自然治癒は見込めないので、抗生物質の服用が必要となります。

しかし軽症であっても放置することで悪化する可能性もあります。

一時的な対策として鼻うがいや点鼻薬を使用して、それでも治らないようであれば病院へ受診してください。

 

また子供は特に、夏に学校でプールの授業があると思います。

大人であればジムに通っている人はプールを利用する人もいますよね。

しかし副鼻腔炎を発症してしまった際はプールに入ることは控えましょう。

 

塩素の強いプールの水は、鼻の粘膜への刺激が強いものとなります。

水中の細かいゴミなどによるアレルギー反応を起こし炎症する場合もあります。

治りが遅くなってしまう原因となりかねないのでなるべく避けたほうがいいでしょう。

副鼻腔炎(蓄膿症)病院での治療とは

病院での治療

では、副鼻腔炎で耳鼻咽喉科に行った際にどういった治療をするのでしょうか?

鼻水吸引

まずは診察をしてレントゲンを撮り、副鼻腔に膿が溜まっていないか確認します。

鼻から副鼻腔に溜まっている鼻水を吸引する処置をします。

ネブライザー治療

きれいになった鼻に、抗菌薬(抗生物質)を専用の器具を使って細かい霧状にして鼻や口から吸引する治療方法です。

患部まで直接薬を届けることができるので効果的な治療となります。

内服薬処方

抗生物質や鎮痛剤、去痰薬などの内服薬で鼻の粘膜の炎症を改善し、鼻水や鼻づまり、後鼻漏に働きかける薬を処方してくれます。

慢性的な場合は少量長期投与療法が行われることが多いです。

また漢方薬を処方してくれる病院もあります。

手術

上記の治療をして経過をみてから手術が検討されます。

症状が強い場合、改善が全く見られない場合、鼻茸で鼻づまりがひどい場合は手術となります。

内視鏡下副鼻腔手術(ESS)といって、内視鏡を鼻から入れる手術で、鼻腔内に孔を開けて膿が排出しやすいようにする方法です。

まとめ

鼻づまりや鼻水、後鼻漏の不快感は早くどうにかしたいですよね。

風邪の延長で発症してしまう人が多いため、気づかないうちに副鼻腔炎、蓄膿症になっている人が多いようです。

初期症状や軽度の場合であれば市販薬で悪化を防ぐこともできます。

その際は用法・容量を守り使用するようにしてください。

また、早い段階で耳鼻科で受診することもおすすめします。

放置はせずに早めに対処できるようにしましょう。

 

 

 

PICKUP CONTENTS

トップへ