炎症性色素沈着の治療法と薬の種類を紹介!セルフケアで治す方法は?

炎症性色素沈着の治療法と薬の種類を紹介!セルフケアで治す方法は?

ふと気づけば、顔や体にできるシミ。いつの間に!と驚いてしまうこともありますよね。

シミといっても原因によっていくつか種類があり、ニキビや虫刺され、火傷などの後に炎症を起こした部分がシミになって残ることを「炎症性色素沈着」といいます。

今回は、そんな炎症性色素沈着の治療法やセルフケアについて説明していきたいと思います。

炎症によるシミを一刻も早く消したい!と思っている人は、ぜひご一読ください!

炎症性色素沈着とは?シミになる原因とメカニズム

まずは炎症性色素沈着になる原因とメカニズムをみていきましょう。

原因は?

炎症性色素沈着の原因としては、ニキビや日焼け、虫刺され、火傷、アトピー性皮膚炎などといった炎症が挙げられます。

分かりやすい例としては、火傷をした後、水ぶくれが治まった後も、薄く跡が残ることがあると思います。

これが炎症性色素沈着で、黒っぽいものから茶色のものまで程度によって色も異なります。

 

その他にも炎症性色素沈着になる行動をまとめてみました。

  • 毛抜きやカミソリなどによるムダ毛の脱毛
  • 間違ったクレンジングやマッサージ
  • 顔や体をゴシゴシと強く洗う
  • 刺激の強い化粧品の使用

このように傷などの炎症になっていなくても、肌に強い刺激が長期間続いた場合にも、炎症性色素沈着になる可能性があります。

メカニズムは?

色素沈着ができるメカニズムとしては、炎症によってメラニン色素をつくるメラノサイトが刺激を受け、メラニンを過剰生成してしまいます。

その大量に作られたメラニンが肌の内部に蓄積されていき、黒いシミや茶色いシミとして残るのです。

メラニンの生成

通常のシミは長年の紫外線によるダメージによってできるのでセルフケアが難しいとされています。

それに対して、炎症性色素沈着は炎症が落ち着き、肌のターンオーバーが促進されると自然治癒する可能性もあります。

色素沈着の程度にもよりますが、黒や茶色の場合はセルフケアで対処ができる可能性が高いのです。

 

しかし、灰色や青いシミは皮膚の奥深くまでメラニンが生成されてしまっているので、セルフケアで自然治癒するのは難しいとされています。

皮膚科での治療法をタイプ別に紹介!

炎症性色素沈着は、軽度なものは自然治癒で治りますが、数カ月、数年経っても治らない場合もあります。

そんなときに皮膚科で治療をしてもらうという選択を考える人もいるのではないでしょうか?

皮膚科での治療といっても、

  • 塗り薬
  • 飲み薬
  • 美容医療

の3つに大きく分けられます。

 

今回は、それぞれの治療法と薬の種類についてみていきましょう。

塗り薬

塗り薬

炎症性色素沈着に効果のある塗り薬は、代表的なものを挙げると2種類あります。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは別名を「肌の漂白剤」と言われるほど、高い美白効果のある成分です。

色素沈着のもととなるメラニンの生成を抑制し、できてしまったメラニンも取り除く作用があります。

トレチノイン

トレチノインはビタミンA誘導体のことで、皮脂の分泌を抑制し、肌の角質を除去してくれます。

また肌内部のコラーゲンも増やしてくれるので、肌のターンオーバー促進に効果のある成分です。

飲み薬

飲み薬

塗り薬といった外用薬だけでなく、飲み薬も治療法の一つとされています。

塗り薬と併用されることもあり、体の内側から働きかけてくれます。

トラネキサム酸

トラネキサム酸はメラニンを活性化させる、「プラスミン」といった物質の働きを抑制してくれるので、シミの予防に効果的とされています。

L-システイン

L-システインは、体に必要なアミノ酸の一つで、きれいな肌を保つために必要な成分です。

肌のターンオーバーを正常化してくれるので、炎症性色素沈着を改善し、シミのない肌へ導きます。

ビタミンC

ビタミンCは強い抗酸化作用をもち、美肌に欠かせない成分として知られています。

メラニンの生成を抑制し、蓄積してしまったメラニンにも作用します。

美容医療

美容医療

セルフケアに合わせて、塗り薬や飲み薬でも色素沈着が無くならない場合は、美容医療を行うのもおすすめです。

通常のシミはレーザーを使って治療する場合もありますが、炎症性色素沈着の場合は、レーザー治療は剥きません。

炎症性色素沈着に効く美容医療は以下の通りです。

イオン導入

イオン導入は微弱な電流を使って、有効成分を肌の奥まで浸透させる治療法です。

美容医療の中でも比較的穏やかな効果を期待できるので、肌が弱い人でも行いやすい治療となっています。

炎症性色素沈着に使われる有効成分としては、ビタミンCやトランサミンなどがあります。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、薬剤を肌に塗り、肌の表面の角質を除去することで、強制的に肌のターンオーバーを促進させる治療法です。

ニキビやニキビ跡の治療法としても定番ですが、炎症性色素沈着に最も適した治療法と言われています。

ピーリング剤としては、サリチル酸やグリコール酸などを使用されることが多いです。

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルは光治療とも呼ばれ、レーザー治療とは異なる光の波長となっていて、レーザーよりも穏やかな効果が期待できます。

光を当てることによってターンオーバーを促進させるので、赤みや黒っぽくなった炎症後色素沈着にも効果があります。

皮膚科治療のQ&A

皮膚科治療のQ&A

保険は適用される?

皮膚科での治療は、一般皮膚科ではなく、美容皮膚科での治療となりますので、保険がきかず自費診療となることがほとんどです。

皮膚科によって料金設定は異なりますが、一回1万~5万程度が目安となっています。

回数を重ねれば、10万を超えることもあります。

しかし、セルフケアよりも効果を実感することができますので、炎症性色素沈着が治らない人は皮膚科での治療も視野にいれてみましょう。

 

ただし、怪我や火傷などの外傷性色素沈着の場合は、保険適用になることもあるようなので、一度近くの皮膚科に確認をしてみてください。

治療にかかる期間はどのくらい?

治療にかかる期間は個人差が大きいですが、早ければ1回の治療で色素沈着が解消されますが、長いと複数回、皮膚科に通うこともあります。

いずれの治療法も肌のターンオーバーを促進させることが目的となっており、ターンオーバーには2週間~1ヶ月ほど期間がかかります。

 

よって治療のペースも2週間~1ヶ月に1回となりますので、平均的に半年は治療がかかると考えておいた方がよいでしょう。

もちろん、半年よりも短い場合も長い場合もあることも理解しましょう。

ヒルドイドも炎症性色素沈着に効果ある?

アトピー性皮膚炎や乾燥肌の保湿剤として処方される、ヒルドイドという薬ですが、炎症性色素沈着にも効果があるとの噂があります。

実際にシミに効いたとか美容目的で使っている人もみかけますが、ヒルドイドは保険適用の薬となっています。

なので、美容目的でヒルドイドを処方してもらうのは、健康保険の違反にもなりますので止めましょう。

セルフケアで治す方法は?

炎症性色素沈着は自然治癒するくらいなので、セルフケアでも対策することはできます。

しかし、程度によってはなかなか治らないシミが残る場合もありますので、その場合は美容皮膚科での治療が必要となります。

いずれにしてもセルフケアで肌のターンオーバーを促進させることは必要なことなので、炎症性色素沈着のセルフケア方法を紹介します。

市販薬を使う

市販薬を使う

炎症性色素沈着に効く市販薬も薬局やドラッグストアで販売されています。

市販薬にも塗り薬と飲み薬に分かれていて、塗り薬はシミや傷跡に効くものは、炎症性色素沈着にも効果が期待できます。

 

また飲み薬は、チョコラシリーズなど「L-システイン」が含まれたシミ・そばかすに効く薬が多く展開されています。

肌の外側から皮膚の修復を促したい人は塗り薬を、内側からターンオーバーを促進させたい人は飲み薬を選びましょう。

もちろん、塗り薬と飲み薬どちらも使っても構いませんよ。

サプリメントもおすすめ

医薬品ではありませんが、肌の調子を整えてくれるサプリメントを使うのもおすすめです。

サプリメント独自の成分が含まれていたりするので、医薬品よりも実感をできる人もいるようですよ。

手軽に始めやすいケア方法でもあるので、サプリメントもセルフケアの選択肢の一つとしておすすめします。

美白化粧品でスキンケア

美白化粧品でスキンケア

肌の外側からのケアとしては、塗り薬だけでなく美白化粧品でスキンケアをするのもおすすめです。

特にシミや色素沈着に効果の有効成分が配合されているものを選ぶといいでしょう。

病院の塗り薬でも処方される、「ハイドロキノン」が配合された化粧品もありますので、セルフケアで何とか治したい!という人は、こういった美白に効果のある化粧品を選ぶのもいいですね。

規則正しい生活をする

規則正しい生活をする

炎症性色素沈着をいち早く治すためには、肌のターンオーバーを促進させることがカギとなります。

そのためには、規則正しい生活をすることも大切です。

ビタミン類を積極的に摂ってバランスよく食事をすること、十分な睡眠時間を確保すること、ストレスを溜めないなど、健康的な生活を心がけましょう。

そのうえで、市販薬や化粧品を使うことで、より早く肌の新陳代謝を促し、シミのない肌へ導くことができますよ。

おすすめの化粧品・市販薬・サプリメント

セルフケアをしたい人におすすめする、化粧品・市販薬・サプリをそれぞれ紹介していきます。

美白化粧品

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

容量:15g

価格:6,480円(税込)

 

出典:ビバリーグレンラボラトリーズ

b.glen(ビーグレン)のQuSomeホワイトクリーム1.9は、美白成分のハイドロキノンが配合されたナイトクリームです。

QuSomeは独自の浸透テクノロジーで、ハイドロキノンをサポートする3つの美容成分を融合させています。

クリームタイプで軽い感触となっているので、なめらかに肌に馴染みます。

アンプルール ラグジュアリー ホワイトコンセントレートHQ110

アンプルール ラグジュアリー ホワイトコンセントレートHQ110

容量:11ml

価格:10,800円(税込)

 

出典:アンプルール

アンプルールは皮膚か医師が開発したドクターズコスメで、ラグジュアリー ホワイトコンセントレートHQ110はシミにおすすめの夜用のスポット美容液です。

独自の「新安定型ハイドロキノン」を高濃度で配合しているので、気になるシミを夜通し集中ケアしてくれます。

特殊ゲルが肌に密着するので、怪我を絆創膏で治すような感じで、シミにも使えます。

オバジ ブライトニングナイトセラム

オバジ ブライトニングナイトセラム

容量:10g

価格:9,000円(税抜)

 

出典:オバジ

Obagi(オバジ)の夜用集中美容液「ブライトニングナイトセラム」は、ハイドロキノン配合で集中ケアにおすすめ。

寝る前に塗るだけで、寝ている間にじっくりと働きかけ、肌にうるおいをあたえて透明感を引き出してくれます。

薬局やドラッグストアでも手に入りやすい商品となっています。

市販薬

ハイチオールCホワイティア

ハイチオールCホワイティア

容量:40錠、120錠

価格:1,650円(税抜)、4,500円(税抜)

 

出典:エスエス製薬

エスエス製薬のハイチオールCホワイティアは、「L-システイン」配合のシミやそばかすに効く医薬品です。

シミの原因のメラニンの過剰生成を抑え、肌の新陳代謝を促進させてくれます。

小粒タイプで飲みやすく、朝晩飲み続けるだけでケアできますので、本当に炎症性色素沈着を治したい人におすすめです。

トランシーノ ホワイトCクリア

トランシーノ ホワイトCクリア

容量:60錠、120錠

価格:1,600円(税抜)、2,600円(税抜)

 

出典:第一三共ヘルスケア

第一三共ヘルスケアのトランシーノホワイトCクリアは、「L-システイン」と「ビタミンC」が配合された、シミそばかす対策の飲み薬です。

シミのもととなるメラニンの過剰生成を抑え、できてしまった黒色メラニンを無色化し、肌のターンオーバーを促進させてメラニンを排出します。

色素沈着以外にも、体力低下時などのビタミンCの補給にもおすすめです。

シナールLホワイト錠

シナール

容量:60錠、90錠、180錠、200錠

価格:-

 

出典:シオノギヘルスケア

シナールLホワイトは、メラニンの生成を抑える「ビタミンC」と肌のターンオーバーを促進させる「L -システイン」を配合。

健康的な肌づくりをサポートする「パンテトン酸」も配合で、炎症性色素沈着も防いでくれます。

またシュガーフリーでカロリーが気になる方にもおすすめです!

ケシミンクリーム

ケシミンクリーム

容量:30g

価格:1,800円(税抜)

 

出典:小林製薬

小林製薬のケシミンクリームは、ビタミンC誘導体が含まれた、しみ対策クリームです。

有効成分がメラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防いでくれるので、炎症性色素沈着のケアにもぴったり!

血行を促進させるビタミンEや抗炎症作用のあるグリチルレチン酸ステアリルも配合。

シミだけでなく、肌荒れやニキビの予防にも効果的です。

サプリメント

ポーラ ホワイトショット インナーロック

ポーラ ホワイトショット インナーロック

容量:60粒、180粒

価格:6,200円(税抜)、16,500円(税抜)

 

出典:ポーラ

POLAのホワイトショットインナーロックタブレットは、美をサポートしてくれるサプリメントです。

成分としては、オリジナルのブランノールというインドに生育するインドノキから見つかった成分を配合しています。

 

また新成分として、ヤマモモの樹皮から抽出したベイベリーバークエキスとローズマリーから抽出したエキスをミックスした「ベイベリーバークS」、ヨモギエキスを独自製法で高濃度に抽出した「YACエキス」も配合。

1日に2粒を目安に飲用するとことで、からだの内側から働きかけてくれます。

炎症性色素沈着はセルフケアと治療でおさらばしよう!

炎症性色素沈着はセルフケアと治療でおさらばしよう!

ニキビや虫刺され、火傷など日常生活の中でも起こりやすい肌の炎症によってできる、炎症性色素沈着。

シミのなかでは比較的自然治癒しやすく、セルフケアでも対策しやすい症状でもあります。

しかし、状態によっては長い期間、跡が消えずに悩んでいる人がいるのも事実。

色素沈着のもととなる炎症を起こさないようにしっかりと予防をすることも大切ですが、もし色素沈着として残ってしまった場合は早めにセルフケアを行いましょう。

 

それでも治らない場合は、皮膚科での治療も選択肢の一つとして考えるのがいいかもしれませんね。

セルフケアも治療もすぐに治るわけではなく、数カ月と時間をかける必要がありますので、いつまでに色素沈着を消したい!と思っている人は、セルフケアを始めるなり、治療を受けるなり、できるだけ早く行動し始めるようにしましょう。

 

PICKUP CONTENTS

トップへ